【呪術廻戦】194話のネタバレ感想・考察まとめ|直哉を相手に時間稼ぎをする憲紀

呪術廻戦194話アイキャッチ 呪術廻戦
引用元:週刊少年ジャンプ2022年38号

8/22(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年38号(9月5日号)に掲載されている『呪術廻戦』の194話「桜島結界④」の感想・考察をまとめています。
呪術廻戦194話の内容のネタバレ・あらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼呪術廻戦の関連記事はこちら

21巻
181話 182話 183話 184話 185話
186話 187話 188話 189話
22巻
190話 191話 192話 193話 194話
195話 196話 197話 198話

▼次話195話のネタバレ考察はこちら

呪術廻戦193話の内容のおさらい

前話のネタバレ・あらすじまとめ

  • 触手のような手足を生やす直哉
  • 憲紀に攻撃を防がれたことに気付く
  • 拳と自分の間に血を割り込ませていた憲紀
  • 空中に血液を用意し「赤鱗躍動」を発動
  • 「赤縛」で直哉を拘束する憲紀
  • 体を回転させて真希の刀を受け流す直哉
  • 呪霊の正体を直哉の成れの果てと明かす真希
  • 自我の残りように驚愕する憲紀
  • 「投射呪法」を使用可能な直哉
  • 直哉は空気を固定して爆ぜさせることに
  • その場から離れていく直哉
  • トップスピードで突っ込んでくると言う真希
  • 直哉は幼体でも音速を超えていた
  • カウンターの準備をする真希・憲紀
  • マッハ3の速度に到達する直哉
  • 吹き飛ばされて吐血する真希

▼前話193話のネタバレまとめはこちら

【呪術廻戦】193話のネタバレ感想・考察まとめ|マッハの速度に到達する呪霊直哉
8/8(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年36・37合併号(8月22・29日号)に掲載されている『呪術廻戦』の193話「桜島結界③」の感想・考察をまとめています。呪術廻戦193話の内容のネタバレ・あらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載...

▼禪院直哉の術式・能力考察はこちら

▼死滅回游に関する記事はこちら

呪術廻戦193話終了時のキャラ情報

桜島結界コロニーの登場キャラ一覧

キャラ名 目的・状況
呪術廻戦禪院真希アイコン禪院真希 【所持得点】?点
・呪術高専東京校の2年生
・真依の死を機に呪力が完全にゼロとなる
・禪院家を壊滅させる
結界を素通りすることが可能
マッハ3の速度の直哉に吹き飛ばされる
呪術廻戦加茂憲紀アイコン加茂憲紀 【所持得点】?点
・呪術高専京都校の3年生
・加茂家に嫡男として迎えられる
加茂家の25代目当主の座を羂索に奪われる
・直哉の攻撃を血液で防いでいたと判明
真希と連携して直哉と戦う
呪術廻戦禪院直哉アイコン禪院直哉 【所持得点】?点
・27代目当主の座を伏黒恵に奪われる
・真希・真依の母親に刺されて死亡する
呪霊に転じて再登場する
・サナギのような姿となり進化を遂げる
マッハ3の速度で真希を吹き飛ばす

呪術廻戦の掲載順まとめ

直近10話の掲載順一覧

順位 話数 タイトル 年・号
3位 185話 バイバイ 2022年25号
3位 186話 東京第2結界⑤ 2022年26号
3位 187話 東京第2結界⑥ 2022年28号
4位 188話 東京第2結界⑦ 2022年29号
3位 189話 東京第2結界⑧ 2022年30号
3位 190話 東京第2結界⑨ 2022年32号
3位 191話 桜島結界① 2022年33号
3位 192話 桜島結界② 2022年35号
5位 193話 桜島結界③ 2022年36・37号
3位 194話 桜島結界④ 2022年38号

▼次話195話のネタバレ考察はこちら

【呪術廻戦】195話のネタバレ感想・考察まとめ|剣豪の大道・河童の三代が参戦
8/29(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年39号(9月12日号)に掲載されている『呪術廻戦』の195話「桜島結界⑤」の感想・考察をまとめています。呪術廻戦195話の内容のネタバレ・あらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載しているので、...

呪術廻戦194話のあらすじ・ネタバレ

倒れている真希を煽る直哉

マッハ3にも達したトップスピードで突撃し、真希に大ダメージを与えた直哉。
地面に倒れながらも自分を睨みつける真希を前にして、直哉は「なんか懐かしいわ」と大人になると幼少期にできなかった時のことなんて思い出せないと口にします。
オマエが大人だったことがあんのかよ」と笑う真希に対し、「どうやろ 真依ちゃんに聞いてみよか」と煽り返す直哉。
真希に睨まれて「怖い怖い」と笑う直哉でしたが、真希が地面から身体を起こすと同時に、憲紀の放った矢が触手による右腕に突き刺さることに。
ダメージを受けている様子の右腕に目をやるも、何事もないかのように「空気読め言うたやん」と口にする直哉。

直哉に攻撃を仕掛ける憲紀

身体を起こした真希に蹴られた直哉は、続いて憲紀が空中に大量の血を出現させ作り出した血の刃で斬りつけられることに。
憲紀が空中に維持している血液量を見て、「自己血か…?この量……失血で死んでまうやろ」「血液パックの備蓄……?」と疑問を抱く直哉。
憲紀が息を荒げているのを目にすると、外に出して操った血液も循環させてまた体に戻していると見抜きます。
確かに失血死はしない方法を取っているものの、「しんどいやろ 死ぬで憲紀君」と声を掛けると、直哉は一時その場を離脱することに。

憲紀は真希が傷を癒す時間稼ぎへ

今の局面で真希を失うわけにはいかないため、直哉の牽制を自ら引き受け、真希に結界の外に出るように言う憲紀
「オマエが死ぬ」と提案を断る真希に対し、憲紀は「このままでは二人共死ぬ」と言い、真希の様子から内臓を痛めていて休んでどうにかなるものじゃないと指摘します。
口元の血を拭いながら「いや大丈夫だ」と言い、反対する憲紀に「強がりじゃない 分かるんだ……ただ時間がいる」「傷を癒す 5分くれ」と続ける真希。
「勝算はあるのか?」との問いに「8:2」の2と返答を受けた憲紀は、真希の言葉通りに5分時間を稼ぐことを決意。
「5分で死ぬんじゃねぇぞ」と言う真希に対し、「約束はできない」「というよりも 私の生死はもうさしたる問題ではない」と答えつつ、両親との思い出を脳裏に思い浮かべます。

直哉の状態を観察する憲紀

再度サナギのような姿となって突っ込んで来た直哉に対し、憲紀は空中に網のようなものを血で作り出し、ダメージを与えつつ攻撃を避けます。
一方の直哉は、真希がいなくなっていることに言及し、「こうなると気配もまるで分からん その辺は甚爾君と同じやね」とダメージを受けた様子を見せずに口にします。
そんな直哉と対峙し、スピードは他に類を見ないものの、硬さに関しては花御と比べれば大分ましと考える憲紀。
トップスピードを出す時の亀のように丸くなった状態のみ、自らの速度で自滅しないように硬度が跳ね上がり、その反動・縛りで普段の硬度はそれ程でもないと推測を続けます。
その証拠に、呪霊にとって有毒な赤血操術者の血に反応している様子の直哉。

失血を恐れず攻撃を重ねる憲紀

推測を続けていた憲紀でしたが、次の瞬間直哉が伸ばした触手によって殴り飛ばされていくことに。
直哉は吹き飛ばされていく憲紀に追撃を仕掛け、憲紀の体からは骨が折れる音が響きます。
一方、直哉の目の辺りの部分を掴み、吸入口に向かって血を吹き出す憲紀
憲紀から距離を取り、吸入口から煙を上げながら「こざかしい真似しよって!!」と舌打ちをする直哉。
態勢を立て直した憲紀は、自分が失血を恐れて体から極力血を離さないと思っているであろう直哉に対し、近距離から「穿血せんけつ」を放ちます。
両腕の触手でなんとか防ぎつつも、直哉は「うっざ!!!」と声を上げることに。

母の現在の様子を目の当たりにする憲紀

  • 母様はなんて言うだろうか
  • 当主に成り損なった私を責めるだろうか
  • あの家に母様の居場所を作ってやれなかった
  • 母様……それでも私は

場面は代わり上記のモノローグの後、銀杏が舞う道を子供が両親と手を繋いで歩くという、一家の様子を背後から見ている憲紀が描かれます。
「いつか立派な呪術師になって 母さんを迎えにきてね」と言い残して去っていた母親が、既に新たな家庭を作って幸せそうに過ごしている様子を目の当たりにする憲紀。
どこにも居場所がないのは────」と思いを馳せる中、場面は現在へと戻り、憲紀の目の前では「穿血」を両腕の触手で耐え切って「がんばり賞ってとこやね」と迫る直哉の姿がありました。

二人の闖入ちんにゅう泳者プレイヤーが登場する

直哉の攻撃が直撃するも、「誰にも必要とされないならば 命を燃やせ」と胸中で思いつつ反撃を仕掛ける憲紀。
しかし更に攻撃を畳み掛けられることとなり、「仲間達が命を燃やすのは せめて私の灰の上で……」とモノローグと共に、憲紀は地面に大量の血を落としていました
直哉を前にして絶体絶命の状況に陥った憲紀ですが、するとその時、その場に二人の闖入ちんにゅう者が姿を現します
涙を溢れさせて「相撲だぁーーーーー!!!」と叫ぶ河童のような外見をした男と、「刀ぁーーーーー!!!」と叫ぶ老人の二人の泳者プレイヤーがもたらすものとは…

呪術廻戦194話の内容・ネタバレまとめ

本誌194話の内容・ネタバレ一覧

  • マッハ3の速度で真希を吹き飛ばした直哉
  • 直哉は真依に言及し真希のことを煽る
  • 憲紀の放った矢が直哉に刺さる
  • 体を起こして直哉を蹴りつける真希
  • 大量の血を維持しつつ直哉に攻撃する憲紀
  • 憲紀は外に出した血液をまた体に戻している
  • 一時的にその場を離脱する直哉
  • 真希に結界の外に出るように言う憲紀
  • 5分で傷を癒すと提案する真希
  • 憲紀は直哉を相手に時間を稼ぐことに
  • 直哉は真希の気配がまるで分からない様子
  • 硬さに関しては花御以下の直哉
  • 直哉に吹き飛ばされる憲紀
  • 憲紀は直哉に対して「穿血」を放つ
  • 既に新たな家庭を作っていた憲紀の母親
  • 自らの居場所が無いと感じる憲紀
  • 直哉が憲紀に攻撃を畳み掛ける
  • 二人の闖入ちんにゅう泳者プレイヤーが登場する

▼次話195話のネタバレ考察はこちら

【呪術廻戦】195話のネタバレ感想・考察まとめ|剣豪の大道・河童の三代が参戦
8/29(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年39号(9月12日号)に掲載されている『呪術廻戦』の195話「桜島結界⑤」の感想・考察をまとめています。呪術廻戦195話の内容のネタバレ・あらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載しているので、...

呪術廻戦本誌194話の感想・考察まとめ

真希の肉体は自然回復が可能?

マッハ3の速度の直哉の攻撃を受け、大量に吐血しながら倒れている様子が描かれた真希。
憲紀から見てもどこか内臓を痛めている様子であり、休んでどうにかなるような状態ではないようです。
しかし真希は、「強がりじゃない 分かるんだ……ただ時間がいる」「傷を癒す 5分くれ」と憲紀に時間を稼ぐよう提案することに。
148話にて扇につけられた右目の傷跡も治っていることからも、真希の肉体は異常な回復力を持つと言えそうです。

甚爾同様に気配を読むことは不可能

真希が傷を癒す時間を確保するため、直哉の相手を引き受けた憲紀。
姿を隠した真希の気配は、直哉でもまるで分からない・感じ取れないようで、五条に殺された伏黒甚爾と同様のようです。
呪力が完全にゼロであり、天与呪縛のフィジカルギフテッドの真希は、呪霊からも完全に姿を隠すことが可能と言えそうです。

呪霊の状態の直哉の特徴について

呪霊となりサナギのような姿に変態を遂げた直哉は、他に類を見ないほどのスピードを誇るのが特徴。
トップスピードを出す時には亀のように丸くなり、自らの速度で自滅しないように硬度が跳ね上がる様子。
一方、その反動・縛りで普段の硬度はそれ程でもなく、特級呪霊の花御と比較すると大分劣るようです。

憲紀のセリフは声優を意識している?

『呪術廻戦』のアニメで加茂憲紀役の声優を務めるのは、日野聡さん。
『鬼滅の刃』の煉獄杏寿郎役も務めており、煉獄さんは「心を燃やせ」というセリフが有名となっています。
直哉と対峙し絶体絶命のピンチの状況で「命を燃やせ」と胸中で思っている憲紀ですが、作者の芥見先生はあえて声優が同じ煉獄さんを意識したセリフにしたのかもしれません。

大量の血を地面に落とした憲紀の意図は?

直哉に殴られた際の出血
空中に血液を維持できなくなった
あえて地面に血液を落とした

直哉の猛攻を受け、「仲間達が命を燃やすのは せめて私の灰の上で……」とのモノローグと共に大量の血液を地面に落としている憲紀。
この描写に関しては上記の3パターンについて考えられ、直哉に反撃するためにあえて血液を地面に落としたと考えることもできそうです。
ただし単純に考えると、直哉には敵わずに体の外に出していた血液を維持できなくなったと捉えるのが自然と言えるでしょう。

闖入ちんにゅう泳者プレイヤーの正体とは?

満身創痍の憲紀と呪霊の直哉が対峙している中、二人を挟むように突如姿を現した二人の泳者プレイヤー
一人は河童のような外見で「相撲だぁーーーーー!!!」と、もう一人は老人と思われる外見で「刀ぁーーーーー!!!」と泣き叫んでいるのが特徴。
彼らの正体は不明ですが、憲紀に協力して呪霊の直哉と戦ってくれるのではないでしょうか?

攻撃的な泳者プレイヤーではない?

作中で11月14日 15:05、大方の攻撃的な術師や呪霊を排除できたと話している190話の憲紀・真希の二人。
この会話の内容から、194話で登場した闖入泳者の二人は攻撃的な術師ではないと言えるでしょう。
彼らの目的などは不明なものの、これから憲紀と対立するといった展開にはならないと断言できそうです。

呪術廻戦194話の展開予想

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ2022年38号発売前に掲載した194話の展開予想となります。
あらかじめご注意ください。

真希が呪霊直哉に反撃する?

「投射呪法」でマッハ3もの速度に達した直哉に吹っ飛ばされてしまい、大量に吐血して倒れている真希
カウンターに失敗して重傷を負っていると思われますが、直哉のことを睨みつけておりまだまだ戦闘意欲は残っているようです。
194話では、投射呪法を駆使して戦う直哉を相手に、フィジカルギフテッドを利用して反撃するのではないでしょうか?

マッハ3の速度には対応不可?

呪力が完全にゼロとなり肉体が一線を画したことで、「投射呪法」を使用している直哉が1秒間に24回動きを作っていると見抜いた真希。
結果として151話では、亜音速を超えた速度に到達していた直哉の顔面を、カウンターで殴り飛ばすことに成功しました。
しかし、193話では直哉にカウンターができずに吹き飛ばされてしまっており、マッハ3の速度の攻撃には流石に対応できないと思われます。

真希の持つ剣の真価が明らかに?

真希が使用している剣は、149話で死亡した真依が自らの命を犠牲にして作り出したもの。
術者の呪力を元に無から物質を構築するという「構築術式」で作り出されたものと思われますが、9巻71話にて過去に禪院甚爾が使用していた剣と全く同じの見た目をしています。
5億円もの価値があるこの剣には隠された能力があり、直哉戦でその真価が明らかになるのかもしれません。

刀の柄の先の口に秘密がある?

真希の持っている刀の柄の先・頭を見てみると、何やら口のようなものが存在します。
この口の詳細は現状不明であり、敵の呪力を吸収するなど何かしら秘密が存在するのではないでしょうか?
一方で秘密などは存在せず、「構築術式」の持ち主が命を引き換えに作成した刀であるため、単に人を擬人化したことを意味しているとも考えられそうです。

直哉が更に進化・羽化する可能性も?

芋虫・蛆虫のような姿はあくまで呪胎であり、変態を遂げることに成功した直哉。
ただし、進化した状態でもサナギに手足が生えたような姿をしており、今後更に進化して羽化する可能性が考えられます。
サナギのような姿でも真希に敗北しそうになった・ピンチに陥った直哉は、羽化を遂げ更に強化されるのかもしれません。

繭を作り出す虫と言えば?

完全変態をする昆虫の幼虫が蛹になる際、繭を作り出してその中で蛹化する虫としては、ガ・ハエ・ハチなどが例として挙げられます。
芋虫のような姿をしていた呪胎の直哉ですが、実際には蛆虫と考えることもできるでしょう。
万が一羽化する際には、ガ・ハエ・ハチなどに姿を変え、投射呪法を活かして戦うのではないでしょうか?

真希が直哉から逃げる展開も?

呪力が完全にゼロとなったからか、死滅回游の結界コロニーを素通りすることが可能な真希。
一方の直哉は、泳者プレイヤーである場合には結界から出られないと思われるため、真希は直哉を無視して結界から脱出し逃げることが可能と言えるでしょう。
ただし、憲紀を置いていく・結界の出入りのルールを追加しづらくなるため、真希が直哉から逃げるという展開は考えにくいです。

呪術廻戦の関連記事まとめ

キャラ関連情報

各キャラの術式・能力まとめ

考察・解説記事一覧

死滅回游の各結界の考察・関連記事一覧

死滅回游の登場キャラの詳細
呪術廻戦鹿紫雲一アイコン鹿紫雲一 呪術廻戦烏鷺亨子アイコン烏鷺亨子 呪術廻戦石流龍アイコン石流龍

『呪術廻戦』本誌まとめ記事一覧

16巻
134話 135話 136話 137話 138話
139話 140話 141話 142話
17巻
143話 144話 145話 146話 147話
148話 149話 150話 151話 152話
18巻
153話 154話 155話 156話 157話
158話 159話 160話 161話
19巻
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
20巻
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話
21巻
181話 182話 183話 184話 185話
186話 187話 188話 189話
22巻
190話 191話 192話 193話 194話
195話 196話 197話 198話
23巻
199話 200話 201話 202話 203話

『呪術廻戦』アニメ・劇場版記事一覧

アニメ・劇場版の考察・関連記事

アニメ一期のあらすじ・考察記事

アニメ1期2クール目
14話 15話 16話 17話 18話 19話
20話 21話 22話 23話 24話

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました