【ヒロアカ】392話のネタバレ感想・考察まとめ|お茶子がトガに刺される【僕のヒーローアカデミア】

ヒロアカ392話アイキャッチ 僕のヒーローアカデミア
引用元:週刊少年ジャンプ2023年30号

6/26(月)発売の週刊少年ジャンプ2023年30号(7月10日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』392話「ヴィラン名」の感想・考察をまとめています。
ヒロアカ392話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼僕のヒーローアカデミアまとめ記事一覧

39巻
387話 388話 389話 390話 391話
392話 393話 394話 395話 396話
397話 398話
40巻
399話 400話 401話 402話 403話
404話 405話 406話 407話 408話
409話 410話

▼連載終了まで残り1年!?新情報まとめ

ヒロアカ391話の内容のおさらい

前話のネタバレ・あらすじまとめ

①トゥワイスの圧倒的物量に襲われるヒーロー

  • 際限なく増え続けるトゥワイストガ
  • ”個性”で土壁を作り出すピクシーボブ
  • 「土流」が止められれば決壊・・する状況
  • トゥワイスがピクシーボブに襲いかかる
  • 哀れなサッドマンズ死の行進デスパレード」を発動するトゥワイス
  • ケミィ・肉倉なども身動きを封じられる
  • ”トゥワイスに変身したトガじぶん”を増やすトガ
  • 周辺一帯へとトゥワイスが迫って行く

②お茶子・トガが言葉を交わす

  • 装備を破壊されつつ上空に逃れるお茶子
  • 燈矢の状況に考えを巡らすトガ
  • お茶子がトガの左腕にワイヤーを巻きつける
  • トゥワイスの大群を避け続けるお茶子
  • ワイヤーを切断しようとするトガ
  • お茶子がトガに声を掛ける
  • 殺意が混ざっていることを指摘するお茶子
  • お茶子の言葉を受けて激昂するトガ

▼前話391話のネタバレまとめはこちら

【ヒロアカ】391話のネタバレ感想・考察まとめ|トゥワイスがヒーローを追い詰める【僕のヒーローアカデミア】
6/19(月)発売の週刊少年ジャンプ2023年29号(7月3日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』391話「拒んだ世界」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ391話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載して...

▼劇場版第四弾のまとめ記事はこちら

ヒロアカ391話終了時のキャラ情報

群訝山荘跡のキャラ情報まとめ

戦闘中の主要キャラ一覧

キャラ名目的・状況
麗日お茶子 ・「無重力」の”個性”を持つ
・ヒーロー名は「ウラビティ」
・トガを追って群訝山荘跡へ移動する
・トゥワイスに変身したトガを見つけ出す
トガの左腕にワイヤーを巻きつけることに成功
・トガの気持ちに殺意が混ざっていると見抜く
トガヒミコ ・連続失血死事件の犯人
・「変身」の”個性”を持つ
・本名は「渡我被身子」
トゥワイスに変身している状態
・”トゥワイスに変身した自分”を増やしている
お茶子の指摘を受けて激昂する

群訝山荘跡のその他ヒーロー一覧

ヒーロー側の主要キャラ一覧
シンリンカムイピクシーボブ
シシド小森希乃子耳郎響香
蛙吹梅雨現見ケミィ肉倉精児

各ヒーローの元へトゥワイスが迫る

  • 荼毘との戦いを終えた轟家の面々
  • 焦凍を送り届けて地面に倒れ込む飯田
  • AFOとの激闘を繰り広げたホークスたち

ヒーロー側がトゥワイスを抑えている状況が決壊してしまった結果、トゥワイスの圧倒的物量による、周辺一帯の侵略が始まることに
大量のトゥワイスは、上記のような群訝山荘跡の周囲にいる面々の元へと、地響きを立てながら迫っている状態です。
特にホークスの場合、何とか立ち上がって刀を構えているものの、AFOに”個性”を奪われており、絶望的な状況と言えるでしょう。

A組の生徒20名の現在位置まとめ

場所キャラ名
雄英校舎緑谷出久爆豪勝己上鳴電気
八百万百
群訝山荘跡常闇踏陰耳郎響香麗日お茶子
蛙吹梅雨切島鋭児郎峰田実
轟焦凍飯田天哉
蛇腔病院跡芦戸三奈
国立多古場競技場砂藤力道尾白猿夫瀬呂範太
セントラル病院前障子目蔵口田甲司
仮設要塞トロイア付近青山優雅
詳細不明葉隠透

僕のヒーローアカデミアの掲載順まとめ

ヒロアカの直近10話の掲載順一覧

順位話数タイトル年・号
9位 383話 小さな心 2023年17号
7位 384話 It’s A Small World 2023年18号
7位 385話 若き衝動 2023年20号
3位 386話 I AM HERE 2023年21・22号
9位 387話 煮凝り 2023年23号
9位 388話 燈矢 2023年24号
7位 389話 安心と祈り 2023年25号
7位 390話 轟焦凍:ライジング 2023年27号
3位 391話 拒んだ世界 2023年29号
9位 392話 ヴィラン名 2023年30号

次号2023年31号では休載予定

7月3日(月)発売の週刊少年ジャンプ31号では、『僕のヒーローアカデミア』は休載とのこと。
再開は週刊少年ジャンプ2023年32号を予定しており、二週間後の7月10日(月)に393話が掲載されます。

▼次話393話のネタバレ考察はこちら

【ヒロアカ】393話のネタバレ感想・考察まとめ|お茶子の”個性”が覚醒【僕のヒーローアカデミア】
7/10(月)発売の週刊少年ジャンプ2023年32号(7月24日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』393話「少女のエゴ」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ393話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載し...

▼劇場版第四弾のまとめ記事はこちら

ヒロアカ392話のあらすじ・ネタバレ

梅雨ちゃんが人質に取られてしまう

お茶子の言葉を受け、「あなたが私の 何を知ってるの!?」と激昂するトガの横には、トゥワイスに周囲を囲まれた梅雨ちゃんの姿がありました。
トガの左腕に巻き付けたワイヤーを利用し、迫り来るトゥワイスの大群から身を躱しながら、梅雨ちゃんの名を呼ぶお茶子。
トガの横に掲げられた梅雨ちゃんは、奥渡島で受けたダメージにより、トゥワイスの大群をうまく捌けなかったようです。
そんな中、激昂したまま「何一つ不自由なんかなかったくせに」「ルール・・・に合っていただけのくせに!!」とお茶子を糾弾するトガ。
最後に「生きやすく産まれただけのくせに!!」と言い放つと、トガは手にしていたナイフを梅雨ちゃんに向かって振り下ろすことに。

トガヒミコの過去が描かれる

時は遡り、父親に頬を叩かれた様子の幼少期のトガヒミコが描かれます。
スズメを殺した上、血を吸って笑っていることを糾弾する両親に対し、泣きながらスズメは庭に落ちていたと否定するトガ。
その後、トガは「”個性”カウンセリング」を受けさせられ、”普通”になるよう矯正されることに。
そんなある日、手を繋いでいる男女・犬に顔を舐めまわされている男性を始め、街中で快適に過ごしている人々を目にしたトガ。
両親の「まるで──異常者だ!」「普通にしなさい!」との言葉などを回想したトガは、眼前の光景を見つつ咥えていた指を血で染めていました

仮面をつくったトガの背景が判明

後日、友だちの血を吸ったことを母親から叱責され、「違うの 怪我してたからちうちうしてたの」と答えるトガ。
普通じゃないとの父親の言葉を受け、トガは涙を流しながら「みんな好きなノになるのガマンしてるの?」「なんでみんな ちうちうしないの?」と問い返すことに。
そんなトガの言葉を受け、泣き崩れる母親・頭を抱える父親の二人は「人間じゃない子 産んじゃった!」と口にしてしまいます。
場面は現代に戻り、梅雨ちゃんにナイフを振るうトガの耳元では、キュリオスの幻影が「だからあなたはフタをした」と囁いていました。
ヴィランになる前のトガを、抑圧し仮面を作った・自分ではない誰かになったと言い表すキュリオス。

耳郎・梅雨ちゃんの偽物が作られていく

トガがナイフを振るおうとする中、お茶子はトガに巻き付けていたワイヤーを引き戻し、梅雨ちゃんが刺されることを防ぐのに成功します。
お茶子・トガの二人が空中で対峙する一方で、上空から落下していく梅雨ちゃん。
耳郎が抱き止めようとするも、本物はシンリンカムイが既に確保しており、耳郎の前の梅雨ちゃんはトガの複製が変身していた偽物でした。
トゥワイスの大群の中には、梅雨ちゃん・耳郎の複製なども紛れており、飛び散った血をトガの分身が接種していると判明することに。
トゥワイスの物量に抗うには、全員一丸となってのチームアップが不可欠だったと口にし、「最早止める術は…」と絶望を覚えるシンリンカムイ。

トガを説得しようとする梅雨ちゃん

トガが作り出した大量の複製に呑まれながらも、梅雨ちゃんはトガに話を聞くよう呼びかけます。
目の前で自分の姿に変身しているトガの複製に対し、”ルール”を守ることがヒーロー・外れることがヴィランだと思っていたと語る梅雨ちゃん。
続けて、お茶子はそんなルールより何より、トガと向き合おうとしていると言及することに。
それはただ殲滅・確保するより困難な道だと思うと言う梅雨ちゃんは、お茶子は遅くなったかもしれないものの、少しでいいから話を聞くようにトガに対して呼び掛けます。

お茶子がトガに腹を刺されてしまう

場面は変わり、梅雨ちゃんを刺そうとしたトガの邪魔をした結果、対峙することとなったお茶子・トガの二人の様子が描かれることに。
戦場の上空には、トガがお茶子の脇腹にナイフを突き立ている光景がありました。
口から大量の血を吐き出すお茶子を前にして、「構造が違う!!」と言い放つトガ。
お茶子の流した血が空中を舞う中、トガは「おまえ達が言う祝福も喜びも 私は何も感じない!」「そっちの尺度ルールで 私を可哀想な人間にするな!!」と続けることに。
そんな中トガは、トゥワイスからヴィラン名をつけないのかと尋ねられた時のことを回想します。

ヒロアカ392話の内容・ネタバレまとめ

本誌392話の内容・ネタバレ一覧

①トガの過去が描かれることに

  • お茶子の言葉を受けて激昂するトガ
  • トゥワイスに捕まった梅雨ちゃんが描かれる
  • 奥渡島のダメージが捕まった原因の様子
  • トガが梅雨ちゃんにナイフを振りかざす
  • 両親から糾弾される幼少期のトガ
  • 「”個性”カウンセリング」を受けさせられる
  • 周囲の人々を羨ましそうに見つめるトガ
  • ある日友だちの血を吸ったことを叱られる
  • 両親に「人間じゃない子」と言われてしまう
  • キュリオスの幻影がトガの耳元で囁く
  • 自分にフタをして仮面を作った過去のトガ

②お茶子の腹にトガがナイフを突き立てる

  • お茶子がトガの凶行を防ぐことに
  • 落下した梅雨を抱き止めようとする耳郎
  • 耳郎の前の梅雨ちゃんは偽物だった
  • 本物はシンリンカムイが既に確保済み
  • 飛び散った血をトガの分身が摂取している
  • 複製の圧倒的物量に呑まれる一同
  • トガに話を聞くよう呼び掛ける梅雨ちゃん
  • 上空ではお茶子がトガに腹を刺されていた
  • 口から大量の血を吐き出すお茶子
  • トゥワイスとの会話を回想するトガ
  • ヴィラン名をつけないのかと尋ねるトゥワイス

▼次話393話のネタバレ考察はこちら

【ヒロアカ】393話のネタバレ感想・考察まとめ|お茶子の”個性”が覚醒【僕のヒーローアカデミア】
7/10(月)発売の週刊少年ジャンプ2023年32号(7月24日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』393話「少女のエゴ」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ393話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載し...

ヒロアカ本誌392話の感想・考察まとめ

梅雨ちゃんが人質に取られることに

391話の最後では、激昂するトガの横に何者かの姿が描かれ、お茶子が焦燥感を滲ませた表情を見せることに。
392話では、トガの横の人物が梅雨ちゃんと判明、トガにナイフを突きつけられ、人質に取られてしまいました。
捕らわれている梅雨ちゃんは、トゥワイスが身につけているメジャーで拘束されている状態です。

梅雨ちゃんにはダメージがある様子

奥渡オクト島にて、お茶子・梅雨ちゃんがトガヒミコと戦う様子が描かれた375話
この時、梅雨ちゃんはトガの持っていた”脳無を引きつける薬”を破壊してしまい、脳無の攻撃を受けてしまうことに。
そのダメージが残っていたため、梅雨ちゃんはトゥワイスの大群をうまく捌くことができず、そのまま捕まってしまった様子。

トガの過去が描かれた話まとめ

巻・話内容
24巻225話 ・連続失血死事件の犯人
・8月7日産まれの17歳
・中学卒業式に出席後に失踪した
24巻226話 ・同級生を斬りつけ重傷を負わせた
「斎藤くん」の血を吸っていた様子
35巻 341話 ・最終決戦の前にかつての家に訪れる
・両親から過去に言われた言葉を想起する
39巻392話 「”個性”カウンセリング」を受けさせられる
・友だちの血を吸ったことを両親に咎められる
・両親から「人間じゃない子」呼ばわりされる

トガの過去に関しては、作中で上記のような内容が描かれています。
噛み合ってしまった”血”と”憧れ”の二つの要素は、到底社会に受け入れられるモノではなく、トガは両親から「人間じゃない子」呼ばわりされてしまうことに。
将来を不安視した両親が矯正を試みるも、愛着のある対象の血液に興味を示すトガの嗜癖は治らなかった様子。

「”個性”カウンセリング」についておさらい

「”個性”カウンセリング」
自他理解の歪みを矯正し、社会性の擦り合わせを施す情操教育プログラムのこと。
完璧なプログラムではなく、個人差をより強く感じてしまうという問題を抱えている。

生まれつき持つ「変身」の”個性”により、”血”に強い興味を引かれるようになったトガ。
強い”個性”を持つ子にはありがちな倒錯として、トガは”普通”になるよう矯正していく「”個性”カウンセリング」を受けさせられることに。

キュリオスの幻影の発言まとめ

  • 「だからあなたはフタをした」
  • 「抑圧し仮面を作った」
  • 「自分じゃない誰かになった」

過去の回想を終えたトガの耳元では、キュリオスの幻影が上記のように囁いているのが特徴。
この発言通り、”普通に生きる”ために自分を抑圧して仮面を作ったトガは、普段はニコニコしていて人当たりもよかったようです。
しかし最終的には、中学卒業時に自身の欲求を抑え切れず、同級生の男子を傷つけて血を吸うという事件を起こしてしまいました。

キュリオスについておさらい

本名気月 置歳(きづき ちとせ)
解放コードキュリオス
異能地雷
所属集瑛社 専務
性格無神経

キュリオスとは、ヴィラアカ編で登場した異能解放軍の幹部。
出版社記者上がりの専務であり、若き頃に四ツ橋と出会って以来、心酔していた様子。
トガヒミコを悲劇のヒロインにすべく追い詰めるも失敗、死亡することに。

人質にされた梅雨ちゃんをお茶子が救う

人質にした梅雨ちゃんに対し、ナイフを振りかぶったトガ。
しかし、お茶子が左腕に巻き付けていたワイヤーを引っ張ったことで、梅雨ちゃんを軽く斬りつけるだけという結果に終わりました。
梅雨ちゃんはその後、上空から落下するところをシンリンカムイによって回収された様子。

トガの分身が耳郎・梅雨に変身する

上空から落下する梅雨ちゃんを抱き止めようとした耳郎ですが、その梅雨ちゃんの正体はトガが変身した偽物と判明することに。
”トゥワイスに変身したトガじぶん”を増やしているトガは、ヒーローの飛び散った血を分身に摂取させ、耳郎・梅雨ちゃんなどに変身させている様子

お茶子はトガに腹を刺されてしまう

梅雨ちゃんを刺そうとしたトガと、上空で対峙することとなったお茶子。
ワイヤーを回収した際の勢いで近接戦となり、そのまま脇腹をナイフで刺されてしまうことに。
口から大量の血を吐いている様子からも、お茶子は重傷を負った状態と言えるでしょう。

お茶子のケガは示唆されていた?

ヒロアカ展お茶子の傷

引用元:ヒロアカ展公式Twitter

ヒロアカ展では、堀越先生が描き下ろしたデク・お茶子のカラーイラストが公開されました。
そのイラストでは、お茶子のコスチュームの右脇腹の部分が破れているのが特徴です。
お茶子が右脇腹を刺されることは、このイラストで示唆されていたのかもしれません。

常闇踏陰のヒーロー分析・個性

常闇踏陰のプロフィール

名前常闇踏陰
ヒーロー名ツクヨミ
個性黒影(ダークシャドウ)
必殺技終焉「胎」
終焉「儚」
深淵闇駆 光明
戦闘スタイル影による広範囲攻撃
所属雄英高等学校ヒーロー科1年A組
出身地静岡県
出身中学円扉中学校
誕生日10月30日
身長158cm
血液型AB型
性格深淵を好むクール系

HERO’S STATUS

パワースピードテクニック
B+AーC
知力中二病
CS

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ2023年30号に掲載されている「デクのヒーロー分析ノート」を引用しています。

常闇踏陰の性格

小難しい言い回しは中二病を拗らせているから?
その影響でクールな印象を受けるものの、心の内には熱い想いを秘めている。
なお異性に対しては初心な模様。

常闇踏陰の”個性”「黒影ダークシャドウ

影の濃さが攻撃力に直結!

闇が深いと凶暴性が増し制御しづらくなる「黒影ダークシャドウ」だが、常闇自身の成長で暴走を抑えられるように。
変幻自在でどんな場面にも対応できるが、特にその攻撃力は雄英高校でもトップクラス。

常闇踏陰へのデクの一言

暗所での黒影は、プロも舌を巻くほどのパワー!
体育祭をはじめ常闇くんには頼りっぱなしだけど、ホークスが背中を預けるのも頷ける!!

僕のヒーローアカデミア392話の展開予想

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ2023年30号発売前に掲載した392話の展開予想となります。
あらかじめご注意ください。

お茶子・トガの戦いが始まる?

391話では、お茶子が大量のトゥワイスの複製の中からトガ本人を見つけ出し、お茶子・トガが対峙している状況となっています。
お茶子がトガの左腕にワイヤーを巻きつけ、身動きを封じている状況からも、二人が戦い始める展開になる可能性が高いです。
392話以降では、林間合宿の時からのお茶子・トガの因縁に決着がつくことになるでしょう。

お茶子・トガの重要なシーンが描かれる?

お茶子とトガに関しても、早く描きたくてウズウズしているシーンがあります。
ぶっちゃけると、トガというキャラクターはお茶子を前提に登場させました。
そしてお茶子はトガに合わせてキャラクターを進めていました。
どのような結末を迎えるのか、ご期待に添えるかはわかりませんが、誠心誠意描き上げるつもりです。

ジャンプフェスタ2022では、堀越先生がお茶子・トガについて上記のように言及しました。
メッセージの内容からも、遂に対決することになったトガ・お茶子の二人が『僕のヒーローアカデミア』という作品で大きな役割を担うことは間違いないと言えるでしょう。
群訝山荘跡にて行われるトガVSお茶子の戦いの最中で、堀越先生が描きたくてウズウズしているシーンが登場すると思われます。

トガの横に描かれている人物とは?

お茶子から「殺意が混ざって 今は純粋な”好き”だけじゃない」と言われたトガは、本心を見抜かれたのか激昂しているのが特徴。
また、トガが「あなたが私の 何を知ってるの!?」と声を荒げた場面では、トガの横に何者かの頭部が描かれることに。
大量のトゥワイスの中から現れたのは、梅雨ちゃんの可能性が高く、トガは梅雨ちゃんを人質として扱うのではないでしょうか?

ステインがトゥワイスを止める?

ステインの”個性”「凝血」は、血液を経口摂取した相手の動きを止めるというもの。
トゥワイスの複製にも効くかどうかは不明なものの、現状では無限に増殖し続けているトゥワイスの唯一の天敵と思われます。
哀れなサッドマンズ死の行進デスパレード」を発動中のトゥワイスを止める手段は無いと言えるため、ヒーロー側の逆転にはステインの参戦が必須なのかもしれません。

ステインは今度どう行動する?

群訝へと向かう焦凍・飯田の様子を陰から見ており、「誰が…為に──…」と呟いている様子が描かれたステイン。
385話の最後で登場した際には、足元にグライダーのようなものが存在していました。
焦凍を群訝山荘跡へと送り、その場で倒れている飯田の元に、グライダーに乗ったステインが現れ、トゥワイスから救うのではないでしょうか?

ホークスの活躍が描かれる?

ホークスは、多分皆さんにとっても大きな希望になってくれるかと思います。

ジャンプGIGAにて、堀越先生から上記のように言及されているホークス。
しかし、常闇を支えつつAFOと戦っていたホークスは、385話AFOから「剛翼」の”個性”を奪われてしまうことに。
既にAFOを相手に充分健闘したと言えるものの、トゥワイスの大量の複製が迫る中、”無個性”の状態で更なる活躍を見せるのかもしれません。

『僕のヒーローアカデミア』関連記事まとめ

キャラ考察・関連記事一覧

劇場版・原画展関連記事一覧

本誌各話のまとめ記事一覧

31巻
296話 297話 298話 299話 300話
301話 302話 303話 304話 305話
306話
32巻
307話 308話 309話 310話 311話
312話 313話 314話 315話 316話
317話 318話
33巻
319話 320話 321話 322話 323話
324話 325話 326話 327話 328話
34巻
329話 330話 331話 332話 333話
334話 335話 336話 337話 338話
339話
35巻
340話 341話 342話 343話 344話
345話 346話 347話 348話 349話
350話
36巻
351話 352話 353話 354話 355話
356話 357話 358話 359話 360話
361話 362話
37巻
363話 364話 365話 366話 367話
368話 369話 370話 371話 372話
373話 374話
38巻
375話 376話 377話 378話 379話
380話 381話 382話 383話 384話
385話 386話
39巻
387話 388話 389話 390話 391話
392話 393話 394話 395話 396話
397話 398話
40巻
399話 400話 401話 402話 403話
404話 405話 406話 407話 408話
409話 410話

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました