【ヒロアカ】373話のネタバレ感想・考察まとめ|黒霧が目覚める【僕のヒーローアカデミア】

ヒロアカ373話アイキャッチ 僕のヒーローアカデミア
引用元:週刊少年ジャンプ2022年51号

11/21(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年51号(12月5日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の373話「FRIENDS(フレンズ)」の感想・考察をまとめています。
ヒロアカ373話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼僕のヒーローアカデミアまとめ記事一覧

37巻
363話 364話 365話 366話 367話
368話 369話 370話 371話 372話
373話
38巻
374話 375話 376話 377話 378話

▼連載終了まで残り1年!?新情報まとめ

ヒロアカ372話の内容のおさらい

前話のネタバレ・あらすじまとめ

  • セントラル病院防衛の配置を願い出る障子
  • 障子は一般女性達から外の様子を聞いていた
  • ”病院”を目指して「決起」する異形の者
  • 障子と共に行くと言う口田
  • 二人のサポートをマイクに頼む相澤先生
  • より遠くの動物に気持ちを伝える口田の角
  • 口田の新技「ヒッチコックバーズ」
  • 障子の新技「オクトスパンション」
  • 人々に復讐者にならないよう呼び掛ける障子
  • 「決起声明」の言葉を繰り返すスピナー
  • スピナーに続いて勢いを増す人々
  • 警官が拳銃を取り出し発砲音が響き渡る
  • 黒霧の搬送先の研究棟へ向かうスピナー
  • 入院病棟の前に立ちはだかる病院関係者
  • 人々は手にしていた武器を手放すことに
  • 自分の後ろに誰もいないと気付くスピナー
  • プレゼントマイクがスピナーに続いて登場
  • スピナー・マイクが各々黒霧に呼び掛ける

▼前話372話のネタバレまとめはこちら

【ヒロアカ】372話のネタバレ感想・考察まとめ|黒霧の元にスピナーたちが到着【僕のヒーローアカデミア】
11/7(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年49号(11月21日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の372話「NAKED(ネイキッド)」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ372話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャラ...

▼第八回人気投票の詳細はこちら

ヒロアカ372話終了時のキャラ情報

セントラル病院前で戦闘中のキャラまとめ

学生ヒーローのキャラ一覧

キャラ名目的・状況
障子目蔵 ・雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒
・「複製腕」の”個性”を持つ
・ヒーロー名は「テンタコル」
・異形として差別されていた過去が判明
隠されていた素顔が描かれる
・「オクトスパンション」を放つ
口田甲司 ・雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒
・「生き物ボイス」の”個性”を持つ
・ヒーロー名は「アニマ」
・暴徒から裏切り者呼ばわりされる
より遠くの動物に気持ちを伝える角が生える
・「ヒッチコックバーズ」を発動する

プロヒーローのキャラ一覧

キャラ名目的・状況
プレゼントマイク ・雄英高校の教師を務める
・「ヴォイス」の”個性”を持つ
学生時代は相澤先生・白雲と同級生
・スピナーの剣を破壊する
黒霧の元へ向かい「白雲」と呼び掛ける
ロックロック ・死穢八斎會編でプロヒーローとして登場
・「施錠」の”個性”を持つ
・暴徒の激情を目の当たりにすることに

ヴィラン側のキャラ一覧

キャラ名 目的・状況
スピナー ・「ヤモリ」の”個性”を持つ
・ステインの意志を継ぐために敵連合に加入
・代弁者として担ぎ上げられている
AFOから「巨躯」「スケイルメイル」の”個性”を受け取る
黒霧の元に到達し名前を呼び掛ける

A組の生徒20名の現在位置まとめ

場所キャラ名
雄英校舎緑谷出久爆豪勝己上鳴電気
八百万百
神野区グラウンドゼロ轟焦凍飯田天哉
奥渡島麗日お茶子蛙吹梅雨
群訝山荘跡常闇踏陰耳郎響香
蛇腔病院跡芦戸三奈切島鋭児郎峰田実
国立多古場競技場砂藤力道尾白猿夫瀬呂範太
セントラル病院前障子目蔵口田甲司
駐車場(開戦場所)青山優雅
詳細不明葉隠透

僕のヒーローアカデミアの掲載順まとめ

ヒロアカの直近10話の掲載順一覧

順位話数タイトル年・号
6位 364話 何の為に力を使う 2022年39号
14位 365話 No.4とNo.5 2022年40号
3位 366話 2022年42号
1位 367話 デク VS AFO 2022年43号
4位 368話 唸れOFA 2022年44号
6位 369話 連なる星霜 2022年45号
6位 370話 HIStory 2022年47号
6位 371話 しょーじくんといっしょ。 2022年48号
12位 372話 NAKED 2022年49号
7位 373話 FRIENDS 2022年51号

▼次話374話のネタバレ考察はこちら

【ヒロアカ】374話のネタバレ感想・考察まとめ|トゥワイスが再登場【僕のヒーローアカデミア】
11/28(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年52号(12月12日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の374話「Butterfly Effect(バタフライエフェクト)」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ374話の内容のネ...

ヒロアカ373話のあらすじ・ネタバレ

障子への攻撃を異形の男性が止める

病院に入ったスピナーを追っていったプレゼントマイクに、病院へこれ以上人が入らないように何とか食い止めるように頼まれたヒーローたち。
超常解放戦線・”BROWN”の元No.2を口田が確保する中、鮫のような姿の人物が障子の背後から武器を振りかぶる様子が描かれます。
しかし異形の人物の攻撃は、スピナーに続いて病院へ突撃していた牛のような姿の人物によって止められ、周囲の異形たちがその光景を無言で見守る中、その人物は「俺は怒りの使い方を間違えたのかもしれない」と呟きます。
その様子を目にした元幹部は、口田に抑えられながらも、見て見ぬフリをしてきたこの土壌全てが悪であり、受けた仕打ちだけを考えて代弁者を追うよう呼び掛けることに。

異形の人々が障子の横に並び立つ

障子への攻撃を止めた人物が、何もしていないのに殴りかかられた過去に言及し、思い返すだけで腸が煮えくり返ると続ける中、障子の周囲には異形の人々が並び立ちます
病院へ突入した人々が、暴走を止めて横に立つ状況を「…軽薄だと嗤うか…?」と障子に尋ねる牛のような外見の人物。
”決起”の噂を聞いた時は沈黙は悪であり、自分たちを置き去りにした世界を全部・・ひっくり返す、代弁者がいると確かに高揚したと明かします。
しかし、障子の「やり方が違うだろう!?」・スピナーの「知らネぇよ」との言葉を聞いたことをきっかけにわからなくなり、病院の中にいる人たちを殴る気にはなれなかったと続けます。

暴走を止める異形の人々

障子の言葉が”トゲ”となり、肉壁となる程先鋭化させてきた人々の”熱”・自分たちが至上となる為の”熱”が収まってきていると察し、「冷静になるな!!!」と声を張り上げる元幹部。
動きを止めた群衆の中では、同じく元幹部の女性が「これは革命だ!!」と口にして進むように呼びかけるも、人々は足を止めたまま
黙って座っているべきだったのかと自問自答する異形の人物を前に、思わず涙を浮かべながら、今日立ち上がった気持ちは決して無駄でも間違いでもないハズと声を掛ける障子。
照らされなかったのは自分たちを傷つけてきた方だと言うと、「考えることをやめなかったあなたが 俺には今まぶしく映ります」と続けます。
人々の勢いが収まったことに気付いたロックロックは、自分たちだけではただ力で防ぐだけだったと思いつつも、周囲に院内増援を呼びかけてセントラル病院へ向かって行くことに。

スピナーを攻撃するプレゼントマイク

その頃のセントラル病院・研究棟では、プレゼントマイクがスピナーに攻撃を放っていました。
手にしていた”声”を録音した機械を落としてしまい、AFO・死柄木の声でなければ黒霧は起きないと思い出すスピナー。
一方のプレゼントマイクは、微動だにしない黒霧を前にして「万が一黒霧が奪還されそうになったら──」というセリフを思い返します。
タルタロスで対面した時からピクリとも動かないため、黒霧はとっくにブッ壊れているかもしれないと考えを巡らせます。

自らの思いを振り返るスピナー

プレゼントマイクの攻撃を受けて地面に倒れたスピナーは、「巨躯」「スケイルメイル」の”個性”が解けて体が縮んでいくことに。
頭が白くなっていき身体に命令が届かないため、黒霧をすぐ目の前にして「ココマデシカ……!!」と胸中で呟きます。
誰も後に付いて来ず、黒霧も起こせない状況を受け、空っぽのコスプレ野郎と言われた過去を想起するスピナー。
熱にうかされて立ち上がったと当時を回顧し、地面に転がる黒焦げの手を見ながら、自分はただ死柄木が立つ彼処アソコまでついて行きたいと思ったと振り返ります。

黒霧が復活を果たす

スピナーが止まったことを確認しつつ、「…分断作戦に不可欠な以上 これは最終手段」と内心で思うプレゼントマイク。
相澤先生が既に目・脚を失っていると白雲に胸中に呼び掛けると、思い出まで失わせないでくれ・思い出のまま消えてくれと続けます。
「───でもまだ おまえがあの頃の友達なら」と思いながら攻撃を放とうとするプレゼントマイクの前では、スピナーが地面に転がった手を拾って立ち上がり、「死柄木タチヲ救ケロ」と言いつつ黒霧の顔に手を向けていました。
思わず「白雲」と口にしたプレゼントマイクの前では、スピナーから手渡された黒焦げの手を持った黒霧が立ち上がっており、「俺は死柄木弔を守る者」と口にすることに。

ヒロアカ373話の内容・ネタバレまとめ

本誌373話の内容・ネタバレ一覧

  • スピナーを追って行ったプレゼントマイク
  • 病院に人が入らないように止めるヒーロー達
  • 口田が黒マスクの元幹部の男を確保する
  • 障子の背後から異形の人物が襲いかかる
  • 病院へ突撃していた人物が止めに入る
  • 代弁者を追うように呼び掛ける元幹部の男
  • 異形の人々が障子の横に並び立つ
  • 暴走を止める異形の人々
  • 立ち上がったのは間違いではないと言う障子
  • 周囲に院内増援を呼び掛けるロックロック
  • スピナーに攻撃を放つプレゼントマイク
  • ”声”を録音した機械を落とすスピナー
  • 黒霧はピクリとも動かない状態
  • ”個性”が解けたスピナーは体が縮んでいく
  • 死柄木について行きたいと思ったスピナー
  • スピナーが黒焦げの手を黒霧へと渡す
  • 黒霧が黒焦げの手を受け取り意識を取り戻す
  • 「俺は死柄木弔を守る者」と口にする黒霧

▼次話374話のネタバレ考察はこちら

【ヒロアカ】374話のネタバレ感想・考察まとめ|トゥワイスが再登場【僕のヒーローアカデミア】
11/28(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年52号(12月12日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の374話「Butterfly Effect(バタフライエフェクト)」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ374話の内容のネ...

ヒロアカ本誌373話の感想・考察まとめ

プレゼントマイクに下された任務について

セントラル病院・研究棟へと向かったプレゼントマイクは、微動だにしない黒霧を目の当たりにして「万が一黒霧が奪還されそうになったら──」との言葉を回想しています。
また「…分断作戦に不可欠な以上 これは最終手段」と考えた後、黒霧に向かって攻撃を放とうとしている様子が描かれているため、プレゼントマイクにはいざと言う時は黒霧を排除・殺害するよう指示が下っていたと考えられるでしょう。

スピナーの回想の場面のおさらい

巻・話状況
31巻・298話死柄木の体をAFOの意識体が操っている場面
30巻・295話スピナーが死柄木の顔に手をはめた場面
35巻・341話死柄木の肉体から大量の触手が生えている場面

プレゼントマイクの攻撃を受けた上、AFOから貰った「巨躯」「スケイルメイル」の”個性”が解けて縮んでいく様子が描かれたスピナー
しかし、地面に落とした黒焦げの手を拾うと、上記の場面を回想しつつ黒霧の元へ向かいました。
回想の場面の中には、死柄木とLoLの話で盛り上がっていると思われる場面も。

手を受け取り目覚めた黒霧

黒焦げの手を顔の辺りに持って行ったスピナーから、「死柄木タチヲ救ケロ」と言われたことをきっかけに目を覚ました黒霧。
このスピナーが持っていた黒焦げの手は、死柄木にとって身につけていると心がどこか落ち着くという、家族たちの残骸と同じものと思われます。
黒霧が目覚めた描写に関しては、全面戦争時の30巻295話のスピナーが死柄木を目覚めさせたシーンをオマージュしていると言えるでしょう。

黒霧は白雲と混ざっている状態?

スピナーから受け取った手を抱えるようにして、黒霧が立ち上がった場面で終わった373話。
ただし、黒霧は「俺は死柄木弔を守る者」と口にしており、一人称が「私」から「俺」に変わっていると言えます。
頭部のモヤの中に白雲と思われる顔が存在することからも、現在の黒霧は白雲の意識が表面上に出かかっている状態と考えられます。

僕のヒーローアカデミア373話の展開予想

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ2022年51号発売前に掲載した373話の展開予想となります。
あらかじめご注意ください。

黒霧が目を覚ますことに?

セントラル病院の研究棟に搬送された黒霧の元には、スピナー・プレゼントマイクの二人が辿り着くことに。
AFOは録音した自分または死柄木の声を聞かせるようスピナーに指示しており、黒霧が本当に目覚めるのかどうかが鍵となると言えるでしょう。
黒霧が目覚めた際には、スピナー・プレゼントマイクのどちらに従うのかも注目ポイントになりそうです。

黒霧の奪還成功で起きることとは?

キャラ名現在地移動場所
AFO群訝山荘跡雄英校舎(天空の棺)
荼毘神野区グラウンドゼロ群訝山荘跡

スピナーが黒霧の奪還に成功した場合、「ワープゲート」の”個性”によってヴィランの場所の移動が行われる展開になると思われます。
特にAFO・荼毘に関しては、現在地のままで終わるとは到底思えず、上記のように他の戦場へと移動する可能性が高いです。
一方で、黒霧はそのままヴィランの元に戻るのではなく、相澤先生・プレゼントマイクによって白雲の意識を取り戻すことも起こり得るでしょう。

①AFOが雄英校舎に登場する?

全盛期の肉体を取り戻したAFOは、雄英校舎へと分断された死柄木を救い出すことを目的としています。
和歌山県・群訝山荘跡から静岡県・雄英校舎までは距離があるため、黒霧の「ワープゲート」の”個性”で移動する可能性が高いです。
雄英校舎へと移動したAFOは、死柄木の”個性”を封じている相澤先生の命を狙うのではないでしょうか?

②荼毘がエンデヴァーの元に送られる?

焦凍の「大氷海嘯」を受けて戦闘不能になったと思われたものの、「赫灼熱拳”燐”」を「蒼炎」の”個性”で再現して復活を果たした荼毘。
スケプティックにエンデヴァーの所在地を尋ねますが、神奈川県・神野区から遠く離れた和歌山県・群訝山荘跡にいると知らされることに。
このまま荼毘・エンデヴァーが戦わずに終わるとは考えにくいため、黒霧の”個性”で群訝山荘跡に移動すると思われます。

③Mr.コンプレスが復活する?

全面戦争後に捕らわれることとなったMr.コンプレスですが、単行本30巻にて「まだ出てきます。」と言及されているのが特徴。
現在は刑務所などで拘留されていると思われるコンプレスは、黒霧の”個性”によって再登場を果たすのではないでしょうか?
その際には、AFOによって多くの受刑者が放たれたように、コンプレス以外にも多くの脱獄者が発生するかもしれません。

”一般市民”は手を止めることに?

スピナーに続いてセントロル病院へと攻め込んだ一般市民たちですが、入院病棟の前で患者を守ろうとする病院関係者を目撃し、所持していた武器を手放すことに
異形の”個性”を持つ者からなる約一万五千の勢力は、障子の説得の言葉もあり、暴走を止め始めると思われます。
セントラル病院の防衛に関しては、スピナーが黒霧の元に到達したことで一時的に終結するのではないでしょうか?

警官の発砲が問題となってしまう?

スピナーの言葉を受けて勢いを取り戻した人々を止めようと、372話では遂に拳銃を取り出した警官によって発砲がされることに。
人々に対して発砲されたかどうかは不明であり、単に空に向かって銃を撃った可能性もありますが、銃声を聞きつけた人々が更にヒートアップする展開も考えられます。
この警官による発砲が、後々の展開で問題になるのかもしれません。

ヒロアカの関連記事まとめ

キャラ考察・関連記事一覧

劇場版・原画展関連記事一覧

本誌各話のまとめ記事一覧

31巻
296話 297話 298話 299話 300話
301話 302話 303話 304話 305話
306話
32巻
307話 308話 309話 310話 311話
312話 313話 314話 315話 316話
317話 318話
33巻
319話 320話 321話 322話 323話
324話 325話 326話 327話 328話
34巻
329話 330話 331話 332話 333話
334話 335話 336話 337話 338話
339話
35巻
340話 341話 342話 343話 344話
345話 346話 347話 348話 349話
350話
36巻
351話 352話 353話 354話 355話
356話 357話 358話 359話 360話
361話 362話
37巻
363話 364話 365話 366話 367話
368話 369話 370話 371話 372話
373話
38巻
374話 375話 376話 377話 378話

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました