【呪術廻戦】178話のネタバレ感想・考察まとめ|乙骨・石流・烏鷺が領域展開を披露

呪術廻戦178話アイキャッチ 呪術廻戦
引用元:週刊少年ジャンプ2022年16号

3/19(土)発売の週刊少年ジャンプ2022年16号(4月4日号)に掲載されている『呪術廻戦』の178話「仙台結界⑤」の感想・考察をまとめています。
呪術廻戦178話の内容のネタバレ・あらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼呪術廻戦の関連記事はこちら

20巻
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話
21巻
181話 182話 183話 184話 185話
186話 187話 188話 189話

▼次話179話のネタバレ考察はこちら

呪術廻戦177話のおさらい

前話の内容・あらすじまとめ

  • 自身の一度目の人生を”腹八分目”と語る石流
  • 石流は人生にデザートがなかったと続ける
  • 乙骨・石流の二人が接近戦を始める
  • 石流が乙骨を弾き飛ばす
  • 「グラニテブラスト」を素手で弾く乙骨
  • 乙骨が石流のにリーゼントに殴りかかる
  • 再度乙骨を弾き飛ばす石流
  • 烏鷺が乙骨に「宇守羅彈うすらび」を放つ
  • 更にダメージを受ける乙骨
  • 石流が呪力の一撃を烏鷺に放つ
  • 烏鷺が術式で石流に攻撃をそのまま跳ね返す
  • 右腕を反転術式で治療しつつ立ち上がる乙骨
  • 漸く乙骨の底が見えてきたと考える石流
  • 乙骨は指輪を嵌めてリカを呼び出すことに

▼前話177話のネタバレまとめはこちら

【呪術廻戦】177話のネタバレ感想・考察まとめ|乙骨・石流・烏鷺の三つ巴が始まる
3/7(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年14号(3月21日号)に掲載されている『呪術廻戦』の177話「仙台結界④」の感想・考察をまとめています。呪術廻戦177話の内容のネタバレ・あらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。 ...

▼次話179話のネタバレ考察はこちら

▼死滅回游に関する記事はこちら

呪術廻戦177話終了時のキャラ情報

仙台結界コロニーのキャラ一覧

キャラ名 目的・状況
呪術廻戦乙骨憂太アイコン乙骨憂太 所持得点は40点
・百鬼夜行後に三ヶ月で特級術師へ返り咲く
・羂索を殺すこと・400点を獲ることを決意する
ドルゥヴ・黒沐死を撃破する
「リカ」を呼び出す
呪術廻戦石流龍アイコン石流龍 ・所持得点は77点
プレイヤー一の呪力出力を誇る
・乙骨の呪力の総量に驚きを見せる
・乙骨VS烏鷺の戦いに介入する
・乙骨・烏鷺との三つ巴状態に
呪術廻戦烏鷺亨子アイコン烏鷺亨子 ・所持得点は70点
・元藤氏直属暗殺部隊・日月星進隊隊長
「空」を操る術式を持つ
・黒沐死を倒した乙骨を急襲する
・乙骨・石流との三つ巴状態に
呪術廻戦ドルゥブ・ラクダワラアイコンドルゥヴ・ラクダワラ ・所持得点は91点
死滅回游で二度目の受肉を果たす
・倭国大乱にて単独での列島制圧を成し遂げた
乙骨に殺され死亡する
呪術廻戦黒沐死アイコン黒沐死 ・所持得点は54点
・羂索が呪霊操術の支配から外した蜚蠊呪霊
・等級は特級(登録済)
・ドルゥヴが死亡し休眠状態から覚醒
乙骨に敗北して死亡する

▼仙台結界のプレイヤー考察はこちら

【呪術廻戦ネタバレ考察】仙台コロニーの時系列・プレイヤー(新キャラ)まとめ【死滅回游】
『呪術廻戦』の死滅回游編における仙台コロニーについてまとめています。仙台結界の泳者(プレイヤー)・術師から、時系列・戦いの結果などについても掲載しているので、呪術廻戦の死滅回游について知りたい際に是非ご覧ください。 目次 仙...

呪術廻戦の掲載順まとめ

直近10話の掲載順一覧

順位 話数 タイトル 年・号
1位 169話 東京第1結界⑨ 2022年3・4号
5位 170話 東京第1結界⑩ 2022年5・6号
2位 171話 東京第1結界11 2022年7号
2位 172話 東京第1結界12 2022年8号
3位 173話 東京第1結界13 2022年9号
3位 174話 仙台結界① 2022年10号
2位 175話 仙台結界② 2022年12号
3位 176話 仙台結界③ 2022年13号
3位 177話 仙台結界④ 2022年14号
3位 178話 仙台結界⑤ 2022年16号

呪術廻戦178話のあらすじ・ネタバレ

「リカ」の秘密が明らかとなる

おいで リカ」「全部・・」と口にし、左手の薬指に指輪を嵌めた乙骨。
乙骨の元に姿を現した「リカ」は完全顕現を果たしており、烏鷺は「今までのは全力じゃなかったっていうの!?」と驚愕の反応を見せます。
また、乙骨自身の呪力もまた湧いてきているようで、「どういう理屈だ?」と笑みを浮かべながらも疑問を抱く石流。
一方の「リカ」は「憂太、どれにする?」との言葉と共に、胸元に格納していた大量の武具を見せ、乙骨が選んだ装備を乙骨の右腕へと装着していきます。

呪言を使用し烏鷺に攻撃を畳み掛ける乙骨

乙骨の元を飛び出した「リカ」が自分の元へ迫っているのを見て、「ナメるな!!」と口にしつつ術式を発動しようとする烏鷺。
しかし烏鷺は、「リカ」の背後で口元を隠している乙骨のことを目にします。
「動くな」と言い放った乙骨の口元に蛇ノ目・牙の刻印が存在しており、烏鷺は乙骨が呪言を発動したと気付き耳を塞ぐも、動きを止められてしまうことに。
空中で動きを止めた烏鷺へと迫り、攻撃を畳み掛ける乙骨・「リカ」の二人。

「リカ」と石流が戦うことに

乙骨・「リカ」の二人が烏鷺に畳み掛けている中、リーゼントに呪力を溜めていく様子を見せる石流。
それに気付いた乙骨は、「リカ」の腕を足場として烏鷺の元へと移動、一対一で烏鷺との戦いを続けることに
石流は「おいおい、激甘じゃねぇか!!!」とリーゼントから呪力を放つものの、「リカ」の手で弾かれてしまい「硬さは乙骨かそれ以上!!」と胸中で考えます。
一方、手で呪力を弾いたものの「痛い」と形相を変え、石流を殴り飛ばす「リカ」。
地面を転がる石流は、先回りして追撃しようとする「リカ」の顔面を殴りつけて反撃。
建物の屋根に叩きつけられ怒りを見せる「リカ」を前にし、「まだまだ食べ盛り!! モリモリいこうか!!」と言いリーゼントを整えます。

自らの思いを口にする烏鷺

烏鷺と一対一で戦うこととなった乙骨は、髪を媒介にして新たな式神を生み出して烏鷺へと仕掛けます。
式神を「空」を操る術式で受け流しながら、「いつだって藤原オマエらだ!! 私の道を拒むのは!!」と言う烏鷺。
式神を踏み潰して「そんなに恐ろしいか!! 私が何者かに成るのが!!」と手を広げる烏鷺は、藤氏直属暗殺部隊・日月星進じつげつせいしんの隊長を務めた人物で、滅私奉公・闇に生き名を持つことさえ禁じられた者達の一人でした。
しかし、ある人物が自らの犯した同族殺しの身代わりとして烏鷺を処刑するため、烏鷺に名を与えることに。

ドルゥヴの術式を「模倣コピー」する乙骨

過去を振り返っていた烏鷺ですが、次の瞬間身体が切り刻まれてしまい、式神の軌跡を領域とするドルゥヴの術式を受けたことに気付きます。
乙骨は式神術を扱える呪言師ではなく、模倣コピー」の術式を持つと見抜く烏鷺。
乙骨はそんな烏鷺を殴り飛ばすと、「リカ」・石流の二人が近くで戦う中、烏鷺に再度殴りかかります。
右腕につけていた装備を「宇守羅彈うすらび」で破壊されつつも、「僕の先祖がアナタに何をしたか知りませんが」「自分のためだけに生きるのはきっといつか限界がくる」と口にする乙骨。
乙骨の言葉を受けた烏鷺は、「誰かのために生きろ」「何者にも成る必要はない」との言葉に触れて「そうやって嘯くのはいつだって何者かに成った者だ!!」と言うと、術式を発動しかけます。

領域展開を披露する乙骨・烏鷺・石流の三人

乙骨・烏鷺が対峙している中、「ゴチャゴチャうるせぇ!!」「ここまで来たら言葉じゃねぇだろ!!」と内心で口にしつつ、自身の胸を拳で叩き「ドン」と大きな音を出す石流。
乙骨・烏鷺の二人は石流の様子に気付き、視線を合わせた三人は同時に「領域展開」を宣言することに

呪術廻戦178話の内容・ネタバレまとめ

本誌178話の内容・ネタバレ一覧

  • 完全顕現をした「リカ」が登場する
  • 乙骨自身の呪力もまた湧いている様子
  • 乙骨の右腕へ装備をつける「リカ」
  • 「呪言」を発動する乙骨
  • 烏鷺に攻撃を畳み掛ける乙骨・「リカ」
  • 乙骨・烏鷺が一対一で戦うことに
  • 石流の放った呪力を手で弾く「リカ」
  • 「リカ」・石流が戦い始める
  • 髪を媒介にして新たな式神を生み出す乙骨
  • 処刑するために名を与えられた烏鷺
  • 烏鷺はドルゥヴの術式を受けたことに気付く
  • 模倣コピー」の術式を持つ乙骨
  • 言葉を交わし合う乙骨・烏鷺の二人
  • 乙骨・烏鷺・石流の三人が領域展開を披露する

▼次話179話のネタバレ考察はこちら

【呪術廻戦】179話のネタバレ感想・考察まとめ|烏鷺が脱落・乙骨VS石流の戦いへ
3/28(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年17号(4月11日号)に掲載されている『呪術廻戦』の179話「仙台結界⑥」の感想・考察をまとめています。呪術廻戦179話の内容のネタバレ・あらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。 ...

呪術廻戦本誌178話の感想・考察まとめ

「リカ」の詳細が明らかとなる

「リカ」は折本里香の成仏後、乙骨に残された外付け・・・の術式と呪力の備蓄
指輪を通して「リカ」と接続すると、その間のみ術式の使用「リカ」の完全顕現「リカ」からの呪力供給が可能となるとのこと。
接続持続可能時間は5分間となっています。

今までの「リカ」は一部のみ顕現

渋谷事変後に本編に登場した乙骨は、虎杖と戦っている最中の16巻141話にて「リカ」を顕現することに。
黒沐死から一般人を守るために174話でも出現させていましたが、この時のリカは腕・頭の一部のみが描かれており、体の大半は影の中にあるように描かれていました。
178話では乙骨が指輪を通して接続した時のみ「リカ」の完全顕現が可能になると判明したことから、これまでに描かれてきたように普段は一部のみ顕現しているようです。

完全顕現した「リカ」について

完全顕現を果たした「リカ」は、胸元に大量の武具を格納している様子。
また石流の放った呪力を弾くなど、乙骨と同等かそれ以上の硬さを誇るようです。
その実力は石流と殴り合うことが可能なレベルで、肉弾戦も相当なレベルを持つと言えるでしょう。

「呪言」の対処法とは?

乙骨の口元に蛇ノ目・牙の刻印があることに気付き耳を塞ぐも、「呪言」を受けて動きを止められてしまった烏鷺
5巻41話での描写によると、「呪言」は言霊で音に呪力を乗せていることから、耳から脳にかけてを呪力で守れば防げるようです。
「呪言」は対呪霊に特化した術式であり、術師にとっては来ると分かっていればそこまで怖いものではないとのことですが、烏鷺は乙骨が「呪言」を使用できるとは知らなかったために防げなかったと考えられます。

乙骨の術式は「模倣コピー」で確定?

「リカ」と接続している間のみ、術式を使用することができる乙骨。
0巻では狗巻の「呪言」をコピーしていましたが、173話で倒したドルゥヴ・ラクダワラの「式神の軌跡を領域とする」術式をもコピーして使用することが可能に。
「リカ」は折本里香の成仏後に乙骨に残された外付け・・・の術式であり、乙骨自身の術式は「模倣コピーのようです。

▼乙骨の術式・能力の考察まとめ

【呪術廻戦ネタバレ考察】乙骨憂太の術式はコピー(模倣)!領域展開・リカの正体まとめ
『呪術廻戦』に登場するキャラ・乙骨憂太についてまとめています。乙骨憂太が使用する術式「模倣(コピー)」・領域展開を始め、特級過呪怨霊・祈本里香との関係性、「リカ」に隠された秘密なども考察・ネタバレしています。呪術廻戦の最新話までの内容に基づ...

烏鷺と藤原氏の関係性とは?

元藤氏直属暗殺部隊・日月星進じつげつせいしんの隊長を務めており、滅私奉公・闇に生き名を持つことさえ禁じられた者達の一人である烏鷺亨子。
藤原氏のとある人物が犯した同族殺しの身代わりとして処刑するため、名を与えられたようです。
自分のためだけに生きることができず、藤原の血族に自分の道を阻まれてきた過去があり、一度目の人生に悔いが残っているため、羂索の誘いに乗ったと思われます。

呪術廻戦178話の展開予想

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ2022年16号発売前に掲載した178話の展開予想となります。
あらかじめご注意ください。

乙骨がリカを登場させる?

週刊少年ジャンプ2022年14号の次回予告には、「仙台結界コロニー、大混戦!ついに乙骨がリカを…!?」との記載があります。
烏鷺・石流との三つ巴状態にあり、「おいで リカ」と左手に指輪を嵌めたことからも、178話で乙骨が「リカ」を登場させることは確定と言えそうです。

領域展開を披露する泳者プレイヤーが登場?

2022年14号では休載となった『呪術廻戦』ですが、2022年15号の次回予告には「仙台結界コロニー、佳境!領域展開を制するのは…!?」との記載が。
178話で乙骨が「リカ」を登場させた後、乙骨・石流・烏鷺の内の誰かが領域展開を披露したと思われます。
また「領域展開を制するのは…!?」との文面からは、乙骨・石流・烏鷺の三人が同時に領域を展開したとも考えられるため、179話で三人それぞれの領域が明かされるのかもしれません。

乙骨の術式・能力のおさらい

年齢 17歳(留年)
誕生日 3月7日
等級 特級呪術師
出身地 宮城
高専入学方法 スカウト
術式 里香
呪言(コピー)反転術式
特技 ネリケシを作るのが上手い
好きな食べ物 塩キャベツをゴマ油で
苦手な食べ物 ステーキの脂身
ストレス 同級生に会えない

乙骨のプロフィールは上記の通り。
他にも五条よりも多い呪力量を持っており、全身から常に呪力が立ち昇っているため、全ての攻撃が決定打に成り得る上、全てのダメージを最小限に抑えられる様子。
呪力の総量に裏づけられた耐久力タフネスは、死滅回游の泳者プレイヤー一の呪力出力を誇る石流でさえ、バカデカい水槽をノックしていると感じるほど

羂索は乙骨に魅力を感じていない

夏油の肉体を乗っ取った羂索は、乙骨について無条件の術式模倣コピー底なしの呪力のどちらも、最愛の人の魂を抑留する縛りで成り立っていたに過ぎず、そこまで魅力を感じないと11巻90話にて発言していました。
羂索の言葉が正しければ、無条件の術式模倣コピーは特級過呪怨霊・祈本里香の成仏後は、使用できないと思われます。

乙骨は三ヶ月で特級術師に返り咲く

作中の2017年12月24日の「百鬼夜行」時に里香の解呪に成功し、一度普通の4級に降格した乙骨
しかし、百鬼夜行後に三ヶ月で特級術師へと返り咲いており、五条・九十九・夏油といった特級術師並みの実力を持っていることは確定と言えそうです。
里香の解呪後でも、底なしではないものの五条以上の呪力量を持つことを考えると、無条件の術式模倣コピーが引き続き使用できたのかもしれません。

「リカ」に隠された秘密・能力の詳細とは?

ファンブックでは、乙骨の術式について「里香」と記載されているのが特徴。
一方で、特級過呪怨霊・折本里香は0巻・『劇場版呪術廻戦0』時点で既に解呪済みであり、「リカ」はまた別の存在と思われます。
乙骨の術式「里香」は、折本里香に似た式神・怨霊を使役する能力なのかもしれません。

「リカ」が生まれた経緯とは?

  • 五条を上回る呪力量で「里香」を再現した
  • 呪言をコピーしたように「里香」をコピーした
  • 指輪の呪力・残穢から「里香」を再現した
  • ミゲルとアフリカにいた最中に誕生した

乙骨の「リカ」が誕生した経緯として考えられるのは、上記の通り。
乙骨が特級術師へと返り咲いたことを考えると、百鬼夜行後の三ヶ月で「里香」を再現することに成功したのかもしれません。
その場合、「リカ」は特級過呪怨霊・祈本里香と同レベルの能力を持つと言えそうです。

呪術廻戦の関連記事まとめ

キャラ関連情報

各キャラの術式・能力まとめ

考察・解説記事一覧

死滅回游の各結界の考察・関連記事一覧

『呪術廻戦』本誌まとめ記事一覧

16巻
134話 135話 136話 137話 138話
139話 140話 141話 142話
17巻
143話 144話 145話 146話 147話
148話 149話 150話 151話 152話
18巻
153話 154話 155話 156話 157話
158話 159話 160話 161話
19巻
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
20巻
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話
21巻
181話 182話 183話 184話 185話
186話 187話 188話 189話

『呪術廻戦』アニメ・劇場版記事一覧

アニメ・劇場版の考察・関連記事

アニメ一期のあらすじ・考察記事

アニメ1期2クール目
14話 15話 16話 17話 18話 19話
20話 21話 22話 23話 24話

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました