【ワンピース】1065話のネタバレ感想・考察まとめ|6人のベガパンク・ジンベエのセラフィムが登場【ONE PIECE】

ONEPIECE1065話アイキャッチ ONE PIECE
引用元:週刊少年ジャンプ2022年49号

11/7(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年49号(11月21日号)に掲載されている『ONE PIECE』の1065話「”6人のベガパンク”」の感想・考察をまとめています。
1065話で登場したジンベエのセラフィムの能力を始め、ベガパンクの6人のサテライトの特徴、900年前の王国についてネタバレしています。
ワンピース1065話の内容のあらすじ、チョイ見せの考察なども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼ワンピースのネタバレ関連記事はこちら

105巻
1056話 1057話 1058話 1059話 1060話
1061話 1062話 1063話 1064話 1065話
106巻
1066話 1067話 1068話 1069話 1070話

ワンピース1064話の内容のおさらい

前話のネタバレ・あらすじまとめ

①ロー・黒ひげの戦いの様子

  • ストロンガーに乗って黒ひげが登場
  • ローはハクガンに船を任せる
  • シャチ・ペンギンに海中へ向かうよう指示
  • 「”切断アンピュテート”」でストロンガーを両断する
  • 黒ひげが「”震破グラッシュ”」を発動する
  • リンゴ爆弾を投げるドクQ
  • シャチが海中からリンゴ爆弾を防ぐ
  • 船を沈めようとするシャチ・ペンギンたち
  • ジャンバールがローを狙撃から守る
  • ローが「”衝撃ショック波動ヴィレ”」を黒ひげに放つ
  • 黒ひげ海賊団にプリンが囚われていると判明
  • 「”闇水くろうず”」を発動する黒ひげ
  • 黒ひげ・ローの激突を知らされるサカズキ

②ボニーからくまの話を聞くルフィたち

  • ボニーが能力でルフィたちの年齢を変更
  • パシフィスタから逃れることに成功する
  • くまに関する情報を話すジンベエ
  • 改造人間サイボーグ”化は死刑と同じと言うボニー
  • ボニー曰く父・くまは暴君ではなかった
  • くまは「世界政府」を嫌っていた
  • ビームサーベルを身につけるボニー
  • くまが特殊な種族・・・・・と判明する

③”研究層ラボフェーズ”へ向かうサニー号サイド

  • 「ベガフォース01」の手に乗るゾロたち
  • エッグヘッドは二つの層からなる島
  • 雲の下の”工場層ファビリオフェーズ”にいるルフィたち
  • サニー号サイドは”研究層ラボフェーズ”に到着
  • ゾロ・ブルックは船番を引き受ける
  • 研究層ラボフェーズ”の地面は”空島”を再現している
  • 研究所ラボに到着した一同
  • ウソップたちは研究服に着替えることに
  • 自らの死期について話す「シャカ
  • シャカ」の通信相手はドラゴンと判明

▼前話1064話のネタバレまとめはこちら

【ワンピース】1064話のネタバレ感想・考察まとめ|ローVS黒ひげ・研究所に向かうサンジたち【ONE PIECE】
10/24(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年47号(11月7日号)に掲載されている『ONE PIECE』の1064話「”エッグヘッド研究層(ラボフェーズ)”」の感想・考察をまとめています。1064話で描かれたハートの海賊団VS黒ひげ海賊...

直近の考察・ネタバレ関連記事一覧

ワンピース1064話終了時のキャラ情報

ルフィ・キッド・ローの行き先まとめ

方角向かう海賊団島の名前
北東ハートの海賊団勝者島
キッド海賊団???
南東麦わらの一味エッグヘッド

記録指針ログポース”が定着した3方向は北東・東・南東となっており、ワノ国を出港したルフィたちはそれぞれ行き先を分けることに。
ワノ国から最も先に進める北東を選んだローは、黒ひげ海賊団と衝突しつつもそのまま”勝者ウィナー島”へ上陸したと思われます。
この事態を海軍は把握しているものの、戦力が足りないために”決着待ち”をするしかない様子

現在いる黒ひげ海賊団のメンバーは?

戦闘中の黒ひげ海賊団
黒ひげバージェスヴァン・オーガー
ドクQ(ストロンガー)

クザンも黒ひげに同行している最中?

現在”勝者ウィナー島”にいることが判明している黒ひげ海賊団の主要キャラは、上記の通り。
ただし、扉絵連載で描かれている通り、カカオ島からプリンを攫ってきたのはクザン・オーガーの二人となっています。
1064話時点では登場していないクザンですが、オーガーがこの場にいることを考えると、クザンも船内で控えている可能性があると言えるでしょう。

ハートの海賊団の主要キャラのおさらい

ハートの海賊団の主要メンバー
ローベポペンギン
シャチジャンバールハクガン
イッカククリオネウニ

ハートの海賊団で名前が判明しているのは、上記の面々。
白いお面をつけているキャラ「ハクガン」は、ポーラータング号の操舵手を務めています。
また、”北の海ノースブルー”の極寒港育ちであるシャチ・ペンギンは、「海戦」が大得意である様子

”麦わらの一味”の現状まとめ

”研究層”にいる面々
ナミウソップサンジロビン
フランキー
”研究層”で船番をしている面々
ゾロブルック(カリブー)
”工場層”にいる面々
ルフィチョッパージンベエ(ボニー)

ルフィたちが「未来島エッグヘッド」の”工場層ファビリオフェーズ”でパシフィスタと激突していた一方で、「リリス」と共に雲の上の”研究層ラボフェーズ”へ到着したサニー号サイド。
ゾロ・ブルックがサニー号の船番として残る中、サンジたちはベガパンクの研究所ラボへと向かうことに。

バーソロミュー・くまの種族とは?

1064話では、ボニーの口からバーソロミュー・くまが自身について特殊な種族・・・・・と言っていたことが判明することに。
海軍に捕まって”終身刑”となったものの、ベガパンクがくまの筋力・潜在能力に惚れ込んでいたため、”身体改造”・”クローン開発”への参加を条件に”王下七武海”として海へ戻ったと、自らの知るくまの情報を語ったジンベエ。
しかしジンベエの知る情報とは異なり、実際にベガパンクが注目していたのは、筋力・潜在能力よりもくまの種族だったのかもしれません。

ビッグマムの発言が関係している?

トットランドにいない種族とは?
巨人族ルナーリア族???

94巻951話にて、トットランドにはまだ”3種”の種族が存在しないと言及したビッグ・マム。
キングをビッグ・マム海賊団に誘っていることから、その内の一種はルナーリア族で確定と言えるでしょう。
巨人族を除いた残りの一種に関しては、歴史の彼方に消えてしまったかもしれないようですが、実はバーソロミュー・くまに関係しているのではないでしょうか?

『ONE PIECE』の掲載順まとめ

ワンピースの直近10話の掲載順一覧

順位話数タイトル年・号
2位 1056話 ”CROSS GUILD” 2022年36・37号
2位 1057話 ”終幕” 2022年38号
2位 1058話 ”新皇帝” 2022年39号
2位 1059話 ”コビー大佐の一件” 2022年41号
1位 1060話 ”ルフィの夢” 2022年42号
3位 1061話 ”未来島エッグヘッド” 2022年43号
2位 1062話 ”科学の国の冒険” 2022年45号
3位 1063話 ”たった1人の家族” 2022年46号
3位 1064話 ”エッグヘッド研究層” 2022年47号
1位 1065話 ”6人のベガパンク” 2022年49号

▼次話1066話のネタバレ考察はこちら

【ワンピース】1066話のネタバレ感想・考察まとめ|ベガパンク本体が登場【ONE PIECE】
11/14(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年50号(11月28日号)に掲載されている『ONE PIECE』の1066話「”オハラの意志”」の感想・考察をまとめています。1066話で判明したドラゴン・ベガパンクの関係性、オハラ・サウロのそ...

ワンピース1065話のあらすじ・ネタバレ

サニー号に残ったゾロたちの様子

未来島エッグヘッドの研究層ラボフェーズにて、サニー号の船番として残ったゾロは、ここが政府の島であるため、ウソップたちが捕まった場合に助け出す人が必要と考えていたことを明かします。
ゾロの言葉を受け「ヨホホ そういう事だと思いました」とブルックが同意を示す中、樽の中に収められていたカリブーが二人に話しかけます。
「ワノ国」を脱出できればどこでもいいとは言ったものの、政府の島のエッグヘッドはないと言うカリブーに対し、ルフィが世話になったことに礼を言いつつ、船を降りるように言うゾロ
カリブーがゾロの言い分に「覚えてろコイツらぁ〜〜〜!!!」と内心で思う中、研究所ラボ」へと向かったウソップたちに場面が移ることに。

研究所ラボに入っていく一同

ナミ・ウソップの二人が初めて乗ったエスカレーターに目を輝かせている中、仕組み・動力について「リリス」に尋ねるフランキー。
エッグヘッドの動力を”火”と明かしたリリスは、火は全てのエネルギーに変換できると続けます。
ベガパンクは何を燃やすかを研究し続けてきたようで、もし”消えない炎”がこの世にあれば太陽を作れると考えている様子。
リリスの言葉に加え、壁を突き抜けて研究所ラボに入っていく行動にフランキーが驚きを見せる中、リリスにはエジソンから通信が入ることに。
リリスに言われた通りに壁を突き抜けて研究所ラボに入った一同は、続けてベガパンク「エジソン」の指示に従って進んでいきます。

ジンベエのセラフィムと遭遇する

未来のお宝に期待してナミが目を輝かせている中、サンジたちは「SERAPHIM 04」と書かれたポットの前に座るジンベエを目にします。
子供の姿をしている上、羽根が生えており妙な雰囲気をしているジンベエに対し、可能性を模索する一同。

可能性1ジンベエの子供説(ウソップ)
可能性2ジンベエが子供された説(ナミ)
可能性3他人のそら似説(サンジ)

正体について上記のように考えている一同の前で立ち上がったジンベエは、子供の姿をしているものの、ジンベエ本人並の大きさを誇ると判明。
ジンベエが手からレーザーを放とうとしていると気付いたフランキーは、「可能性4」としてパシフィスタ説を唱えることに。
放たれたレーザーをなんとか避けつつ、ハメられた・政府に歓迎されるわけないと叫ぶウソップ。
目の前の人物がジンベエのクローン兵と察したナミは、”天候棒クリマ・タクト”を手にしつつ、子供というだけで手が出せないと口にします。

一同はジンベエのセラフィムと戦うことに

ナミに狙いをつけたジンベエのセラフィムは、地面を水のように泳ぐ・移動する「スイスイの実」の能力を発動し、ナミに掴みかかります。
ナミを殴ろうとしている光景を目にしたサンジは「よし”死刑”!!!」と口にすると、足に火を纏ってジンベエを蹴り飛ばすことに。
続いて「”巨人ヒガンテ咲きフルール”」を発動したロビンは、「”右に同じ”よ!! 今のは許さない」と言いつつ「”海竜花シーサーペント”・”スパンク”」で攻撃。
一方、再度地面に潜って攻撃を避けたジンベエは、ロビンに魚人空手による反撃を仕掛けます
「必殺”緑星”『ドクロ爆発草』」で反撃を邪魔するも、「スイスイの実」の能力で背後から姿を現したジンベエに捕まってしまうウソップ
助けに入ろうとしたサンジを制止したフランキーが「”ラディカルビーム”」を放つ直前、「シャカ」と思われる人物が「受けるな ”S-シャーク”!!」とジンベエのセラフィムに注意を促します。

Dr.ベガパンク「エジソン」・「ピタゴラス」が登場

一方その頃、戦いの様子を別室からモニタリングしており、フランキーがレーザーを使ったことに驚きを見せるDr.ベガパンク「エジソン」。
セラフィムは子供であり、レーザー実験はまだ先と焦った様子を見せ、続いて姿を現したリリスも同意を示し「セラフィム一台いくらかかると思うとるんじゃ!!」と怒りを見せることに。
また、突然新たな発明を閃いたと言うエジソンは、図面を引くため「ピタゴラス」に後を任せます。
「勿論です!!」と答えつつ、このような興味深い戦闘データはそうは取れないため、千載一遇のインプットと口にするピタゴラス。

食事・排泄・睡眠を担当する「ヨーク

アイデアが止まらないと言いつつ図面を引くエジソンに頼まれ、代わりに食事をする「ヨーク」。
エジソンの分まで食事をしているヨークは、BMIが600をオーバーするほど体重が増えることに。
一方、セラフィムの成長による攻撃パターンの変化などを追っているピタゴラスは、トイレに行きたいものの時間がもったいないと、本体と思われる頭部で焦りを見せます。
しかし、食事を終えたヨークがトイレに行ってスッキリした様子を見せると、同様に「すっきり!!」と口にするエジソン・ピタゴラスの二人。
ヨークはベッドに飛び込むとそのまま寝始め、本日4度目のKDNクーダスネールに入ることに。

サンジたちの前に「シャカ」が姿を現す

場面は元に戻り、「そこまでだセラフィム!!!」とジンベエのセラフィムを止め、リリス・エジソン・ピタゴラスに「もう気が済んだだろう」と呼びかけるDr.ベガパンク「シャカ
自己紹介をして「君たちが麦わらの一味か…」と呟き、クツが地面から離れないと反応を見せるサンジに対し、DOMシューズは研究所内の磁力でいつでも制御できると明かします。
「抵抗はムダなんでしょうね………」と溜め息をつくロビンに、「海賊を信用する事はできない」と言うシャカ。

900年前の文明を目にするルフィたち

この島は”未来”に見えるか?」とのシャカの問いに、”海獣シービースト兵器ウェポン”・「ベガフォース1」・島の空調を例に挙げて「とんでもねェ”未来”だ!!」と答えるフランキー。
どれだけの技術が使われているのか全部見て回りたいと言い、「敵とか言わずによーー!! ベガちゃーん♡」と呼びかけるフランキーに対し、「ここは『過去』だ……!!」と言うシャカ。
エッグヘッドのような高い文明を持つ「王国」が”900年前に実在してた”ことを信じられるかとシャカが問いかける中、遥か昔の物と思われる、頭に角が生えた巨大ロボットのような代物を目の当たりにするルフィたち。

ワンピース1065話の内容・ネタバレまとめ

本誌1065話の内容・ネタバレ一覧

①ジンベエのセラフィムと戦うことに

  • サニー号の船番として残ったゾロ・ブルック
  • 一味が捕まった際に助け出す人が必要と言及
  • 樽の中にいたカリブーが登場
  • カリブーに船を降りるように言うゾロ
  • エッグヘッドの動力は”火”
  • リリスに対してエジソンから通信が入る
  • サンジたちに指示をするベガパンク「エジソン
  • ジンベエのセラフィムと遭遇する面々
  • 子供の姿なもののジンベエ並の大きさを誇る
  • 手からレーザーを放つジンベエのセラフィム
  • 「スイスイの実」の能力を発動して移動する
  • ジンベエを蹴り飛ばすサンジ
  • 魚人空手が使用可能な様子のセラフィム
  • 「”ラディカルビーム”」を放つフランキー
  • ジンベエのセラフィムの名前は”S-シャーク”

②残りのベガパンクたちが登場する

  • フランキーのレーザーに驚くエジソン
  • セラフィムのレーザー実験はまだ先の予定
  • エジソンは新たな発明を閃く
  • ピタゴラス」に後を任せるエジソン
  • エジソンの代わりに食事をとる「ヨーク
  • トイレに行きスッキリした様子のヨーク
  • ピタゴラスも「すっきり!!」と口にする
  • 4度目のKDNクーダスネールに入るヨーク

③「シャカ」がサンジたちの前に姿を現す

  • Dr.ベガパンク「シャカ」が戦闘を止めに入る
  • クツが地面から離れない様子のサンジたち
  • DOMシューズは磁力でいつでも制御可能
  • 海賊を信用する事はできないと言うシャカ
  • シャカはこの島が未来に見えるかと問う
  • エッグヘッドを「過去」と言うシャカ
  • 巨大ロボットのような物に出会うルフィたち
  • 900年前の物と思われる巨大ロボット
  • 高い文明を持つ「王国」に言及するシャカ
  • 900年前にその「王国」が実在していた?

▼次話1066話のネタバレ考察はこちら

【ワンピース】1066話のネタバレ感想・考察まとめ|ベガパンク本体が登場【ONE PIECE】
11/14(月)発売の週刊少年ジャンプ2022年50号(11月28日号)に掲載されている『ONE PIECE』の1066話「”オハラの意志”」の感想・考察をまとめています。1066話で判明したドラゴン・ベガパンクの関係性、オハラ・サウロのそ...

『ONE PIECE』1065話の感想・考察まとめ

リリスの言及している”火”に関して

未来島エッグヘッドの動力を”火”と明かし、火は全てのエネルギーに変換できると口にするリリス。
また、何を燃やすかを研究し続けてきたと言うと、「もし”消えない炎”がこの世にあれば…太陽を作れるのにと………!!」と続けることに。
わざわざこのセリフに言及しているということは、”消えない炎”・太陽が今後作中で鍵になるのかもしれません。

作中に登場した”消えない炎”とは?

  • パンクハザードの炎
  • ルナーリア族の背中の火

”燃えない炎”と言えば、作中では上記のものに関連があると言えそうです。
かつてキングを捕らえてルナーリア族の研究をしていたのは、セラフィムを作り出すほか、背中の火にも着目していたのかもしれません。
ただし、ルナーリア族の背中の火は消えることもあるため、”消えない炎”には当てはまらないとも考えられます。

ベガパンクの「サテライト」の元ネタ予想

サテライトの元ネタ予想
ダフト・パンクロックマンロボコン
鉄腕アトム

ベガパンクの6人の「サテライト」の元ネタとしては、上記のようなものに関係していると思われます。
特に”PUNK-01”「シャカ」は電子音楽デュオ「ダフト・パンク」を、”PUNK-04”「ピタゴラス」はコメディロボット作品「ロボコン」をモチーフにしていると言えそうです。

各サテライトの特徴・性格のおさらい

キャラ名特徴・性格
シャカ”PUNK-01”・「正」
・サテライトのリーダー的存在
・ダフト・パンクをモチーフとしている
・仏教の開祖・釈迦が名前に用いられている?
リリス”PUNK-02”・「悪」
・金にうるさい言動が多い
・聖書・ユダヤ教伝承に登場する人物が由来?
エジソン”PUNK-03”・「想」
・とにかく発明をするキャラ
・発明家「トーマス・エジソン」が由来?
ピタゴラス”PUNK-04”・「知」
・データの整理・インプットを担当?
・歴史上の人物を由来としている
アトラス”PUNK-05”・「暴」
・暴れる・腹ごなしをする担当?
・鉄腕アトムのキャラが関係している?
ヨーク”PUNK-06”・「欲」
・食事・排泄・睡眠を担当する?

セラフィムはナンバーで管理されている?

1065話で登場したセラフィムは、「SERAPHIM 04」と記されたポットの前に座っていました。
ジンベエは4番目のセラフィムと考えられ、これまでに登場したセラフィムもナンバーで管理されている可能性があると言えそうです。

1065話までに登場したセラフィム一覧

セラフィムの外見のキャラ一覧
ボア・ハンコックミホーク
バーソロミュー・くまジンベエ

ジンベエのセラフィムの能力・特徴

褐色の肌・黒い羽根とルナーリア族の特徴を持つ
子供の姿をしているものの約3mの大きさを誇る
瞳孔(黒目)が星の形をしている
レーザーを放つことが可能
「スイスイの実」の能力を使用可能
魚人空手を使用可能

シャカから”S-シャーク”と呼ばれているジンベエのセラフィムは、上記のような特徴を持ちます。
他のセラフィム同様にルナーリア族・パシフィスタの特徴を持つ他、ジンベエ本人と同じように魚人空手を使用することが可能
また、ドレスローザ編で登場したセニョール・ピンクと同じ「スイスイの実」の能力をも持っているようです。

「人造悪魔の実」を利用している?

パンクハザードの研究所にて、「失敗作」の”人造悪魔の実”を残していたベガパンク。
ただし「人造悪魔の実」を口にしたモモの助は、カイドウと同じ「ウオウオの実」モデル:青龍の能力を実現しており、実際は失敗作ではなかった可能性が高いです。
「人造悪魔の実」を造り出すことに成功したベガパンクは、セラフィムに与えて能力者としているのかもしれません。

900年前に実在した「王国」とは?

エッグヘッドの技術を「とんでもねェ”未来”」と評したフランキーに対し、「ここは『過去』だ……!!」と言い放ったシャカ。
フランキーがどういう意味かと尋ねると、シャカはエッグヘッドのような高い文明を持つ「王国」が”900年前に実在してた”と示唆しました。
”空白の100年”の前の900年前には、高い文明を持つ「王国」が存在していたものの、何らかの原因で滅んでしまったと考えられそうです。

クローバー博士の発言のおさらい

”空白の100年”が開けた800年前に誕生したのが「世界政府」であり、”空白の100年”は「世界政府」の手でもみ消された不都合な歴史・・・・・・と推測したクローバー博士。
また、文献といくつかの”歴史の本文ポーネグリフ”を読み解き、今では跡形もないある巨大な王国・・・・・が存在したことを明かしました。
このクローバー博士が口にしていた王国が、ベガパンクの言う「王国」と一致している可能性は高いでしょう。

最後の巨大ロボットの正体とは?

900年前の技術で作られたもの?

エッグヘッドの”工場層ファビリオフェーズ”にいたルフィたちは、鉄でできた巨大なロボットのようなものを目にすることに。
未来の技術で動く代物ではあるものの、見た目は古く昔のものと思われる巨大ロボット。
シャカが900年前の「王国」に言及しているコマで描かれていることから、900年前の技術で作られたものと考えられます。

1065話チョイ見せ時の考察内容

カリブーの目的・考えのおさらい

「プルトン」がワノ国に存在すると”麦わらの一味”が話していたのを、1056話にて陰で聞きつけていたカリブー。
”ポセイドン”に続き こりゃああの人・・・に知らせちゃわねェとなァ〜〜!!!」と笑みを浮かべるカリブーは、言葉通りに66巻652話でも同様の発言をしています。
「あの人」の正体は現状不明ですが、「四皇」の黒ひげ・バギーなどに知らせて気に入られようと考えているのではないでしょうか?

「クロス・ギルド」のミホークの可能性も?

キャラ名通称
ジュラキュール・ミホーク海兵狩り
カリブー海兵殺し
濡れ髪のカリブー

61巻600話にて、海兵殺しとも言われている”濡れ髪のカリブー”。
1058話ではミホークがかつて”海兵狩り”と呼ばれていたと判明し、カリブーの通称と似通っていると言うことができるでしょう。
カリブーがポセイドン・プルトンについて知らせようとしている相手は、ミホークの可能性があると言えそうです。

▼クロス・ギルドの設立経緯はこちら

ビッグマムは生存している?

キッド・ローの二人を相手に敗北し、ワノ国の地下に流れるマグマへと落とされたビッグマム。
死亡した可能性があるものの、ビッグマムがマグマに落とされて死亡したとは考えにくいです。
1064話ではプリンが「ママが生きてたらそんな口はきけなくなるわ…!!」と言及しており、ビッグマムの生存を示唆しているのかもしれません。

CP0と連絡が取れなくなっている

1052話では五老星と話していたCP0(ヨセフ)の元に、何者かからの妨害念波が入る様子が描かれました。
その後の1053話では、消息を絶ったヨセフと思われる人物が「ビッグ・マムの船だ!!」と最後の通信で残していたと、モルガンズの口から明かされることに。
ヨセフはビッグマムの船「クイーン・ママ・シャンテ号」で連行されてしまったと思われ、マグマから生存したビッグマムが妨害念波を飛ばした可能性もあると言えるでしょう。

ウソップたちは捕まってしまう?

船番として残った理由について、エッグヘッドが政府の島であり、ウソップたちが捕まった場合に助け出す人が必要と明かしたゾロ。
あえてこのように言及されているのは、ベガパンク「リリス」と共に研究所ラボへと向かった面々が捕まることを示唆しているのではないでしょうか?
また、エッグヘッド下側の”工場層ファビリオフェーズ”にいるルフィたちとゾロ・ブルックが合流する展開も充分に考えられます。

ワンピース1065話の展開予想

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ2022年49号発売前に掲載した1065話の展開予想となります。
あらかじめご注意ください。

ベガパンク・ドラゴンの関係性とは?

1064話の最後では”PUNK-01”・「シャカ」が、革命軍総司令官の”反逆竜”ドラゴンと話している様子が描かれることに。
二人の関係性は現段階では不明ですが、ベガパンクはかつて革命軍に所属していたのかもしれません。
また、ベガパンクが自分はもうすぐ死ぬと死期を悟っているのもポイントと言えるでしょう。

革命軍のくま繋がりで知り合い?

ドラゴンと繋がっていることから、かつて革命軍に所属していた可能性があるベガパンク。
くまの筋力・潜在能力に惚れ込んでいたとされるベガパンクですが、革命軍に所属していた同志であったため、”終身刑”となったくまをなんとか救おうとしていたのかもしれません。
一方で、ベガパンクは特に革命軍には所属しておらず、かつて革命軍の幹部だったくまを通じてドラゴンと知り合ったとも考えられます。

革命軍の主要キャラのおさらい

総司令官モンキー・D・ドラゴン
参謀総長サボ(行方不明)
軍隊長モーリーベロ・ベティ
リンドバーグカラス
その他エンポリオ・イワンコフコアラ
イナズマハック
バーソロミュー・くま

ローVS黒ひげの対決の結果とは?

ローが”ROOMルーム”で黒ひげを海に落とす?

黒ひげと対峙したローは、「幹部全員能力者か?」「全員海が弱点って事だよな!?」と口にしているのが特徴。
「”ROOMルーム”」を発動した後に海中のポーラータング号などと位置を入れ替え、”悪魔の実”の能力者である黒ひげ海賊団の幹部たちを海に落とそうと目論んでいるのではないでしょうか?
一方で、「オペオペの実」の能力は海中の対象には使用不可能という可能性も考えられます。

クザンが海を凍らせることに?

ローの指示通りに海中へと向かい、黒ひげ海賊団の船を沈めようとしているシャチ・ペンギンたち。
『海戦』でおれ達に敵うと思うな!!」と口にしていることからも、海戦に自信を持っているようです。
一方で、黒ひげ海賊団に加入していると思われるクザンは海を凍らせることが可能なため、シャチ・ペンギンたちが一気にピンチに陥る展開もありうるでしょう。

黒ひげが所持する”ロード歴史の本文ポーネグリフ”とは?

”ロードポーネグリフ”の所在地一覧
ゾウワノ国
ホールケーキアイランド???

現在判明している”ロード歴史の本文ポーネグリフ”の所在地に関しては、上記の通り。
黒ひげが手に入れた”ロード歴史の本文ポーネグリフ”の写しの数は不明ですが、ゾウ・ワノ国・ホールケーキアイランドの写しは持っていない可能性が高いです。
黒ひげたちは最後の一つのありかを知っている、もしくは一枚も写しを持っていないのではないでしょうか?

ルフィ・キッド・ローの持つ写しのおさらい

キャラ名持っている写しの数/入手場所
ルフィ三種類
・ゾウ
・ホールケーキアイランド
・ワノ国
ロー二種類
・ゾウ
・ワノ国
キッド二種類
・ホールケーキアイランド
・ワノ国

ルフィたち三船長が所持している”ロード歴史の本文ポーネグリフ”の写しの種類に関しては、上記の通りになっていると思われます。
ローに関しては、ルフィたちと行動を共にしていたゾウ・ワノ国の”ロード歴史の本文ポーネグリフ”の写しを持っており、現時点では二種類のみ所持していると考えられるでしょう。
ただし、トットランドに潜入したルフィたちから、ホールケーキアイランドの写しを貰っており、既に三種類を所持している可能性もあります。

ワンピースの関連記事まとめ

『ONE PIECE』考察記事一覧

キャラ関連の考察記事

ストーリー関連の考察記事

劇場版『ONE PIECE FILM RED』関連記事

劇場版『FILM RED』記事一覧
ONE PIECE FILM RED新情報特番劇場版の最新情報 ONEPIECE FILM REアイキャッチD『FILM RED』のあらすじ
FILM REDアイキャッチストーリー解説・ネタバレ考察 四十億巻四十億巻のネタバレ・内容考察

『ONE PIECE』本誌まとめ記事一覧

99巻
995話 996話 997話 998話 999話
1000話 1001話 1002話 1003話 1004話
100巻
1005話 1006話 1007話 1008話 1009話
1010話 1011話 1012話 1013話 1014話
1015話
101巻
1016話 1017話 1018話 1019話 1020話
1021話 1022話 1023話 1024話 1025話
102巻
1026話 1027話 1028話 1029話 1030話
1031話 1032話 1033話 1034話 1035話
103巻
1036話 1037話 1038話 1039話 1040話
1041話 1042話 1043話 1044話 1045話
1046話
104巻
1047話 1048話 1049話 1050話 1051話
1052話 1053話 1054話 1055話
105巻
1056話 1057話 1058話 1059話 1060話
1061話 1062話 1063話 1065話 1065話
105巻
1066話 1067話 1068話 1069話 1070話

▼付録冊子の関連記事一覧

「Road To Laugh Tale」一覧
Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました