【呪術廻戦】203話のネタバレ感想・考察まとめ|羂索・脹相の戦いが始まる

呪術廻戦203話アイキャッチ 呪術廻戦
引用元:週刊少年ジャンプ2022年49号

11/7(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年49号(11月21日号)に掲載されている『呪術廻戦』の203話「血と油②」の感想・考察をまとめています。
呪術廻戦203話の内容のネタバレ・あらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼呪術廻戦の関連記事はこちら

22巻
191話 192話 193話 194話 195話
196話 197話 198話 199話
23巻
200話 201話 202話 203話 204話
205話 206話 207話 208話

▼次話204話のネタバレ考察はこちら

呪術廻戦202話の内容のおさらい

前話のネタバレ・あらすじまとめ

①九十九由基・天元の会話内容

  • 天内理子以外の星漿体の存在を問う九十九
  • 他の星漿体は天内ほどの素質を持たなかった
  • 同化拒否の理由を現実を受容したと言う天元
  • 天元はいつか同化を失敗すると思っていた
  • 九十九は天元の言葉を一蹴する
  • 天元の中の星漿体の声が聞こえる九十九
  • 星漿体が何と言っているかのか尋ねる天元
  • 天元の質問に教えないと応える九十九
  • 九十九が元星漿体と判明する
  • 二人が話していた空間の結界が破られる?

②脹相に羂索が自身の目的を明かす

  • 11月16日00:00に薨星宮直上に羂索が登場
  • 結界を破った先には脹相が待ち受けていた
  • 死滅回游は既に役割を終えたと言う羂索
  • 日本の非術師の同化前の慣らしは完了済み
  • 羂索に天元を獲られたら脹相達の負けに
  • 終わりの可能性の一つを見せる羂索
  • 呪力の最適化は死滅回游での検証に過ぎない
  • 脹相達を普通過ぎると言う羂索
  • 進化した天元はヒトより呪霊に近い
  • 天元・非術師の同化は呪霊と成る?
  • 呪霊の姿を楽しみにしている羂索
  • 羂索の行動原理は「面白いと思ったから」
  • 「穿血」を羂索に放とうとする脹相

▼前話202話のネタバレまとめはこちら

【呪術廻戦】202話のネタバレ感想・考察まとめ|羂索が薨星宮直上に登場
10/31(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年48号(11月14日号)に掲載されている『呪術廻戦』の202話「血と油」の感想・考察をまとめています。呪術廻戦202話の内容のネタバレ・あらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載しているので、...

▼死滅回游に関する記事はこちら

呪術廻戦202話終了時のキャラ情報

202話で登場した主要キャラ一覧

キャラ名目的・状況
第2回九十九由基アイコン九十九由基 ・四人の特級術師の一人
・東堂葵の師匠的ポジション
呪霊が生まれない世界を作ることが目的
・天元の護衛を引き受ける
元星漿体と判明する
第2回天元アイコン天元 ・日本国内結界の要
・不死の術式を持つ
天内理子との同化に失敗し進化してしまう
・結界術を利用して理性を保っている
呪霊操術を持つ羂索に狙われている
呪術廻戦羂索アイコン羂索 ・夏油傑の肉体を使用している
・五条悟を獄門疆に封印する
・死滅回游を仕組む
米国の首脳陣と接触していたと判明
薨星宮上空に姿を現す
第2回脹相アイコン脹相 ・呪胎九相図の一番が受肉した姿
・加茂憲倫(羂索)の血を継ぐ
虎杖悠仁と血が繋がっている
・天元の護衛を引き受ける
薨星宮直上に登場した羂索と対峙する

呪術廻戦の掲載順まとめ

直近10話の掲載順一覧

順位話数タイトル年・号
3位 194話 桜島結界④ 2022年38号
3位 195話 桜島結界⑤ 2022年39号
2位 196話 桜島結界⑥ 2022年40号
3位 197話 桜島結界⑦ 2022年41号
5位 198話 桜島結界⑧ 2022年43号
3位 199話 仇名 2022年44号
3位 200話 直接会談① 2022年45号
2位 201話 直接会談② 2022年46号
3位 202話 血と油 2022年48号
5位 203話 血と油② 2022年49号

▼次話204話のネタバレ考察はこちら

【呪術廻戦】204話のネタバレ感想・考察まとめ|羂索が新たな術式を使用する
11/14(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年50号(11月28日号)に掲載されている『呪術廻戦』の204話「血と油③」の感想・考察をまとめています。呪術廻戦204話の内容のネタバレ・あらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載しているので...

呪術廻戦203話のあらすじ・ネタバレ

脹相が一人で迎え撃つ理由とは?

場面は羂索が登場する前へと遡り、九十九に「一人でやらせてくれ」と言う脹相が描かれます。
「……死ぬよ」と忠告する九十九ですが、「じゃあ2対1で加茂憲倫で戦るか?」と返されると黙り込み、「邪魔だろう?」との脹相の言葉を暗に肯定します。
自分が邪魔になるのであれば一人で先に戦い、少しでも羂索の手持ちの呪霊・術式情報を引き出して九十九に繋ぐことがベストと口にする脹相。
もし領域を使わせることができれば、領域展開後の術式が使用困難な状態の羂索を九十九が急襲するという方針を、脹相は狙っている様子。
九十九に「もう一度言う 死ぬよ」と言われた脹相は、羂索さえ殺せればそれでいいと答え、「俺や弟達の半身である母の呪いのため そして─────」と続けることに。

羂索・脹相の戦いが始まる

場面は戻り、脹相の放った「穿血」を躱すと同時に、手持ちの呪霊を放つ羂索。
脹相は前方を払うように「穿血」を放つと、辺りを一掃しつつ呪霊を祓います。
一方、瓦礫を手にしつつ姿を現した羂索は、脹相へと瓦礫を放り投げると同時に、瓦礫の背後の死角から呪霊をけしかけます。
向かってくる呪霊に少量の血液を放った脹相が「超新星」を発動し、呪霊を消し飛ばしている隙に距離を詰め、肉弾戦を仕掛ける羂索。
脹相を殴ってから再度距離を詰めようとするも、脹相が放っていた血で反撃を受けることに。

虎杖について羂索に問う脹相

血による反撃を呪霊で防いだ羂索に対し、脹相は虎杖に何をさせるつもりなのかを問いかけます。
150年放置してきた呪胎九相図とは訳が違うはずと「悠仁で何を企んでいる」と尋ねる脹相ですが、羂索は「……うーん アレは具体的に役割があるわけじゃ……」と返答。
強いて言えば宿儺の器であることが役割であるものの、既にそれは済んでおり、「虎杖悠仁は始まりの狼煙なんだ」と言う羂索。
アレが宿儺と生き続ける限り 呪いの連鎖は止まらない」「新時代の台風の目なんだ」と話す羂索に対し、「穿血」を放つ脹相。
虎杖が生き続ける限りではなく「オマエが生き続ける限りだろ!! 加茂憲倫!!」と否定した脹相は、全ての不幸の中心は羂索であり、断じて虎杖ではないと主張します。

脹相を失敗作呼ばわりする羂索

脹相が反論している隙に、下から這わせた呪霊で足を止めさせた羂索は、「君が斥候なのは理解している」と言いつつ脹相を殴りつけます。
九十九に自分の術式情報を少しでも開示するつもりと脹相の目論見を言い当てると、呪霊操術・低級呪霊しか使わないと宣言。
「使う必要がないと言った方がいいかな 君達は失敗作だからね!!」と口にしながら、地面に倒れ伏す脹相の顔を踏みつける羂索。
「オマエに弟達の何が分かる!!」と言う脹相に対し、呪胎九相図には期待していただけに失望が大きいと言い、「私にここまで言わせた自分を褒めてやるといい」と続けます。

羂索の攻撃を受けて倒れる脹相

自分を踏みつけている羂索の右足を掴んだ脹相でしたが、次の瞬間、羂索の右足から大量のムカデの呪霊が放たれることに。
ムカデの呪霊の群れに地面に叩きつけられて倒れ伏す脹相に対し、「術師の”特級”が何を意味するか知っているかい?」と問いかける羂索。
単独での国家転覆が可能であること』と”特級”の意味を明かし、五条悟は言わずもがな、夏油傑も呪霊操術で異形の軍隊を持つことができると続けます。
ムカデ呪霊を手元に戻しつつ、低級呪霊でも自身の呪力で強化し、群れを成して指揮に従えれば、1級術師相当の脹相でもこうなると言う羂索。
一連のやり取りを見ていた天元は「九十九由基」と声を掛けますが、一方の九十九は「……いや まだだ」と答えることに。

脹相が羂索の前で立ち上がる

弟達を守って背負ってお手本になることが”お兄ちゃん”であり、「俺は……兄失格だ」と倒れながら思う脹相。
「面白いと思ったから」との羂索の言葉に対して自分は面白くない、クソみたいな親に一撃だって入れられやしないと内心で独白を続けます。
しかし、脹相は「弟達を面白くないなんて言わせない」との思いと共に、羂索の前で大量の血液を生み出しつつ立ち上がることに。
「オマエ達の力を貸してくれ!!」と内心で呼びかけつつ、「九相図兄弟ぃぃいい ファイヤー!!!!」と声を上げる脹相。

呪術廻戦203話の内容・ネタバレまとめ

本誌203話の内容・ネタバレ一覧

  • 「一人でやらせてくれ」と言う脹相
  • 羂索の呪霊・術式情報を引き出すことが目的
  • 再度「死ぬよ」と忠告する九十九
  • 羂索さえ殺せればそれでいいと答える脹相
  • 虎杖で何を企んでいるのかを問う脹相
  • 羂索曰く虎杖は器であることが役割
  • 始まりの狼煙・新時代の台風の目と続ける
  • 全ての不幸の中心は羂索だと否定する脹相
  • 呪霊で足止めして脹相を殴りつける羂索
  • 羂索は呪霊操術・低級呪霊のみ使用予定
  • 呪胎九相図を失敗作と言う羂索
  • 大量のムカデの呪霊を脹相に放つ
  • 地面に叩きつけられ倒れ伏す脹相
  • 術師の”特級”の意味を明かす羂索
  • 九十九に声を掛ける天元
  • 弟達に力を貸すよう呼びかける脹相
  • 羂索の前で脹相が立ち上がる

▼次話204話のネタバレ考察はこちら

【呪術廻戦】204話のネタバレ感想・考察まとめ|羂索が新たな術式を使用する
11/14(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年50号(11月28日号)に掲載されている『呪術廻戦』の204話「血と油③」の感想・考察をまとめています。呪術廻戦204話の内容のネタバレ・あらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載しているので...

呪術廻戦本誌203話の感想・考察まとめ

領域展開後の術式使用に関して

領域を展開した後は、肉体に刻まれた術式が一時的に焼き切れ、使用困難となる性質があります。
羂索に関しては、肉体を渡る術式を持っているほか、乗り移った肉体が元々持つ術式を使用可能であり、複数の術式を持っている様子。
そのため、羂索は領域を展開した後でも「無為転変」などの他の術式を使用でき、隙がない可能性が高いです。

羂索の肉弾戦の強さに関して

『ジャンプGIGA 2022 AUTUMN』では、御三家に関連のある加茂憲倫(羂索)の情報も言及されています。
その中で呪力・武器なしの素手で戦った時の強さに関しては、フィジカルギフテッドの伏黒甚爾・禪院真希の二人を除き、五条・羂索はいい勝負とのこと。
脹相を相手に体術・肉弾戦で圧倒している羂索ですが、この情報にふさわしい実力を発揮していると言えそうです。

羂索が虎杖で目論んでいることは?

150年放置してきた呪胎九相図とは訳が違うはずと、虎杖で何を企んでいるのかを羂索に問いかけた脹相。
「……うーん アレは具体的に役割があるわけじゃ……」と口にした羂索は、強いて言えば宿儺の器であることが役割であるものの、既にそれは済んでいると答えます。
また、虎杖が宿儺と生き続ける限り呪いの連鎖は止まらないため、虎杖は始まりの狼煙・新時代の台風の目と続けることに。

呪胎九相図を失敗作と言う羂索

明治の初めに存在した呪霊の子を孕む特異体質の娘は、加茂憲倫が開いた寺へと駆け込むことに。
結果として、加茂憲倫(羂索)は呪霊・人間の間に産まれた子の虜となり、呪胎九相図を作り出します。
しかし期待していたにも関わらず、自分の想像の域を出なかったため、羂索は呪胎九相図を失敗作呼ばわりしています。

術師の”特級”が意味することとは?

五条・乙骨・夏油・九十九の四人は、一級術師を超えた特級術師に分類されています。
この”特級”とは『単独での国家転覆が可能であること』を意味しており、五条悟は言わずもがな、夏油傑も分類通りに呪霊操術で異形の軍隊を持つことが可能となっています。
夜蛾学長が特級に認定されかけたのも、完全自立型人工呪骸を作り出すことで軍隊を所持できたのが理由と言えるでしょう。

特級術師のキャラの特徴まとめ

キャラ名術式/特徴
五条悟無下限術式
・六眼・無下限術式を併せ持つ400年ぶりの存在
・六眼を持つため呪力切れが起こらない
夏油傑呪霊操術
・術式により異形の軍隊を持つことが可能
・「うずまき」により術式の抽出が可能
乙骨憂太 里香(・コピー?)
・術式のコピーが可能?
・五条よりも多い呪力量を誇る
九十九由基 不明
・式神を操る能力を持つ?
・元星漿体の過去を持つ
夜蛾正道 傀儡操術
・傀儡呪術学の第一人者
・完全自立型人工呪骸を製造可能
特級に認定されかけた過去を持つ

呪術廻戦203話の展開予想

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ2022年49号発売前に掲載した203話の展開予想となります。
あらかじめご注意ください。

羂索VS脹相の戦いの結果が判明?

薨星宮直上に姿を現した羂索と、天元の護衛で残っていた脹相が対峙することとなった202話。
脹相が「穿血」を放とうとしている場面で終わっているため、203話では羂索・脹相の戦いが描かれる展開になるでしょう。
ただし、呪霊操術以外にも多くの術式を持つ羂索相手に脹相が勝てる可能性は低く、脹相は敗北してしまうと思われます。

九十九の術式が明らかとなる?

脹相が負けてしまった場合、次に羂索と戦うのは特級術師・九十九由基になると言えるでしょう。
呪霊・式神のようなものを連れているほか、東堂に教えた簡易領域が使用できる可能性が高い九十九ですが、九十九自身の術式・能力については不明のままとなっています。
羂索・九十九の戦いが描かれる場合には、九十九の術式が遂に明かされるのではないでしょうか?

羂索・天元が組んでいる可能性は?

レジィに死滅回游の目的について聞かれた伏黒は、結界内の泳者プレイヤーの呪力を利用し、日本の人間を彼岸に渡し人ならざる者へ変えるための儀式と天元から聞いた通りに答えました。
しかしレジィは、伏黒の発言をブラフ”・二番手三番手の計画と否定することに。
また儀式が終わるまでの時間について、回游次第だが二ヶ月もあれば済むと答えたのに対し、実際には11月16日に既に死滅回游は役割を終えている様子。
こういった背景から、天元は裏で羂索と繋がっている可能性があると言えるでしょう。

天元の怪しい要素まとめ

羂索の目的について嘘をついた可能性がある
儀式が終わるまでの時間を二ヶ月と言及した
星漿体との同化を拒否して進化を選んだ

羂索が提案した呪術師狩りの意図とは?

200話・201話にて、アメリカなどの国に呪術師狩りを提案している様子が描かれた羂索。
ただし202話では、日本人が呪力資源として消費されることを懸念していた九十九について、嬉しかった・彼女の考え方は自分に近いと発言しており、羂索自身は呪術師が捕縛・拉致されることを望んでいないのかもしれません。
呪術師狩りを提案したのは、死滅回游に参加している泳者プレイヤーに呪力を使用させることで、非術師の同化前の慣らしを早く終わらようとしたからではないでしょうか?

虎杖たちが米軍と戦うことに?

「天使」が結界コロニー内に800人以上の人間が侵入していると察したのに伴い、行動を開始した虎杖たち四人。
まずは状況を確認するため、侵入してきた人間たちに接触を図ると思われますが、少なくともアメリカは800人以上・大隊規模の人員を投入して「呪術師狩り」を目論んでいます。
そのため虎杖たちは、遭遇した米軍の軍人たちと戦うことになるのではないでしょうか?

羂索が接触していると思われる国々

国名
アメリカ合衆国中国ロシアサウジアラビア
ドイツフランスインドパキスタン
韓国トルコ

羂索が2018年2月から接触を図ってきたと思われる国は、201話で言及された上記の国々と考えられます。
200話にて800名以上もの数の人間が結界コロニーに侵入していると判明したことから、アメリカの軍隊はまず死滅回游に参戦していると言えるでしょう。
虎杖たち呪術師は、アメリカ以外にも上記の国々の人間を相手に戦うのではないでしょうか?

呪術廻戦の関連記事まとめ

キャラ関連情報

各キャラの術式・能力まとめ

考察・解説記事一覧

死滅回游の各結界の考察・関連記事一覧

死滅回游の登場キャラの詳細
呪術廻戦鹿紫雲一アイコン鹿紫雲一 呪術廻戦烏鷺亨子アイコン烏鷺亨子 呪術廻戦石流龍アイコン石流龍

『呪術廻戦』本誌まとめ記事一覧

16巻
134話 135話 136話 137話 138話
139話 140話 141話 142話
17巻
143話 144話 145話 146話 147話
148話 149話 150話 151話 152話
18巻
153話 154話 155話 156話 157話
158話 159話 160話 161話
19巻
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
20巻
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話
21巻
181話 182話 183話 184話 185話
186話 187話 188話 189話 190話
22巻
191話 192話 193話 194話 195話
196話 197話 198話 199話
23巻
200話 201話 202話 202話 204話
205話 206話 207話 208話

『呪術廻戦』アニメ・劇場版記事一覧

アニメ・劇場版の考察・関連記事

アニメ一期のあらすじ・考察記事

アニメ1期2クール目
14話 15話 16話 17話 18話 19話
20話 21話 22話 23話 24話

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました