【ヒロアカ】358話のネタバレ感想・考察まとめ|爆豪の新技が炸裂【僕のヒーローアカデミア】

ヒロアカ358話アイキャッチ 僕のヒーローアカデミア
引用元:週刊少年ジャンプ2022年31号

7/4(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年31号(7月18日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の358話「ちょっと進んだ男」の感想・考察をまとめています。
ヒロアカ358話の内容のネタバレやあらすじを始め、358話のキャラ情報なども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼僕のヒーローアカデミアまとめ記事一覧

36巻
351話 352話 353話 354話 355話
356話 357話 358話 359話 360話
361話 362話
37巻
363話 364話 365話 366話 367話
368話 369話 370話 371話 372話
373話

▼連載終了まで残り1年!?新情報まとめ

ヒロアカ357話の内容のおさらい

前話のネタバレ・あらすじまとめ

  • エンデヴァーの一撃を防ぐAFO
  • オールマイトを想起することに
  • 手負いのヒーローが最も恐ろしい思うAFO
  • AFOとの距離を瞬時に詰めるエンデヴァー
  • ホークスの羽が後押ししていた
  • エンデヴァーがAFOを地面に叩きつける
  • AFOを引き摺っていくエンデヴァー
  • 体が思うように動かない状態のAFO
  • プロミネンスバーンを放つエンデヴァー
  • AFOは炭化して体が崩れていくことに
  • 仕込みの存在を明かすAFO
  • AFOの顔に耳・目が現れる
  • 嫌な予感を覚える初代OFA
  • 海上を飛ぶデクの元に何かが接近する

▼前話357話の詳しいまとめはこちら

【ヒロアカ】357話のネタバレ感想・考察まとめ|AFOを圧倒するエンデヴァー【僕のヒーローアカデミア】
6/27(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年30号(7月11日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の357話「焼身照命!!手負いのヒーロー」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ357話の内容のネタバレやあらすじを始め、357話...

▼次話359話のネタバレ考察はこちら

ヒロアカ357話終了時のキャラ情報

群訝山荘跡にて戦闘中のキャラまとめ

学生ヒーローのキャラ一覧

キャラ名 目的・状況
常闇踏陰 ・雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒
・「黒影(ダークシャドウ)」の”個性”を持つ
・ヒーロー名は「ツクヨミ」
耳郎を乗せてAFO戦に参戦する
終焉『儚』でAFOを殴りつける
耳郎響香 ・雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒
・「イヤホンジャック」の”個性”を持つ
・ヒーロー名は「イヤホン=ジャック」
「心音壁」でホークスを守る
AFOの攻撃で左耳を吹き飛ばされる

プロヒーローのキャラ一覧

キャラ名 目的・状況
エンデヴァー ・No.1プロヒーロー
・荼毘・焦凍の父親
・AFOの攻撃で右脇辺りを抉られる
右腕を失うもAFOに強力な一撃を叩き込む
AFOにプロミネンスバーンを放つ
ホークス ・No.2プロヒーロー
・常闇のインターン先のヒーロー
・少ない羽を義羽で補強している
AFOの仮面を破壊することに成功
・エンデヴァーのサポートをしている

ヴィラン側のキャラ一覧

キャラ名 目的・状況
AFO ・タルタロスから脱獄を果たす
・OFAを奪うことは人生の中期目標
ホークスに仮面を砕かれる
・エンデヴァーのプロミネンスバーンを受ける
仕込みの存在を明かし耳・目を再生させる

A組の生徒20名の現在位置まとめ

場所キャラ名
雄英校舎爆豪勝己上鳴電気八百万百
神野区グラウンドゼロ轟焦凍飯田天哉
奥渡島麗日お茶子蛙吹梅雨
群訝山荘跡常闇踏陰耳郎響香
蛇腔病院跡芦戸三奈切島鋭児郎峰田実
国立多古場競技場砂藤力道尾白猿夫瀬呂範太
セントラル病院前障子目蔵口田甲司
駐車場(開戦場所)青山優雅
移動中緑谷出久
詳細不明葉隠透

僕のヒーローアカデミアの掲載順まとめ

ヒロアカの直近10話の掲載順一覧

順位 話数 タイトル 年・号
6位 349話 BATTLE FLAME 2022年17号
2位 350話 エン 2022年19号
3位 351話 二つの赫灼 2022年21・22号
3位 352話 必殺技 2022年24号
4位 353話 ENDEAVOR 2022年25号
5位 354話 ここだ!! 2022年26号
3位 355話 EXTRAS 2022年27号
3位 356話 敵について 2022年29号
2位 357話 焼身照命!!手負いのヒーロー 2022年30号
3位 358話 ちょっと進んだ男 2022年31号

次号2022年32号では休載予定

7月11日(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年32号では、『僕のヒーローアカデミア』は休載することに
再開は週刊少年ジャンプ2022年33号を予定しており、二週間後の7/19(火)に359話が掲載されます。

▼次話359話のネタバレ考察はこちら

【ヒロアカ】359話のネタバレ感想・考察まとめ|爆豪がピンチに陥る【僕のヒーローアカデミア】
7/19(火)発売の週刊少年ジャンプ2022年33号(8月1日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の359話「学び舎」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ359話の内容のネタバレやあらすじを始め、359話のキャラ情報なども掲載し...

33号では表紙・巻頭での掲載!

週刊少年ジャンプ2022年32号では休載なものの、7月19日(火)発売の33号では『僕のヒーローアカデミア』が表紙・巻頭カラーで掲載されます。
連載8周年を記念している他、第八回人気投票も開催されるとのこと。

▼第八回人気投票の詳細はこちら

ヒロアカ358話のあらすじ・ネタバレ

死柄木の猛攻に対抗する面々

場面は空中に浮かぶ雄英校舎へと移り、大量の指・手を生み出して攻撃を仕掛ける死柄木の姿が描かれます。
「逃げるだけか!?」と死柄木が口にする中、次々と迫る指に吹き飛ばされるサンイーター(天喰あまじきたまき)。
心配するネジレちゃん(波動ねじれ)にも指が迫りますが、「波動」の”個性”で生み出した衝撃波で攻撃を防ぎ、その場を離脱することに。

エッジショットが反撃を仕掛ける

繊維の上に乗って攻撃を避けつつ、動きを止めずに移動し続けるように他のヒーローに呼びかけるベストジーニスト(袴田はかまだつなぐ)。
一度止まれば一瞬で指に呑まれてしまうため、いなしつつ本体を狙うように指示し、死柄木は驚異的な手数を誇るものの、代わりにオールマイト並の機動力を捨てていることに言及します。
エッジショット(紙原かみはら伸也しんや)は忍法「破砕紙絲はさいしし」で死柄木の放つ指に入り込み内部から破壊をしますが、破壊された傍から指が生え出してくる光景に、思わず「これが”個性”じゃなく只の成長と言い張るのは無理があるぞ」と口にします。

ヒーローたちに問いかける死柄木

エッジショットの発言を聞きつけ、AFOの”個性”が定着すればする程、内に蓄積された”個性”群や多様な外的環境に見合うよう、身体が最適な形態を模索していると言う死柄木。
「この身体と力で 全てが僕の掌の上となる」「僕かそれ以外の世界が生まれる」と口にする死柄木は、姿・形・能力が規格を失う程に分かたれたこの世界の行き着く先は断絶と崩壊と続けます。
大きすぎる差異は不理解を生み、不理解は畏れと排斥を生むとの言葉を、汗を流しながら聞く爆豪。
その結果が今であると言う死柄木は、「僕が統括すれば皆等しく被搾取側だ!」「ヒーローの望む平和な世界に一歩近づくとは考えられないか!?」と問いかけることに。

爆豪が新装備を披露する

対峙している相手が死柄木・AFOのどちらなのかはわからないものの、「聞くに堪えねーんだよ 神野ン時から!一言一句!!」と口にする爆豪。
攻撃を避けながら動き回ったことで充分に汗が溜まったため、サポート科に作ってもらった新装備「面制圧重装機動 ストレイフパンツァー」を展開します。
「俺が風穴ァ ブチ開ける!!」「本体潰すぞ!!! 全員・・で!!」と言う爆豪は、目の前の大量の手・指へと爆撃を放っていくことに。
死柄木本体へと向かいながらも、爆豪の言葉を聞いて「チームか……!!」と笑みを浮かべるミルコ(兎山うさぎやまルミ)

周囲の人々のことを思い浮かべる爆豪

物間・相澤先生が「抹消」で死柄木の”個性”を封じてくれてる内に・・・・・・・・・、上鳴たちがこのステージを動かしてくれてる内に・・・・・・・・・・、八百万たちが足場を補填してくれてる内に・・・・・・と周囲の人々のことを思い浮かべる爆豪。
「不理解は畏れと排斥を生む」との死柄木の言葉で、中3の頃にデクに助け出されたことを回想しつつも、大きすぎる差異・不理解・畏れもとっくに飲み込んだと口にします。
ベストジーニストが反応を示す中、爆豪は「そういうの全部 一歩進んだとこ もう見てンだよ」と続けます。

爆豪が新境地「クラスター」の技を放つ

デクが避難民たちに迎え入れられた時のことを思い出し、時間が掛かっても進もうとしている連中がいる事を知っていると言う爆豪。
技を放つために自身の体を回転させながら、死柄木に対して「よって余計なお世話だ 指金玉野郎!!!」と言い放つことに。
爆豪の発言を受けて「大・爆・殺・神…ダイナマイト!!」と思わずベストジーニストが口にする中、爆豪は必殺技「ハウザーインパクト クラスター」を放ち、ついに死柄木の目前へと迫ります。

ヒロアカ358話の内容・ネタバレまとめ

本誌358話の内容・ネタバレ一覧

  • 場面は空中に浮かぶ雄英校舎へ
  • 迫る手・指に吹き飛ばされるサンイーター
  • 衝撃波の”個性”で攻撃を防ぐネジレちゃん
  • 移動し続けるよう指示するベストジーニスト
  • 死柄木は圧倒的な機動力を捨てている状態
  • 忍法「破砕紙絲はさいしし」で攻撃するエッジショット
  • この世界の行き着く先は断絶と崩壊?
  • 不理解は畏れと排斥を生むと続ける死柄木
  • 爆豪が新装備を展開する
  • 周囲の人々のことを思い浮かべる爆豪
  • 爆豪が死柄木を指金玉野郎と呼ぶ
  • 新境地「クラスター」の技を放つ爆豪
  • 遂に爆豪が死柄木の目前に迫ることに

▼次話359話のネタバレ考察はこちら

【ヒロアカ】359話のネタバレ感想・考察まとめ|爆豪がピンチに陥る【僕のヒーローアカデミア】
7/19(火)発売の週刊少年ジャンプ2022年33号(8月1日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の359話「学び舎」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ359話の内容のネタバレやあらすじを始め、359話のキャラ情報なども掲載し...

ヒロアカ本誌358話の感想・考察まとめ

死柄木の意識はAFOに呑まれている?

以前は一人称が「俺」だった死柄木ですが、スターアンドストライプとの戦いの最中で、AFOの意識体と融け合い新たな人格が生まれつつあると判明。
現在は一人称が「僕」に変わっている上、まるでAFOのような話し方をしていることから、AFOに近い人格になっていると思われます。
死柄木の現在の目的は、358話内の発言通りに世界を統括し皆等しく被搾取側へと置く事なのかもしれません。

死柄木が主導権を握ることも?

身体をAFOに乗っ取られているように見えるものの、346話の最後では「本当がっかりだぜ イレイザーヘッド」と死柄木本人と思われる発言をしています。
蛇腔戦の時には未完成だった身体が完成し、AFO・死柄木の人格が混ざってしまっているようですが、感情の高ぶりなどで死柄木が主導権を握ることもあると思われます。

雄英校舎のヒーローの”個性”をおさらい

キャラ名ヒーロー名・個性
爆豪勝己 【ヒーロー名】大・爆・殺・神ダイナマイト
【個性】爆破
掌の汗腺からニトロのような物質を出して爆発させる。
爆風を利用して移動や加速もできる。
袴田維 【ヒーロー名】ベストジーニスト
【個性】ファイバーマスター
繊維を自由自在に操る”個性”。
繊細なコントロールにより敵の拘束や強制的な移動が可能。
兎山ルミ 【ヒーロー名】ミルコ
【個性】兎
ウサギのような身体能力を発揮。
ジャンプ力とダッシュ力は抜群!
紙原伸也 【ヒーロー名】エッジショット
【個性】紙肢
体を紙のように変化できる。
バネに模して急激に体を伸縮する事で空中をも高速で移動する。
波動ねじれ 【ヒーロー名】ネジレちゃん
【個性】波動
自分の活力をエネルギーにして衝撃波を放つ。
ソクドハないが、その絶大な威力で敵を完封する。
天喰環 【ヒーロー名】サンイーター
【個性】再現
喰らったモノの特徴を、そのまま身体に再現できる。
生物の持つ毒などを生み出す事も可能。

爆豪の新必殺技について

358話にて「ハウザーインパクト クラスター」を披露した爆豪は、一気に死柄木との距離を詰めることに。
榴弾砲ハウザー着弾インパクト」自体は、爆破を利用して空中で勢いよく回りその勢いで敵に攻撃するという、体育祭の決勝にて轟を相手に放った技。
特大火力に勢いと回転を加え、まさに人間榴弾と化した一撃ですが、「クラスター」によって更に威力が上がっていると思われます。

爆豪の新境地「クラスター」とは?

321話にて「爆速ターボ ”クラスター”」を披露した爆豪。
この「クラスター」は、群訝・蛇腔戦時に死柄木にやられそうになったデクを助けようとした際、死地での危機感もあり身に付けた粒立った・速く強い爆破とのこと。
358話で「ハウザーインパクト クラスター」を放ったように、今後披露される爆豪の技は「クラスター」が基準となっており、一段階レベルアップしていると思われます。

僕のヒーローアカデミア358話の展開予想

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ2022年31号発売前に掲載した358話の展開予想となります。
あらかじめご注意ください。

デクの元に現れたものとは?

奥渡オクト島から死柄木のいる雄英校舎へと向かっているデクの元に、何かが接近してきているようです。
初代OFAが嫌な予感がすると言っていることから、デクの命を狙うヴィランとも考えられますが、初代の反応は目・耳を再生させたOFAに対するものと思われます。
デクの元に現れたのは、スタストと共に日本に来た軍人たちであり、戦闘機に乗ってデクのことを迎えに来たのではないでしょうか?

AFOは全盛期の力を取り戻す?

エンデヴァーの「プロミネンスバーン」を受けて肉体が炭化したにもかかわらず、AFOの頭部では耳・目などが再生し始めることに。
前のコマで体の状態を巻き戻す”個性”を持つエリちゃん、”個性”を消滅させられる個性破壊弾が描かれていることから、これらに関する仕込みをしていた可能性が高いです。
もしエリちゃんの”個性”を再現したのであれば、作中で6,7年前にオールマイトと戦った時よりも前へと遡り、肉体を全盛期の時の状態に戻したのかもしれません。

AFOの復活は時間制限アリ?

目玉や耳を再生させて不気味な様相をしているAFOですが、手負いの状態であることには変わりはありません。
この身体はAFOにとって用済みで捨て去るだけのものとの発言からも、今の状態から捨て身で何かを試そうとしていると思われます。
もし肉体が全盛期まで遡って回復したとしても、時間制限などあくまで何やらの制約があるのではないでしょうか?

他の戦場へと場面が移る可能性も?

第二次決戦の戦場まとめ

戦闘が行われている戦場
群訝山荘跡雄英校舎奥渡島
蛇腔病院跡国立多古場競技場セントラル病院前
駐車場(開戦場所)
戦闘がひと段落した戦場
神野区グラウンドゼロ

現在戦闘が行われているのは、上記の通りに群訝山荘跡を含めて7ヶ所存在します。
手負いの状態のAFOが捨て身で行動し始める可能性が高く、群訝山荘跡の戦いがひと段落するとは思えないものの、場面がデクに移っているため、このまま他の戦場にフォーカスするのではないでしょうか?
AFO・エンデヴァーの戦いに関しては、他の戦いが落ち着いた段階で再度描かれるのかもしれません。

僕のヒーローアカデミア関連記事まとめ

キャラ考察・関連記事一覧

劇場版・原画展関連記事一覧

本誌各話のまとめ記事一覧

31巻
296話 297話 298話 299話 300話
301話 302話 303話 304話 305話
306話
32巻
307話 308話 309話 310話 311話
312話 313話 314話 315話 316話
317話 318話
33巻
319話 320話 321話 322話 323話
324話 325話 326話 327話 328話
34巻
329話 330話 331話 332話 333話
334話 335話 336話 337話 338話
339話
35巻
340話 341話 342話 343話 344話
345話 346話 347話 348話 349話
350話
36巻
351話 352話 353話 354話 355話
356話 357話 358話 359話 360話
361話 362話
37巻
363話 364話 365話 366話 367話
368話 369話 370話 371話 372話
373話
38巻
374話 375話 376話 377話 378話

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました