【ヒロアカ】401話のネタバレ感想・考察まとめ|ステインが死亡【僕のヒーローアカデミア】

ヒロアカ401話アイキャッチ 僕のヒーローアカデミア
引用元:週刊少年ジャンプ2023年43号

9/25(月)発売の週刊少年ジャンプ2023年43号(10月9日号)に掲載されている、『僕のヒーローアカデミア』401話「THE LUNATIC(ザ・ルナティック)」の感想・考察をまとめています。
ヒロアカ401話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼僕のヒーローアカデミアまとめ記事一覧

39巻
387話 388話 389話 390話 391話
392話 393話 394話 395話 396話
397話 398話
40巻
399話 400話 401話 402話 403話
404話 405話 406話 407話 408話
409話 410話

▼連載終了まで残り1年!?新情報まとめ

ヒロアカ400話の内容のおさらい

前話のネタバレ・あらすじまとめ

①KUNIEDAを倒した青山・葉隠のその後

  • 「……葉隠…さん…?」と不安げに言う青山
  • 青山に名前を呼ばれて呆気に取られる葉隠
  • 自分の体が透明になっていないと気付く
  • 見えないのがアイデンティティと言う葉隠
  • 容量を超え「透明化」がバグったと思い至る
  • 青山の”個性”が伸びていると気付く葉隠
  • 皆を助けることを優先しようとする青山
  • KUNIEDAクニエダの『苗』は消えたりしない
  • 葉隠に侵食した根を灼くように頼む青山
  • 今日が雄英生として最後の日だと口にする

②レーザーで灼かれ続けるAFO

  • エルクレスがAFOにレーザーを放ち続ける
  • スターの最期の戦いに倣うオールマイト
  • AFOが照射域から抜け出さぬよう邪魔をする
  • オールマイトは下半身が動かない様子
  • AFOの放った攻撃を食らうオールマイト
  • ”クリエティ”でアーマーの形を変える
  • 拘束弾をAFOに放つオールマイト
  • 今は喜びが痛みを凌駕している様子
  • テレビで戦いの様子を見るとある国の少年
  • 自分達には関係のない事だと言う老人
  • 少年はオールマイトのことを応援する

③ステインがオールマイトに協力する

  • レーザーを放っていたエルクレスが崩壊
  • 少年の背丈に戻ったAFOが姿を現す
  • AFOは体が発光している状態
  • オールマイトに攻撃しようとするAFO
  • AFOは突然体は動かなくなってしまう
  • グライダーに乗ってステインが現れる
  • 瓦礫についたAFOの血を舐めるステイン
  • オールマイトがAFOへと攻撃を仕掛ける
  • 「征け!!! オールマイト・・・・・・!!」と叫ぶステイン

▼前話400話のネタバレまとめはこちら

【ヒロアカ】400話のネタバレ感想・考察まとめ|ステインが参戦・AFOの動きを止める【僕のヒーローアカデミア】
9/19(火)発売の週刊少年ジャンプ2023年42号(10月2日号)掲載の『僕のヒーローアカデミア』400話「限界を」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ400話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載しているので、是...

▼劇場版第四弾のまとめ記事はこちら

ヒロアカ400話終了時のキャラ情報

400話で登場したキャラ・状況まとめ

雄英近くの戦場におけるキャラ一覧

キャラ名目的・状況
オールマイト ・死柄木の元へ向かうAFOの前に立ちはだかる
「アーマードオールマイト」の姿となる
・A組の生徒の”個性”を再現して戦う
下半身がオシャカになっている状態
・動きが止まったAFOに攻撃を仕掛ける
AFO ・”巻き戻し”により若返り続けている状態
死柄木の元へ向かって移動する
・ダメージで加速度的に巻き戻しが進行する
少年の姿・体が発光している状態
・ステインの”個性”で身動きを封じられる
ステイン ・ヒーロー40名殺傷犯のヴィラン
・「凝血」の”個性”を持つ
神野区で焦凍・飯田の様子を見ていた
・グライダーに乗って戦場に現れる
AFOの血を舐めて「凝血」を発動する

A組の生徒20名の現在位置まとめ

場所キャラ名
雄英校舎緑谷出久爆豪勝己上鳴電気
八百万百
群訝山荘跡常闇踏陰耳郎響香麗日お茶子
蛙吹梅雨切島鋭児郎峰田実
轟焦凍飯田天哉
蛇腔病院跡芦戸三奈
国立多古場競技場砂藤力道尾白猿夫瀬呂範太
セントラル病院前障子目蔵口田甲司
仮設要塞トロイア付近青山優雅葉隠透

僕のヒーローアカデミアの掲載順まとめ

ヒロアカの直近10話の掲載順一覧

順位話数タイトル年・号
9位 392話 ヴィラン名 2023年30号
4位 393話 少女のエゴ 2023年32号
1位 394話 麗日お茶子VS渡我被身子 2023年33号
14位 395話 幸せの上に 2023年34号
8位 396話 ”個性”無き戦い 2023年36・37号
10位 397話 ゴミ拾い 2023年38号
3位 398話 八木俊典:ライジングオリジン 2023年39号
11位 399話 有機交流電燈 2023年40号
6位 400話 限界を 2023年42号
5位 401話 THE LUNATIC 2023年43号

▼次話402話のネタバレ考察はこちら

【ヒロアカ】402話のネタバレ感想・考察まとめ|オールマイトがAFOごと自爆?【僕のヒーローアカデミア】
10/2(月)発売の週刊少年ジャンプ2023年44号(10月16日号)に掲載されている、『僕のヒーローアカデミア』の402話「THE・TEARFULDAYS(ザ・ティアフルデイズ)」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ402話の内容のネタ...

▼劇場版第四弾のまとめ記事はこちら

ヒロアカ401話のあらすじ・ネタバレ

戦場に至るまでの過程を振り返るステイン

「凝血」の”個性”でAFOの体の動きを止めた後、グライダーに乗ったままAFOへと迫るステイン。
火傷の男(焦凍)・インゲニウムの会話から状況を推察し、戦場後を辿ってオールマイト・AFOの元まで辿り着いたと状況を振り返ります。
血痕がついた瓦礫を手に入れたステインは、その血がAFO・オールマイトのどちらのものかは、削いで尚、血風嗅ぎ穿つ鼻で見分けたとのこと。
引き続きAFOへと向かいながら、ステインは自分が敢えて・・・躯を曝け出した意味について「オールマイト おまえなら判るだろう!?」と問いかけます。

ステインがAFOへと刀を振るう

「英雄の情は他が為にのみ存在を許される…」
「…だが 神が地に伏せ人のか弱き心をも得たのなら 或いは──」

上記の過去の自身のセリフに続けて、「自らの生を踠くもがことすら許されよう!」と思うステイン。
一方のオールマイトは、ステインの胸中の言葉が聞こえているかのように、「判ってるさ・・・・・ ステイン!!」と心中で答えます。
AFOに向かって刀を振るう中、ステインの「『俺が来た』!!」とのセリフには、「おまえは生きねば」とのルビが振られているのが特徴です。
そんな中、身動きが取れなくなっていたAFOは、「強制発動」・「瀉血しゃけつ」の二つの”個性”を使用し、目や耳などから大量の血を排出することに。

”個性”で血を入れ替えるAFO

オールマイト・ステインが「血を捨てた!?」と思う中、「赤黒!」とステインの名を呼ぶAFO。
タルタロスから唯一人、AFOのことを拒絶して逃げ果せたあの日から、ステインが何かをして来る事は予想できていたと言い、「だから事前に仕込んでいたさ」と続けます。
一方、浴びたAFOの血を舐めて「捨てたところで血は同じ」と言葉を発しようとしたステインは、その途中でAFOの体から伸びている”個性”の口に捕まってしまいました。
「馬鹿か?」と口にした後、「抗原変態」の”個性”で血を書き換えたと明かすAFO。
痕跡を残さないのが長く君臨する秘訣だと言い、体から伸びている”個性”の口にステインの体を噛み砕かせることに。

AFOがステインを殺害する

「血を抜いたおかげで目が覚めてきた」と言うと、迫り来るオールマイトのことを無視し、勢いよくステインの体を投げ飛ばすAFO
いくつもの建物を突き破っていったステインを追い、AFOはその場から勢いよく離れていきます。
その後、建物の窓辺で倒れているステインを前にして、「『凝血』をいただこう」と宣言した後、「思えば君は連合…延いては弔の成長に大きく貢献してくれた」と振り返るAFO。
「あれで役目は終わってるんだよ 殺人犯」と口にして止めを誘うとする中、ステインは「終わらんさ 全ては…過程だ魔王…」と呟きます。
高等教育など受けずとも、英雄が何たるかは全部おまえが教えてくれたとオールマイトのことを思うステインは、「生きて勝て 俺の全てマイ・オール──…」と胸中で言い残し、AFOの一撃を食らうことに。

エルクレスに守られるオールマイト

AFOが強烈な一撃でステインに止めを刺す様子が描かれた後、背中のスラスターで何とかその場に辿り着いたオールマイト。
次の瞬間、AFOは勢いよくオールマイトの方へ振り返り、左手から”個性”を放とうとすることに。
するとその時、AFO・オールマイトの間にはエルクレスが飛来し、「最後ノシールドデス」と音声を発しながら、オールマイトの前に陣取ります。
エルクレスが「生キテ」と言い残す直前に放たれたAFOの一撃は、エルクレスのシールドごとオールマイトを吹き飛ばし、オールマイトは殆どのアーマーを失ってしまう結果に。
その後、大量の血を流して地面に横たわるオールマイトは、志村奈々から「俊典 がんばれ」と声を掛けられる幻覚を目にしていました。

AFOが「泥ワープ」圏内へと入る

傍らで「俊典!! まだ紡がれてるぞ!」と呼び掛けて来る師匠の存在から、「…これは幻覚だ 私が私を励ましているんだ…」と思うオールマイト。
続いて、近くに立っているナイトアイの存在に気付くと、与えられてきた全てサポートアイテムも脚ももう使えない・もう戦えないと弱音を吐きます。
しかし次の瞬間、オールマイトは「でも まだ死んでない」と思い至ると幻覚から目を覚まし、体を引きずりながらも「来いや」と口にすることに。
空中に浮かぶ雄英校舎が背景に描かれている中、遠くの地面に這いつくばっているオールマイトを視界に入れるAFO。
一方、その頃の司令部では「AFO!! 死柄木弔に接近!!」「泥ワープ圏内に入ってます!!」との報告がされていました。

ヒロアカ401話の内容・ネタバレまとめ

本誌401話の内容・ネタバレ一覧

①ステインが戦場に辿り着いた経緯

  • 「凝血」の”個性”で拘束されているAFO
  • 焦凍・飯田の話から状況を察したステイン
  • 戦場跡を辿り血痕がついた瓦礫を入手する
  • 血の匂いを嗅いでAFOの血と気付いた様子
  • ステインの意図に気付いているオールマイト
  • 「俺が来た」と胸中で口にするステイン

②ステインに止めを刺すAFO

  • AFOが「瀉血」の”個性”を強制発動する
  • 事前にステインに備えていたと明かすAFO
  • AFOは「抗原変態」で血を書き換えていた
  • ステインの体を”個性”で噛み砕くことに
  • AFOがステインを勢いよく投げ飛ばしていく
  • いくつもの建物を突き破っていくステイン
  • 投げ飛ばしたステインの元へ向かうAFO
  • オールマイトに生きて勝つよう願うステイン
  • AFOが強烈な一撃でステインに止めを刺す

③AFOが泥ワープ圏内に到達する

  • オールマイトに左手を向けるAFO
  • エルクレスの最後のシールドが飛来する
  • シールドごと吹き飛ばされるオールマイト
  • 地面に倒れて満身創痍の状態となる
  • 志村奈々・ナイトアイの幻覚を見ることに
  • 「でも まだ死んでない」と思うオールマイト
  • 地面に這いつくって「来いや」と言い放つ
  • 二人の背後には雄英校舎が描かれる
  • AFOが泥ワープ圏内に入ってしまう

▼次話402話のネタバレ考察はこちら

【ヒロアカ】402話のネタバレ感想・考察まとめ|オールマイトがAFOごと自爆?【僕のヒーローアカデミア】
10/2(月)発売の週刊少年ジャンプ2023年44号(10月16日号)に掲載されている、『僕のヒーローアカデミア』の402話「THE・TEARFULDAYS(ザ・ティアフルデイズ)」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ402話の内容のネタ...

▼劇場版第四弾のまとめ記事はこちら

ヒロアカ本誌401話の感想・考察まとめ

401話のタイトルの意味について

401話のタイトルに使われている「lunatic」とは、「狂人・奇人」の意味を持つ英単語です。
このタイトルは、401話で活躍したステインのことを表している可能性が高いでしょう。
ただし、ボロボロの状態で尚立ちあがろうとしている、オールマイトのことをも意味しているとも考えられそうです。

ステインが参戦するまでの経緯とは?

焦凍・飯田の会話から状況を推察する
戦場後を辿り、雨風を免れた血痕を採取する
血の臭いからAFOの血痕だと断定する

386話にて、神野区にいた焦凍・飯田のことを影から見ている様子が描かれたステイン。
会話を聞いて状況を推察し、グライダーに乗ってオールマイト・AFOが戦う地に訪れたとのこと。
血痕がついている雨風を免れた瓦礫を拾ったステインは、匂いを嗅いでAFOの血だと断定し、「凝血」の”個性”を発動したようです。

オールマイトに胸中で呼びかけるステイン

「英雄の心は他が為にのみ存在を許される…」
「…だが 神が地に伏せ人のか弱き心をも得たのなら 或いは──」

AFOへと迫りながら、「おまえなら判るだろう!? 俺が敢えて・・・この躯を曝け出した意味!」と、胸中でオールマイトに呼び掛けているステイン。
また、326話で口にした上記のセリフを思い浮かべると、「自らの生を踠くことすら許されよう!」と心中で続けています。
ステインは「俺が来た」と思いつつも、オールマイトに対して「おまえは生きねば」と考えていると言えるでしょう。

ステインの意図に気付いているオールマイト

ステインと胸中で意思が通じたのか、AFOを前にして拳を握り締めながら、「判ってるさ・・・・・」と思うオールマイト。
続けて、「この”ヒーロー40名殺傷犯ステイン”を終わらせに来い」とのステインの言葉を思い出している様子が描かれているのが特徴です。
オールマイトは、英雄として立ち上がるべき・生き続けるべきと、ステインが自分に言いたいのだと理解したと思われます。

AFOが”個性”を複数発動する

”個性”名”個性”の効果
強制発動”個性”を強制発動する
瀉血血液を外部へと排出する
抗原変態抗原の性質・形態を変える

体の動きを止められたAFOは、「瀉血」の”個性”を発動し、血液を捨てる行動に出ることに。
その際、「強制発動」を使用することで、身動きが取れない状態ながらも、無理やり”個性”を発動しているのが特徴です。
また、再度動きを止められないよう、「抗原変態」によってすぐさま血を書き換えたとのこと。

AFOはステインに備えていた様子

タルタロスから脱獄した際、AFOはステインが唯一人、自分を拒絶して逃げ果せたことに気付いていたようです。
そのため、ステインが何かして来る事は予想できており、事前に”個性”を仕込んでいたとのこと。
上記の”個性”は、ステインの「凝血」で体の動きを止められた時の対抗策だったようです。

ステインを”個性”で圧倒するAFO

背中から口が存在する触手のようなものを生やし、ステインを捕らえることに成功したAFO。
「血を抜いたおかげで目が覚めてきた」と言うと、そのままステインの体に噛み付かせて大ダメージを負わせました。
続けて、AFOは触手を勢いよく振り回し、建物を突き破る威力でステインを投げ飛ばすことに。

AFOがステインに残した言葉とは?

投げ飛ばしたステインの元へ向かい、「思えば君は連合…延いては弔の成長に大きく貢献してくれた」と口にしたAFO。
実際に6巻49話では、ステインが死柄木と手を組む様子が描かれており、最終的にはヴィラン連合の拡大に繋がりました。
AFOは「あれで役目は終わってるんだよ 殺人犯」と言い残し、ステインに止めを刺す様子が描かれることに。

ステインの最期の思いについて

AFOに止めを刺される直前でも、「終わらんさ 全ては…過程だ魔王…」と言い放ったステイン。
高等教育など受けずとも、英雄が何たるかは全部おまえが教えてくれたと、心中でオールマイトを思うことに。
ステインは最後に、オールマイトに対して「生きて勝て 俺の全てマイ・オール──…」と胸中で言い残し、死亡することとなりました。

AFOは「凝血」の”個性”を奪った?

満身創痍のステインの元に訪れたAFOは、「『凝血』をいただこう」と口にしているのが特徴。
ただし、その場へ向かうオールマイトの前で、AFOはステインに強烈な一撃を叩き込みました。
”個性”を奪う描写はされていないものの、AFOはステインに止めを刺す前に「凝血」を奪ったのかもしれません。

オールマイトに攻撃しようとするAFO

オールマイトが近付いて来ると、即座に振り向いて左腕を突き出したAFO。
左手の手のひらの穴が光輝いている様子から、「押し出し」などの複数の”個性”を同時発動しようとしていると思われます。
結果的には、AFOのレーザーのような攻撃により、オールマイトは大ダメージを受けることに。

エルクレスの最期の言葉とは?

AFOが攻撃を放つ直前、オールマイトの前にはエルクレスが飛来しました。
レーザーを放ち続けた結果、壊れたかに思われたエルクレスですが、シールドがわずかに残されていたようです。
エルクレスは「生キテ」と音声を残し、AFOの一撃で破壊されてしまいました。

志村奈々・ナイトアイの幻覚について

AFOの攻撃で残されたアーマーも破壊され、地面に倒れることとなったオールマイト。
志村奈々に声を掛けられる光景を見るも、「…これは幻覚だ 私が私を励ましているんだ…」と思い至ることに。
続けてナイトアイの姿も目にするも、オールマイトはサポートアイテム・脚ももう使えない、もう戦えないと弱音を吐きます。

戦い続けようとするオールマイト

幻覚を見て弱音を吐いたオールマイトですが、次の瞬間には、「でも まだ死んでない」と体を起こすことに。
マスクを失って素顔を曝け出し、満身創痍の状態ながらも、オールマイトは地面に這いつくばって「来いや」と言い放ちました。
なんとか時間稼ぎをするため、自らの命をも犠牲にするつもりなのかもしれません。

「まだ死んでない」の意味について

「このままいけば あなたは敵と対峙し」
「言い表せようもない程…凄惨な死を迎える!!」

396話の冒頭にて、上記のナイトアイの言葉を思い出し、予知がまだ生きている場合、間違いなくここだと確信したオールマイト。
予知通りであれば、自分はAFOを相手に死を迎えるはずであるため、「まだ死んでない」と体を起こしたのではないでしょうか?
ただし、サポートアイテムを失い、脚がもう動かない状態となっているため、オールマイトは命の危機に瀕していると言えます。

オールマイトの背後の様子まとめ

空中雄英校舎が浮かんでいる状態
地上激闘が繰り広げられている様子

オールマイトが「来いや」と言い放つコマの背景では、空中に浮かぶ雄英校舎が描かれています。
また、地上では激闘が繰り広げられているのか、土煙が上がっている様子。
死柄木の元へ向かうAFOの前に立ちはだかったオールマイトでしたが、デク・死柄木の戦いがそばで行われている状況と言えるでしょう。

AFOは「泥ワープ」圏内にいる状態

AFOの「泥ワープ」の”個性”は、転送距離がひどく短い上、転送先は馴染み深い人物でないと機能しないという不完全なもの。
そのため、死柄木の元へ向かうには、「泥ワープ」の有効圏内にまで近付く必要がありました。
ただし401話の最後では、死柄木に接近しており、「泥ワープ」圏内へと入っている状態です。

僕のヒーローアカデミア401話の展開予想

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ2023年43号発売前に掲載した401話の展開予想となります。
あらかじめご注意ください。

AFOが反撃を開始する?

ステインの「凝血」の”個性”により、体の自由が聞かない状態となっているAFO。
ただし、体を動かすことが不可能でも、大量に所持している”個性”のいくつかを使用すること自体は可能と思われます。
周囲一帯に攻撃を仕掛けるといった”個性”により、AFOはオールマイト・ステインに反撃するのかもしれません。

AFOが使用する”個性”とは?

作中でこれまでに使用した”個性”
サーチ泥ワープ衝撃反転筋骨発条化
瞬発力膂力増強増殖肥大化
エアウォーク槍骨赤外線音・震動
感知電波反射拡散
超再生鋲突摂生凝火扇
押し出し重荷ダークボール光塵

作中にて、上記の”個性”を使用している様子が描かれたAFO。
スターアンドストライプ戦では、「新秩序ニューオーダー」を取り込んだ死柄木が反射などの”個性”を失うも、AFO自身は特に”個性”を失っていないでしょう。
今後の展開でAFOが反撃を開始する場合、上記の”個性”を使用、もしくは新たな”個性”を披露すると思われます。

AFOが発光している理由が明らかに?

AFO=”発光する赤児”を意味している
AFOが”発光する赤児”から”個性”を奪った

”巻き戻し”の影響で少年の姿まで若返ったAFOは、体が発光している状態となっています。
この発光は、中国の軽慶市で生まれた”発光する赤児”が関係しており、AFOが”発光する赤児”と同一人物だったのではないでしょうか?
もしくは、AFOが”発光する赤児”から直接”個性”を奪ったなどとも考えられそうです。

オールマイトが爆豪のヒーロー名を使用?

キャラ名ヒーロー名/機構名
爆豪勝己大・爆・殺・神ダイナマイト
・ハウザーインパクトに近い技を放つ?
・左腕の装備が鍵となる?

AFOとの戦いでアーマーを纏ったオールマイトは、A組の生徒の”個性”を再現した技で攻撃を続けているのが特徴。
ただし400話時点では、爆豪のヒーロー名を冠した”大・爆・殺・神ダイナマイト”の機構のみを使用していない状況です。
オールマイトは、爆豪のヒーロー名の機構でAFOに止めを刺すのではないでしょうか?

400話までに使われたヒーロー名一覧

396話まで
切島鋭児郎レッド???(烈怒頼雄斗)
エルクレスの装甲でシールドを展開する
上鳴電気チャージズマ
ワイヤーに電流を流す・再生を妨害する
瀬呂範太セロファン
ワイヤーを巻き取る
砂藤力道シュガーマン
左足に装甲を纏う・ビルドアップ
(緑谷出久)シュートスタイル
オールマイトが蹴りによるスマッシュを放つ
397話まで
常闇踏陰ツクヨミ
ユーティリティマントによるオートガード
398話まで
芦戸三奈ピンキー
強力な酸を相手の体に注入する
麗日お茶子ウラビティ
肩のスラスターで姿勢を制御する?
飯田天哉インゲニウム
足の装備によって超スピードで動く?
399話まで
障子目蔵テンタコル
背中に生えた複数のアームを操作する
蛙吹梅雨フロッピー
”テンタコル”の先端で吸盤の役割となる
轟焦凍ショート
左腕の装備で炎・冷気を生み出せる?
尾白猿夫テイルマン
尻尾を操作して機動力をアップする?
口田甲司アニマ
自律して空を飛ぶ鳥型のロボットを指す
青山優雅CAN’T STOP TWINKLING☆
変形したエルクレスがレーザーを放つ
400話まで
葉隠透インビジブルガール
アーマーに塗布されていた特殊光学樹脂
耳郎響香イヤホン=ジャック
音波振動による攻撃
八百万百クリエティ
アーマーのモーフィング機能
峰田実グレープジュース
”クリエティ”の機能で作り出された拘束弾

上記の通り、400話までで爆豪以外の19名の”個性”を再現して戦っているオールマイト。
ただしデクの場合は、シュートスタイルを模倣した形で、”個性”を再現したわけではありません。
401話以降では、”デク”というヒーロー名を冠した機構を使用する可能性もあるでしょう。

オールマイトが最後に使用する技は?

”大・爆・殺・神ダイナマイト”
”デク”
”○○スマッシュ”

ステインの「凝血」の”個性”で身動きが取れなくなり、ピンチに陥っている状況のAFO
このまま上手くいけば、オールマイトの一撃で”巻き戻し”を最大限に進行させ、消滅させることさえ可能と思われます。
その場合、オールマイトが最後に使用する技・機構としては、上記が候補に挙げられそうです。

オールマイトはOFA関連の技も披露する?

技名・機構名歴代継承者/”個性”
ブラックウィップ五代目:万縄大悟郎
【個性】黒鞭
シュートスタイル九代目:緑谷出久
【個性】なし(OFA)

オールマイトは1年A組の生徒だけでなく、OFAの歴代継承者であり、五代目・万縄大悟郎の「黒鞭」の”個性”も再現しているのが特徴です。
また、デク自身の”シュートスタイル”も利用しており、足技によるスマッシュを放つことに。
雄英の教師となったオールマイトは、その経験を活かした戦い方をしていると言えるでしょう。

その他の歴代継承者の”個性”一覧

キャラ名”個性”/機構名
二代目不明変速トランスミッション?
三代目不明発勁チャージ?
四代目四ノ森避影危機感知???
六代目煙幕スモーク?
七代目志村奈々浮遊フロート?

五代目の”個性”「黒鞭」を、”ブラックウィップ”という機構名で再現したことから、オールマイトは他の歴代継承者の”個性”も再現する可能性があると言えるでしょう。
その際には、上記のように”個性”を英訳した名称の技名が用いられると思われます。

オールマイトの生存は確定?

377話の冒頭では、舞い散る桜の花びらを掴もうとする、何者かの手が描かれることに。
その手は皺が多く、年配のキャラの手である可能性が高いです。
この手は、50代半ばの年齢と判明したオールマイトのものであり、密かにオールマイトの生存を示唆していたのかもしれません。

瀬呂の活躍が描かれることに?

ジャンプGIGA「2021 SPRING」では、堀越先生が「瀬呂くんもアツい場面があります。」と言及しているのが特徴。
砂藤・尾白と共に国立多古場競技場にいる瀬呂が、今後活躍することは間違いないでしょう。
タルタロス出のダツゴクとして言及されている「ギャシュリー」・瀬呂が激闘を繰り広げるのではないでしょうか?

『僕のヒーローアカデミア』関連記事まとめ

キャラ考察・関連記事一覧

アニメ・劇場版の関連記事一覧

本誌各話のまとめ記事一覧

31巻
296話 297話 298話 299話 300話
301話 302話 303話 304話 305話
306話
32巻
307話 308話 309話 310話 311話
312話 313話 314話 315話 316話
317話 318話
33巻
319話 320話 321話 322話 323話
324話 325話 326話 327話 328話
34巻
329話 330話 331話 332話 333話
334話 335話 336話 337話 338話
339話
35巻
340話 341話 342話 343話 344話
345話 346話 347話 348話 349話
350話
36巻
351話 352話 353話 354話 355話
356話 357話 358話 359話 360話
361話 362話
37巻
363話 364話 365話 366話 367話
368話 369話 370話 371話 372話
373話 374話
38巻
375話 376話 377話 378話 379話
380話 381話 382話 383話 384話
385話 386話
39巻
387話 388話 389話 390話 391話
392話 393話 394話 395話 396話
397話 398話
40巻
399話 400話 401話 402話 403話
404話 405話 406話 407話 408話
409話 410話
41巻
411話 412話 413話 414話 415話

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました