【ワールドトリガー】221話の感想・考察まとめ|二宮隊・柿崎隊の様子とは?【ワートリ】

ワートリ221話アイキャッチ ワールドトリガー
引用元:ジャンプスクエア5月号

4/4(金)発売のジャンプスクエア5月号に掲載されている『ワールドトリガー』の221話「遠征選抜試験19」の感想・ネタバレを掲載しています。
閉鎖環境試験二日目の順位・ポイントの考察を始め、特別課題②の点数・東さんの意見、二宮隊・柿崎隊の様子などもまとめているので、ワートリの221話について知りたい方は是非ご覧ください。

目次

▼ワートリの過去のまとめ記事一覧

25巻
214話 215話 216話 217話 218話
219話 220話 221話 222話
26巻
223話 224話 225話 226話 227話
閉鎖環境試験の点数まとめ
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目

▼閉鎖環境試験の展開予想はこちら

ワートリ220話の内容おさらい

本誌220話のタイムスケジュール

3月18日(火)・2日目
〜9:00 起床・身支度
9:00 試験2日目の開始
戦闘シミュレーション演習のルール確認へ
9:38 諏訪7番隊が課題の消化に移行
13:00 諏訪7番隊が戦闘シミュ演習に備えて練習を再開
14:00 戦闘シミュ演習の対戦順の発表
15:00 戦闘シミュ演習の1試合目が開始
15:16 戦闘シミュ演習の1試合目が終了
16:42 戦闘シミュ演習の5試合目まで終了
17:00 特別課題②の出題
18:30 特別課題②の提出期限
18:57 戦闘シミュレーション①の全試合が終了
19:00 2日目の『仕事時間』が終了
暫定順位・スコアが発表される

▼前話220話のネタバレ考察はこちら

【ワールドトリガー】220話のネタバレ感想・考察まとめ|二日目時点の順位が判明【ワートリ】
3/4(金)発売のジャンプスクエア4月号に掲載されている『ワールドトリガー』の220話「遠征選抜試験18」の感想・ネタバレを掲載しています。閉鎖環境試験二日目の順位・ポイントに加え、諏訪7番隊のポイント内訳の予想などもまとめているので、ワー...

各隊のドラフト結果のおさらい

各チームのシャッフル結果一覧

1番隊 2番隊 3番隊
歌川 遼
志岐 小夜子
漆間 恒
空閑 遊真
巴 虎太郎
16
16
16
15
14
王子 一彰
仁礼 光
辻 新之助
生駒 達人
帯島 ユカリ
18
17
17
19
14
柿崎 国治
藤丸 のの
影浦 雅人
別役 太一
犬飼 澄晴
19
19
18
16
18
4番隊 5番隊 6番隊
北添 尋
染井 華
外岡 一斗
菊地原 士郎
南沢 海
18
16
16
16
16
来馬 辰也
小佐野 瑠衣
穂刈 篤
小荒井 登
弓場 拓磨
20
17
18
16
19
古寺 章平
六田 梨香
奥寺 常幸
三浦 雄太
木虎 藍
16
17
16
17
15
7番隊 8番隊 9番隊
諏訪 洸太郎
宇井 真登華
隠岐 孝二
三雲 修
香取 葉子
21
16
17
15
16
二宮 匡貴
加賀美 倫
東 春秋
雨取 千佳
絵馬 ユズル
20
18
25
14
14
水上 敏志
今 結花
荒船 哲次
樫尾 由多嘉
照屋 文香
18
18
18
15
16
10番隊 11番隊
村上 鋼
氷見 亜季
堤 大地
熊谷 友子
蔵内 和紀
18
17
20
17
18
若村 麓郎
細井 真織
半崎 義人
笹森 日佐人
ヒュース
17
17
16
16
16

ワートリ221話のあらすじ・ネタバレ

特別課題②の点数に頭を抱えるユズル

二宮8番隊では、特別課題②の点数が71点と判明し「80くらいあってもいいだろ……」と頭を抱えるユズルの姿がありました。
ぶつぶつ言っているユズルに対して「結果を受け入れて対策しろ」と言葉を掛け、明日似たような課題が出た場合にはまたユズルにやらせると言う二宮。
二宮の言葉を受けて「適材適所って言葉知らないのかよ……」とこぼすユズルに対し、東はユズルが手を抜いていないことは上層部にも伝わっているため、気負わないようにとアドバイスをします。
続けて「ユズルくんなら大丈夫だよ」と言う千佳に対し、二宮は「おまえは戦闘シミュをなんとかしろ」「おまえ次第で勝てた試合が2つはあったぞ」と注意をすることに。

東の特別課題②に対する考えとは?

そんな中、東の元には特別課題②についての考えを聞きたいと、木虎からメールが入ることに。
課題の答案に目を通し、木虎に電話を掛けて「あれで充分じゃないか?特にはないだろ」と言う東。
そんな東に対し、上層部の評価が自己採点より10点ほど低いと考えている木虎は、東の考えと自身の解答との違いを尋ねることに。

木虎の解答・東の考えとは?

木虎の解答
1部隊 対 1部隊の試合形式だと、部隊戦術が万能(バランス)型にかたよって戦術改良の回転(サイクル)が鈍る
東の考え・補足
安定を求めて画一化した戦術だと、遠征先で相性の悪いトリガーに当たった時、何もできずに全滅する危険性もある
そうならないように、今のランク戦には隊員・戦術・トリガーといったあらゆる手札に『幅』を持たせる狙いがある

採点のポイントの内「ランク戦が1対1(部隊)だった場合のデメリット」について言及していた木虎ですが、上記のような東の考え・補足を聞くことに。
1つの種が様々な形に進化して環境を生き残っていくように、成長の方向性を拡散させることがボーダーの『生存戦略』であり、ランク戦の『三つ巴』ルールにはそれを自然に促す目的がある、とまとめた木虎の言葉に同意を示す東。

木虎の答案を褒める東

東の考えを聞き、自分の点数に納得がいった・地に足つけて『次』に臨めると言う木虎に対し、東は「あんまり俺の考えを鵜呑みにするなよ」と言葉を掛けます。
東から見れば木虎の答案も充分な出来であり、400字以内という条件で考えればお手本レベルとのこと。
一方の木虎は、400字という条件から無意識に逆算し、「ほどよくまとまった答え」で満足してしまったと考えている様子。

選抜試験での二宮の狙いが明らかに

8番隊の特別課題は、二宮の指名で絵馬が担当したと聞いた木虎は、絵馬・当真・ゾエさんの三人を感覚派代表として思い浮かべます。
二宮が絵馬を指名した方針を聞かれ、二宮がこの選抜試験で若手を『鍛える』つもりらしいと答える東。
驚いた様子を見せる木虎に対し、「この試験をどう捉えるかは人によってちがうってことかな」と続けます。
「奥寺と古寺をよろしくな」と言い残して木虎との電話を切った東は、苦しんでいる様子のユズルを見ると、「見守るだけが俺の役目じゃない か…」と心中で考え、特別課題についてユズルにアドバイスをすることに。

太一が心ここにあらずの状態の理由は?

その頃の柿崎3番隊では、食事をしながらも心ここにあらずの状態の太一の姿がありました。
ののさんの「あたしのメシそんなまずいかぁ?」との言葉に、「イエ……ウマイッスヨ……」「おれなんかにはモッタイナイッス……」とロボットのように喋る太一。
そんな太一を見て「……悪かったよ太一」と柿崎が謝りますが、影浦は「柿崎ザキさんのせいじゃねーよ」「こいつのせいだろ」と犬飼のことを指差します

影浦・犬飼の口論の内容について

特別課題②が課された際に、戦闘シミュレーション演習で一番やられているため、「これってやっぱ おれがシミュ抜けるのがいいんすかね……?」と口にする太一。
ゲームは好きなものの頭を使うゲームは苦手な様子の太一は、戦闘シミュ演習でボコられっぱなしということもあり、特別課題のほうがまだマシかもと卑屈に笑います。
すると犬飼は、そのようなネガティブな理由では特別課題はさせられないと発言し、配点もかなり高いこともあり適任者を選ぶべきと続けます。
太一にやらせてみればいいと噛み付く影浦に対し、やらせてみて結果が悪かった際に太一のダメージがでかいこと、そもそも本人が頭を使うのが苦手と言っていることに言及する犬飼。
影浦はシミュと特別課題は別物であり、勝手に決めつけるなと犬飼に反論しますが、柿崎が止めに入り、特別課題は一番向いてそうな犬飼が担当することに
続けて柿崎は、戦闘シミュがこれからしばらく続くこともあり、練習だと思って戦闘シミュに慣れようと太一に声を掛けますが、太一は「自分……しょせん最後まで売れ残ったザコなんで……全部みなさんにオマカセシマス……」と片言で喋るようになってしまいました。

柿崎が影浦・犬飼を採った理由とは?

回想は終わり、犬飼が口出ししたせいで太一がヒネてしまったと指摘する影浦。
犬飼は太一を悪く言ったつもりはなく、部隊チームのために意見を言っただけと答えます。
「なんでも感情論で進めるわけにはいかないでしょ?」「影浦隊はそれでも大丈夫なのかもしんないけど」と続けると、流石にののさんが止めに入ることに。
夕食後、犬飼に対して影浦を煽らないように注意する柿崎。
一方の犬飼は現状がベストと口にし、影浦に昔『おまえは考えてる事と顔が一致してなくて気味が悪い』と言われてたため、影浦に対してはなるべく思ったまんまを喋るようにしていると明かします。
昔は会話にもならなかったことから、今が過去一で良好な関係だと思うと続ける犬飼。
閉鎖環境試験はちょくちょくモメるとしても、柿崎に当てにしてもらった長時間戦闘試験の方ではしっかりやると口にします。
犬飼の言葉を聞き、犬飼と影浦を採った理由は長時間戦闘試験のことだけではないと言う柿崎。

点数に違和感を覚える照屋

場面は水上9番隊へと移り、順位表を見て違和感を覚える照屋の姿が描かれます。
他の部隊チームと比較して「どう考えても変ですよ。うちだけこんなに高いなんて……」と言う照屋は、「どうなってるのかちょっと調べてみませんか?」と提案することに。

ワールドトリガー221話の内容まとめ

ワートリ221話のあらすじ・ネタバレ一覧

  • ユズルの特別課題②の点数は71点
  • 明日もまたユズルにやらせると言う二宮
  • 千佳次第で勝てた試合が二つはあった様子
  • 特別課題②について東に質問する木虎
  • ランク戦には手札に幅を持たせる狙いがある
  • 木虎の答案は400字以内ではお手本レベル
  • 感覚派代表の絵馬・当真・ゾエさん
  • 二宮は選抜試験で若手を鍛えるつもり
  • ユズルにアドバイスをする東
  • 心ここにあらずの状態の太一
  • 太一の発言を機に口論をする犬飼・影浦
  • 特別課題②は柿崎の指名で犬飼が担当する
  • 犬飼のせいで太一がヒネたと言う影浦
  • 影浦を煽らないように犬飼を注意する柿崎
  • 犬飼曰く今が過去一で良好な関係
  • 柿崎が犬飼と影浦を採った理由を明かす?
  • 点数に違和感を覚える照屋

▼次話222話のネタバレ考察はこちら

【ワールドトリガー】222話の感想・考察まとめ|二日目を終えた水上隊の様子【ワートリ】
4/4(金)発売のジャンプスクエア5月号に掲載されている『ワールドトリガー』の222話「遠征選抜試験20」の感想・ネタバレを掲載しています。閉鎖環境試験二日目の順位・ポイントの考察を始め、二日目を終えた後の水上隊の反応、来馬隊の弓場さん・小...

試験二日目までの各チームの順位・ポイント

二日目までの暫定順位一覧

順位部隊名ポイント初日二日目
1位水上9番隊4,725pt1位2,313pt1位2,412pt
2位古寺6番隊3,827pt2位2,175pt2位1,652pt
3位村上10番隊3,633pt3位2,149pt3位1,484pt
4位二宮8番隊3,426pt4位1,959pt5位1,467pt
5位来馬5番隊3,244pt5位1,907pt8位1,337pt
6位柿崎3番隊3,147pt6位1,813pt9位1,334pt
7位王子2番隊3,145pt8位1,790pt7位1,355pt
8位歌川1番隊3,141pt9位1,703pt6位1,438pt
9位北添4番隊3,138pt7位1,805pt10位1,333pt
10位諏訪7番隊3,117pt11位1,642pt4位1,475pt
11位若村11番隊2,920pt10位1,681pt11位1,239pt

二日目までの各チームのポイント内訳一覧

部隊名共通分担特別戦闘A級合計
水上9番隊3804,725
古寺6番隊2,62708102501413,827
村上10番隊2,50107801801573,633
二宮8番隊7553403,426
来馬5番隊1703,244
柿崎3番隊1703,147
王子2番隊1303,145
歌川1番隊1,92108202901103,141
北添4番隊1803,138
諏訪7番隊2,03708101101593,117
若村11番隊702,920

特別課題②の点数の秘密とは?

特別課題②の担当者・点数まとめ

部隊名担当者点数(合計点)
歌川1番隊巴虎太郎79点(395点)
王子2番隊王子一彰?点(?点)
柿崎3番隊犬飼澄晴?点(?点)
北添4番隊北添尋?点(?点)
来馬5番隊弓場拓磨?点(?点)
古寺6番隊木虎藍82点(410点)
諏訪7番隊三雲修82点(410点)
二宮8番隊絵馬ユズル71点(355点)
水上9番隊樫尾由多嘉・照屋文香?点(?点)
村上10番隊全員76点(380点)
若村11番隊笹森日佐人?点(?点)

二宮8番隊・絵馬ユズルの点数が判明

『ワールドトリガー』公式Twitterより、二宮8番隊で特別課題②を担当した絵馬ユズルの点数が71点と判明
ユズル自身は「80くらいあってもいいだろ……」と頭を抱えていますが、220話までで判明している中では、特別課題②を担当した隊員の中でも一番点数が低い状況です。

特別課題②の採点ポイントのおさらい

ランク戦の戦況を複雑化することで、鍛えられる要素・能力に言及している
ランク戦が1対1(部隊)だった場合のデメリットに言及している
それらの要素が、防衛任務や組織の活動に関連付けられている
それらの要素が、近界(遠征先)での活動や戦闘に関連付けられている

上記の①〜④それぞれ、視野の広さ・具体性に応じて加点されるとのこと。

点数が判明しているキャラの評価は?

キャラ名点数採点ポイント
三雲修82点①〜④の全てに言及
木虎藍82点①・②・④に言及
巴虎太郎79点①・②・④に言及
笹森日佐人76点①〜③に言及
絵馬ユズル71点①・②に言及するも苦戦していた様子

上記を見ると、採点ポイントに全て触れられている修でも82点とそこまで高くないのが特徴。
一方、③に言及していない木虎でも82点を獲得していることから、木虎の答案の方が修より具体性に長けていたと考えられます。
初日の特別課題①で一番高い部隊チームが85点だったことを考えると、特別課題の点数は70〜85点の間で収まるようになっているのかもしれません。

ワールドトリガー221話の感想・考察要素

二宮・柿崎・水上隊について描かれる

話数言及された部隊
220話 歌川1番隊・王子2番隊・古寺6番隊
諏訪7番隊・村上10番隊
221話 柿崎3番隊・二宮8番隊・水上9番隊
222話 来馬5番隊・水上9番隊

221話では柿崎3番隊・二宮8番隊の様子にスポットが当たり、222話の中心である水上9番隊にも触れられることに。
閉鎖環境試験2日目の「仕事時間」が終わってからは、北添4番隊・若村11番隊を除いた各チームの様子が明らかとなりました。

二宮8番隊の戦闘シミュ演習の結果は?

勝利 王子2番隊・北添4番隊・来馬5番隊
諏訪7番隊・村上10番隊・若村11番隊
引き分け 歌川1番隊・柿崎3番隊・古寺6番隊
水上9番隊

二宮8番隊の戦闘シミュレーション演習の初日は、上記の通り6勝0敗4分けとの結果に
水上9番隊に続いて2位という好成績で終わりましたが、二宮曰く、千佳次第で勝てた試合が更に二つ存在したようです。

各チームの戦闘シミュ・その他の点数とは?

部隊名合計戦闘シミュ戦闘以外
水上9番隊 2,412点(1位 380点(1位 2,032点(1位
古寺6番隊1,652点(2位)250点(4位)1,402点(2位)
諏訪7番隊1,475点(4位)110点(10位)1,365点(3位)
村上10番隊1,484点(3位)180点(5位)1,304点(4位)
王子2番隊1,355点(7位)130点(9位)1,225点(5位)
若村11番隊 1,239点(11位 70点(11位 1,169点(6位)
来馬5番隊1,337点(8位)170点(7位)1,167点(7位)
柿崎3番隊1,334点(9位)170点(7位)1,164点(8位)
北添4番隊1,333点(10位)180点(5位)1,153点(9位)
歌川1番隊1,438点(6位)290点(3位)1,148点(10位)
二宮8番隊 1,467点(5位) 340点(2位) 1,127点(11位

各チームの閉鎖環境試験2日目の合計点・戦闘シミュ演習の点数は上記の通り。
二宮8番隊は2日目で5位に位置していますが、戦闘シミュ演習の点数を除けば11位と最下位まで落ち込んでいるのが特徴。
二宮8番隊としては、戦闘シミュ演習で点数を稼がなければ厳しい状況にあるのかもしれません。

照屋が疑問を抱いた理由とは?

各チームの2日目までの点数まとめ

順位部隊名初日2日目差分2日目/1日目
1位水上9番隊2,313pt2,412pt +99pt 104%
2位古寺6番隊2,175pt1,652pt -523pt 76%
3位村上10番隊2,149pt1,484pt -665pt 69%
4位二宮8番隊1,959pt1,467pt -492pt 75%
5位来馬5番隊1,907pt1,337pt -570pt 70%
6位柿崎3番隊1,813pt1,334pt -479pt 74%
7位王子2番隊1,790pt1,355pt -435pt 76%
8位歌川1番隊1,703pt1,438pt -265pt 84%
9位北添4番隊1,805pt1,333pt -472pt 74%
10位諏訪7番隊1,642pt1,475pt -167pt 90%
11位若村11番隊1,681pt1,239pt -442pt 74%

各チームの1日目・2日目のそれぞれの点数は上記の通り。
水上9番隊のみが初日から2日目で点数が上がっており、その他のチームの多くは2日目は初日の70〜80%ほどの点数となっています。
照屋が「どう考えても変ですよ。うちだけこんなに高いなんて……」と疑問を抱くのは、当然と言えるでしょう。

ワートリの関連記事まとめ

本誌まとめ記事一覧

23巻
201話 202話 203話 204話 205話
24巻
206話 207話 208話 209話 210話
211話 212話 213話
25巻
214話 215話 216話 217話 218話
219話 220話 221話 222話
26巻
223話 224話 225話 226話 227話

© 葦原大介/集英社. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました