【ヒロアカ】364話のネタバレ感想・考察まとめ|エッジショットが爆豪を生かす【僕のヒーローアカデミア】

ヒロアカ364話アイキャッチ 僕のヒーローアカデミア
引用元:週刊少年ジャンプ2022年39号

8/29(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年39号(9月12日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の364話「何の為に力を使う」の感想・考察をまとめています。
ヒロアカ364話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼僕のヒーローアカデミアまとめ記事一覧

36巻
351話 352話 353話 354話 355話
356話 357話 358話 359話 360話
361話 362話
37巻
363話 364話 365話 366話 367話
368話 369話 370話 371話 372話

▼連載終了まで残り1年!?新情報まとめ

ヒロアカ363話の内容のおさらい

前話のネタバレ・あらすじまとめ

  • 爆豪が倒れている光景に思わず叫ぶ物間
  • 心臓をやられて脈が無い状態の爆豪
  • 今度は・・・死んだ」と両手を広げる死柄木
  • 絶望感を覚える相澤先生
  • 死柄木の触手に囚われた状態のミルコ
  • オニマーを燃やしつつ荼毘が再登場
  • 荼毘は赫灼熱拳・”燐”を再現している?
  • エンデヴァーの現状を知る荼毘
  • 大量の電子機器を操作するスケプティック
  • 雄英のシステムに侵入されてしまう
  • 何かに気付いた様子を見せるマンダレイ
  • 避難民を乗せて地下を移動するシェルター
  • AFOの手下の避難民が何かを目論む
  • 全盛期の肉体を取り戻したAFOが登場

▼前話363話のネタバレまとめはこちら

【ヒロアカ】363話のネタバレ感想・考察まとめ|ヴィランが攻勢に転じる【僕のヒーローアカデミア】
8/22(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年38号(9月5日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の363話「禦ぐ者と侵す者」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ363話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲...

▼次話365話のネタバレ考察はこちら

ヒロアカ363話終了時のキャラ情報

学生ヒーローのキャラ一覧

キャラ名目的・状況
爆豪勝己 雄英校舎
・雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒
・「爆破」の”個性”を持つ
・ヒーロー名は「大・爆・殺・神ダイナマイト」
死柄木の攻撃を受け心臓が停止・脈が無い状態
轟焦凍 神野区グラウンドゼロ
・雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒
・「半冷半燃」の”個性”を持つ
・ヒーロー名は「ショート」
赫灼熱拳・”燐”を披露する
目の前で荼毘が復活することに

プロヒーローのキャラ一覧

キャラ名目的・状況
ベストジーニスト 雄英校舎
・No.3プロヒーロー
・「ファイバーマスター」の”個性”を持つ
・至近距離で死柄木の一撃を受ける
服の繊維を利用して爆豪を治療中?
エッジショット 雄英校舎
・No.4プロヒーロー
・「紙肢」の”個性”を持つ
・至近距離で死柄木の一撃を受ける
359話からは未登場のまま
ミルコ 雄英校舎
・No.5プロヒーロー
・「兎」の”個性”を持つ
・至近距離で死柄木の一撃を受ける
死柄木の触手に身動きを封じられている状態
マンダレイ 雄英校舎
・プッシーキャッツの一人
・「テレパス」の”個性”を持つ
・雄英校舎の面々に情報伝達をする役割
何かに気付き驚いた様子を見せる
オニマー 神野区グラウンドゼロ
・炎のサイドキッカーズの一人
・身体に耐熱効果を持つ様子
・バーニン・キドウと共にショートを援護する
復活した荼毘に燃やされることに
エンデヴァー 群訝山荘跡
・No.1プロヒーロー
・AFOの攻撃で右脇辺りを抉られる
右腕を失うもAFOに強力な一撃を叩き込む
AFOにプロミネンスバーンを放つ
ホークス 群訝山荘跡
・No.2プロヒーロー
・少ない羽を義羽で補強している
AFOの仮面を破壊することに成功
・エンデヴァーのサポートをしている

ヴィラン側のキャラ一覧

キャラ名 目的・状況
死柄木弔 雄英校舎
・群訝・蛇腔戦にて不完全な状態で覚醒
・「新秩序」を奪った影響で個性をいくつか失う
・AFOと人格が統合されている状態
「志村転弧」がまだ融け切っていない
爆豪の胸部に攻撃を直撃させる
荼毘 神野区グラウンドゼロ
・本名は「轟燈矢」
・過去にAFO・ドクターに助けられる
エンデヴァーに怨みを抱いている
赫灼熱拳・”燐”を再現して復活
・高熱の炎によりオニマーを燃やす
AFO 群訝山荘跡
・タルタロスから脱獄を果たす
・OFAを奪うことは人生の中期目標
ホークスに仮面を砕かれる
・エンデヴァーのプロミネンスバーンを受ける
身体を全盛期の状態?まで再生させる

A組の生徒20名の現在位置まとめ

場所キャラ名
雄英校舎爆豪勝己上鳴電気八百万百
神野区グラウンドゼロ轟焦凍飯田天哉
奥渡島麗日お茶子蛙吹梅雨
群訝山荘跡常闇踏陰耳郎響香
蛇腔病院跡芦戸三奈切島鋭児郎峰田実
国立多古場競技場砂藤力道尾白猿夫瀬呂範太
セントラル病院前障子目蔵口田甲司
駐車場(開戦場所)青山優雅
移動中緑谷出久
詳細不明葉隠透

僕のヒーローアカデミアの掲載順まとめ

ヒロアカの直近10話の掲載順一覧

順位 話数 タイトル 年・号
3位 355話 EXTRAS 2022年27号
3位 356話 敵について 2022年29号
2位 357話 焼身照命!!手負いのヒーロー 2022年30号
3位 358話 ちょっと進んだ男 2022年31号
1位 359話 学び舎 2022年33号
3位 360話 それでも 2022年34号
5位 361話 異変 2022年35号
3位 362話 Light Fades To Rain 2022年36・37号
5位 363話 禦ぐ者と侵す者 2022年38号
6位 364話 何の為に力を使う 2022年39号

▼次話365話のネタバレ考察はこちら

【ヒロアカ】365話のネタバレ感想・考察まとめ|エッジショット・ミルコが活躍【僕のヒーローアカデミア】
9/5(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年40号(9月19日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の365話「No.4とNo.5」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ365話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャラの活躍など...

▼第八回人気投票の詳細はこちら

ヒロアカ364話のあらすじ・ネタバレ

殻木がAFOに託したものが明らかに

死穢八斎會が密造していた”個性”消失弾を奪い、”個性”因子を破壊する生成液を押収した死柄木。
それを受け取った殻木(ドクター)はすぐに複製を試み、精製の過程で消失弾とは異なるオリジナルの効果に着目することに。
大元はエリちゃんの”個性”であり、終末論はやはり正論であったと再認識する殻木。
使えるのは一度きりの「巻き戻し」の効果を持つものを生み出すと、自身に万が一があった場合に備え、詳細データと共に潜伏予定地に残していました。
願わくばキミ自身の心に 憎悪が宿らん事を」と殻木が残したメッセージを聞きつつ、殻木の残したものを手にするAFO。

AFOが全盛期の肉体を取り戻す

場面は現在へと戻り、肉体を若返らせつつ「誇れエンデヴァー!」「まさか君相手にこの切札カードを切るとは思っていなかった!」と口にするAFO。
AFOが全盛期の肉体を手にしたことに息絶え絶えの状態で言及するエンデヴァーと、AFOがエリちゃんの”個性”を再現したことに気付く常闇。
空中に浮いていたAFOが地面へと降りていくのを見て「マズい!」と追いかけていくホークスの一方で、AFOは体が絹のように軽いという感覚を得ます。
そのまま地面に降り立ったAFOは、ヒーローの間を駆け抜けて”個性”を奪い、ついでに奪ったマントを裸の肉体に纏うことに。

死柄木の元に向かうつもりのAFO

AFOの手からヒーローを奪い返しつつ反撃を加えたホークスに対し、肉体を再生させながら「この”巻き戻し”は使ったが最後 最終的に僕は消えて失くなる」と明かすAFO。
”夢”のバトンは死柄木に引き継がれていると続けるAFOは、自身の残る役目はヒーローたちの罠から死柄木を救い出すことであり「行かせてもらうよ」と口にします。
AFOが自滅上等の超強化をしていると察したホークスは、エンデヴァーがもう一発プロミネンスバーンを撃てればまだなんとかなると思い、時間を稼ぐためAFOの夢・OFAを手に入れた先の話を聞くことに。

AFOの目的が明らかとなる

ホークスの問いを受けて「単純だよ コミックに影響されてね」と答えるAFOは、コミックの悪役が世界中から恐れられていた理由を問い返します。
「悪いことするから?」とのホークスの返答に、AFOは「悪いこと」の定義について語り始めます。
文化も価値観も無数に広がる世界で、誰もが顔をしかめ嫌悪する行為の正体を、思い描く未来を阻まれることと言うAFO。
だから僕はね 世界中の未来を阻みたい」「ただ そう在りたいと願っただけだ」と、体を巻き戻しつつ自身の目的を明かすことに。

アメリカが取る今後の方針とは?

場面は変わり、アメリカ合衆国のワシントンD・Cへ。
ホワイトハウスで大統領に対し、今徹底して死柄木を討たねばアメリカも危ないと主張するティモシー・アグパー。
一方、大統領は「”危機”をどう捉えるかだ」と言うと、アメリカは既にアグパーのせいで他国より半歩レッドゾーンに踏み込んでしまっていると口にします。
”個性”専門機関の報告を受け、死柄木は最早人の手に負えない段階まで来ており、何が起きても不思議ではない未知領域アンタッチャブルと続ける大統領。
そんな化け物にスター・ミサイルで”敵対意志”を示してしまったとの大統領の言葉を受け、「つまり…迎合すると…!?」と反応を示すアグパー。

大統領へのアグパーの主張について

既に先進国間では、どこがいち早く死柄木の信頼を得られるかにらみ合いが始まっているとの大統領の言葉に、反論をするアグパー。
「国の未来の為だ ティム!」と大統領に言われると、「そんなものが未来であってたまるか!!」と反論します。
警戒を見せるSPの目の前で、胸元からオールマイトと映るスターの写真を取り出たアグパーは、スターが何の為に戦ってきたのか・殉死したのかと声を震わせます。
少年少女は大人を見て育ち、大人はその少年たちを支えて共に紡ぎ、「そしてまた次へ──」と続けるアグパーは、「その為にヒーローは 力を行使してきたんじゃないのか!!」と主張することに。

爆豪の心臓と化すエッジショット

爆豪の治療を進めているベストジーニストの元へ、傷だらけの状態で姿を現すエッジショット。
人の体なら幾度も忍び熟知していると言うと、針のように鋭利に変化させた指を爆豪の身体へ向けつつ、「……諦めてたまるか……!」と口にします。
続いて、死柄木の触手に捕らわれたミルコに対し、エッジショットは「足掻け!!」「首だけになっても喰らいつけ!!」と声を掛けることに。
ミリオの攻撃に対処しながら死柄木が「無駄なことを…」と口にする中、エッジショットは爆豪の止まった心臓は我々が決して失ってはならない命と続けます。
「まだ間に合う!欠けたものは俺が埋めて 動かす…!!」とのエッジショットの言葉を聞き、「紙原…戻れなくなる・・・・・・…!」と言うベストジーニスト。
エッジショットは「だから後を頼みます…!! 袴田会長」と言い残すと、「俺がこの子の心臓になる!!」との言葉と共に「忍法千枚通し”極”」を発動します。

ヒロアカ364話の内容・ネタバレまとめ

本誌364話の内容・ネタバレ一覧

  • ”個性”消失弾を押収していた死柄木
  • 殻木は精製液の複製を試みる
  • オリジナルの効果に着目する殻木
  • AFOに「巻き戻し」を実現するものを残す
  • 若返り肉体の全盛を取り戻すAFO
  • ヒーローから”個性”・マントを奪う
  • AFOは最終的に消えて失くなる状態
  • 死柄木の元へ向かおうとしているAFO
  • AFOの目的は世界中の未来を阻むこと
  • 死柄木を叩くよう主張するアグパー
  • 国の未来の為に迎合すると言う大統領
  • 胸元からスターの写真を取り出すアグパー
  • ヒーローが力を行使してきた理由を語る
  • 傷だらけの状態で登場するエッジショット
  • ミルコに足掻くように呼びかける
  • 戻れなくなる・・・・・・と忠告するベストジーニスト
  • エッジショットが爆豪の心臓になることに

▼次話365話のネタバレ考察はこちら

【ヒロアカ】365話のネタバレ感想・考察まとめ|エッジショット・ミルコが活躍【僕のヒーローアカデミア】
9/5(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年40号(9月19日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の365話「No.4とNo.5」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ365話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャラの活躍など...

ヒロアカ本誌364話の感想・考察まとめ

死柄木が押収した”個性”消失弾とは?

364話の冒頭で言及されている、死穢八斎會が密造していた”個性”因子を破壊する精製液。
18巻160話で死柄木たちヴィランが、治崎を移送中の警察を襲った際に押収したものとなっています。
エリちゃんの”個性”が大元となっており、オリジナルは「巻き戻し」の効果を持つのが特徴。

個性終末論のおさらい

個性終末論とは、18巻166話で肉倉精児が言及した終末論の一つ。
世代を経るにつれ”個性”は混ざり深化しており、より強力・より複雑化した”個性”は、やがて誰にもコントロールできなくなってしまうのではないか、という”個性特異点”が唱えられているとのこと。
元々はドクター(殼木球大・氏子達磨)によって唱えられた”超常特異点”がカルト化したものと28巻270話にて明かされ、当時は発表後に根拠薄弱の暴論と非難されたようです。

オール・フォー・ワンの現状とは?

”個性”因子を破壊する精製液を複製し、消失弾とは異なるオリジナルの効果に着目した殻木。
使えるのは一度きりではあるものの、それを使用したオール・フォー・ワンは身体が若返り、全盛期の肉体を取り戻すことに
ただし、”巻き戻し”の効果は使ったが最後であり、最終的に消えて失くなってしまうため、AFOは残る役目として死柄木を救い出すことを目論んでいます。

AFOの目的が明かされる

ホークスに「夢」について尋ねられると、21巻193話にて言及されていた通り、コミックに影響されたと明かすAFO。
悪役が世界中から恐れられていた理由を、誰もは顔をしかめ嫌悪する行為である、思い描く未来を阻んでいたからとAFOは解釈した様子。
結果として、AFOは世界中の未来を阻みたい・そう在りたいと願ったとのこと。

エッジショット・ベストジーニストの関係性

364話の最後では、ベストジーニストを「袴田会長」と呼ぶエッジショットと、先輩・後輩の関係にあったと思われる雄英高校時代の二人の姿が描かれることに。
ベストジーニスト(袴田つなぐ)は手芸同好会の会長を務めていたようで、エッジショットも所属していたようです。
作中のベストジーニストは36歳であるため、エッジショットは34〜35歳の年齢と考えられます。

エッジショットの決断について

エッジショットの”個性”のおさらい

”個性”「紙肢」
体を紙のように変化できる。
バネに模して急激に体を伸縮する事で空中をも高速で移動する。

エッジショットの”個性”は上記の通り。
糸状にまで身体の形状を変化可能で、敵を貫き内部からダメージを与えることが可能となっています。

爆豪の心臓になることに

「まだ間に合う!欠けたものは俺が埋めて動かす…!!」と言いつつ、自らの身体を糸状に変化させたエッジショット。
人の身体に入り込む「忍法千枚通し”極”」では、自らの肉体を犠牲にして爆豪の心臓を復活・再現することが可能なようです。
ただし、自らの肉体を複雑に変化させるためか、ベストジーニストが指摘するように元に戻ることはできない様子

僕のヒーローアカデミア364話の展開予想

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ2022年39号発売前に掲載した364話の展開予想となります。
あらかじめご注意ください。

死柄木の元に遂にデクが登場する?

トガに引きずりこまれて奥渡オクト島へと転送されてしまうも、死柄木のいる雄英校舎へと急いで向かっていたデク。
357話では、海上を移動するデクの元には何かが接近してきている様子が描かれており、スタストと共に日本に来た軍人たちが戦闘機に乗ってデクのことを迎えに来たのではないでしょうか?
363話マンダレイが何かに気付いた反応を見せていることからも、遂にデクが上空に浮かぶ雄英校舎に到着したのではないでしょうか?

爆豪の死を知りデクは激昂する?

デクが雄英校舎に到着して死柄木と対峙する場合、爆豪が死亡したことを知るのはほぼ間違いないと言えるでしょう。
全面戦争時に自分を庇って爆豪が刺された際、死柄木の中のAFOの言葉に激昂したデクでしたが、364話以降でも同様に暴走する可能性は高いです。
OFAの歴代継承者の”個性”を使用可能となったデクが、死柄木を相手に特攻を仕掛けるかもしれません。

デクはAFOと戦う展開になる?

週刊少年ジャンプ2022年33号表紙

引用元:週刊少年ジャンプ2022年33号

週刊少年ジャンプ2022年33号にて表紙&巻頭カラーを飾った『僕のヒーローアカデミア』。
表紙に描かれたのは、全盛期の姿に戻ったAFO・デクが対峙するイラストであり、デク・AFOが戦うことを示唆していると考えられます。
その場合、デクはAFO・エンデヴァーたちが戦っていた和歌山県の群訝山荘跡へ進路を変えたと思われ、死柄木の元には登場しないこともありうるでしょう。

今後登場が考えられるヒーロー・キャラ

登場の可能性があるキャラ一覧
不和真綿(2年生) デステゴロ
夜嵐イナサ オールマイト
ラブラバ ジェントル・クリミナル
ステイン

「不和真綿」を始め二年生が登場?

26巻254話では、相澤先生に除籍・復籍をされた2年A組の生徒たちが描かれることに。
中でも不和真綿という生徒は、26巻のおまけページで紹介されており、「今後、出番はあるのか!? ありますよ!!」と記載されています。
AFOと内通している人物がシェルターに潜んでいる現状を考慮すると、これまでほとんど描かれてこなかった二年生が避難民を守って活躍するのではないでしょうか?

デステゴロが再起する?

1話から登場していたものの、317話で退職したことが明らかとなった元ヒーロー「デステゴロ」。
342話では雄英高校に避難している人々の中に描かれており、轟家の面々・AFOの手先(タジマ・ミハエラ)と同じシェルターにいる可能性が考えられます。
シェルター内で問題が起きた際には、デステゴロが再度ヒーローとして立ち上がる展開が期待できそうです。

オールマイトの復活はありうる?

死柄木のいる雄英校舎のステージでは、爆豪が死亡したほか、プロヒーローたちも既に満身創痍となっているのが特徴。
このままでは死柄木に全員殺されてしまう可能性が高く、何者かが助けに現れる展開がほぼ確定と言えるでしょう。
全面戦争時のミリオと同様に、オールマイトがエリちゃんの”個性”で身体の状態を巻き戻してもらい、戦線に復帰・死柄木の前に登場するのではないでしょうか?

サー・ナイトアイの予言が実現する?

15巻130話にて、ヴィランと対峙して言い表せようもない程凄惨な死を迎えると、ナイトアイに予言されていたオールマイト。
エリちゃんに体を巻き戻してもらったとしても、全盛期の状態まで巻き戻してもらうことはできず、不完全な状態で戦場に登場。
結果としてナイトアイの予言が実現することとなり、オールマイトが死亡してしまう展開も考えられます。

ラブラバが再登場する展開に?

かつて大手IT企業「Feel Good Inc.」の取締役を務めていたスケプティックは、自身が構築したネットワークの権限を取り戻して衛星カメラを掌握。
また、避難民を守るための雄英のシステムにも侵入を目論んでおり、ヒーロー側は圧倒的不利な立場に立たされていると言えるでしょう。
ジェントルと共に逮捕されたラブラバですが、文化祭時に雄英のネットワークに侵入しようとしたように、ハッキングの技術を活かしてスケプティックと対決することになるのではないでしょうか?

スケプティックの失敗に関して

24巻230話にて「私は過去一度しか失敗した事がないんだ」と口にしていたスケプティック。
ファンブック第二弾ではその失敗に関して、過去に一度自身の構築したセキュリティへのハッキングを許した事があると記載されています。
このハッキングの犯人がラブラバだとすると、今後ラブラバが再登場して再度スケプティックを打ち破る展開が期待できるでしょう。

ヒロアカの関連記事まとめ

キャラ考察・関連記事一覧

劇場版・原画展関連記事一覧

本誌各話のまとめ記事一覧

31巻
296話 297話 298話 299話 300話
301話 302話 303話 304話 305話
306話
32巻
307話 308話 309話 310話 311話
312話 313話 314話 315話 316話
317話 318話
33巻
319話 320話 321話 322話 323話
324話 325話 326話 327話 328話
34巻
329話 330話 331話 332話 333話
334話 335話 336話 337話 338話
339話
35巻
340話 341話 342話 343話 344話
345話 346話 347話 348話 349話
350話
36巻
351話 352話 353話 354話 355話
356話 357話 358話 359話 360話
361話 362話
37巻
363話 364話 365話 366話 367話
368話 369話 370話 371話 372話

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました