【東京リベンジャーズ】272話のネタバレ感想・考察まとめ|真一郎がマイキーの命を救う【東リベ】

東リベ272話アイキャッチ 東京卍リベンジャーズ
引用元:週刊少年マガジン2022年45号

10/5(水)発売の週刊少年マガジン2022年45号(10月19日号)に掲載されている『東京卍リベンジャーズ』の272話「Over again」の感想・考察をまとめています。
東リベ272話の内容のネタバレ・あらすじ、登場キャラの活躍なども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼東京リベンジャーズのまとめ記事一覧

30巻
261話 262話 263話 264話 265話
266話 267話 268話 269話
31巻
270話 271話 272話 273話 274話
275話 276話 277話 278話

▼人気投票の順位予想はこちら

東リベ271話の内容のおさらい

前話のネタバレ・あらすじまとめ

  • ホームレスの元に訪れる真一郎
  • 過去に戻る方法をホームレスに尋ねる
  • 真一郎を止めようとするワカ
  • ワカは真一郎に睨まれ帰っていく
  • ホームレスはこの力は誰にも譲らないと発言
  • 弟を救いたいと本心を話す真一郎
  • 真一郎の思いを”そんな事”と笑うホームレス
  • ホームレスが力を手に入れた方法が判明
  • ”前の奴”を殺して入手したと言うホームレス
  • ホームレスを鉄パイプで殴る真一郎
  • 真一郎に「呪われろ!!」と言うホームレス
  • ホームレスを殺すも真一郎は過去に戻れず
  • 真一郎の家に向かう春千夜
  • 橋の手すりの上に立つ真一郎
  • 7月30日はマイキーの事故があった日
  • 春千夜の前で川に飛び込む真一郎
  • 死んだはずの真一郎が目を覚ます
  • プラモを手にして走り回るマイキーが登場

▼前話271話のネタバレまとめはこちら

【東京リベンジャーズ】271話のネタバレ感想・考察まとめ|真一郎がタイムリープする【東リベ】
9/28(水)発売の週刊少年マガジン2022年44号(10月12日号)に掲載されている『東京卍リベンジャーズ』の271話「Empty wish」の感想・考察をまとめています。東リベ271話の内容のネタバレ・あらすじ、登場キャラの活躍なども掲...

▼人気投票の順位予想はこちら

東リベ271話終了時のキャラ情報

271話で登場した主要キャラ一覧

キャラ名目的・状況
東リベ佐野真一郎アイコン佐野真一郎 ・初代黒龍の解散を宣言する
・マイキーが死亡し怒りを見せる
タイムリーパーを名乗るホームレスを殺害
・マイキーの事故が起きた日に自殺する
タイムリープをすることに
東リベ今牛若狭アイコン今牛若狭 ・通称「ワカ」
・初代黒龍の特攻隊隊長
・元「煌道連合」の総代表で”白豹”と呼ばれた
最初の世界線ではヤクザになっている
・真一郎の様子を見て一人で帰宅する
東リベ場地圭介アイコン場地圭介 ・マイキー・春千夜と幼馴染の関係
・マイキーが事故に遭った場面に居合わせる
中学校に行かずほっつき歩いている
・髪を中途半端に染めている
東リベ三途春千夜アイコン三途春千夜 ・マイキー・場地と幼馴染の関係
・マイキーが事故に遭った場面に居合わせる
・友達を日本刀で斬りつけて少年院に入所
・マイキーの変貌ぶりに涙を浮かべる
真一郎が自殺する場面を目の当たりにする
東リベ佐野万次郎アイコン佐野万次郎 ・初代黒龍の最後の集会を見に行く
・真一郎からコンコルドのプラモを貰う
階段から落ちて頭を強く打ち植物状態となる
・植物状態のまま4年が経過する
2003年7月20日に死去

東リベ272話のあらすじ・ネタバレ

真一郎が4年前にタイムリープする

川に飛び込んで死亡したはずの真一郎でしたが、ふと気が付くと目の前ではコンコルドのプラモを手にしたマイキーが、自分の方へと勢いよく向かってきていました。
自分に向かってきたマイキーを避けることができず、顔面を蹴られてソファへと倒れ込む真一郎。
目を覚ました真一郎は、自分は川に飛び降りて死んだハズであるため夢を見たのかと思うも、武臣の背後のカレンダーが4年前の今日の1999年7月30日となっていることに気付きます。
プラモを手にして「あんなのいつもなら避けれたじゃん」と口にするマイキーを見た真一郎は、思わず涙を浮かべるとそのままマイキーを抱きしめて号泣します。

マイキーとバイクに乗る真一郎

目の前にマイキーがいる光景が夢ではないと気付いた真一郎は、「万次郎 今からバイク乗らないか?」と誘います。
マイキーにバイクを運転させながら、自分が死んだハズの日からちょうど4年前にタイムリープしたと現状を整理し、人生をやり直せる・今度こそ自分がマイキーを守ると思う真一郎。
最初の世界線では、バイク屋でバイト中の15時半に祖父から電話が来て、マイキーが植物状態となってしまいました。
対する現在では「やっぱオレ バイク好きだ!!」と笑うマイキーの姿が目の前にあり、「運命が変わったのか?」と思いを巡らせます。

真一郎は祖父・エマの現状を確かめる

バイクを走らせた後、帰宅した途端に家の中へ駆け込んでいく真一郎を見て、「今日なんか変なんだよなぁ いきなり泣くし」と困惑するマイキー。
一方の真一郎は、祖父・エマの二人が料理をしている光景を目の当たりにして、再度目に涙を浮かべることに。
包丁を握った事がないにも関わらず料理を手伝うと言い出し、それを指摘されると「じゃあ掃除してくる!」と言う真一郎を見て、「…ヘンな真兄」と口にするエマ。
廊下を雑巾で掃除しながら、祖父が元気でエマもいる現状に「最高だ」と涙を浮かべながら思う真一郎。

マイキーが春千夜の口を裂く事件が発生

するとその時「やめろよマイキー」と場地の声が聞こえ、真一郎は声がした方へと駆けつけることに。
真一郎の目の前には、黒い衝動に呑まれた様子のマイキーがおり、口から血を流す春千夜に対して「笑えよ春千夜」と口にしていました。
時刻は夜へと変わり、真一郎の「なんであんな事を?」との問いに「オレ…どうしちゃったんだろ……」と自分でも困惑した様子で答えるマイキー。
気付いたら春千夜の口を裂いていたと言うマイキーは、真一郎に謝りつつ「自分でもなんであんな事したかわかんねぇんだ」と続けます。
そんなマイキーに対し、「…万次郎 謝る相手はオレじゃねぇだろ?」と諭す真一郎。

春千夜のお見舞いに向かう真一郎たち

後日、入院している春千夜の元に訪れ、顔に包帯を巻く春千夜に謝罪をするマイキー。
とんでもない事をしてしまったと言うマイキーは、「キズ…ずっと残っちゃうかもしれねぇよな…」と自分のしでかした事の重さを反省している様子。
「また来るよ」と言い残してマイキーが病室を後にしていく中、真一郎はマイキーをすぐに許せとは言わないものの、「でも良かったら あいつの友だちでいてやってくれないか?」と春千夜に声を掛けます。
少しの無言の間の後、真一郎に対して手を差し出して「当たり前だよ…」「あいつは一生友だちだ」と言う春千夜。
春千夜の手を取り「ありがとな!」と口にした瞬間、真一郎は再度タイムリープの感覚を味わうことに

現代(2003年)に戻る真一郎

現代へと戻った真一郎は、「S.S MOTORS」にてバイクの整備をしていましたが、4年前から戻ってきたために自分がいる場所がわかっていない様子。
携帯電話の時間が2003年になっていることに気付き、現代に戻ってきたことに思い至ります。
次の瞬間、今いる場所が現代であるならば、マイキーがどうなったのかを確認しようとする真一郎。
店の外に出た真一郎の前には、ボロボロとなった愛車のホーク丸に乗り、成長した姿のマイキーが姿を現すことに

東京リベンジャーズ272話の内容まとめ

本誌272話の内容・ネタバレ一覧

  • 川に飛び降りて死亡したはずの真一郎
  • プラモを手にしたマイキーが目の前に登場
  • マイキーを避けられず気を失う真一郎
  • 日付が4年前の1999年7月30日と気付く
  • 真一郎はマイキーを抱きしめて号泣する
  • マイキーとバイクに乗る真一郎
  • 4年前にタイムリープしたことに思い至る
  • 祖父・エマの現状を確かめる真一郎
  • マイキーが春千夜の口を裂く事件が発生
  • 真一郎がマイキーに口を裂いた理由を問う
  • 自分のした行動に困惑を見せるマイキー
  • 春千夜のお見舞いに訪れる真一郎たち
  • マイキーとは一生友だちと言う春千夜
  • 真一郎・春千夜が握手をする
  • 現代(2003年)に戻る真一郎
  • 成長したマイキーの姿を見て涙を浮かべる

▼次話273話のネタバレ考察はこちら

【東京リベンジャーズ】273話のネタバレ感想・考察まとめ|真一郎・タケミチの関係性が判明【東リベ】
10/12(水)発売の週刊少年マガジン2022年46号(10月26日号)に掲載されている『東京卍リベンジャーズ』の273話「Carry on」の感想・考察をまとめています。東リベ273話の内容のネタバレ・あらすじ、登場キャラの活躍なども掲載...

▼佐野真一郎の考察記事はこちら

東リベ本誌272話の感想・考察まとめ

「Over again」の意味は?

272話のサブタイトル「Over again」は、「(初めから)もう一度」という意味を持ちます。
マイキーが植物状態となった日に川へと飛び降り死亡したハズの真一郎でしたが、ホームレスを殺して奪ったタイムリープの能力が発動することに。
4年前へと戻った真一郎は、マイキーが事故で植物状態となることを防いでおり、サブタイトルの通りに初めからもう一度やり直していると言えるでしょう。

時系列の矛盾は作者のミス?

瓦城千咒の回想が描かれた241話は、マイキー・春千夜が小4の頃の2000年に起きた事件と判明することに。
しかし、272話では真一郎がタイムリープした先は1999年となっており、マイキーが春千夜の口を裂いた事件が起きたはずの時系列と一年間ズレていることになります。
この時系列の矛盾に関しては、特に伏線などではなく作者のミスと考えるのが自然ではないでしょうか?

真一郎がタイムリープした後の時系列

時系列出来事
1980年
8月1日
佐野真一郎が誕生
佐野真一郎:0歳
1990年
8月20日
佐野万次郎が誕生
佐野真一郎:10歳
佐野万次郎:0歳
1993年佐野真が死亡
佐野真一郎:13歳
佐野万次郎:3歳
1995年
2月22日
佐野真一郎が初代黒龍を結成する
佐野真一郎:14歳
佐野万次郎:4歳
??年初代黒龍が解散する(1996〜1999年?)
佐野真一郎:15〜19歳
佐野万次郎:5〜9歳
1999年
7月30日
マイキーが春千夜の口を裂く事件が発生
佐野真一郎:18歳
佐野万次郎:8歳
2003年
8月13日
一虎の手で真一郎が死亡
佐野真一郎:23歳(享年)

真一郎がタイムリープしていたのは、最初の世界線でマイキーが植物状態となった日の4年後の2003年7月30日
現代に戻ってきた日も2003年7月末・8月初頭と思われ、約二週間後の8月13日には一虎に殺されることになると考えられます。
タイムリープをしてマイキーを救うことに成功した真一郎でしたが、その甲斐も虚しくすぐに死んでしまったと言えそうです。

春千夜がトリガーとなった理由は?

4年前の1999年7月30日に戻った真一郎がマイキーの事故を防いだ後、春千夜と握手した真一郎はそのまま4年後の現代(2003年)へと戻ることに。
タイムリーパーが過去・未来を行き来するためには、トリガーとの握手が必須であるため、春千夜は真一郎のトリガーで確定と言えるでしょう。
22巻197話で直人が言及していた通り、最初の世界線での春千夜は、真一郎と同じようにマイキーを救いたい・過去を変えたいと強く思っていたため、トリガーとして機能するようになったと考えられます。

春千夜は自分がトリガーと知っていた?

1巻2話にて、12年前にタケミチと握手した際、過去のタケミチの中から現代のタケミチが消えるのを感じたと話していた直人。
トリガーとなった春千夜は、握手した際に直人と同じように真一郎の変化に気付いていたと考えられます。
単に三天戦争後、ワカの口から真相を明かされた際に自分がトリガーだったと知った可能性もありますが、春千夜は元々自分がトリガーだと知っていたのかもしれません。

東京リベンジャーズ272話の展開予想

※以下の内容は、週刊少年マガジン2022年45号発売前に掲載した272話の展開予想となります。
あらかじめご注意ください。

真一郎がマイキーを救うことに?

時を遡れる力を持つと言うホームレスを殺害するも、過去に戻ることができずに絶望する真一郎。
マイキーの事故が起きた日に、雨が降って増水している川へと身を投げ自殺をすることに。
しかし、死亡したはずの真一郎の目の前には”あの日”のマイキーの姿があり、タイムリープに成功したと判明します。
時を遡ったと気付いた真一郎は、事故で植物状態になるはずのマイキーを救うことになると思われます。

真一郎が戻った過去の時系列とは?

時系列出来事
1980年
8月1日
佐野真一郎が誕生
佐野真一郎:0歳
1990年
8月20日
佐野万次郎が誕生
佐野真一郎:10歳
佐野万次郎:0歳
1993年佐野真が死亡
佐野真一郎:13歳
佐野万次郎:3歳
1995年
2月22日
佐野真一郎が初代黒龍を結成する
佐野真一郎:14歳
佐野万次郎:4歳
??年初代黒龍が解散する(1996〜1999年?)
佐野真一郎:15〜19歳
佐野万次郎:5〜9歳
1999年
7月30日
マイキーが植物状態となる
佐野真一郎:18歳
佐野万次郎:8歳
2003年
7月20日
佐野万次郎 死去
佐野真一郎:22歳
佐野万次郎:12歳(享年)
2003年
7月30日
佐野真一郎が自殺する
佐野真一郎:22歳(享年)

269話にて、事故が起きてから4年が経過して中学生になったと言及されているため、上記の通りに1999年に植物状態になったと思われるマイキー
しかし、271話の最後で登場したマイキーの服装を見るに、241話の千咒の回想と同じ2000年にタイムリープしたように見えます。
真一郎の過去編・千咒の回想で時系列がズレていると思われるため、272話では時系列のズレの要因が明かされるかもしれません。

真一郎は何回タイムリープをする?

タイムリーパーの能力を持つタケミチは、トリガーの直人と握手をすることで何度も過去に戻ることが可能でした。
真一郎に関しても同様に、マイキーを救うという目的を持つ人物をトリガーとして、複数回タイムリープをする展開がありうるでしょう。
真一郎のタイムリープの回数・トリガーとなる人物に関して、今後描かれていくと思われます。

最初のタイムリープには死ぬことが必須?

ホームレスを殺害して”タイムリーパー”となった真一郎でしたが、タイムリープの能力が初めて使用できたのは自ら命を絶った時でした。
『東京卍リベンジャーズ』にて同じくタイムリープの能力を持つタケミチに関しても、初めてタイムリープをしたのは線路に落ちて死亡した時となっています。
タイムリーパーが初めてタイムリープするのは死亡した時であり、二回目以降でなければトリガーも特に必要ないと考えられます。

タイムリープの能力を引き継いだキャラは?

パターン1パターン2
前々々回??????
前々回ホームレスホームレス
前回佐野真一郎佐野真一郎
最新花垣武道羽宮一虎

タイムリープの能力を手に入れる方法は、タイムリーパーから能力を譲ってもらう・タイムリーパーを殺害するの二パターン存在するようです。
佐野真一郎はホームレスを殺害してタイムリーパーとなりましたが、その後の能力の所持者に関しては不明となっています。
タイムリープが可能なタケミチ、もしくは真一郎を殺害した一虎が時を遡る力を手に入れた可能性があると言えそうです。

パターン1:タケミチが後継者の場合

タイムリーパーとして作中で活躍しているタケミチですが、時を遡る力を真一郎から受け継いだ可能性があります。
タイムリープの能力を譲る方法に関しては不明なものの、真一郎はタケミチに対して密かに力を譲っていたのかもしれません。
真一郎は作中で2003年に死亡しているため、その場合にはタケミチが小学生の時に真一郎と出会っていたと考えられます。

パターン2:羽宮一虎が後継者の場合

作中の2003年8月13日、佐野真一郎を殺害してしまった羽宮一虎。
タイムリーパーを殺害すると能力を手に入れることができると271話にて判明したため、羽宮一虎は実はタイムリープの力を持っている可能性があると言えるでしょう。
一虎がタイムリーパーとなる展開は考えにくいですが、少年院から出てきた一虎がタイムリープをすることになるのかもしれません。

東京リベンジャーズの関連記事

考察・関連記事一覧

『東京リベンジャーズ』本誌まとめ記事

24巻
211話 212話 213話 214話 215話
25巻
216話 217話 218話 219話 220話
221話 222話 223話 224話
26巻
225話 226話 227話 228話 229話
230話 231話 232話 233話
27巻
234話 235話 236話 237話 238話
239話 240話 241話 242話
28巻
243話 244話 245話 246話 247話
248話 249話 250話 251話
29巻
252話 253話 254話 255話 256話
257話 258話 259話 260話
30巻
261話 262話 263話 264話 265話
266話 267話 268話 269話
31巻
270話 271話 272話 273話 274話
275話 276話 277話 278話

『東京卍リベンジャーズ』番外編

ブックレット番外編
1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話

© KODANSHA Ltd. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました