【ヒロアカ】342話のネタバレ感想・考察まとめ|雄英から出るA組の生徒たち【僕のヒーローアカデミア】

ヒロアカ342話アイキャッチ仮 僕のヒーローアカデミア
引用元:週刊少年ジャンプ2022年10号

2/7(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年10号(2月21日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の342話「嵐の前の超静けさ」の感想・考察をまとめています。
ヒロアカ342話の内容のネタバレやあらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼ヒロアカのまとめ記事一覧

34巻
329話 330話 331話 332話 333話
334話 335話 336話 337話 338話
339話
35巻
340話 341話 342話 343話 344話
345話 346話 347話 348話 349話
350話

▼連載終了まで残り1年!?新情報まとめ

ヒロアカ341話の内容のおさらい

前話の内容・あらすじまとめ

  • ズタボロ状態の自分の家へ入るトガ
  • 家の中は荒れ放題で何も残っていない状態
  • 「全部捨てたんだね」と口元に笑みを浮かべる
  • 荼毘がトガの住んでいた家を燃やす
  • トゥワイスの血を手にするトガ
  • アジトに死柄木の呻き声が響く
  • 個性終末論を超克しつつある死柄木
  • 死柄木を心配する素振りを見せるスピナー
  • スピナーは今や異形を導く星となりつつある
  • リモコンのようなものを受け取るスピナー
  • 異形の”個性”を持つ敵が集結する

▼前話341話の詳しいまとめはこちら

【ヒロアカ】341話のネタバレ感想・考察まとめ|ヴィランが集い始める【僕のヒーローアカデミア】
1/24(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年8号(2月7日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の341話「皆がヒーローになるまでの物語−①」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ341話の内容のネタバレやあらすじなども掲載してい...

▼次話343話のネタバレ考察はこちら

ヒロアカ341話終了時のキャラ情報

ヴィランのメインキャラ一覧

キャラ名 目的・状況
AFO ・タルタロスから脱獄を果たす
・意識体と”電波”でやり取りしていたと判明
・OFAを奪うことは人生の中期目標
青山と内通していたと判明
・死柄木らと共にアジトで身を潜める
死柄木弔 ・定着率75%で復活を遂げる
AFOと融け合い新たな人格が生まれる?
・スターを崩壊させ「新秩序」を奪う
・「新秩序」と共にいくつかの”個性”を失う
個性終末論を超克しつつある?
荼毘 ・エンデヴァーの息子であり焦凍の兄
・ホークスの羽根・背中を焼いた
・エンデヴァーに執着している
・トガの家に火を放つ
トガヒミコ ・連続失血死事件の犯人
・「変身」の”個性”を持つ
・お茶子と戦い涙を流しその場を後にする
好意を寄せた対象の”個性”を使用可能に
・トゥワイスの血を持っている
スピナー ・ステインに触発され敵連合に加入
・「ヤモリ」の”個性”を持つ
・異形ゆえに生き辛い人生を送ることに
・死柄木の身を心配している様子を見せる
異形を導く者として祭り上げられている
ステイン ・通称「ヒーロー殺し」
・オールマイトの手で死ぬことを望んでいる
・オールマイトに記録媒体を渡す

ヒロアカの掲載順まとめ

直近10話の掲載順一覧

順位 話数 タイトル 年・号
2位 333話 亡霊 2021年50号
3位 334話 置き土産 2021年51号
2位 335話 有精卵 2021年52号
1位 336話 敵(ヴィラン) 2022年1号
2位 337話 使い捨ての人生を 2022年2号
3位 338話 皆がヒーローになるまでの物語① 2022年3・4号
3位 339話 皆がヒーローになるまでの物語② 2022年5・6号
5位 340話 皆がヒーローになるまでの物語③ 2022年7号
3位 341話 皆がヒーローになるまでの物語−① 2022年8号
2位 342話 嵐の前の超静けさ 2022年10号

ヒロアカ342話のあらすじ・ネタバレ

AFOの指示を共有する避難民たち

雄英高校の避難用居住スペースには、AFOからの指令が来たと密かに会話する避難民の姿がありました。
雄英高校内では多くのロボットが稼働しており、避難民が好き勝手に動くことができないものの、それを見越していたAFO。
避難民の中に手下を仕込んでいたAFOは、まだ潜在しているであろう反対派の人間を巻き込むように指示します。
雄英は死柄木が行動可能になるまで残り一週間も無い事を掴んでいるものの、危機がもうすぐそこに迫っている事を隠しているため、この事実を煽り「緑谷出久が再びその砦にいられなくなる」ことを目論んでいる様子。

A組の生徒たちが捜索から一時帰還する

その頃の学生寮では、A組の生徒たちが捜索から一時帰還していました。
捜索に疲労を覚え床に倒れこむ上鳴の一方で、捜索範囲が広すぎると言う切島はヒーローが多数減っている状況に深刻さを覚えた様子
飯田は速やかに就寝するように呼びかけ、自分たちの強みは若さであり、一挙手一投足全てが力に繋がると口にします。
また、「ちょっとくらい猥談する時間ほしいよな」と話しかけてきた峯田に対し「猥談はいいや。でもそうだね」と答えつつ、お茶子と話をする暇もないと考えるデク。
避難民に屋上から呼びかけてくれた件でまだちゃんとお礼を言えてないと話しかけようとしますが、そのタイミングでオールマイト・塚内・校長が学生寮に姿を現します。

第二次決戦の最終プランとは?

オールマイトだけでなく塚内・校長までも学生寮に姿を現したことに、青山の件かと疑問を口にする八百万。
しかし要件は更にその先であり、現在限られた者にのみ概要が伝えられている、第二次決戦の最終プランの協議を行うとのことでした。
現場指揮を執っていたエンデヴァー・ベストジーニストには、ホークス・ラグドールから詳細が伝えられ、プランが記された紙に目を通したエンデヴァーは、思うところがあるのか目を細めている様子
セントラル病院では、右目に眼帯を付けた相澤先生が黒霧と対面しており、青山は引き続き拘束されていました。
場面は学生寮に戻り、最終プランを聞く爆豪・轟・デクの三人が描かれることに。

雄英を後にするA組の生徒たち

翌日、校長から四日後に死柄木弔が動き出すとのアナウンスがされ、ざわつく避難民たち。
A組の生徒たちは雄英を出ることとなり、デクは十分に時間を貰ったと避難民たちに頭を下げます。
続いて自分たちの命題は避難民の安全と話すスナイプは、避難民たちにいつ避難システムが作動しても大丈夫なよう心構えをお願いすることに。
一方のAFOと通じている避難民は、目の前の様子に「馬鹿正直に…!黙って雄英に守られていればあの方も苦労なさっただろうに」と冷や汗を流します。
しかし計らずとも指令が達成されたため、自分たちの未来は保証されると胸を撫で下ろすことに
A組の生徒たちは家族と別れを惜しみつつ、雄英から約30km地点の仮設要塞”トロイア”へと移動します。
セメントス・パワーローダー・エクトプラズムによって超短期施工がなされ、雄英には到底及ばないものの堅牢とのこと。

街を眺めるお茶子の思いとは?

部屋に荷物を運んだデクが外を見ると、そこには街を見渡すお茶子の姿がありました。
お茶子の横に立ち、避難民に呼びかけてくれたことに礼を言うデク。
続けて外で何をしていたのか尋ねられたお茶子は、「んー街見てた」と答えた後に続けて「私さ変なんだよね」と口にします。
雄英の校舎の上で避難民に呼びかけていた際に、ふとトガヒミコが頭をよぎったと言うお茶子。
ギガントマキアの進行中に一対一になったお茶子は、トガに対して自分が”当たり前”だと思う事を言葉にして返したものの、トガはとても悲しそうな顔をしていました
街を滅茶苦茶にして多くの命と幸せを奪った”ヴィラン”であり、許す許さないの次元ではないものの、トガの”当たり前”を知らない・トガのことを何も知らないと考えてしまうと続けます。
そのため、悍ましい光景を忘れない・余計な事を考えないようにと街を見てたと言うお茶子。

遂に作戦決行の当日へ

お茶子の言葉に同意を示し、戦いは避けられなくても、その奥にあるものを無視はしたくないと言うデク。
お茶子はデクの言葉に、「じゃあ…二人とも変だね」と口にします。
その頃の仮設要塞”トロイア”の轟の部屋には、飯田・切島・爆豪の姿がありました。
気を遣わせたことを謝る轟に対し、自分も兄がいることに触れる飯田。
「俺は燈矢兄の好きなモンも知らねえ」と口にする轟は、爆豪に「絶対うどんだな。煮えたぎったやつ」と言われ、「ハッ…だったら一緒に食ってやるさ」と応えます。
街を見るデク・お茶子の二人が「必ず止めよう」と決意を新たにし、日時は遂に作戦決行当日へと移行することに

ヒロアカ342話の内容まとめ

本誌342話の内容一覧

  • AFOから指令が来たと密かに話す避難民
  • 潜在する反対派を巻き込むよう指示するAFO
  • デクが雄英にいられなくなることを目論む
  • 捜索から一時帰還するA組の生徒たち
  • 第二次決戦の最終プランがデク達に伝えられる
  • 右目に眼帯を付けて黒霧と対面する相澤先生
  • 翌日雄英を後にするA組の生徒たち
  • 指令が達成され胸を撫で下ろすAFOの手下
  • 仮設要塞”トロイア”へ移動するA組の面々
  • 街を見渡すお茶子の横に立つデク
  • トガヒミコが頭をよぎったと明かすお茶子
  • 遂に作戦決行当日へと移行する

▼次話343話のネタバレ考察はこちら

【ヒロアカ】343話のネタバレ感想・考察まとめ|第二次決戦が始まる【僕のヒーローアカデミア】
2/14(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年11号(2月28日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の343話「Let you down」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ343話の内容のネタバレやあらすじなども掲載しているの...

ヒロアカ本誌342話の感想・考察まとめ

障子を見送る一般女性の姿が描かれる

ヴィラン連合・超常解放戦線の捜索から一時帰還した翌日、雄英から離れた仮設要塞”トロイア”へと移動することになったA組の生徒達。
デクや轟などが家族と別れを惜しむ中、障子はデクが助けた一般女性と握手をしています。
異形は入れられないと避難所を何ヶ所か断られてしまった一般女性ですが、同じ異形の”個性”を持つ障子との間で関わりが生まれたようです。

お茶子がトガと話した内容とは?

ギガントマキアとの進行中に、一対一でトガヒミコと戦うこととなったお茶子。
「私もずっと我慢した!」「小っちゃい頃にやめろって言われて!でもだめだった、しまっとくと大きくなるの!」と言うトガに対し、お茶子は「好きに生きて他人を脅かすなら……その責任は受け入れなきゃいけない」と口にします。
お茶子の言葉を聞いたトガは「うん、そうだね」と涙を浮かべており、それがお茶子の中で引っかかっているようです。

轟の元に爆豪たちが訪れた理由とは?

仮設要塞”トロイア”へ移動した後、轟の部屋へと飯田・切島・爆豪の三人が訪れていました。
爆豪たちが轟の部屋にいた理由は、轟の「気ィ遣わせちまってわりィ 大丈夫だ」との発言からも、A組の生徒たちに明かされた第二次決戦の最終プランが関わっていると思われます。

荼毘の相手を轟が務めることに?

340話では第二次決戦に向けた作戦会議が開かれ、オールマイトの口からは敵主力全てを分断・各個撃破する必要があると言及されました。
この敵主力には轟の兄の荼毘(燈矢)も含まれており、荼毘と轟が戦うといった内容が最終プランに存在し、飯田たちは轟の心配をしたのではないでしょうか?

AFOが持つリモコンの使用用途とは?

342話の最後のページでは、リモコンのようなものを手に持つAFOの姿が描かれています。
このリモコンは341話スケプティックがスピナーに手渡したものと同一と思われ、第二次決戦にて重要な役割を持つと考えられます。
異形の”個性”を持つ人々を蜂起させるといった、ヴィラン側の戦力を増強する効果があるのではないでしょうか?

仮設要塞”トロイア”の名称について

雄英高校を出た1年A組の生徒たちは、セメントスなど雄英の教師陣が施工した仮設要塞”トロイア”へと移動することに。
「トロイア」はギリシア神話に登場する古代都市からきていると思われますが、一方でトロイア戦争にて使われた「トロイの木馬」を意識しているとも考えられそうです。
「トロイの木馬」は内通者・相手を陥れる罠を指した言葉であり、青山だけでなく他にも内通者が存在する可能性があるのかもしれません。

ヒロアカ342話の展開予想

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ2022年10号発売前に掲載した342話の展開予想となります。
あらかじめご注意ください。

ヴィラン側の様子が引き続き描かれる?

341話のタイトルは「皆がヒーローになるまでの物語マイナス」。
338〜340話ではヒーロー側の様子が三話連続で描かれたため、同様に341話から2,3話連続してヴィラン側の様子が描かれる可能性が高いです。

ヴィランにとってヒーローに値する人物とは?

338〜340話では、デクたちA組の生徒を始めサポート科の発目・普通科の心操などもヒーローとして描かれましたが、341話では「誰もが誰かのヒーローになれるんだ!」とのセリフと共にスピナーの姿が描かれました。
ステインに触発されてヴィラン連合へと加入したスピナーは、今や異形を導く星となりつつあり、スケプティックからはリモコンのようなものを手渡されることに。
342話では、引き続きヴィランにとってのヒーローに値する人物が描かれると思われます。

再登場すると思われるヴィランとは?

Mr.コンプレスの再登場は確定

自警時代から今日に至るまで、歴史に燦然と輝くオールマイト・ブレイブ・クリムゾンライオットといったヒーロー。
一方、歴史にはヴィラン(犯罪者)とされたものも多く名を残しており「稀代の盗人」張間歐次は、私服を肥やすヒーローもどきを標的に盗みを働き、盗んだ金品を市井にバラまき”世直し”を訴えました。
その張間の孫の孫であるMr.コンプレス(迫圧紘さこあつひろ)は、死柄木たちを逃すことに成功しますが、最終的には確保されてしまいます。
ただし、Mr.コンプレスは単行本30巻にて「まだ出てきます」と言われており、今後ヴィランとして再登場すると思われます。

ギガントマキアもヴィランとして復活する?

和歌山県の群訝山荘から京都府の蛇腔に向けて北上したギガントマキアは、八百万たちA組の生徒たちに奮闘により麻酔が効き、捕らえられることに。
336話にて拘束・眠らされ続けていることが明らかとなりましたが、このまま無力化されているとは考えにくくヴィランとして復活すると思われます。

異形の”個性”を持つヴィランが再登場する?

ヘドロヴィランが1話以来に登場

デクが中学生の時に出現し、爆豪の体を乗っ取ろうとしたヘドロヴィランが1話以来に再登場、341話で集結している異形のヴィランの中で右下に描かれています。
第二次決戦では、因縁のある爆豪と戦うこととなり、今度は圧倒され敗北するのではないでしょうか?

外典の部下が左下に描かれている

341話の異形のヴィランの中で、左下に描かれている刀を持つ人物。
特徴的な頭部の描写から、超常解放戦線の開闢行動遊撃連隊”VIOLET”の外典の部下と思われます。
外典の部下の中でも上位3名に入る実力者であり、その実力は並のヒーローを軽く凌駕しているようです。

ヒロアカの関連記事まとめ

キャラ考察・関連記事一覧

劇場版・原画展関連記事一覧

本誌各話のまとめ記事一覧

31巻
296話 297話 298話 299話 300話
301話 302話 303話 304話 305話
306話
32巻
307話 308話 309話 310話 311話
312話 313話 314話 315話 316話
317話 318話
33巻
319話 320話 321話 322話 323話
324話 325話 326話 327話 328話
34巻
329話 330話 331話 332話 333話
334話 335話 336話 337話 338話
339話
35巻
340話 341話 342話 343話 344話
345話 346話 347話 348話 349話
350話
36巻
351話 352話 353話 354話 355話

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました