【東京リベンジャーズ最新話ネタバレ】265話の展開予想|マイキーとタケミチ・稀咲の出会い【東リベ】

東リベ265話アイキャッチ仮 東京卍リベンジャーズ
引用元:週刊少年マガジン2022年36・37合併号

8/17(水)発売の週刊少年マガジン2022年38号(8月31日号)に掲載予定の『東京卍リベンジャーズ』の265話のストーリー展開・ネタバレを予想しています。
東リベの最新265話以降で今後明かされる・回収されると思われる伏線なども考察しているので、是非ご覧ください。

目次

▼東京リベンジャーズのまとめ記事一覧

29巻
252話 253話 254話 255話 256話
257話 258話 259話 260話
30巻
261話 262話 263話 264話 265話

▼三途春千夜のタイムリーパー説はこちら

※本誌の情報を元に265話の内容を予想し記事を作成しています。
最新264話までのネタバレが含まれておりますので、単行本派・アニメ派の方はご注意ください。
週刊少年マガジン2022年38号発売の2022年8月17日(水)に記事を更新予定です。

東リベ最新264話の内容まとめ

最新話のあらすじのおさらい

  • マイキーの家に訪れるドラケン
  • ドラケンと初めて対面するエマ
  • 三ツ谷を紹介したいと言うドラケン
  • ドラケンを前にして頬を染めるエマ
  • 場地・マイキーが三ツ谷と出会う
  • 6人で東京卍會を結成することに
  • ”強い”奴が好きだった当時のマイキー
  • 一虎によって真一郎が殺されてしまう
  • 真一郎の死を悲しむ佐野家の面々
  • トイレで一人涙を流すマイキー
  • 東卍を日本一のチームにすると決意
  • マイキーの提案に同意を示すドラケン
  • ”強い”だけじゃダメと考えるマイキー
  • タケミチ・稀咲の二人で出会うことに

▼最新264話のネタバレ考察はこちら

【東京リベンジャーズ】264話のネタバレ感想・考察まとめ|マイキーの過去編第二回【東リベ】
8/3(水)発売の週刊少年マガジン2022年36・37合併号(8月17・24日号)に掲載されている『東京卍リベンジャーズ』の264話「Not only the force but also…」の感想・考察をまとめています。東リベ264話の内...

▼『東リベ』の記事一覧はこちら

次号は巻頭カラー&増ページでの掲載

8月17日(水)発売の週刊少年マガジン2022年38号では、『東京卍リベンジャーズ』が特大巻頭カラー・26ページでの掲載予定
世界累計6500万部の突破を記念しているほか、作品初の人気投票が実施予定となっています。
また、TVアニメ第2期「聖夜決戦編」は2023年1月に放送が開始されるとのこと。

東リベ264話終了時のキャラ情報

佐野家のキャラ・家族一覧

キャラ名 目的・状況
東リベ中1マイキーアイコン佐野万次郎 危篤の母に「オレは泣かないよ」と宣言
・小5にして”罰漢”の総長をのす
・6人で東京卍會を結成する
・真一郎の死をきっかけに日本一を目指す
”強い”だけではダメと考えるようになる
東リベ佐野真一郎アイコン_200x200佐野真一郎 ・初代黒龍の総長
・施設に預けられた黒川イザナに会いに行く
・羽宮一虎に殺されてしまう
作中で2003年8月13日に死亡
東リベ佐野エマ幼少期佐野エマ ・黒川カレン・佐野真の間に生まれた子
・幼少期にイザナと共に過ごす
・黒川カレンに捨てられ佐野家の一員に
・小5の夏にドラケンと初めて会う
稀咲鉄太の手で死亡する
東リベ佐野万作アイコン佐野万作 ・真一郎・マイキーを育てた祖父
・空手道場の師範

初代東卍の創設メンバー一覧

キャラ名 目的・状況
東リベ中1ドラケンアイコン龍宮寺堅 ・渋谷の風俗街で生まれた
・小5にしてこめかみにドラゴンの刺青を入れる
・刺青を入れる前に三ツ谷と出会う
小5の時にマイキーと出会う
・作中で2008年にタケミチを庇い死亡
東リベ中1場地アイコン場地圭介 ・マイキー・春千夜と幼馴染の関係
・春千夜が口を裂かれた場に居合わせる
・小5の頃に一虎と出会う
血のハロウィン抗争にて死亡
東リベ中1三ツ谷アイコン三ツ谷隆 ・小5の時にドラケンと出会う
・右のこめかみに龍の刺青を入れる
小6の頃にマイキーたちと出会う
・東卍の特攻服を作る
東リベ中1パーちんアイコン林田春樹 ・ペーやんとは保育園の頃からの幼馴染
・代々木の”W林”と呼ばれ恐れられる
中学に入学しマイキーと出会う
東リベ中1一虎アイコン羽宮一虎 ・小5の誕生日に場地と出会う
・場地と共に車を燃やす
中学に入学しマイキーと出会う
・マイキーの兄・真一郎を殺害
血のハロウィン抗争後に少年院に入ることに

▼初代東京卍會の詳細はこちら

【東京リベンジャーズ】初代東京卍會のメンバー一覧|設立日・誕生経緯まとめ【東リベ】
『東京卍リベンジャーズ』に登場する初代東京卍會についてまとめています。初代東卍の所属メンバーに加え、組織が誕生した経緯なども掲載しているので、東リベの初代東卍に知りたい方は是非ご覧ください。 目次 初代東京卍會の成立日・誕生...

東リベ最新265話の展開予想

タケミチ・稀咲との出会いが描かれる?

初代東京卍會の結成から真一郎の死を経て、マイキーが東卍を率いて全国制覇を目指す過程が明らかとなった264話
最後には「オレの運命を変える二人で出会う」とのマイキーのモノローグと共に、タケミチ・稀咲と出会った時の様子が描かれることに。
265話では、タケミチ・稀咲の二人がそれぞれマイキーにどのような影響を及ぼしたのかが明かされると思われます。

マイキーはタケミチのことを知っていた?

263話の過去編を通じて、「弱い奴なんて大嫌いだ」「弱ぇ奴はすぐ泣く」と弱い奴に対してマイナスイメージを持っているマイキー。
一方、ドラケンに対しては「強い奴は大好きだ」と自ら進んで話し掛けに言っているのが特徴。
1巻3話で出会ったタケミチに自ら近付いていったのは、ドラケンと初めて出会った時のようにあらかじめタケミチのことを知っていたからと考えることができそうです。

喧嘩賭博の様子を陰から見ていた?

1巻5話でタケミチを気に入った理由に関して、自分より強い奴にも平気で喧嘩を挑むタケミチの様子が、兄・真一郎に似ていると答えたマイキー。
喧嘩賭博の様子を最初・途中から見ており、タクヤの代わりにキヨマサに挑んだタケミチの様子から、兄を想起したのではないでしょうか?
その場合、マイキーがタケミチを知ったのは、喧嘩賭博が行われた2005年7月7日になるでしょう。

稀咲がマイキーに与えた影響とは?

「オレは”強い”奴が好きだ」と思っていたマイキーは、最高の仲間6人で東京卍會を結成。
兄・真一郎の死をきっかけに、東卍を日本一のチームにすることを目指すようになりましたが、初日の出暴走の後では「”強い”だけじゃダメだ」と考えを変えています。
5巻39話で「東卍のこの先に稀咲の”力”は必要だ」と言っていたのは、こういった考えがあったからと思われます。

稀咲・マイキーの出会いとは?

稀咲・マイキーの二人が初めて出会ったのは、1巻5話でタケミチがマイキーに初代東京卍會に勧誘されたすぐ後のこと。
21巻183話で描かれたように、タケミチと別れたマイキーに接触を図ったと思われます。
稀咲が立てた計画を聞いたマイキーは、不良の時代を創る・東卍を日本一のチームにするには、稀咲の”力”が必要だと考えたのではないでしょうか?

初日の出暴走後の時系列のおさらい

日付 出来事
2005年1月1日 初日の出暴走
2005年7月7日 マイキーがタケミチと出会う
2005年7月8日 マイキーが稀咲鉄太と出会う
2005年8月3日 8・3抗争
2005年10月31日 血のハロウィン
2005年12月24日 聖夜決戦
2006年2月22日 関東事変
2006年3月8日 初代東京卍會解散
2006年3月15日 タイムカプセルを埋める

今後明かされるであろう伏線とは?

直近の時系列まとめ

日付 出来事
2008年
6月
207話
タケミチが10年前にタイムリープする
215話
タケミチが梵に加入する
216話
原宿で千咒の荷物持ちをすることに
2008年
7月7日
218話
梵の集会が行われる
219話
タケミチが千咒と共に遊園地に訪れる
220話224話
タケミチ・千咒を庇いドラケンが死亡
225話234話
三天戦争が勃発し関東卍會の勝利で終わる
2008年
7月15日
235話
三天戦争から一週間が経過する
2008年
8月半ば
236話
一ヶ月後、退院したタケミチが千冬をチームに勧誘する
239話
一週間後、日本服飾文化新人賞にて三ツ谷が最優秀賞を獲得する
240話
数日後、タケミチが武臣の案内の元で千咒に会う
2008年
8月31日
242話
一週間後、二代目東京卍會の決起集会が行われる
2008年
9月9日
243話 〜
東京卍會VS関東卍會の最終決戦が始まる

タケミチをホームに落とした人物は?

いつからか自分が”弱い”と決めつけて日々を過ごしていたタケミチ。
しかし、2017年7月4日に線路に突き落とされ、12年前へとタイムリープしてしまうことに。
2巻8話にて、タケミチを線路に突き落とした人物はアッくん(千堂敦)と判明、東京卍會の稀咲の言いなりとなっていたようです。

1話で突き落とした人物は異なる?

東リベ245話落とされるタケミチ

引用元:週刊少年マガジン2022年15号

アッくんがタケミチをホームに突き落としたと明かしたのは、タケミチが過去へと戻ってマイキー・ドラケンと知り合ってから未来へと戻った時の出来事。
本来の未来のアッくんは、16歳の時にキヨマサを刺して捕まり、出所後は末端のチンピラと化していました
タケミチが過去へタイムリープしたことで、東京卍會の幹部・稀咲の兵隊となったアッくんですが、1話時点の現代では東京卍會とは関係がなかった可能性が高いです。
そのため、1話でタケミチをホームへと突き落としたのはアッくんではないかもしれません。

タケミチの夢のきっかけとは?

東リベ21巻182話タケミチのヒーロー

引用元:『東京卍リベンジャーズ』21巻182話

21巻182話では、小学生の頃のタケミチが自らのヒーローを不良と語るシーンが描かれることに。
タケミチが不良に憧れた理由は不明ですが、小6の頃のタケミチの髪型が真一郎に似ていることを考えると、タケミチは黒龍ブラックドラゴンの総長時代の真一郎と出会っていたのではないでしょうか?
その場合、タケミチが真一郎と出会ったのは、作中で20年前の1998年頃と思われます。

タケミチの命を狙った人物とは?

東リベ220話命懸け

引用元:『東京卍リベンジャーズ』25巻220話

タケミチを殺すため、命懸けで銃を手に入れたと話す六破羅単代の下っ端。
「サウスさんならわかってくれる」との言葉から、サウスの指示ではないことは確定でしょう。
サウス以外の何者かが、タケミチが千咒と行動を共にしていることを六破羅単代の下っ端たちに教え、命を狙わせたと思われます。
六破羅単代・ブラフマン・関東卍會の主要メンバーの内、タケミチの命を狙う人物がいる可能性が高く、その正体は今後明らかになるのではないでしょうか?

犯人の可能性が存在する人物一覧

六破羅単代
灰谷蘭 灰谷竜胆
梵(ブラフマン)
明司武臣
関東卍會
佐野万次郎 三途春千夜
半間修二

作中の描写から考えると、タケミチの命を狙った犯人として考えられるのは上記の面々。
ただし、灰谷兄弟や明司武臣が犯人というのは可能性が低く、関東卍會の三途・243話で再登場した半間が犯人として考えやすいでしょう。
中でも三途に関しては、明司武臣・瓦城千咒と実の兄妹と判明しています。
千咒が首領を務めるブラフマンにタケミチが加入したと知り、六破羅単代の下っ端にタケミチを殺させることで、六破羅単代とブラフマンを争わせ、関東卍會が天下を取りやすくなるよう画策したのではないでしょうか?

2018年にタケミチを陰から見ていた人物は?

東リベ23巻201話影から見守る人物

引用元:『東京卍リベンジャーズ』23巻201話

2018年の現在へと戻ったタケミチは、マイキーに接触を図るため、一虎が探してきた梵天のアジトで聞き込みをします。
しかし、何一つマイキーに繋がる情報を聞き出せず、三日後に結婚式を控えているにも関わらず焦りを見せるタケミチ。
一虎に制止されたタケミチでしたが、23巻201話ではそんなタケミチの様子を陰から伺う人物が描かれています。
顔が描かれていないため正体は不明ですが、ピンストライプのスーツを着ているのが特徴です。

瓦城千咒関連での伏線まとめ

ヒナ・千咒の間で一悶着が起こる?

東リベ220話死んじゃダメ

引用元:『東京卍リベンジャーズ』25巻220話

六破羅単代の下っ端に銃を向けられたタケミチを守ろうとした千咒ですが、千咒が死亡するという未来視ビジョンを見ていたタケミチによって逆に守られることに。
「オマエは死んじゃダメだ」と言われた千咒は顔を赤らめており、タケミチに恋をした可能性が高いです。
二代目東京卍會に加入することとなった千咒ですが、最終決戦の後などでタケミチの彼女のヒナとの間で一悶着が起こるのかもしれません。

ドラケンを救うため更に過去へ?

本来の未来ではドラケンは生存

東リベ22巻192話ドラケン ・千冬

引用元:『東京卍リベンジャーズ』22巻192話

タケミチを庇って銃で撃たれ死亡してしまったドラケン。
しかし、関東事変を経てタケミチが12年後の現代に戻った192話では、マイキーが梵天のトップではあったものの、直人やヒナタは生存しており、ドラケンも無事という状況でした。
タケミチが10年前に戻ってきたことで、本来は生きていたはずのドラケンが死亡してしまうという最悪の事態へと繋がってしまいます。

▼梵天のメンバー・成立経緯はこちら

エマ・場地を救うことに?

東リベ17巻152話エマ・場地

引用元:『東京卍リベンジャーズ』17巻152話

エマが死亡し、マイキーが不在の中天竺と戦うこととなった17巻152話。
この時、タケミチは「エマちゃんも場地君も救う」と宣言していました。
現在はマイキーとの握手を起点に10年前にタイムリープしている状況ですが、今後更に前の年へとタイムリープをし、その後にエマ・場地と共に命を救うという展開になるのかもしれません。

東京リベンジャーズの関連記事

考察・関連記事一覧

『東京リベンジャーズ』本誌まとめ記事

24巻
211話 212話 213話 214話 215話
25巻
216話 217話 218話 219話 220話
221話 222話 223話 224話
26巻
225話 226話 227話 228話 229話
230話 231話 232話 233話
27巻
234話 235話 236話 237話 238話
239話 240話 241話 242話
28巻
243話 244話 245話 246話 247話
248話 249話 250話 251話
29巻
252話 253話 254話 255話 256話
257話 258話 259話 260話
30巻
261話 262話 263話 264話 265話

『東京卍リベンジャーズ』番外編

ブックレット番外編
1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話

© KODANSHA Ltd. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

  1. / より:

    8/3抗争の後の現代で武道が半間と遭遇した時に半間が来ていたスーツの柄と
    梵天のアジトを探しているときに陰から見ている人物のスーツの柄が一致している

タイトルとURLをコピーしました