【呪術廻戦】180話のネタバレ感想・考察まとめ|乙骨が石流に勝利する

呪術廻戦180話アイキャッチ 呪術廻戦
引用元:週刊少年ジャンプ2022年18号

4/4(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年18号(4月18日号)に掲載されている『呪術廻戦』の180話「仙台結界⑦」の感想・考察をまとめています。
呪術廻戦180話の内容のネタバレ・あらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼呪術廻戦の関連記事はこちら

20巻
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話
21巻
181話 182話 183話 184話 185話
186話 187話 188話 189話

▼次話181話のネタバレ考察はこちら

呪術廻戦179話のおさらい

前話の内容・あらすじまとめ

  • 佳境クライマックスへ突入する仙台結界コロニーの頂上決戦
  • 「リカ」を結界に入れない方針の烏鷺・石流
  • 出力ギアを更に一段階上げる「リカ」
  • 結界内に黒沐死が突如登場する
  • 休眠前に単為生殖をしていた黒沐死
  • 三人が展開した結界がすぐに崩壊してしまう
  • 烏鷺を背後から蹴りつける乙骨
  • 領域展開後は術式が焼き切れ使用困難となる
  • 爛生刀らんしょうとう」の一撃を左腕に受ける烏鷺
  • 烏鷺の左腕が切断してしまう
  • 烏鷺・黒沐死に攻撃を放つ石流
  • 石流の術式は「呪力の放出」
  • 烏鷺は石流の攻撃で気絶してしまう
  • 瀕死の状態の黒沐死を祓う乙骨
  • 乙骨の術式は未だ回復していない状況
  • 乙骨VS石流の戦いが始まる

▼前話179話のネタバレまとめはこちら

【呪術廻戦】179話のネタバレ感想・考察まとめ|烏鷺が脱落・乙骨VS石流の戦いへ
3/28(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年17号(4月11日号)に掲載されている『呪術廻戦』の179話「仙台結界⑥」の感想・考察をまとめています。呪術廻戦179話の内容のネタバレ・あらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。 ...

▼次話181話のネタバレ考察はこちら

▼死滅回游に関する記事はこちら

呪術廻戦179話終了時のキャラ情報

仙台結界コロニーのキャラ一覧

キャラ名 目的・状況
呪術廻戦乙骨憂太アイコン乙骨憂太 【所持得点】40点
・百鬼夜行後に三ヶ月で特級術師へ返り咲く
・羂索を殺すこと・400点を獲ることを決意する
・ドルゥヴ・黒沐死を撃破する
「模倣(コピー)」の術式を持つ?
烏鷺が倒れて石流と戦うことに
呪術廻戦石流龍アイコン石流龍 【所持得点】77点
プレイヤー一の呪力出力を誇る
・乙骨の呪力の総量に驚きを見せる
・乙骨VS烏鷺の戦いに介入する
領域展開を使用可能
烏鷺が倒れて乙骨と戦うことに
呪術廻戦烏鷺亨子アイコン烏鷺亨子 【所持得点】70点
・元藤氏直属暗殺部隊・日月星進隊隊長
「空」を操る術式を持つ
・乙骨・石流との三つ巴状態に
領域展開を使用可能
石流の攻撃を受けて気絶してしまう
呪術廻戦黒沐死アイコン黒沐死 【所持得点】54点(死亡済み)
・羂索が呪霊操術の支配から外した蜚蠊呪霊
・等級は特級(登録済)
・ドルゥヴが死亡し休眠状態から覚醒
乙骨に敗北して死亡する
休眠前に単為生殖をしていたと判明
呪術廻戦ドルゥブ・ラクダワラアイコンドルゥヴ・ラクダワラ 【所持得点】91点(死亡済み)
死滅回游で二度目の受肉を果たす
・倭国大乱にて単独での列島制圧を成し遂げた
乙骨に殺され死亡する

▼仙台結界のプレイヤー考察はこちら

【呪術廻戦ネタバレ考察】仙台コロニーの時系列・プレイヤー(新キャラ)まとめ【死滅回游】
『呪術廻戦』の死滅回游編における仙台コロニーについてまとめています。仙台結界の泳者(プレイヤー)・術師から、時系列・戦いの結果などについても掲載しているので、呪術廻戦の死滅回游について知りたい際に是非ご覧ください。 目次 仙...

呪術廻戦の掲載順まとめ

直近10話の掲載順一覧

順位 話数 タイトル 年・号
2位 171話 東京第1結界11 2022年7号
2位 172話 東京第1結界12 2022年8号
3位 173話 東京第1結界13 2022年9号
3位 174話 仙台結界① 2022年10号
2位 175話 仙台結界② 2022年12号
3位 176話 仙台結界③ 2022年13号
3位 177話 仙台結界④ 2022年14号
3位 178話 仙台結界⑤ 2022年16号
3位 179話 仙台結界⑥ 2022年17号
3位 180話 仙台結界⑦ 2022年18号

次号2022年19号では休載予定

4月11日(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年19号では、『呪術廻戦』は休載することに
再開は週刊少年ジャンプ2022年20号を予定しており、4/18(月)に181話が掲載されます

181話は表紙&巻頭カラーでの掲載!

4月18日(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年20号では、連載4周年突破を記念して『呪術廻戦』が表紙&巻頭カラーを飾ることに
「死滅回游編新展開!」と題していることから、物語の舞台は仙台結界コロニーから別の結界コロニーに移るのかもしれません。

▼次話181話のネタバレ考察はこちら

【呪術廻戦】181話のネタバレ感想・考察まとめ|舞台は東京第2結界へ
4/18(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年20号(5月2日号)に掲載されている『呪術廻戦』の181話「東京第2結界①」の感想・考察をまとめています。呪術廻戦181話の内容のネタバレ・あらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。 ...

呪術廻戦180話のあらすじ・ネタバレ

呪力を放ち合う乙骨・石流

「リカ」の完全顕現中のみ、呪力の高出力指向放出が可能となる乙骨
それでも最大出力は石流にやや劣るため、より早く呪力を溜め、石流が最大出力に達する前に放とうとします。
しかし、400と余年の渇きに比例した石流の熱い眼差しが、恐らく今後も戦いそのものに意味を見出すことはない乙骨憂太の心を解かすことに。
石流の「出し切ろうぜ」との心中の言葉を察した乙骨は「一回だけですよ」と答え、二人は高出力の呪力をぶつけ合います

石流に攻撃を仕掛ける乙骨・「リカ」

呪力出力は石流に軍配が上がり、乙骨・「リカ」は吹き飛ばされてしまいます
「マジでSWEETスウィートだぜ…!!」と口にする中、砂埃の中からは呪力を放とうとする気配が見られ、石流は「そうだな!! 何回でもやろう!!」と乙骨に呼びかけます。
その呼びかけに応えるように「リカ」が呪力を放つと同時に、石流に向かって飛び出していく乙骨。
「リカ」単独でも呪力を撃てることに驚きつつも、石流は「オマエらにできることは俺にもできるだろ!!」との言葉と共に放たれた呪力を片手で弾き、自身へと迫る乙骨に対応しようとします。

烏鷺の術式を使用する乙骨

領域展開・自身との食事ギグを経て流石の乙骨でももう大した回復はできないと見込み、「キメるぜ」との言葉と共に近付いていた乙骨へと「グラニテブラスト」を放つ石流。
しかし、乙骨の術式は既に回復しており、烏鷺の術式を再現した乙骨によって「グラニテブラスト」は上空へと弾かれてしまいます。
石流は乙骨がただの呪言師とは思っておらず、「リカ」が乙骨とは別の術式を持っていると考えていましたが、実際には乙骨の術式が”模倣コピー”と判明することに。

「リカ」の完全顕現が終了する

模倣コピー”の条件を推測し始めた石流は、烏鷺の切断した左腕を「リカ」が噛み砕いたことに思い至ります。
その石流に対して乙骨は「宇守羅彈うすらび」を放ち、続けて「リカ」が石流の頭を殴りつけることに。
するとその瞬間、5分間が経過して「リカ」と乙骨の接続が切れてしまい、「リカ」は頭から血を流す石流に殴り飛ばされてしまいます。
完全顕現時でも持て余す石流の一撃を受け、限界を迎える「リカ」。

乙骨VS石流の戦いが決着する

残った乙骨・石流の二人は接近戦へと移行、肉弾戦を繰り広げながらも石流は「知らなかった!!」「出し切った後があるなんて!!!」と口にし、現在の状況を「これがデザート!!!」と甘受します。
そんな石流の服を両手で掴み、身動きを封じて「ここまでです」と言う乙骨。
石流が乙骨の言葉に疑問を抱いていると、上空から「グラニテブラスト」が石流へと降り注ぐことに。
烏鷺の術式を利用した乙骨が、自身が先程放った「グラニテブラスト」を上に向かってズラしていたことに気付く石流。
「……ありがとう 満腹だ!!!」との石流の言葉を最後に、乙骨VS石流の戦いは乙骨の勝利で決着を迎えます

呪術廻戦180話の内容・ネタバレまとめ

本誌180話の内容・ネタバレ一覧

  • 呪力の高出力指向放出を用意する乙骨
  • 石流が最大出力に達する前に放とうとする
  • 高出力の呪力をぶつけ合う乙骨・石流
  • 乙骨・「リカ」が吹き飛ばされる
  • 「リカ」が単独で石流に呪力を放つ
  • 石流が乙骨に「グラニテブラスト」を放つ
  • 乙骨が烏鷺の術式を”模倣コピー”して使用する
  • 石流に「宇守羅彈うすらび」を放つ乙骨
  • 5分が経過し「リカ」と乙骨の接続が切れる
  • 「リカ」を殴り飛ばす石流
  • 肉弾戦を繰り広げる乙骨・石流の二人
  • 石流の頭上からグラニテブラストが降り注ぐ
  • 乙骨が石流に勝利する

▼次話181話のネタバレ考察はこちら

【呪術廻戦】181話のネタバレ感想・考察まとめ|舞台は東京第2結界へ
4/18(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年20号(5月2日号)に掲載されている『呪術廻戦』の181話「東京第2結界①」の感想・考察をまとめています。呪術廻戦181話の内容のネタバレ・あらすじなども掲載しているので、是非ご覧ください。 ...

呪術廻戦本誌180話の感想・考察まとめ

乙骨・「リカ」の能力まとめ

呪力の高出力指向放出

乙骨が指輪を通して「リカ」と接続すると、その間のみ術式の使用・「リカ」の完全顕現・「リカ」からの呪力供給が可能となるのが特徴。
「リカ」の完全顕現中には、呪力の高出力指向放出が可能となり、0巻でも披露したいわゆる「純愛砲」を撃つことができます
しかし、最大出力は石流にやや劣るようです。

石流龍は400年前の術師?

177話で「俺の一度目の人生は”腹八分目”ってとこだった」との発言から、烏鷺と同じように過去の術師と判明していた石流。
180話では「400と余年の渇望」との表記から約400年前の人物と示唆されているため、東京第二結界コロニーの強者・鹿紫雲かしもはじめと同年代のキャラと考えられそうです。

▼鹿紫雲一の能力・術式考察はこちら

【呪術廻戦ネタバレ】鹿紫雲一(かしもはじめ)の術式は電気・雷系統|宿儺や五条との関係性・正体の考察
『呪術廻戦』の鹿紫雲一(かしもはじめ)についてまとめています。 鹿紫雲の正体が400年前・千年前の術師かどうか、宿儺や五条との関係、術式・能力の秘密などを考察しているので、是非ご覧ください。

乙骨の術式の”模倣コピー”の条件とは?

「リカ」と接続している間のみ、術式を使用することができる乙骨。
0巻では狗巻の「呪言」をコピーしていましたが、173話では「呪言」に加えて、ドルゥヴ・ラクダワラの「式神の軌跡を領域とする」術式をもコピーして使用しました。
180話では烏鷺亨子の「空」を操る術式をもコピーし、「宇守羅彈うすらび」で石流に大ダメージを与えることに。

乙骨がコピーした能力・術式まとめ

元の術者術式名
狗巻棘呪言
ドルゥヴ・ラクダワラ不明
(式神の軌跡を領域とする術式)
烏鷺亨子不明
(「空」を操る術式)

180話時点では、上記の三人の術式をコピー・使用している乙骨。
コピーの条件に関して詳細は明かされていませんが、烏鷺の切断した左腕を「リカ」が噛み砕いた?取り込んだ?ことが、術式のコピーの成立に繋がっていると思われます。

呪術廻戦180話の展開予想

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ2022年18号発売前に掲載した180話の展開予想となります。
あらかじめご注意ください。

乙骨VS石流の戦いが行われる?

週刊少年ジャンプ2022年17号の次回予告には、「乙骨VS石流、佳境!決戦を制するのは…!?」と記載されています。
乙骨・石流の対決が描かれることは間違いなく、乙骨が完全顕現した「リカ」と共に石流に勝利するのではないでしょうか?
77点を持つ石流・70点を持つ烏鷺の生死が今後の鍵となると思われます。

180話以降の時系列予想

乙骨VS石流の戦いが決着・乙骨が勝利する
日車によって死滅回游に「総則10」が追加される
烏鷺・石流が乙骨にポイントを譲渡する
乙骨が新たにルールを追加する

日車のルール追加タイミングが判明する?

虎杖との戦いを経て、100点を利用して死滅回游に「泳者プレイヤー泳者プレイヤーの点の受け渡しを可能にする」ルールを追加した167話の日車。
ただし、このルールが追加された時刻に関しては、179話時点でも判明していません。
乙骨がドルゥヴを倒したのが11月12日11時28分、虎杖・伏黒が東京第一結界コロニーに参加したのが同日12時と考えると、乙骨が石流に勝利したタイミングで、日車がルールを追加したアナウンスが告知されるのではないでしょうか?

烏鷺・石流から得点が譲渡される?

一人で400点を取ると決意した乙骨ですが、179話時点の獲得ポイントは40点とまだまだ少ない状況にあります。
烏鷺・石流の獲得ポイントが両者とも70点を超えていることを考えると、ポイントを譲渡してもらって100点を上回り、新たにルールを追加する可能性が高いと言えるでしょう。
特に石流に関しては、179話のアオリ文に「さあ、デザートで人生の口直しを。」と書かれていることからも、乙骨との戦いで満足を覚え乙骨に協力する展開が期待できます。

烏鷺の勘違いは解消される?

176話にて乙骨を藤原の血族の人間と認識し、敵意を抱いている様子の烏鷺。
実際には0巻で乙骨は菅原道真の子孫と判明しているため、乙骨が藤原の血族という認識は誤っていると思われます。
烏鷺は乙骨の利他的な言動に嫌悪感を抱いているように見えるため、乙骨に協力する道を選ぶ可能性は低いですが、藤原ではなく菅原道真の子孫と聞いて考えを新たにし、ポイントを乙骨に譲渡する展開もありえなくはないでしょう。

乙骨の本当の術式が判明する?

178話で狗巻の呪言・ドルゥヴの術式を再現したことから模倣コピー」の術式を持つと示唆された乙骨
しかし、乙骨の術式を「模倣コピー」と推測したのは烏鷺であり、作中で「模倣コピー」と断定されたわけではありません
領域展開の直後で「乙骨の術式は未だ回復していない」と179話で示唆されたことを考えると、石流と戦う180話で乙骨の本当の術式が明かされるのではないでしょうか?

▼乙骨の術式・能力の考察記事はこちら

【呪術廻戦ネタバレ考察】乙骨憂太の術式はコピー(模倣)!領域展開・リカの正体まとめ
『呪術廻戦』に登場するキャラ・乙骨憂太についてまとめています。乙骨憂太が使用する術式「模倣(コピー)」・領域展開を始め、特級過呪怨霊・祈本里香との関係性、「リカ」に隠された秘密なども考察・ネタバレしています。呪術廻戦の最新話までの内容に基づ...

呪術廻戦の関連記事まとめ

キャラ関連情報

各キャラの術式・能力まとめ

考察・解説記事一覧

死滅回游の各結界の考察・関連記事一覧

死滅回游の登場キャラの詳細
呪術廻戦鹿紫雲一アイコン鹿紫雲一 呪術廻戦烏鷺亨子アイコン烏鷺亨子

『呪術廻戦』本誌まとめ記事一覧

16巻
134話 135話 136話 137話 138話
139話 140話 141話 142話
17巻
143話 144話 145話 146話 147話
148話 149話 150話 151話 152話
18巻
153話 154話 155話 156話 157話
158話 159話 160話 161話
19巻
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
20巻
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話
21巻
181話 182話 183話 184話 185話
186話 187話 188話 189話

『呪術廻戦』アニメ・劇場版記事一覧

アニメ・劇場版の考察・関連記事

アニメ一期のあらすじ・考察記事

アニメ1期2クール目
14話 15話 16話 17話 18話 19話
20話 21話 22話 23話 24話

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました