【東京卍リベンジャーズ】216話の感想・考察まとめ|千咒の兄弟が判明【東リベ】

7/28(水)発売の週刊少年マガジン2021年35号(8月11日号)に掲載されている『東京卍リベンジャーズ』の216話「Shows her color」の感想・考察をまとめています。
東リベ216話の内容のネタバレ・あらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。

東京リベンジャーズ216話アイキャッチ

引用元:週刊少年マガジン2021年35号

目次

▼東リベのまとめ記事一覧

25巻
216話 217話 218話 219話 220話
221話 222話 223話 224話
26巻
225話 226話 227話 228話 229話
230話 231話 232話 233話

東リベ215話の内容のおさらい

前話の内容・あらすじまとめ

  • ドラケンがブラフマンのメンバーと知った武道
  • ブラフマン暴走族チームよりヤクザに近い大人の愚連隊
  • 武道を勧誘した明司にキレるドラケン
  • ドラケンの目的は「マイキーを連れ戻すこと
  • ブラフマンの目的は「マイキー率いる関東卍會を潰すこと
  • 武道をブラフマンに勧誘する千咒
  • ブラフマンに入ると言う武道
  • ブラフマンはできればモメずにマイキーを説得したい
  • ドラケンは武道の加入を受け入れる
  • 武道は千咒の”荷物持ち”に
  • 千咒が女性と判明する

▼前話215話の詳しいまとめはこちら

本誌216話のあらすじ・ネタバレ

千咒と合流する武道

東京リベンジャーズ216話千咒

引用元:週刊少年マガジン2021年35号

ブラフマンの首領:瓦城千咒の言う通り、翌日昼の3時に原宿に訪れた武道は、現れたセーラー服姿の女の子に”荷物持ち”をするように言われます。
相手が誰か困惑するも、女の子が自ら千咒と名乗ると「女の子だったの!!?」と驚愕の表情を見せる武道。
女の子がブラフマンのトップ・三天の一角であることに、武道は驚きを隠せない様子。

武道は荷物持ちをすることに

東京リベンジャーズ216話買い物

引用元:週刊少年マガジン2021年35号

合流した二人はそのまま原宿で買い物をすることに。
ブラフマンのナンバー2である明司武臣に「たまには女らしい事しな」とカードを渡された千咒は、ブラフマンのメンバーがオッサンばかりのため、同い年の武道が加入して嬉しいと笑顔を見せます
武道は怪しげな店に入ろうとする千咒を止め、別の店に移動して女の子らしい服を試着させることに。

千咒・明司武臣の関係が明らかに

東京リベンジャーズ216話明司武臣

引用元:週刊少年マガジン2021年35号

武道に荷物を任せ、次々に店を移動し買い物を楽しむ千咒。
その様子は、千咒がただのカワイイ女の子であり「本当にブラフマンのトップ?」と武道に思わせるほど。
初代黒龍ブラックドラゴンの明司が20代半ばだと考えた武道は、千咒に明司との関係を尋ねることに。
明司との関係を聞かれ、自分と明司が兄妹であること自分の本名は「明司千壽」であり「瓦城千咒」は源氏名みたいなものと話す千咒。
「瓦城千咒」の名は、元東京卍會の伍番隊副隊長「三途春千夜」と考えたと続けます。
春千夜は真ん中の兄であり、千咒は「謎の三兄妹なのだ」と武道に三途・武臣との関係性を明かします。

三途の現状・思惑とは?

東京リベンジャーズ三途春千夜

引用元:週刊少年マガジン2021年35号

千咒の話を聞いて三途がブラフマンにいると考えた武道ですが、ブラフマンのトップが千咒であること・千咒が最強であること・武臣が千咒を持ち上げていることが気に入らず、三途は関東卍會についたと判明します。
千咒の話を聞き、2018年で自らに銃を向けた相手が三途だったことに気付く武道。
現代みらいでも三途・マイキーが一緒にいることから、関東卍會が未来の梵天であると思い至ります。

チョコミントのアイスを食べる千咒

東京リベンジャーズ216話チョコミント

引用元:週刊少年マガジン2021年35号

千咒との買い物を終えた武道は、三途・千咒がキーマンだと考えます。
帰り道でアイスの自販機に興味を示した千咒に対し、「”チョコミント”大好きだったんだよねー」と言う武道。
武道の言葉に引く千咒でしたが、実際にチョコミントのアイスを食べると目を輝かせます。

謎のビジョンが武道の脳裏に浮かぶ

東京リベンジャーズ216話また一緒に

引用元:週刊少年マガジン2021年35号

武道に「今度の七夕 ブラフマンの集会だから忘れんなよ!」と言って駅のホームに向かう千咒。
武道は千咒の「……チョコミント、また一緒に食べたいな」という言葉に対し、「またおごるよ、約束!」と答えます。
「捨てとく」と千咒が持っていたアイスの棒を受け取った武道ですが、その瞬間脳裏に謎のビジョンが浮かぶことに。
雨の中、頭から血を流し涙を浮かべて「約束…守ったぞ」と言う千咒と、千咒を目の前に泣き叫ぶ武道
謎の光景を見て動揺する武道の一方で、「バイバーイ」と手を振る千咒。

東リベ216話の内容まとめ

本誌216話の内容一覧

  • 武道の前にセーラー服姿の千咒が現れる
  • 千咒が女の子だったことに驚きを見せる武道
  • 武道は千咒の買い物の荷物持ちをすることに
  • 同い年がブラフマンに加入して喜ぶ千咒
  • 千咒は店を回って買い物を楽しむ
  • 千咒・明司武臣が兄妹と判明
  • 千咒の本名は「明司千壽」
  • 三途春千夜が真ん中の兄と明かす千咒
  • 三途は関東卍會についたとのこと
  • 関東卍會が未来の梵天だと思い至る武道
  • 今度の七夕がブラフマンの集会
  • 千咒からアイスの棒を受け取り謎の光景を目にする武道
  • 千咒が血を流しているビジョンを見ることに

本誌216話の感想・考察まとめ

関東卍會は未来の梵天?

2018年に自身に銃を向けた相手が三途春千夜であり、10年前の過去げんざいに三途とマイキーが一緒にいることから関東卍會が未来の梵天だと思い至った武道。
未来と思われる謎のビジョンで千咒が頭から血を流して倒れていたことからも、現代みらいではブラフマンの首領である千咒が死亡関東卍會がブラフマンを吸収して梵天となったのかもしれません。

店の名前が千咒の死を暗示している?

東京リベンジャーズ216話SUICIDE

引用元:週刊少年マガジン2021年35号

216話にて、千咒が寄ろうとした店の名前は「SUICIDE」。
自殺という意味を持つ英単語であり、未来と思われるビジョン同様に千咒の死を暗示しているのかもしれません。

明司三兄妹の関係性について

各キャラの特徴

  名前 所属 役職
長男 明司武臣 No.2
元初代黒龍 副総長
次男 三途春千夜 関東卍會
元東京卍會 伍番隊副隊長
長女 明司千壽 首領

三途春千夜の発言の謎について

東京リベンジャーズ206話三途春千夜

引用元:週刊少年マガジン2021年25号

206話にて、東京卍會伍番隊隊長の武藤泰宏(ムーチョ)に対し、「オレ一人っ子だったから」と話していた三途。
睫毛の描写から三途と千壽は本当の兄妹と思われるため、何かしらの理由があって嘘をついていた可能性が高いです。
また睫毛の描写だけで考えると、長男の武臣は義理の兄弟なのかもしれません。

東京リベンジャーズの関連記事

考察・関連記事一覧

『東京リベンジャーズ』本誌まとめ記事

24巻
211話 212話 213話 214話 215話
25巻
216話 217話 218話 219話 220話
221話 222話 223話 224話
26巻
225話 226話 227話 228話 229話
230話 231話 232話 233話

『東京卍リベンジャーズ』番外編

ブックレット番外編
1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話

© KODANSHA Ltd. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました