【ワンピース】イム様の正体とは?リリィ女王・ビビとの関係性まとめ【ONE PIECE】

ONEPIECEイム様記事アイキャッチ ONE PIECE
引用元:『ONE PIECE』90巻908話

『ONE PIECE』の登場キャラ「イム様」についてネタバレしています。
イム様の正体・不老説を始め、ネフェルタリ家のリリィ女王・ビビとの繋がり、神の騎士団との関係性などを考察しています。
ルフィ・黒ひげ・しらほしの写真、ウラヌス(古代兵器)・巨大な麦わら帽子との関連についてもまとめているので、ワンピースのイム様について調べる際は、是非ご覧ください。

目次

▼ワンピースのネタバレ関連記事はこちら

106巻
1066話 1067話 1068話 1069話 1070話
1071話 1072話 1073話 1074話 1075話
107巻
1076話 1077話 1078話 1079話 1080話
1081話 1082話 1083話 1084話 1085話

リリィ女王との関係性も?【NEW!!】

リリィ女王とは?

ONEPIECE1084話ネフェルタリ家

引用元:週刊少年ジャンプ2023年25号

”リリィ女王”とは、『ONE PIECE』の作中では1084話で初めて言及された人物のこと。
世界会議レヴェリー」開催中に五老星と面会をしたコブラ王は、「世界政府」の成り立ちを語ると共にリリィ女王の名に触れました。
リリィ女王とは、800年前の当時のアラバスタの王であり、彼女のネフェルタリの名は今も祖国に残り続けています。

▼1084話のネタバレ・考察記事はこちら

【ワンピース】1084話のネタバレ感想・考察まとめ|サイ・レオがチャルロス聖に攻撃【ONE PIECE】
5/22(月)発売の週刊少年ジャンプ2023年25号(6月5日号)掲載の『ONE PIECE』1084話「”天竜人殺人未遂事件”」の感想・考察をまとめています。1084話で描かれたコブラ王・五老星の面会の様子を始め、出会ったサボ・ボニーの様...

イム様はリリィ王女を知っている?

ONEPIECE1084話イム様登場

引用元:週刊少年ジャンプ2023年25号

コブラ王の前に姿を現したイム様は、「リリィ…」とリリィ女王の名を呟いているのが特徴。
このことから、イム様はリリィ女王と知り合い・顔見知りの可能性があると思われ、その場合には800年前から生き続けていると言えます。
イム様は、”オペオペの実”の能力による「不老手術」を受けているのかもしれません。

▼リリィ女王の考察記事はこちら

サボに見られてしまうことに?

ONEPIECE1060話虚の玉座

引用元:『ONE PIECE』105巻1060話

「花の部屋」で五老星・コブラ王の会話を聞いている様子が描かれたイム様は、なぜか「からの玉座」の間に姿を現すことに。
また今後の展開では、コブラ王が何者かに暗殺されてしまい、その場にサボが居合わせることが確定しています。
1060話で「マリージョア」でとんでもないものを見たと口にしていたサボは、からの玉座」に座るイム様を目の当たりにした可能性が高いです。

「イム様」とは?

906話で初めて登場した人物

ONEPIECE90巻906話イム様初登場

引用元:『ONE PIECE』90巻906話

”イム様”とは、『ONE PIECE』の作中では90巻906話で初めて登場した人物のこと。
世界会議レヴェリー編に突入して「聖地マリージョア」にスポットが当たった際に、パンゲア城の中にいる様子が描かれています。
また、作中では五老星が「世界政府」最高権力とされていますが、彼らからも様付けで呼ばれているのが特徴です。

イム様が登場した話のおさらい

登場話出来事・行動
90巻906話・パンゲア城内の階段を降りて行く
・巨大な麦わら帽子の元へ訪れる
90巻908話・「花の部屋」で蝶と戯れる
・ルフィたちの写真を切り刻む
・五老星の前で”虚の玉座”に座る
105巻 1060話 ・「花の部屋」で蝶と戯れる
・特徴的な目がアップで描かれる

イム様の外見の特徴とは?

赤い目の中に黒い円が二つ存在する
頭の上に細長い王冠?を載せている
地面に引きずるほど長いローブを羽織っている

イム様の外見の特徴に関しては、上記の通り。
目に関しては、元”王下七武海”のミホークそっくりであり、二人の間に何かしらの繋がりがあるのかもしれません。
また、手配書を手にしている様子などから、小柄な女性である可能性が高そうです。

からの玉座”に座る様子が描かれた

ONEPIECE90巻908話イム様

引用元:『ONE PIECE』90巻908話

普段はパンゲア城内の「花の部屋」で過ごし、蝶と戯れていると思われるイム様。
しかし90巻908話では、五老星がひざまずく前で、誰も座ってはいけないと言われているからの玉座”に座る様子が描かれることに。
この世界にたった一人の”王”などいないと示唆している”からの玉座”ですが、実際にはイム様がこの世界の”王”なのかもしれません。

”神の騎士団”に守られている?

パターン1イム様直属の騎士団
パターン2五老星直属の騎士団

”神の騎士団”とは、『ONE PIECE』の作中では1054話で初めて言及された組織のこと。
”神の騎士団”は天竜人の審議に介入するなど、CP0よりも高い権力を持つと思われ、普段はイム様・五老星などの更に上の権力を持つ人物に従っていると考えられます。
イム様の存在は世間に知られていない様子のため、パターン2のように五老星直属の騎士団として扱われている可能性もあるでしょう。

▼「神の騎士団」の考察記事はこちら

”虚の玉座”についておさらい

からの玉座”とは?

ONEPIECE90巻907話虚の玉座

引用元:『ONE PIECE』90巻907話

からの玉座」とは、マリージョアのパンゲア城に存在する、誰も座ってはいけない玉座のこと。
「虚の玉座」の場所こそが世界の中心に位置し、誰も座らない事が平和の証となっています。
また、世界最高の権力者が天竜人の最高位「五老星」であるように、この世界にたった一人の”王”などいないことを表している様子。

”虚の玉座”が意味するもの

それぞれの意味するもの
虚の玉座
各国の王達は皆”平等”であり、独裁の欲は持たないという誓い
玉座を守る20本の武器
世界を想像した”最初の20人”が800年前に立てた誓い

玉座を囲む武器は正確には19本

自分達はあくまで平等であり、1人の独裁者など生まれないよう、あえて”からっぽ”の玉座を作った”20人の王達”
また、誰も玉座に座らない誓いとして、王達の20本の武器で玉座を囲いました。
ただし、アラバスタのネフェルタリ家は”天竜人”に下界に残ったため、正確には玉座を囲む武器は正確には19本しか存在しないようです。

花の部屋=”幻の部屋”?

衛兵たちが話す”幻の部屋”について

ONEPIECE1084話幻の部屋

引用元:週刊少年ジャンプ2023年25号

パンゲア城内の守衛の部屋に侵入・奴隷錠の鍵を盗んだサボが、ボニーと共に衛兵から隠れる様子が描かれた1084話
二人を見失った衛兵たちは、広大な塔の中から同僚が更に減ったことに言及していました。
「そういうのはだいだいアレ・・よ」と口にした衛兵は、「見ちゃった・・・・・ってやつ…」「幻の部屋・・・・」と続け、パンゲア城内の秘密の部屋の存在・衛兵が消されている事実を示唆することに。

イム様の「花の部屋」のことを指す?

ONEPIECE90巻908話花の部屋

引用元:『ONE PIECE』90巻908話

衛兵たちが話していた”幻の部屋”とは、パンゲア城内の「花の部屋」を指していると思われます。
その部屋の中で蝶と戯れていたイム様ですが、イム様だけでなく部屋の存在に関しても、衛兵たちにとってはタブーとされているようです。
このことから、イム様の存在を把握しているのは、五老星などに限られていると考えられます。

イム様の正体の予想まとめ

イム様の正体の予想候補

イム様=リリィ女王
イム様・リリィ女王の外見が似ている
イム様・ネフェルタリ家の人物に関連がある
イム様・ネフェルタリ家に関連はない

イム様の正体に関しては、上記の4パターンが候補として挙げられるでしょう。
イム様を目にしたコブラ王が驚愕の表情を見せていたことから、イム様・リリィ女王に何らかの関連がある可能性は高いです。
ただし、コブラ王が驚いたのは、イム様が「からの玉座」へ向かったこと・座ったこととも捉えられるため、その場合には④のようにネフェルタリ家との関連はないとも考えられます。

①イム様=リリィ女王説

ONEPIECE90巻908話裏切り者

引用元:『ONE PIECE』90巻908話

イム様・リリィ女王が同一人物の場合、リリィ女王がアラバスタ王国に戻っていないことは当然と言えるでしょう。
ただし90巻908話にて、五老星はネフェルタリ家を「裏切り者」と例えているため、イム様のことを非難していることになります。
また、イム様が「リリィ…」と自分の名前を呟くことにも違和感があるため、イム様・リリィ女王が同一人物である可能性は低いでしょう。

②イム様・リリィ女王が似ている?

イム様・リリィ女王が同一人物ではなくとも、二人が似ているということは十分にあり得ます。
コブラ王が驚いたのは、イム様・リリィ女王の二人がそっくりだったからではないでしょうか?
ただし、リリィ女王は文献に名前すら存在していないため、コブラ王が外見を把握しているとは考えにくいです。

イム様・リリィ女王が身体を交換した?

リリィ女王のことを知っている様子のイム様は、800年前から生き続けている可能性が高いです。
その場合、イム様は”オペオペの実”の能力者の「不老手術」を受けていると考えられます。
”オペオペの実”では「人格の移植手術」なども可能なため、イム様・リリィ女王は人格が交換されており、イム様がリリィ女王本人の肉体を使用しているため、外見が似ているという説もあり得るかもしれません。

③イム様・ネフェルタリ家の関連

上記では、イム様・リリィ女王の関連に言及していましたが、イム様と関連しているのはネフェルタリ家という可能性も考えられます。
先述の通り、リリィ女王は文献に名が残されていないため、コブラ王がリリィ女王の外見を把握することは難しいでしょう。
そのため、コブラ王がイム様を見て驚愕したのは、ネフェルタリ家のビビ・ティティなどの人物に似ていたからではないでしょうか?

これまでの扉絵に伏線がある?

ONEPIECE1023話扉絵

引用元:『ONE PIECE』101巻1023話

ワノ国編の最中の1023話では、ゾロ・リューマの二人が似ていることから、サブタイトルに「瓜二つ」と付けられることに。
この時の扉絵では、五匹の雀と戯れるビビの姿が描かれているのが特徴です。
ビビ=イム様、五匹の雀=五老星を意味していた場合、「瓜二つ」というサブタイトルはビビ・イム様の二人が似ていることを示唆していたのかもしれません。

「巨大な麦わら帽子」との関係性とは?

マリージョアの「国宝」の存在に関して

ONEPIECE76巻761話マリージョアの国宝

引用元:『ONE PIECE』76巻761話

76巻761話にて、”聖地マリージョア”の内部にある重大な国宝の存在に言及したドフラミンゴ。
マリージョアから堕ちた元天竜人にも関わらず、ドフラミンゴが「CP0」を動かせるほどの権力を持つのは、この「国宝」の存在を把握していたからのようです。
また、マリージョアの「国宝」は存在自体が世界を揺るがす代物とのこと。

国宝の正体は「巨大な麦わら帽子」?

ONEPIECE90巻906話麦わら帽子

引用元:『ONE PIECE』90巻906話

90巻906話にて、インペルダウンに収監されている状態で再登場し、マリージョアの秘密の「宝」に言及していたドフラミンゴ。
その後、マリージョアの「パンゲア城」内へ場面が変わり、イム様が厳重に閉じられた扉を開き、冷気が漂う部屋を進む様子が描かれました。
立ち止まったイム様の目の前には、巨大な麦わら帽子が保管されており、ストレートに考えると、これがマリージョアの「国宝」と考えられます。

国宝を使用するには不老の必要アリ?

ONEPIECE76巻761話世界の実権

引用元:『ONE PIECE』76巻761話

マリージョアの「国宝」の存在を明かしたドフラミンゴは、その直後に”オペオペの実”の能力に言及しているのが特徴。
ドフラミンゴによると、”オペオペの実”の能力を手中に収めていれば、マリージョアの「国宝」を利用して世界の実権さえも握れていたようです。
”オペオペの実”の能力者は、命と引き換えに「不老手術」を行えるため、国宝を使用するには”永遠の命”が必要と考えられます。

巨大な麦わら帽子=ウラヌス?

ONEPIECE1060話ウラヌス?

引用元:『ONE PIECE』105巻1060話

通信部 よく聞け…
お前達は何も探知していない 何も傍受していない…
「ルルシア王国」?
──そんな国は…元々…ないではないか…

引用元:『ONE PIECE』105巻1061話

1060話では、「8か国革命」が起きたルルシア王国の上空に、何やら巨大な物体が出現
「海軍本部」通信部がサボの通信を傍受する中、五老星?の上記のセリフと共に、ルルシア王国には大量の光が降り注ぐこととなりました。
結果的に、ルルシア王国は謎の消失を遂げており、イム様・五老星が古代兵器「ウラヌス」を使用した可能性が挙げられます。

「不老」のイム様が発動した?

作中の描写から、マリージョアの「国宝」は”永遠の命”を持つ者が使用することで、世界の実権さえも握ることが可能と推測できます。
ルルシア王国を滅ぼしたモノは、それに合致しているため、五老星に命令を下したと思われるイム様は”永遠の命”を持つと言えそうです。
イム様は、”オペオペの実”の能力者から「不老手術」を施されたのかもしれません。

ルフィ・ビビ・しらほしとの繋がりは?

イム様に関する写真・手配書について

ONEPIECE90巻908話写真

引用元:『ONE PIECE』90巻908話

キャラ名イム様の行動
モンキー・D・ルフィ手配書を切り刻む
マーシャル・D・ティーチ手配書を切り刻む
しらほし写真に剣を突き立てる
ネフェルタリ・ビビ写真を手にして何かを思う

90巻908話にて、パンゲア城内「花の部屋」で蝶と戯れていたイム様。
その「花の部屋」の地面では、ルフィ・黒ひげの手配書が切り刻まれ、しらほしの写真に剣が突き立てられていました。
ただし、イム様はビビの写真のみ手荒に扱わず、写真を手にして何かを考えた様子。

ビビは”最初の20人”の血族の一人

ONEPIECE90巻908話ビビの写真

引用元:『ONE PIECE』90巻908話

”空白の100年”が明けた800年前には、20人の王達によって作り上げられた一大組織「世界政府」が誕生しました。
”最初の20人”の内、800年前に唯一下界に残ったのがネフェルタリ家であり、アラバスタ王国の王女ビビはネフェルタリ家の血族に当たります。
イム様がビビの写真を手にしていたのは、当時のネフェルタリ家の王の面影を、ビビから感じ取ったからではないでしょうか?

しらほしの正体は「ポセイドン」

ONEPIECE66巻649話ポセイドン

引用元:『ONE PIECE』66巻649話

何の為にか遠い昔に実在した、この世界を滅ぼせる程の力を持つ”古代兵器”。
その中の一つの「ポセイドン」は、魚人島の人魚姫・しらほしのことだと判明しました。
イム様がしらほしの写真に剣を突き立てていたのは、しらほしの海王類を動かす力を危険視しているからかもしれません。

ルフィ・黒ひげの共通点とは?

ONEPIECE77巻764話神の天敵

引用元:『ONE PIECE』77巻764話

イム様によって手配書を切り刻まれている、ルフィ・黒ひげの二人は、共に”D”の名を持っているのが特徴
77巻764話のローの回想では、元天竜人だったコラソンが、ある土地では”Dの一族”を”神の天敵”と呼んでいると明かす場面も。
天竜人の老人達の間では、「”D”はまた必ず嵐を呼ぶ」とも言われているようで、イム様も”Dの一族”を警戒しているのかもしれません。

ワンピースの関連記事まとめ

『ONE PIECE』考察記事一覧

キャラ関連の考察記事

ストーリー関連の考察記事

劇場版『ONE PIECE FILM RED』関連記事

劇場版『FILM RED』記事一覧
ONE PIECE FILM RED新情報特番劇場版の最新情報 ONEPIECE FILM REアイキャッチD『FILM RED』のあらすじ
FILM REDアイキャッチストーリー解説・ネタバレ考察 四十億巻四十億巻のネタバレ・内容考察

『ONE PIECE』本誌まとめ記事一覧

99巻
995話 996話 997話 998話 999話
1000話 1001話 1002話 1003話 1004話
100巻
1005話 1006話 1007話 1008話 1009話
1010話 1011話 1012話 1013話 1014話
1015話
101巻
1016話 1017話 1018話 1019話 1020話
1021話 1022話 1023話 1024話 1025話
102巻
1026話 1027話 1028話 1029話 1030話
1031話 1032話 1033話 1034話 1035話
103巻
1036話 1037話 1038話 1039話 1040話
1041話 1042話 1043話 1044話 1045話
1046話
104巻
1047話 1048話 1049話 1050話 1051話
1052話 1053話 1054話 1055話
105巻
1056話 1057話 1058話 1059話 1060話
1061話 1062話 1063話 1064話 1065話
106巻
1066話 1067話 1068話 1069話 1070話
1071話 1072話 1073話 1074話 1075話
107巻
1076話 1077話 1078話 1079話 1080話
1081話 1082話 1083話 1084話 1085話

▼付録冊子の関連記事一覧

「Road To Laugh Tale」一覧
Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました