【ヒロアカ】350話のネタバレ感想・考察まとめ|燈矢が荼毘に至った経緯が判明【僕のヒーローアカデミア】

ヒロアカ350話アイキャッチ 僕のヒーローアカデミア
引用元:週刊少年ジャンプ2022年19号

4/11(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年19号(4月25日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の350話「エン」の感想・考察をまとめています。
ヒロアカ350話の内容のネタバレやあらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼ヒロアカのまとめ記事一覧

35巻
340話 341話 342話 343話 344話
345話 346話 347話 348話 349話
350話
36巻
351話 352話 353話 354話 355話

▼連載終了まで残り1年!?新情報まとめ

ヒロアカ349話の内容のおさらい

前話の内容・あらすじまとめ

  • 奥渡オクト島から死柄木の元へ向かうデク
  • 海上では「黒鞭5th」が使えず移動速度が遅い状態
  • 焦るデクに声を掛ける二代目
  • 二代目の”個性”は極めて特異な力へと変貌した
  • デクは二代目の”個性”を使わず移動することに
  • トガヒミコと対峙するお茶子・梅雨ちゃん
  • トゥワイスの血を入れたポーチに手をやるトガ
  • 火の海と化した神野区グラウンド・ゼロ
  • 保須の戦いをきっかけに動き始めた荼毘
  • 焦凍に協力するバーニンたち
  • 自分たちを超人社会の限界と言う荼毘
  • 荼毘は自らが荼毘になった経緯を明かし始める

▼前話349話の詳しいまとめはこちら

【ヒロアカ】349話のネタバレ感想・考察まとめ|場面は焦凍VS荼毘へ【僕のヒーローアカデミア】
3/28(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年17号(4月11日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の349話「BATTLE FLAME」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ349話の内容のネタバレやあらすじなども掲載しているの...

▼次話351話のネタバレ考察はこちら

ヒロアカ349話終了時のキャラ情報

学生ヒーローのキャラ一覧

キャラ名 目的・状況
緑谷出久 ・OFAの9代目継承者
青山が内通者と知るも手を差し伸べる
・青山に呼び出されてAFOと対峙する
・分断時にトガに道連れにされる
死柄木のいる雄英高校へと向かう
麗日お茶子 ・雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒
・「無重力」の”個性”を持つ
・ヒーロー名は「ウラビティ」
・奥渡島へと転送されることに
対トガヒミコの中心となる人物
蛙吹梅雨 ・雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒
・「蛙」の”個性”を持つ
・ヒーロー名は「フロッピー」
・奥渡島へと転送されることに
お茶子と共にトガヒミコと戦う
轟焦凍 ・雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒
・「半冷半燃」の”個性”を持つ
・ヒーロー名は「ショート」
・荼毘と共に神野区グラウンド・ゼロへ転送される
エンデヴァーのサイドキックと共に荼毘と対峙
飯田天哉 ・雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒
・「エンジン」の”個性”を持つ
・ヒーロー名は「インゲニウム」
・焦凍と共に神野区グラウンド・ゼロに転送される
荼毘の発する炎で近付けない状態

プロヒーローのキャラ一覧

キャラ名 目的・状況
バーニン ・炎のサイドキッカーズの一人
・本名は「上路萌」
・「燃髪」の”個性”を持つ
エンデヴァーを加齢臭・脇臭と呼ぶ場面も
オニマー ・炎のサイドキッカーズの一人
・他のサイドキックとは別格
・耐熱効果がある身体?
キドウ ・炎のサイドキッカーズの一人
・他のサイドキックとは別格
・「軌道」の”個性”を持つ
・身体に耐熱効果が無い様子

ヴィラン側のキャラ一覧

キャラ名 目的・状況
トガヒミコ ・連続失血死事件の犯人
・「変身」の”個性”を持つ
・本名は「渡我被身子」
トゥワイスの血を持っている
・分断される際にデクを道連れにする
お茶子・梅雨ちゃんと戦うことに
荼毘 ・エンデヴァーの息子・焦凍の兄
・本名は「轟燈矢」
・焦凍たちと共に神野区に転送される
自らの過去を明かすことに?

僕のヒーローアカデミアの掲載順まとめ

ヒロアカの直近10話の掲載順一覧

順位 話数 タイトル 年・号
3位 341話 皆がヒーローになるまでの物語−① 2022年8号
2位 342話 嵐の前の超静けさ 2022年10号
2位 343話 Let you down 2022年11号
3位 344話 主役 2022年12号
4位 345話 DIVISON 2022年13号
4位 346話 スーパーハイパークソハメステージ 2022年14号
4位 347話 INFLATION 2022年15号
2位 348話 失恋 2022年16号
6位 349話 BATTLE FLAME 2022年17号
2位 350話 エン 2022年19号

次号2022年20号では休載予定

4月18日(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年20号では、『僕のヒーローアカデミア』は休載することに
再開は週刊少年ジャンプ2022年21・22合併号を予定しており、4/25(月)に351話が掲載されます

▼次話351話のネタバレ考察はこちら

【ヒロアカ】351話の感想・考察まとめ|赫灼熱拳・”燐”を使う焦凍【僕のヒーローアカデミア】
4/25(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年21・22合併号(5月9・16日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の351話「二つの赫灼」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ351話の内容のネタバレやあらすじを始め、351話のキ...

ヒロアカ350話のあらすじ・ネタバレ

荼毘について言及する殻木球大

警察署に捕らえられたドクター(殻木球大・氏子達磨)は、警備が減っていることを察して「もう始まっているんじゃろう?」と口にします。
警備員に「喋るな」と言われるも、この日の為に器たり得る歪みの種たちを探し求めてきたと続ける殻木球大。
場面は11年前の瀬古杜セコト岳へと移り、”個性”を暴走させて自身をも燃やしてしまう燈矢の姿が描かれます。
「嫌だ 死にたくない」「まだ何も見せられてない」と思うも、身体が黒焦げになってしまい虫の息となった燈矢の元に、山に燃え盛る炎を物ともせずにスーツ姿のAFOが登場することに。
回想をするドクターは、荼毘について「あれもまた歪みを持って生まれ落ちた子じゃった」「いや…歪みなど或いは初めから───…全てが」と口にします。

3年間眠っていた轟燈矢

AFOに助け出された結果、児童養護施設のような場所で目を覚ます燈矢
「……ここは…?」「俺…生きてる…?」と胸中で思いながら施設内を移動すると、同じく施設内にいた子供たちに「あ!起きた!」「おねむり君が起きた」と言われることに。
子供たちに「…ここはどこ?」と問いかける燈矢ですが、言葉を発した自身の声に違和感を覚えます。
燈矢の質問に「おうちだよ」と答え、燈矢が3年も眠っていたと明かす子供たち。
3年間眠っていたと言われた燈矢は、瀬古杜セコト岳で燃えてから何が起きたのかと疑問に思いつつも、「帰らなきゃ」と考えます。
しかし、施設の先生には「ダメなのさン」と帰ることは許されず、これからはここで皆と暮らして新しい家族になるよう言われることに。
先生の言葉を受け、「帰らなきゃ!お父さんは仕事が入って来られなかっただけかもしれない」「お母さんたちに謝って…お父さんにまた見てもらわなきゃ」と口にする燈矢。

機械越しに燈矢に話しかけるAFO

帰ることを望む燈矢に対し、「残念だが それはもう…叶わないだろう」と機械越しに話しかけるAFO。
燈矢の焼け落ちた体の修復は困難を極めたようで、欠損部分を再生組織で補っており、顔は引きつり別人と化してしまうことに
AFOの言葉を聞き「……何を言ってるのか…分からない……別人?」と口にする燈矢。
そんな燈矢に対し、以前のような力は出せない上、各器官の損傷・痛覚など体性感覚の鈍化などにより、燈矢の身体は弱りもう元には戻らないとAFOは事実を突きつけます。
また、AFOが「我々も万全な君を迎え入れたかった」「手を尽くしたが残念ながら…失敗だ」と続けるのを聞いた燈矢は、エンデヴァーに訓練してもらっていた時のことを思い出して涙を浮かべることに。
そんな燈矢に「辛いね かわいそうに…」と言うAFOは、「僕なら君の炎を元通りにできるかもしれない!」「どうだい?僕たちと家族になって教育を受けてみないか?」と提案します。
しかし燈矢は、涙を流しながらも「俺は他の人間から教えを乞う気はない」と、AFOの提案を跳ね除けることに。

荼毘をAFOの器の失敗作と言うドクター

燈矢・AFOの会話を思い出し、遍く全てを支配する男・AFOでさえ燈矢の父親への執着には付け入る事はかなわず、導くには育ち過ぎていた・爛れ過ぎていたと言うドクター。
猛き憎しみの苗床であった燈矢は、死柄木弔に何かがあった時の魔王の器の保険スペアの一つでしたが、失敗作に終わることに。
ドクターの話を聞いて「なんもかんもAFOの仕込みっつうつまんねぇ話か?」と同様を見せる警備員に対し、ドクターは「気を付けよという話じゃ」「あれはワシらの見識の外に生きておる」と答えます。
三年間の眠りから目覚めた燈矢は、施設を燃やして抜け出していましたが、燈矢の身体は目覚めて動き始めた以上一月と保たないはずであったため、ドクターたちは放っておくことに。
そのため、義爛ギランが荼毘を連れて来た時には、生きていたことに驚いたとのこと。
荼毘の真意を聞くために二人きりになる機会を拵えたドクターに対し、「戻ったのは…葬式に丁度良い場所だったからだよ」と言う荼毘。
その荼毘の一瞥を見たドクターは、荼毘が死に征く体をただ怨嗟の炎だけで踏み留まらせてきたと気付きます。

荼毘が生まれた経緯が明らかに

場面は移り、神野区グラウンド・ゼロのオールマイト像前へ。
以前より弱体化していて、エンデヴァーが期待しているものなんてあるハズが無かったにも関わらず、施設を抜け出して家へと帰っていたと明かす荼毘。
「きっと…変わっていてほしかったんだ…見たかったんだ」「俺を生んだ意味を」との思いを抱え、家に帰った燈矢の前に広がっていたのは、エンデヴァーが焦凍に対して特訓を施すという3年ぶりの変わらない光景でした。
自身が失敗作で意味は無く、この家族が既に自身を過去にしたと認識することとなった燈矢。
色々と限度を超えてしまった燈矢は、自分が形づくっていたものが白黒反転し、弱いままでは会いたくなかったため、炎を鍛えることに専念することに。
「この身が爛れて剥がれ落ちても何も感じなかった」と語る荼毘を目の当たりにした焦凍は、荼毘が最初から死ぬ気であったと認識します

焦凍VS荼毘の戦いが始まる

熱とは万物が生じ動く事で生まれるエネルギーと言うドクターは、荼毘の熱について、悠久を生きんとするAFOには持ち得ぬ只管に死へと向かう為の熱・魔王すら見放した偏執狂の死炎と語ります。
「アレの大切なもの・・・・・全て焼き尽くす」「それが俺の生まれた証だ!!」と言い「赫灼熱拳かくしゃくねっけん」を発動する荼毘を前にして、「させねえっつってんだろうが馬鹿兄貴!!」と答える焦凍。

ヒロアカ350話の内容・ネタバレまとめ

本誌350話の内容・ネタバレ一覧

  • 第二次決戦が始まったと察するドクター
  • 器たり得る歪みの種を探してきたことを明かす
  • 11年前に”個性”を暴走させてしまった燈矢
  • 瀬古杜セコト岳の燈矢の元にAFOが姿を現す
  • 事故の後3年間眠っていた燈矢
  • 燈矢に機械越しに話しかけるAFO
  • 顔が引きつり別人と化した燈矢
  • 燈矢の身体は元には戻らないと言うAFO
  • AFOの提案を跳ね除ける燈矢
  • 燈矢は魔王の器の保険スペアの一つだった
  • 施設を燃やして抜け出した燈矢
  • 燈矢は3年越しに家へと帰ることに
  • 3年ぶりの変わらない光景が広がっていた
  • 燈矢が死んで荼毘が生まれることに
  • 荼毘が最初から死ぬ気だと気付く焦凍
  • 焦凍VS荼毘の戦いが始まる

▼次話351話のネタバレ考察はこちら

【ヒロアカ】351話の感想・考察まとめ|赫灼熱拳・”燐”を使う焦凍【僕のヒーローアカデミア】
4/25(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年21・22合併号(5月9・16日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の351話「二つの赫灼」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ351話の内容のネタバレやあらすじを始め、351話のキ...

ヒロアカ本誌350話の感想・考察まとめ

サブタイトル「エン」の意味とは?

350話のサブタイトル「エン」は、アオリ文に「渦巻くエン─…衝突!!」と記載されている通り、荼毘がエンデヴァーに抱いている怨みを意味していると言えるでしょう。
他にも荼毘の”個性”の「炎」や、AFO・ドクターと荼毘の「縁」などの様々な意味が込められたサブタイトルと考えられそうです。

AFOに関する時系列まとめ

時系列出来事
16年前当時5歳の志村転弧(死柄木弔)を保護する
11年前当時13歳の轟燈矢の命を繋ぐ
6年前オールマイトと戦い重傷を負う

AFOはドクターと共に、上記の通りに作中で16年前から自らの器たり得る者を探し求めていた様子
死柄木弔に何かがあった時の保険スペアの一つとして、歪みを持って生まれた種・憎しみの苗床である荼毘のことも器の候補として考えていたようです。

事故の前から燈矢に目をつけていた?

3年間の眠りから目覚めた燈矢に対して「我々も万全な君を迎え入れたかった」と口にしたAFO。
燈矢が歪みを持っていたことを前もって知っており、瀬古杜セコト岳に燈矢を助けに姿を現したことからも、自身の器の候補にするために以前から目をつけていたと言えそうです。

燈矢は脳無になる予定だった?

11年前に”個性”を暴発させて死にかけた燈矢は、瀬古杜セコト岳に姿を現したAFOに助けられ、ドクターによって生かされることに。
しかし、燈矢の身体は目覚めて動き始めた以上、一月と保たないはずだった様子
燈矢が施設を抜け出したために一月しか保たない想定だったとも考えられますが、脳無を目にした荼毘の発言から察するに、ドクターは燈矢を脳無にするつもりだったのかもしれません。

燈矢が荼毘に至るまでの時系列とは?

時系列出来事
0歳
(24年前)
轟燈矢(長男)が生まれる
8歳
(16年前)
轟焦凍(三男)が生まれる
13歳
(11年前)
轟燈矢が瀬古杜岳で”個性”を暴走させる
16歳
(8年前)
轟燈矢が3年間の眠りから目を覚ます
24歳群訝・蛇腔戦で正体を轟燈矢と明かす

燈矢が荼毘になった要因とは?

3年ぶりの眠りから目覚めた燈矢は、施設を燃やして抜け出すと、自らが生まれた意味を見るために家へと帰ることに。
しかし燈矢の目の前には、エンデヴァーが焦凍を特訓しているという3年ぶりの変わらぬ光景が広がっており、燈矢は自身が失敗作で意味は無いと再認識してしまいます。
自らの遺影に手を合わせた時に燈矢は死んで荼毘が生まれ、荼毘はエンデヴァーの大切なもの・・・・・を全て焼き尽くすことを自身の目的・生まれた証とすることに。

▼荼毘の正体・目的の考察記事はこちら

【ヒロアカ】荼毘の正体ネタバレ・目的考察|轟燈矢がヴィランになった経緯・AFOとの関係性まとめ【僕のヒーローアカデミア】
『僕のヒーローアカデミア』に登場するキャラ「荼毘」について考察しています。荼毘の正体が轟燈矢と判明した経緯・死亡したと思われるまでの過程を始め、ヴィランになった経緯・目的、AFO・ドクターとの関係性なども合わせてまとめています。ヒロアカの荼...

死柄木にAFOが接触していたのは確定?

燈矢の命を救うために瀬古杜セコト岳に姿を現したAFOですが、スーツ姿に帽子を被っているのが特徴
この姿は、24巻235話にて志村転弧を家へと送り届けた人物とそっくりであることから、転弧の”個性”の発現の前にAFOが転弧に接触を図っていた可能性は高いと言えるでしょう。

僕のヒーローアカデミア350話の展開予想

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ2022年19号発売前に掲載した350話の展開予想となります。
あらかじめご注意ください。

荼毘の過去が明らかとなる?

生きてたものの帰って来なかった理由を問われ、自らが荼毘となった経緯最高傑作である焦凍以上の熱を絶やすことなく生きてこられた理由を、焦凍に対して明かすと発言した荼毘。
エンデヴァーの長男・轟燈矢は、13歳の冬に瀬古杜セコト岳で”個性”を暴走させ死んだとされていましたが、30巻290話にて荼毘が自らの正体を轟燈矢と明かすことに
死亡したと思われてから現在に至るまでの、約11年の間に何が起こったのかが350話で描かれることになるでしょう。

AFO・ドクターの庇護下にいた?

瀬古杜セコト岳で焼けて死んだとされていた轟燈矢は、炎が2000度を超えていたこともあり遺体は残らず、火災の上昇気流で炭化した骨も粉となって散ることに。
辛うじて見つかった下顎部の骨の一部だけを残して死亡したと思われていました。
しかし、実際には何かしらの方法で生き延びており、AFOに「燈矢くん」と呼ばれていることも考慮すると、AFO・ドクターと関わりを持ち命を繋げていたと思われます。

エンデヴァーとドクターが対面していた?

31巻301話では、病院に訪れるエンデヴァー・冷の二人の姿が描かれることに。
燈矢について、炎の個性因子をより色濃く引き継いでいるものの、肉体は母の方を強く引き継いでおり、炎への耐性よりも氷結に適性のある身体と説明を受けるエンデヴァー。
「まァ…デザインじみた事はね…」「この”個性”時代 禁忌なんで…やめといた方が…」と口にする医者に関しては、後ろ姿しか描かれていないのが特徴。
この医者がドクター(殻木球大・氏子達磨)であった場合、あらかじめ轟燈矢に目をつけていたと考えることができそうです。

スピナーがヴィランたちを率いる?

349話では「スーパーナイフナイフソード」と思われる刃物の寄せ集めを手にする、スピナーの姿が描かれることに。
ステインに触発されてヴィラン連合へと加入し、今や異形を導く星となりつつあるスピナーですが、スケプティックから手渡されたリモコンのようなものを使用し、ヴィランたちを率いてヒーロー側と戦うのではないでしょうか?

ヒロアカの関連記事まとめ

キャラ考察・関連記事一覧

劇場版・原画展関連記事一覧

本誌各話のまとめ記事一覧

31巻
296話 297話 298話 299話 300話
301話 302話 303話 304話 305話
306話
32巻
307話 308話 309話 310話 311話
312話 313話 314話 315話 316話
317話 318話
33巻
319話 320話 321話 322話 323話
324話 325話 326話 327話 328話
34巻
329話 330話 331話 332話 333話
334話 335話 336話 337話 338話
339話
35巻
340話 341話 342話 343話 344話
345話 346話 347話 348話 349話
350話
36巻
351話 352話 353話 354話 355話

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました