【ヒロアカ】370話のネタバレ感想・考察まとめ|障子の素顔が描かれる【僕のヒーローアカデミア】

ヒロアカ370話アイキャッチ 僕のヒーローアカデミア
引用元:週刊少年ジャンプ2022年47号

10/24(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年47号(11月7日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の370話「HIStory」の感想・考察をまとめています。
ヒロアカ370話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼僕のヒーローアカデミアまとめ記事一覧

37巻
363話 364話 365話 366話 367話
368話 369話 370話 371話 372話
373話
38巻
374話 375話 376話 377話 378話

▼連載終了まで残り1年!?新情報まとめ

ヒロアカ369話の内容のおさらい

前話のネタバレ・あらすじまとめ

  • 在りし日の二代目との対決を回想するAFO
  • 「変速」で弾丸の速度を変える二代目
  • 弾丸はAFOに当たることなく破壊される
  • 当時の「変速」は小さな物体に作用する個性
  • デクの背後に弟・二代目の面影を見るAFO
  • 「変速」は細胞一つ一つに作用するように
  • デトロイトスマッシュ・五重クインティプルを放つデク
  • AFOは反撃しようとするも拳を空振ることに
  • デクは「変速」のギアを一速ローに変更していた
  • 「変速」は慣性に依らない速度変更スピードチェンジ
  • 歴代継承者の”個性”を全て併用するデク
  • デクが強烈な一撃をAFOに放つ
  • AFOの身体に大穴が開く
  • 初代がOFA・AFOが感応していると口にする
  • AFOの”統合”の均衡が揺らいでいる状態
  • 身体の真価を発揮できていないと思うAFO
  • AFOの体が再生することに?
  • まだ勝機はあると考えるAFO
  • セントラル病院に攻め込むスピナーが登場

▼前話369話のネタバレまとめはこちら

【ヒロアカ】369話のネタバレ感想・考察まとめ|デクがAFOを圧倒する【僕のヒーローアカデミア】
10/11(火)発売の週刊少年ジャンプ2022年45号(10月24日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の369話「連なる星霜」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ369話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャラの活躍なども...

▼第八回人気投票の詳細はこちら

ヒロアカ369話終了時のキャラ情報

雄英校舎で戦闘中のキャラまとめ

学生ヒーローのキャラ一覧

キャラ名目的・状況
緑谷出久 ・雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒
・「OFA」の”個性”を譲り受ける
・ヒーロー名は「デク」
二代目の異能「変速」を使用する
・AFOに強烈な一撃を叩き込む
爆豪勝己 ・雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒
・「爆破」の”個性”を持つ
・ヒーロー名は「大・爆・殺・神ダイナマイト」
死柄木の攻撃を受け心臓が停止・脈が無い状態
・エッジショットの治療を受けている
通形ミリオ ・雄英高校ヒーロー科3年B組の生徒
・「透過」の”個性”を持つ
・ヒーロー名は「ルミリオン」
・暴走しかけたデクを落ち着かせる
・ミルコなどのヒーローを救護している

ヴィラン側のキャラ一覧

キャラ名 目的・状況
AFO
(死柄木弔)
・「新秩序」を奪った影響で個性をいくつか失う
・物間の「抹消」により”個性”は使用不可
・AFOと人格が統合されている状態
「志村転弧」がまだ融け切っていない
「変速」を使用したデクに圧倒される
・勝機はまだあると思いを巡らせる

A組の生徒20名の現在位置まとめ

場所キャラ名
雄英校舎緑谷出久爆豪勝己上鳴電気
八百万百
神野区グラウンドゼロ轟焦凍飯田天哉
奥渡島麗日お茶子蛙吹梅雨
群訝山荘跡常闇踏陰耳郎響香
蛇腔病院跡芦戸三奈切島鋭児郎峰田実
国立多古場競技場砂藤力道尾白猿夫瀬呂範太
セントラル病院前障子目蔵口田甲司
駐車場(開戦場所)青山優雅
詳細不明葉隠透

僕のヒーローアカデミアの掲載順まとめ

ヒロアカの直近10話の掲載順一覧

順位話数タイトル年・号
5位 361話 異変 2022年35号
3位 362話 Light Fades To Rain 2022年36・37号
5位 363話 禦ぐ者と侵す者 2022年38号
6位 364話 何の為に力を使う 2022年39号
14位 365話 No.4とNo.5 2022年40号
3位 366話 2022年42号
1位 367話 デク VS AFO 2022年43号
4位 368話 唸れOFA 2022年44号
6位 369話 連なる星霜 2022年45号
6位 370話 HIStory 2022年47号

▼次話371話のネタバレ考察はこちら

【ヒロアカ】371話のネタバレ感想・考察まとめ|障子の過去が判明・口田が覚醒【僕のヒーローアカデミア】
10/31(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年48号(11月14日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の371話「しょーじくんといっしょ。」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ371話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャ...

▼第八回人気投票の詳細はこちら

ヒロアカ370話のあらすじ・ネタバレ

幼少期の障子に降りかかる言葉

「死ねバケモノ!!」と心ない言葉が降りかかる回想から始まる370話。
「複製腕」という”個性”を持って生まれた障子は、幼少期に「イギョーは家から出てくるな!」「土地が穢れる 出ていけ」など、様々な言葉を掛けられてきた様子。
川の岸辺に立ち、障子は「時代がどう進もうとも 我々はその血を受け入れることはない」と言われた過去を思い返すことに。

荼毘奪還を目論むスピナーたち

時は少し遡り、荼毘確保の報が戦場を駆け巡った後のセントラル病院前へと場面は移ります。
”改人脳無シリーズ”のマスターピースに最も近付いたハイエンド「黒霧」が、セントラル病院に拘留されている事をつき止めたAFO。
彼は、超常解放戦線の幹部スピナー率いる残党レムナンツ及び、残党に「賛同」する”一般市民”の計およそ一万五千の勢力を病院へと向かわせることに。
迎え撃つ残存ヒーロー・残存警官隊はおよそ二百人であり、対抗勢力の人数を目の当たりにしたプレゼントマイクは「人気になったもんだな”白雲”…!!」と内心で呟きます。

異形を相手に苦戦するヒーローたち

ロックロックが空中に固定した足場を利用し、上空から「ラウドアウトシャウト」を放つプレゼントマイクですが、異形たちの肉壁により防がれてしまい、異形からの反撃を受けることに。
口田の操るカラスによってなんとか救われたプレゼントマイクは、礼を言いつつ障子の安否を確認しますが、障子は戦っている内にはぐれてしまった様子
異形の人数の多さに増援を求められるも、「いねンだよ ンなもん!テイザーシールドで押し返せ!」と指示するゴリさん。

ヒーローに対する異形の主張とは?

ただでさえ足りない人員を分断・孤立させるよう動いている敵対勢力の様子に、寄せ集めの暴徒にも関わらず統率力がある様子に疑問を抱くロックロック。
敵対勢力に周囲を囲まれた彼は、「人間の顔した奴には わかんねえべ!!」と迫る異形の激情を目の当たりにすることに。
また、口田も異形の集団に倒されることとなり、身につけていたマスク・装備を剥ぎ取られてしまいます。
「何でこんな事っ やめましょう!?」と呼びかける口田に対し、「都会育ちか? こんっ…裏切り者が!」と言い放つ異形の人物。

残党レムナンツが異形の怒りを煽る

ヒーロー・警官隊と戦う異形たちに対し、「怒れ人民!! 今日が解放日だ!」と呼びかける超常解放戦線の残党レムナンツ
開闢行動支援連隊”BROWN”のNo.2を務めていた彼は、”個性”カウンセリング・”個性”教育といったものが贋である事を、自分たちは”形”を持って知っていると続けます。
六・六事件」「ジェダの大粛清」といった”異なる形”への迫害の歴史を例に挙げ、現在いま世界は反省したフリをしていると言う残党レムナンツ
被っていた布を取って異形の顔をさらけ出した彼は、「我々のヒーローはおまえ達じゃない!」「彼こそが我々を社会の中心に導く!!!」とスピナーを讃えます。

警官を襲おうとするスピナー

超常解放戦線の残党レムナンツが異形たちに呼びかけている中、涎を垂れ流しながら何を言っているのか理解できていない様子のスピナー。
AFOから力を貰ってから頭の中がどんどん白くなっている様子ですが、スピナーは「おい代弁者」と笑みを見せる元No.2の指示に従い、異形と戦っている警官達に狙いをつけます。
「黒霧ヲ奪還シロぉ!!!」と剣を振りかぶるスピナーでしたが、横から障子が放った「オクトブロー」によって殴り飛ばされることに。

口を露わにして怒りを見せる障子

異形の”個性”を持っているにも関わらず、代弁者スピナーを攻撃した障子を裏切り者・ヒーロー気取りとして殴りかかる異形たち。
攻撃を受けた障子は「死ねバケモノ!!」と迫害された過去を思い出しつつ、「それ・・が今病院を襲う事とどう関係ある…?」と周囲に問いかけます。
全面戦争時、蛇腔病院ではヒーローはまず入院患者・関係者の安全確保に動いたことに言及しつつ、セントラル病院を襲おうとしている異形達に考えはあるのかと問う障子。
「時代がどう進もうと 我々はその血を受け入れることはない」と言葉を回想した障子は、周囲の異形達を振り払うと「あると言え…!!」「じゃなきゃ俺はおまえたちを許さない!」と口を露わにして怒りを見せます。

ヒロアカ370話の内容・ネタバレまとめ

本誌370話の内容・ネタバレ一覧

  • 障子の回想から始まる370話
  • 幼少期に心ない言葉をかけられる障子
  • セントラル病院に拘留されている黒霧
  • 計およそ一万五千の勢力が病院へ向かう
  • 迎え撃つヒーロー・警官隊は約二百人
  • 上空から攻撃を放つプレゼントマイク
  • 異形たちの肉壁に防がれてしまう
  • プレゼントマイクを助ける口田
  • 障子は戦闘中にはぐれてしまった様子
  • 異形の激情を目の当たりにするロックロック
  • 裏切り者呼ばわりされる口田
  • 超常解放戦線の”BROWN”の元No.2が登場
  • 異形への迫害の歴史に言及する残党レムナンツ
  • 力を貰ってから暴走している様子のスピナー
  • スピナーに「オクトブロー」を放つ障子
  • 障子に殴りかかる異形たち
  • 全面戦争時のヒーローの行動に触れる障子
  • 障子に異形達に考えはあるのかと問う
  • 口を露わにして怒りを見せる障子

▼次話371話のネタバレ考察はこちら

【ヒロアカ】371話のネタバレ感想・考察まとめ|障子の過去が判明・口田が覚醒【僕のヒーローアカデミア】
10/31(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年48号(11月14日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の371話「しょーじくんといっしょ。」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ371話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャ...

ヒロアカ本誌370話の感想・考察まとめ

幼少期の障子が受けた差別とは?

370話のサブタイトルは「HIStory」となっており、歴史を意味する「History」と彼の物語を意味する「His story」がかかっていると捉えられます。
370話の冒頭にて幼少期の障子に降りかかった心ない言葉が描かれていることから、ここでの「彼」は障子を指していると言えるでしょう。
ファンブック第二弾でも言及されていた通り、障子の出身地では異形に対する偏見がまだ残っていたために差別を受けていたと考えられます。

スピナーが巨大化している理由は?

セントラル病院に攻め込んでいるスピナーは、歩道橋を優に超えるほど巨大化しているのが特徴。
歩道橋の高さは約5メートル以上のようなので、現在のスピナーは約6,7メートルの身長を誇ると言えます。
「ヤモリ」という決して強いとは言えない”個性”の彼は、「要るわけねーだろ」と断った荼毘とは異なり力を求めてAFOから”個性”を貰って身体が巨大化したものの、涎を垂れ流している・理性が薄くなっているなどの問題も起きているようです。

スピナーと行動を共にするキャラ

囚われた黒霧を奪還するため、超常解放戦線の幹部スピナー率いる残党レムナンツ及び、残党に「賛同」する”一般市民”の計およそ一万五千の勢力がセントラル病院へと向かうことに。
スピナーが行動を共にしている残党レムナンツは、超常解放戦線の開闢行動支援連隊”BROWN”が中心となっています。
中でも異形達を扇動しているフードを被っていた人物は、スピナーの部隊でNo.2を務めており、蜘蛛などの虫に関する”個性”を持っていると思われます。

群衆が掲げているマスクとは?

セントラル病院へと向かっている”一般市民”の中には、黒いマスクのようなものを掲げている人物の姿も。
この黒いマスクは、23巻220話に登場した異形排斥主義集団「CRC」が身につけていたマスクと同じと思われます。
異形型の人間を差別する集団のマスクを掲げているのは、異形の”個性”を持つ人間としてCRCへの対抗を示すためではないでしょうか?

異形に関する迫害の事件に関して

  • 六・六事件
  • ジェダの大粛清

異形が迫害された歴史の出来事として、上記の事件に言及した残党レムナンツの人物。
異形型の人間の虐殺に加担した男は、その理由を「気味が悪かった」の一言で片付けたとのこと。
人口が密集している地域では、多様性・教育の賜物により分け隔てる事は少ないようですが、街を出ると障子の出身地のようにまだまだ差別は残っている様子。

障子のマスク・素顔について

『僕のヒーローアカデミア』の作中にて、常に口元をマスクで隠していた障子
劇場版第三弾の入場者特典にて、障子の素顔は明かされると言及されていましたが、遂に370話にて口元も描かれることに。
昔に顔が怖いとある少女に泣かれた為にマスクをつけていた障子ですが、口元についている多くの傷が原因だったのかもしれません。

僕のヒーローアカデミア370話の展開予想

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ2022年47号発売前に掲載した370話の展開予想となります。
あらかじめご注意ください。

スピナーが黒霧の奪還を狙う?

369話の最後ではAFOの「まだ!!!! 僕にも勝機は──!!」とのモノローグと共に、巨大化したスピナーの姿が描かれることに。
341話にて「異形を導く星」と言われていたスピナーは、異形型の”個性”を持つヴィランを率いてセントラル病院へと攻め込んでいる状態。
「ワープゲート」の”個性”を持つ黒霧を奪還し、分断された状況を改善しようと目論んでいると思われます。

黒霧の奪還は成功する?

黒霧の「ワープゲート」の”個性”の有用さを考えると、スピナーたちは黒霧の奪還に失敗する可能性が高いと言えます。
一方で、黒霧の”個性”がなければ死柄木はこのままデクに敗北してしまうと思われ、京都の群訝山荘跡にいるAFOが雄英校舎まで移動することも難しいでしょう。
こういった背景から、スピナーが黒霧の奪還に成功し、ヒーローたちが更なる窮地に陥る展開もあるかもしれません。

遂に障子にスポットが当たる展開へ?

劇場版第三弾の特典にて、素顔が明かされると記載されている障子。
その障子についてファンブックでは、出身地で異形に対する偏見が残っていて怖がられる事も多々あり、マスクをしているのは顔が怖いと昔にある少女に泣かれたことが原因と言及されています。
セントラル病院の前でスピナーと対峙していることからも、今後異形型の”個性”にスポットが当たり、障子が自らの素顔を明かすという展開がある可能性が高いです。

オールマイトのいる司令部の所在地は?

第二次決戦が始まった中、塚内らと共に司令部で指揮を取っているオールマイト。
彼らの所在地に関しては不明ですが、340話では重要施設であるセントラル病院との連携を密にする為、いくつかの警察署が隣接する形で拠点を映していたと言及されています。
このことから、司令部はセントラル病院近くに位置しており、オールマイトもこの場所にいるのではないでしょうか?

オールマイトの死の予知に関して

サー・ナイトアイの見た”予知”にて、「ヴィランと対峙し言い表せようもない程…凄惨な死を迎える!!」と言われているオールマイト。
サーの見た”予知”が実現する場合、セントラル病院に攻め込んできたスピナーたちとの戦いに巻き込まれ、オールマイトは死亡するのではないでしょうか?
しかしサーが見た”予知”では、本来デクは治崎(オーバーホール)に殺されていたため、デクが未来を変えたようにオールマイトも死を免れる可能性も考えられます。

AFOが雄英校舎に到着する?

死柄木の身体の人格の主となったAFOは、勝機としてスピナーを思い浮かべている様子ですが、和歌山県・群訝山荘跡のAFO本体の存在も忘れてはなりません。
エリちゃんの”個性”を利用し、一時的に全盛期の肉体を取り戻しているAFOが、エンデヴァー・ホークスを始めとしてヒーローを圧倒。
そのまま天空の棺・雄英校舎へと到着し、ピンチに陥った死柄木を救うのではないでしょうか?

AFOの移動方法とは?

  • 自力で雄英まで移動する
  • 黒霧の”個性”を利用する

AFOが和歌山から静岡まで移動する方法としては、上記の二パターンが候補として考えられます。
OFAを譲渡した後のオールマイトでも5kmを約30秒で移動していることから、全盛期のAFOであれば問題なく雄英校舎まで辿り着けると思われます。
一方で、スピナーが黒霧の奪還に成功した場合にも、「ワープゲート」の”個性”ですぐに雄英校舎に登場できると言えるでしょう。

ヒロアカの関連記事まとめ

キャラ考察・関連記事一覧

劇場版・原画展関連記事一覧

本誌各話のまとめ記事一覧

31巻
296話 297話 298話 299話 300話
301話 302話 303話 304話 305話
306話
32巻
307話 308話 309話 310話 311話
312話 313話 314話 315話 316話
317話 318話
33巻
319話 320話 321話 322話 323話
324話 325話 326話 327話 328話
34巻
329話 330話 331話 332話 333話
334話 335話 336話 337話 338話
339話
35巻
340話 341話 342話 343話 344話
345話 346話 347話 348話 349話
350話
36巻
351話 352話 353話 354話 355話
356話 357話 358話 359話 360話
361話 362話
37巻
363話 364話 365話 366話 367話
368話 369話 370話 371話 372話
373話
38巻
374話 375話 376話 377話 378話

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました