【ヒロアカ最新話】340話のネタバレ感想・考察まとめ|心操が再登場【僕のヒーローアカデミア】

ヒロアカ340話アイキャッチ 僕のヒーローアカデミア
引用元:週刊少年ジャンプ2022年5・6合併号

1/17(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年7号(1月31日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の340話「皆がヒーローになるまでの物語③」の感想・考察をまとめています。
ヒロアカ最新話の内容のネタバレやあらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼ヒロアカのまとめ記事一覧

33巻
319話 320話 321話 322話 323話
324話 325話 326話 327話 328話
34巻
329話 330話 331話 332話 333話
334話 335話 336話 337話 338話
339話 340話
35巻
341話 342話 343話 344話 345話

▼連載終了まで残り1年!?新情報まとめ

ヒロアカ339話の内容のおさらい

前話の内容・あらすじまとめ

  • コスチューム修復を希望しているデク・飯田
  • 発目は外の現状を把握していない様子
  • 工房内の様相は様変わりしていた
  • 「ミッドガントレット」の修理を頼むデク
  • 発目に無理だと断られることに
  • 飯田の装備の修理も断る発目
  • 雄英バリアの強化に発目も携わっている
  • 発目曰く、発明がサポート科のヒーロー活動・・・・・・
  • デク・飯田は装備を受け取ることに
  • 青山のことを信じているデクたち
  • A組は捜索隊に合流することに
  • 関西でヒーロー活動を行う天喰・ねじれたち
  • 一般人は士傑高校に案内される
  • お互い万全の全面戦争が始まることに
  • オールマイトが必要事項をまとめて登場

▼前話339話の詳しいまとめはこちら

【ヒロアカ】339話のネタバレ感想・考察まとめ|発目明の思いとは?【僕のヒーローアカデミア】
1/4(火)発売の週刊少年ジャンプ2022年5・6合併号(1月22・23日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の339話「皆がヒーローになるまでの物語②」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ339話の内容のネタバレやあらすじなど...

▼次話341話の展開予想はこちら

ヒロアカ339話終了時のキャラ情報

メインキャラ一覧

キャラ名 目的・状況
緑谷出久 ・OFAの9代目継承者
・爆豪たちと共にOFAを完成させることに
・青山が内通者と知る
青山へ手を差し伸べる
・装備を直すため開発工房へ向かい発目明と再会
爆豪勝己 ・ベストジーニストの元でインターンを行う
・ヒーロー名は「大・爆・殺・神ダイナマイト」
・デクに謝罪をする
新境地「クラスター」を身につける
轟焦凍 ・エンデヴァーの息子であり荼毘の弟
・「半冷半燃」の”個性”を持つ
・ヒーロー名は「ショート」
荼毘の炎に焼かれない体を目指すことに
オールマイト ・OFAの8代目継承者
・スターの死・死柄木の現状を伝えられる
・デクたちに今後の計画を話す
・第二次決戦に向けて対策を進める
エンデヴァー ・荼毘・焦凍の父親
・オールマイト引退後No.1ヒーローとなる
・スターVS死柄木の戦いを目にする
・死柄木を捜索するも見つけられず
ホークス ・常闇のインターン先のヒーロー
・荼毘に羽根・背中を焼かれる
・エンデヴァー達と共にスターでの出迎えに向かう
・オールマイト達と共に次善策を話し合う

その他のキャラ一覧

キャラ名 目的・状況
葉隠透 ・雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒
・「透明化」の”個性”を持つ
・青山が内通者だと知りデクに伝える
素顔が明らかとなる
青山優雅 ・雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒
・「ネビルレーザー」の”個性”を持つ
・デクと同じく”無個性”で生まれた
内通者だと判明する
・塚内たちに一家揃って連行される
発目明 ・雄英高校サポート科1年H組の生徒
・「ズーム」の”個性”を持つ
雄英バリアの強化に携わる
・デク・飯田に装備を渡す

ヒロアカの掲載順まとめ

直近10話の掲載順一覧

順位 話数 タイトル 年・号
2位 331話 アメリカ 2021年48号
7位 332話 新型極音速大陸間巡航 2021年49号
2位 333話 亡霊 2021年50号
3位 334話 置き土産 2021年51号
2位 335話 有精卵 2021年52号
1位 336話 敵(ヴィラン) 2022年1号
2位 337話 使い捨ての人生を 2022年2号
3位 338話 皆がヒーローになるまでの物語① 2022年3・4号
3位 339話 皆がヒーローになるまでの物語② 2022年5・6号
5位 340話 皆がヒーローになるまでの物語③ 2022年7号

本誌340話のあらすじ・ネタバレ

少数で会議をするオールマイトたち

重要施設であるセントラル病院の周囲では、連携を密にする為にいくつかの警察署が隣接する形で拠点を移していました
そんな中、ヴィラン連合及び超常解放戦線対策本部にて、集まったオールマイトたち。
青山は現在検査結果を待っている状況であり、その青山の件でヒーロー側は一気に動きを制限される事に
本部には、様々な状況証拠・動向からシロと判断された者が集められ、緊急なものの、少数人数で内密に会議が行われます。
承知の上とは言え、「涼子たちは来られないのはサビしーにゃん」と言う「ワイルド・ワイルド・プッシーキャッツ」のラグドール。
自分の「サーチ」の”個性”が悪用されているため、全力で協力すると約束します。

勝利に必要な最低前提条件とは?

必要事項を明かすに当たり、最善・次善に関わらず必ずやらなければならない事として「AFO・死柄木の分断」に触れるオールマイト。
スター戦でのレコーダーを観た限り、死柄木の強さはAFOを優に超えており、そのAFOの力も神野戦を見た者には承知の事実。
また、タルタロス襲撃時に見せた電波を用いた連携に加え、”思考の共有”がどこまで可能なのかも不確定です。
二人が揃っているだけでヒーロー側が勝てないことは確定であり、「最低でも10km以上二人を引き離す」ことがヒーロー側の勝利に必要な最低前提条件となります。

敵を誘き寄せる為に必要な作戦について

塚内の「当然向こうもそうならないように駒を動かしてくるだろうな」との言葉に同意し、荼毘が尖兵に来るだけでヒーロー側の足は止まると言うオールマイト。
AFOと死柄木を引き離すだけではなく、敵主力全てを分断・各個撃破することが求められ、その為には敵を誘き寄せる事が前提条件に
前提条件を聞いて難色を示すメンバーに対し、オールマイトは「ですからこの条件・・を成立させる為に作戦が必要なのです」と続けます。
青山か」との塚内の言葉に、まだ動揺していることを明かすオールマイト。
”無個性”に生まれ人生を使われた・・・・青山に同情はするものの、社会と自分達を秤に掛けて社会を捨てた事実は変わらず、塚内は立場上慎重にならざるを得ないと口にします。

相澤先生と青山が対面する

塚内の言葉を受け「私は…信じたい。青山少年を」「そして信じる──その担任相澤消太を」とオールマイトが言うその頃、青山・相澤先生の二人はセントラル病院で対面していました。
検査の結果青山の中に異常は見られず、脳波等も問題はなかったとのこと。
レディ・ナガンの爆発の件に関しては、オールマイトに倒された後にAFOが獲得したモノのようです。
裏切りに対して強制爆破という能力を植え付けていたならば、「見せしめの殺人」などわざわざ脅す必要はないと考える相澤先生。
そのためAFOは、青山・青山の両親に恐怖という種を植え付けていたと思い至ります。
「何が恐い?」と尋ねられ、AFOが恐く、A組の生徒達のようにキラめけないことが恐いと言う青山。
A組の生徒達が信じてくれればくれる程、自分を信じられなくなってしまい、AFOを前にしたときにまた同じ事をしてしまうことが恐いと続けます。

青山の恐怖を引き剥がそうとする相澤先生

「どこか…光の当たらない場所で…死ぬのを待つだけがいい…」と言う青山に、植え付けられた恐怖を無理にでも引き剥がすため、「戦え。戦うしかないんだおまえは」と告げる相澤先生。
その言葉に青山が「勝つ為のコマにならなきゃ……対等に…っ!!」と言葉を漏らすと、「俺たちとAFO、何も違いはないかもな」「おまえを利用するって点ではたしかにそうだ」と続けます。
また「このまま降りて罪に苛まれたまま、うっすら死んでいく事を俺は許さない」と言われ、相澤先生のことを見る青山。
「まだ除籍するつもりはない」との言葉を思い出した青山に対し、自分がヒーロー科担任で青山が生徒である限り、「この先一生負い目を抱える生き方など、先生おれは生徒に教えない」「惨めで情けなくても手を差し出してくれた友と歩め」と相澤先生は続けます。

心操が再登場することに

俺たちが守る。断言する」「あいつらといれば大丈夫だ」との言葉に、決意を固めたかのような表情を見せる青山。
「ただ…僕みたいな罪人一人に…何ができるのか…」と再度俯いてしまったのを見て、恐くないわけがないと胸中で思った相澤先生は、「おまえ一人で歩ませるワケがないだろう」と続けます。
相澤先生の「その道は皆が歩む道だ」との言葉と共には、雄英高校で特訓をしている心操の姿が描かれることに。

ヒロアカ340話の内容まとめ

本誌最新話の内容一覧

  • セントラル病院近くに拠点を移す警察署
  • 青山の件でヒーロー側は動きを制限される
  • オールマイトたちは少数で会議をする
  • 「AFO・死柄木の分断」が必須
  • 死柄木の強さはAFOを優に超えている
  • 敵主力全てを分断・各個撃破ことが必要
  • 敵を誘き寄せる事が前提条件に
  • 相澤先生と青山が対面する
  • AFOは青山に恐怖を植え付けていた
  • 青山の恐怖を引き剥がそうとする相澤先生
  • 決意を固めたかのような表情を見せる青山
  • 雄英高校で特訓をしている心操の姿が描かれる

▼次話341話の展開予想はこちら

【ヒロアカ】341話のネタバレ・展開予想|心操がVS敵の鍵に?【僕のヒーローアカデミア】
『僕のヒーローアカデミア』の341話の展開を予想しています。ヒロアカ341話で登場・活躍すると思われるキャラなどもまとめているので、是非ご覧ください。 目次 前話340話の内容のおさらい 340話終了時のキャラ情報 最新...

本誌340話の感想・考察まとめ

次善策の内容が明らかに

第二次決戦に向けて必要事項をまとめてきたオールマイトは、最善策・次善策に関わらず「AFO・死柄木の分断」が必須であり、「最低でも10km以上二人を引き離す」ことが最低前提条件と話します。
ヴィラン側もそれを避けると思われるため、結局は敵主力全てを分断・各個撃破しなければなりません。
この必要事項を達成する為には、敵を誘き寄せる事が条件として挙げられ、この条件が次善策と言えるでしょう。

青山が次善策の鍵に?

次善策を成立させる為には作戦が必要であり、青山が鍵になると話すオールマイトたち。
青山・青山の両親に恐怖を植え付けていたAFOを出し抜く為、青山をヒーロー側につけて協力させようと考えていると思われます。
雄英に戻った緑谷出久が一人きりになるよう誘き出しなさい」とのAFOの指示を利用して、AFO側に一矢報いるのではないでしょうか?

心操が青山同様に次善策に関わる?

「おまえ一人で歩ませるワケがないだろう」「その道は皆が歩む道だ」との青山への言葉と共に、雄英高校で特訓している様子が描かれた心操
次善策を成立させる為の作戦に青山が関わっている場合、描写から察するに心操も作戦の一員となると思われます。

AFOたちの”思考の共有”のおさらい

ヒロアカ297話意識共有レベル

引用元:『僕のヒーローアカデミア』30巻297話

タルタロスから脱獄した際のAFOは、死柄木弔の中に宿った意識体と「電波」でやり取りし、内と外での意識共有レベル・・・・・・・での呼吸の合致を実現させます。
一方、”個性”に宿る意識を介した思考の共有に関しては、オールマイト自身もデクに触れることで、OFA内の意識体から思い・感情が流れ込んでくるとのこと。
AFOの「思考の共有」がどこまで可能なのかは不確定ですが、OFA以上の同調シンクロ率である場合、AFO・死柄木が二人揃った時点でヒーロー側の負けは避けられないと思われます。

AFOが爆破の能力を獲得した経緯は?

作中の時系列まとめ

時系列出来事
約10年前AFOが青山へ”個性”を与える
(デクが6歳頃の出来事)
約6,7年前オールマイトがAFOを倒す
(デクが10歳頃の出来事)
約4,5年前外伝ヴィジランテで「ボマー細胞」が登場
(デクが12歳頃の出来事?)
約半年前神野でオールマイトがAFOを倒す

相澤先生の「オールマイトに倒されてから獲得されたモノ」との発言ですが、神野で負けた後のAFOが「爆破」の”個性”を手に入れるのは難しいでしょう。
半年前の神野戦のことではなく、約7年前にオールマイトがAFOを倒していた件を指していると思われます。

ボマー細胞とは?

ヴィジランテ109話手榴弾

引用元:『ヴィジランテ』109話

ヒロアカのスピンオフ作品「ヴィジランテ」では、AFOの介入を受けた「No.6」と呼ばれるヴィランが登場することに。
彼の肉体には「ボマー細胞」が組み込まれており、この細胞を利用することで自在に爆発を起こすことができます。
約7年前にオールマイトに敗北したAFOは、「No.6」を通じてボマー細胞の有用性に気付き、その後裏切り防止のために「ボマー細胞」を利用するようになったのではないでしょうか?

心操の登場は216話以来

ヒロアカ23巻216話心操がヒーロー科へ

引用元:『僕のヒーローアカデミア』23巻216話

普通科の心操が登場したのは、心操の編入試験を兼ねたA組・B組の対抗戦が行われた23巻216話以来。
約120話ぶりに登場した心操は、捕縛布・ペルソナコードだけではなく、忍者のような新コスチュームを身につけているのが特徴です。

ヒロアカ340話の展開予想

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ2022年7号発売前に掲載した340話の展開予想となります。
あらかじめご注意ください。

次善策の内容が明らかに?

ヒロアカ339話次善策

引用元:週刊少年ジャンプ2022年5・6合併号

339話の最後では、「次善策、第二次決戦に向けて必要事項をまとめてきました」と話すオールマイトの姿が。
背景にホークスも描かれていることから、TOP3のヒーローたちや警察などを中心に、AFOたちとの全面戦争・総力戦に向けた対策を話し合うことになると思われます。

相澤先生の考えが明らかに?

ヒロアカ338話A組担任

引用元:週刊少年ジャンプ2022年3・4合併号

青山一家に聞こえないように塚内に頼んだ後、「A組担任・・・・として俺に考えがある」と話し始めた相澤先生。
詳細は不明ですが、「確かに実現性が高い…!」と校長のお墨付きをもらうことに。
「彼次第ですが…」とのオールマイトの発言から、AFOたちの所在を明らかにするため、青山の協力を前提とした作戦を相澤先生が提案したのかもしれません。

最善策はAFOたちの早期発見・掃討

ヒロアカ339話最善策

引用元:週刊少年ジャンプ2022年5・6合併号

あくまで最善策は、解放戦線及びヴィラン連合の早期発見・掃討であり、デクを始めとした1年A組は捜索隊に合流し、残存ヒーロー総出でAFOたちの捜索を行うことに。
しかし、オールマイト敗北後にAFO自身の所在が掴めたことはないため、捜索隊がAFOたちを見つけることは考えにくいでしょう。
オールマイト・相澤先生の提案が、AFO発見に繋がると思われます。

デクの新コスチュームが登場する?

ヒロアカ339話ベイビー

引用元:週刊少年ジャンプ2022年5・6合併号

飯田と共にサポート科の元へ訪れたデクですが、発目に作ってもらった装備は「ミッドガントレット」の劣化Verのみ
A組の他の生徒達がコスチュームを着ている中、一人だけ雄英高校のジャージを着ている状況です。
単独行動をしていた際にコスチュームがボロボロとなってしまいましたが、全面戦争が始まる前に新たなコスチュームを身につけることになるのではないでしょうか?

ミリオ・エリちゃんの現状とは?

ミリオは東で活動中?

ヒロアカ30巻292話ルミリオン登場

引用元:『僕のヒーローアカデミア』30巻292話

「雄英BIG3」と言われた天喰環(サンイーター)と波動ねじれ(ネジレちゃん)が、インターン先のヒーローと共に関西でヒーロー活動をしている中、一人だけ登場していない通形ミリオ(ルミリオン)
エリちゃんに”個性”を戻してもらい、蛇腔・群訝の戦いの最中に参戦したことからも、ヒーロー活動自体は問題なく行えるはず。
インターン先のヒーロー「サー・ナイトアイ」が死亡したためか、天喰・ねじれとは異なり、日本の東方面で活動しているのかもしれません

エリちゃんは雄英高校で避難中?

ヒロアカ323話物間・エリちゃん

引用元:週刊少年ジャンプ2021年38号

A組の生徒たちの説得を受けてデクが雄英高校に戻ってきた際、避難民たちが反対の声を上げている中、物間から外を見ないように言われている様子のエリちゃん。
現在も引き続き雄英高校で避難中と思われますが、エリちゃんの巻き戻す”個性”が有用なのは間違いありません
ミリオの”個性”を戻す際にエネルギーを消費してしまった(ツノが短くなってしまった)以上、再度”個性”を使う可能性は少ないですが、オールマイト・相澤先生などに”個性”を使う展開が期待できます。

ヒロアカの関連記事まとめ

キャラ考察・関連記事一覧

劇場版・原画展関連記事一覧

本誌各話のまとめ記事一覧

31巻
296話 297話 298話 299話 300話
301話 302話 303話 304話 305話
306話
32巻
307話 308話 309話 310話 311話
312話 313話 314話 315話 316話
317話 318話
33巻
319話 320話 321話 322話 323話
324話 325話 326話 327話 328話
34巻
329話 330話 331話 332話 333話
334話 335話 336話 337話 338話
339話 340話
35巻
341話 342話 343話 344話 345話

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました