【ワンピース】1070話のネタバレ感想・考察まとめ|ルッチを圧倒するルフィ【ONE PIECE】

ONEPIECE1070話アイキャッチ ONE PIECE
引用元:週刊少年ジャンプ2023年4・5合併号

12/26(月)発売の週刊少年ジャンプ2023年4・5合併号(新年1月22・23日号)に掲載されている『ONE PIECE』の1070話「”最強の人類”」の感想・考察をまとめています。
1070話で描かれたルフィ・ルッチの戦いの様子を始め、セニョールピンクの生死、グリーンブラッドの秘密などをネタバレしています。
ワンピース1070話の内容のあらすじ、チョイ見せ時の考察なども掲載しているので是非ご覧ください。

目次

▼ワンピースのネタバレ関連記事はこちら

105巻
1056話 1057話 1058話 1059話 1060話
1061話 1062話 1063話 1064話 1065話
106巻
1066話 1067話 1068話 1069話 1070話
1071話 1072話 1073話 1074話 1075話

ワンピース1069話の内容のおさらい

前話のネタバレ・あらすじまとめ

①ルフィ・ルッチが対峙する

  • ロブ・ルッチによってアトラスがやられる
  • 逃げ惑う研究員・作業員達
  • ルフィ達がルッチと対面を果たす
  • カクが手を出さないようルッチに注意をする
  • 「四皇」とはの許可なく戦えない
  • 役人に海軍への報告を指示するステューシー
  • ルフィがアトラスの元に駆け寄る
  • アトラスを傷付けたルッチに怒りを見せる
  • エッグヘッドに関する報告を受けるサカズキ
  • 黄猿は既にエッグヘッドへ出航済み
  • ”麦わら”と戦わないよう指示するサカズキ

②ルフィの姿を見たベガパンクの反応

  • ルフィ・ルッチが島内で戦い始める
  • 動物ゾオン系の覚醒は人格を取り込まれがち
  • 覚醒フォルムに変身するルッチ
  • ルフィの変身に興味津々なベガパンク
  • ”ゴムゴムの実”は古い「悪魔の実図鑑」に載っていない
  • 古い文献の神の姿にそっくりなルフィ
  • その神とは”太陽の神ニカ”
  • 人が望み続ける限りその存在は消えない
  • ”悪魔の実”は「人の進化」の”可能性”
  • ”能力”は多岐に渡る人類の未来
  • ルフィ・ルッチの拳が衝突する

③戦桃丸・三体のセラフィムが登場

  • まさかりを担いで戦桃丸が登場
  • 三体のセラフィムも姿を現す
  • CP0を追い払うよう指示するベガパンク
  • 戦桃丸の指示に従う「S-ベア」
  • パシフィスタには「威権順位」が存在する
  • CP0の”威権チップ”は戦桃丸の権限に敵わず
  • 「”ゴムゴムのモグラピストル”」を食らうルッチ
  • セラフィムに指示を出す戦桃丸
  • クローンを作られていたと気付くジンベエ
  • ベガパンクを逃がすことを了承するルフィ
  • ルッチの「手銃シュガン」に貫かれる戦桃丸
  • セラフィムに指示に従うように言うルッチ

▼前話1069話のネタバレまとめはこちら

【ワンピース】1069話のネタバレ感想・考察まとめ|ルフィ・ルッチが激突【ONE PIECE】
12/12(月)発売の週刊少年ジャンプ2023年2号(新年1月8日号)に掲載されている『ONE PIECE』の1069話「”万物は望まれて、この世に生まれる”」の感想・考察をまとめています。1069話で判明したロブ・ルッチの覚醒フォルムを始...

直近の考察・ネタバレ関連記事一覧

ワンピース1069話終了時のキャラ情報

”麦わらの一味”の現状まとめ

研究所の中にいる面々
ナミウソップサンジロビン
フランキー
”研究層”で船番をしている面々
ゾロブルック(カリブー)
”工場層”にいる面々
ルフィチョッパージンベエ(ボニー)

研究所へ入ったナミたちは、ベガパンク・シャカなどと共に、モニター越しにルフィ・ルッチが戦っている様子を見ている状態
一方のルフィたちは、ベガパンクの指示に従い”研究層ラボフェーズ”へ向かおうとしていたところ、ルッチたちCP0と遭遇してしまいます。
アトラスを傷つけたルッチに怒りを見せたルフィは、”ギア5”の姿に変身し、覚醒フォルムとなったルッチと戦い始めることに。

ルッチの”悪魔の実”・覚醒フォルムとは?

”悪魔の実”を口にしたルッチは、動物ゾオン系「ネコネコの実」モデル:レオパルド(豹)の能力者。
二年前のエニエスロビー編時点で、人獣型に姿を変えてルフィと互角の戦いをしていたルッチ。
1069話では覚醒フォルムを披露し、”ギア5”のルフィ同様、炎のようなものを上半身に纏っているのが特徴。

動物ゾオン系の覚醒の特徴のおさらい

インペルダウン編で登場した獄卒獣のように、”覚醒”した動物ゾオン系の能力者は異常なタフさ・回復力がウリとなっています。
一方、シャカによると動物ゾオン系の覚醒は人格を取り込まれてしまう事が多いようで、ルッチの覚醒フォルムは珍しい事例の様子。
ルッチの覚醒フォルムは、シャカが驚くほどのスピードを兼ね揃えているようです。

パシフィスタの「威権順位」とは?

五老星
Dr.ベガパンク(ステラ+サテライト)
戦桃丸
威権チップ所有者

ベガパンクの作り出したパシフィスタ・セラフィムには、上記のように命令を聞く「威権順位」が存在します。
順位のトップに該当する”五老星”でも、電伝虫による命令は無効のようで、現状では”威権チップ”を所有しているCP0よりも、指揮を執る戦桃丸の命令が優先されることに。
その結果、ルッチは司令塔の戦桃丸を優先して消し、セラフィムに自分達の指示に従うよう言い放ちました。

既にエッグヘッドへ出航済みの”黄猿”

エッグヘッドの役人から島内に”麦わらの一味”がいると報告を受け、ベガパンクが”麦わら”を味方につけている可能性に危機感を抱くサカズキ。
部下に対して”黄猿”の動向を尋ねると、かねてよりの作戦で既にエッグヘッドに出航しているとの返答を受けることに。
”麦わらの一味”・CP0だけでなく、黄猿率いる海軍までもエッグヘッドに上陸・衝突するのかもしれません。

『ONE PIECE』の掲載順まとめ

ワンピースの直近10話の掲載順一覧

順位話数タイトル年・号
3位 1061話 ”未来島エッグヘッド” 2022年43号
2位 1062話 ”科学の国の冒険” 2022年45号
3位 1063話 ”たった1人の家族” 2022年46号
3位 1064話 ”エッグヘッド研究層” 2022年47号
1位 1065話 ”6人のベガパンク” 2022年49号
3位 1066話 ”オハラの意志” 2022年50号
3位 1067話 ”PUNK RECORDS” 2022年51号
3位 1068話 ”天才の夢” 2023年1号
3位 1069話 ”万物は望まれて、この世に生まれる” 2023年2号
3位 1070話 ”最強の人類” 2023年4・5号

次号2023年6・7号は巻頭カラー

2023年1月7日(土)発売の週刊少年ジャンプ新年6・7合併号では、『ONE PIECE』が巻頭カラーを飾ることに。
謹賀新年に加え、劇場版『ONE PIECE FILM RED』の超絶大ヒット御礼と題しているほか、特別限定とじこみ付録として「モンキー・D・ルフィ」のカードが付いているようです。

▼次話1071話のネタバレ考察はこちら

【ワンピース】1071話のネタバレ感想・考察まとめ|ガープが再登場する【ONE PIECE】
1/7(土)発売の週刊少年ジャンプ2023年6・7合併号(新年1月29・30日号)に掲載されている『ONE PIECE』の1071話「”英雄出撃”」の感想・考察をまとめています。1071話で描かれたバーソロミュー・くまの現状、エッグヘッドの...

本誌1070話のあらすじ・ネタバレ

ルッチを蹴り飛ばすルフィ

ルッチの「手銃シュガン」で貫かれた戦桃丸の元に駆け寄り、自分が話し掛けたことを謝るルフィ。
一方の戦桃丸は、地面に伏して血を吐きながらも、ルッチの攻撃にちゃんと気付いており防いだハズだったと主張。
そんな戦桃丸を見て「…しぶとい」と口にしたルッチは、「威権順位」が上の戦桃丸に意識がある内は自分達がセラフィムを操れないため、意識を止めようと追撃を図ります。
そんなルッチの顔面を「”ゴムゴムの白いドーンウィップ」で蹴り飛ばすルフィ。

セラフィムを相手に苦戦するCP0

ルッチを蹴り飛ばしたものの、体を回転させすぎたことで止まれずにいるルフィ。
アトラス」を助けたければ早くベガパンクの所へ行かねばとジンベエが声を掛ける中、回転の勢いで地面へ埋まっていってしまいます。
一方、CP0と共にエッグヘッドに上陸した役人たちは、セラフィムの「S-ホーク」「S-シャーク」に圧倒されることに。
セラフィムが止まらない様子を見て、同士討ちなど損しかしないと言うカク、まだ子供なのに末恐ろしいと口にするステューシー。

セニョールピンクの現状が判明

一方、研究所ラボで戦いの様子を見ていたフランキーは、「S-シャーク」が”スイスイの実”の能力を使っていることを指摘。
兄弟分のセニョールピンクの能力であり、この世に同じ”悪魔の実”は存在しないため、セニョールピンクは死んでしまったのかと涙を流します。
フランキーの指摘を受け、セニョールピンクは今「インペルダウン」の囚人と答えるベガパンク。
フランキーに同じ”悪魔の実”を作ったのかと聞かれると、”人工悪魔の実”は「動物ゾオン系」のみ製造可能であり、莫大な金・時間があれば、特殊な実に関しても恐らくその全てが再現可能と続けます。
なお”覚醒”は未確認であり、「自然ロギア系」は手を尽くしたものの難しいとのこと。

ベガパンクの語る最強の”人類”とは?

残りの「超人パラミシア系」は、能力者の”血統因子”が手に入れば、そこから特殊な血液を生成・投与する事で能力を得られると話すベガパンク。
それがセラフィムの腕に通した血液「グリーンブラッド」と聞いたフランキーは、ベガパンクが血液を作ったことに驚愕の反応を示します。
「S-スネーク」が「”メロメロ甘風メロウ”」、「S-ベア」が「”熊の衝撃ウルススショック”」を発動する中、セラフィムを自分が考え得る科学の”最高峰”と称したベガパンクは、「この海の歴史上………最強の”人類”と言える!!!」と続けることに。
”七武海”を撤廃した理由に思い至り、驚きを見せるナミの一方で、目を輝かせるフランキー。
ウソップ・サンジ・ロビンは、セラフィムは本来海軍の兵器であるため、自分達にとっての脅威と警戒を見せます。

ルフィがルッチを圧倒する

建物に空いた穴から出てくると、口元に笑みを浮かべて「ソル」で倒れる戦桃丸の元へ迫るルッチ。
すると次の瞬間、埋まっていったはずのルフィが地面から巨大化して登場、戦桃丸に向かおうとするルッチの前で口を開きます。
ルッチは空中へと避け、地面ごとルッチに噛み付こうとするルフィから逃れるも、ルフィが口から吐き出した瓦礫の対処に追われることに。
一方、”ギア5”の「覚醒」の力で工場層に張り巡らされたパイプをゴムの材質に変化させると、パイプをパチンコのように利用し、自分を弾代わりとして勢いをつけるルフィ。
自分の髪から「サングラス」を作り出して顔につけると、「”ゴムゴムの白いドーンロケット”」でルッチに向かって飛んでいきます。
ルフィの強烈な拳を腹に受けたルッチは、体がゴム化しているのか拳の形のまま腹部が後方へ伸びていくことに。

真空ロケットに乗るルフィたち

ルフィの予測不能な攻撃を受けて血を吐き、「何だ この威力!!!」「意識が…!! 飛びそうだ…!!!」と内心で思うルッチ。
一方その頃、チョッパー・ジンベエの二人は「S-スネーク」の案内で、真空ロケットの元に到着。
チョッパーに急ぐよう声を掛けられ、焦りを顔に浮かべるルフィでしたが、立ち上がった戦桃丸からベガパンクのことを頼まれることに。
「任せとけ!! おれ達が必ず島から連れ出す!!」と返事をすると、真空ロケットへ乗り込んで”研究層”へと向かっていきます。
そんな折、真空ロケットの中で目を覚ましたボニーは、隣でヨボヨボの姿のルフィを見て「え!? 誰だお前!!」と驚愕の表情を浮かべることに。

ベガパンクの現状を聞く一同

ルフィたちが研究所ラボ内部へ到着すると、エッグヘッド「研究層」のフロンティアドームは強化されるとのアナウンスが。
侵入者アリと警報が鳴り響き、研究員は工場内に避難し、工場を封鎖するよう指示がなされます。
工場層では、カクが血だらけで倒れる戦桃丸の上に立ち、ベガパンクのボディガードという職務を全うしたことをある意味立派と評していました。
場面は「研究所ラボ」へ移り、ベガパンクがサニー号に乗ると聞き、歓迎する様子のフランキー・ウソップと、反抗するナミ・サンジが描かれます。
また、ジンベエがアトラスの治療・修理を研究員に頼む一方で、くまを元に戻す事への答えに虫をけしかけられたと、ベガパンクに怒るボニー。

エッグヘッドに黄猿が迫る

”工場層”では、戦桃丸の排除に成功したCP0が、四体のセラフィムを指揮下へと置いていました
島の脱出ルートを全て塞ぐように指示し、「本体を入れてあと6人か………」「この島からアリ一匹逃がしはしない…!!!」と息巻くルッチ。
また、エッグヘッドに向かっていた黄猿には、”麦わらの一味”がベガパンクの味方をしていると情報が入ることに。
それならば脱出は容易と言いつつも、おそらく想像通りの結果にはならないと口にする黄猿。
予定通り、可能な限りの軍艦をエッグヘッドへ進めるよう指示をします。

ワンピース1070話の内容・ネタバレまとめ

本誌1070話の内容・ネタバレ一覧

①”工場層”の戦いの様子について

  • 手銃シュガン」を受けた戦桃丸に駆け寄るルフィ
  • 攻撃を防いだつもりだった様子の戦桃丸
  • 戦桃丸に追い打ちを掛けようとするルッチ
  • ルフィが「”ゴムゴムの白いドーンウィップ”」を放つ
  • 回りすぎて地面に埋まっていくルフィ
  • CP0を圧倒するS-ホーク・S-シャーク

②セラフィムについて語るベガパンク

  • セニョールピンクは死んでおらず現在は囚人
  • 人工の”悪魔の実”は「動物ゾオン系」のみ
  • ただし”覚醒”は未確認
  • 自然ロギア系」の再現は実現しておらず
  • 能力者の”血統因子”に言及するベガパンク
  • 特殊な血液で「超人パラミシア系」も再現可能
  • 「グリーンブラッド」が流れるセラフィム
  • セラフィムを最強の”人類”と言うベガパンク
  • サンジたちはセラフィムに警戒を見せる

③CP0が反撃に出ることに

  • 戦桃丸に止めを刺そうとするルッチ
  • ルッチを圧倒する”ギア5”のルフィ
  • ルフィの攻撃を受け意識が飛びそうなルッチ
  • 真空ロケットに乗り込むチョッパーたち
  • ルフィにベガパンクのことを頼む戦桃丸
  • 真空ロケットにルフィも乗り込むことに
  • 目を覚ましてヨボヨボのルフィに驚くボニー
  • 戦桃丸がカクを相手に敗北する
  • ベガパンクが船に乗ると聞く一同
  • CP0が四体のセラフィムを従える
  • エッグヘッドに向かっている黄猿が登場

▼次話1071話のネタバレ考察はこちら

【ワンピース】1071話のネタバレ感想・考察まとめ|ガープが再登場する【ONE PIECE】
1/7(土)発売の週刊少年ジャンプ2023年6・7合併号(新年1月29・30日号)に掲載されている『ONE PIECE』の1071話「”英雄出撃”」の感想・考察をまとめています。1071話で描かれたバーソロミュー・くまの現状、エッグヘッドの...

『ONE PIECE』1070話の感想・考察まとめ

ステューシーは元MADSの科学者?

1035話から始まった扉絵連載は「ジェルマ66のあゝ無感情海遊記」と題し、ホールケーキアイランド編後のジェルマ66の様子が描かれています。
1070話では、有望な科学者達がMADSのメンバーとして集められたようで、ベガパンクなどを始めとして5人のキャラが登場することに。
その内の一人は女性であり、CP0のメンバーで「歓楽街の女王」と呼ばれるステューシーで確定と言えそうです。

MADS所属の主要キャラまとめ

キャラ名
ベガパンクシーザー・クラウンジャッジ
クイーンステューシー

MADSに所属していたと思われる主要キャラは、上記の5人。
エッグヘッドの仕組みに詳しい様子のステューシーですが、元MADSの科学者でベガパンクと親交があったことが関係していると思われます。

ルフィの”ギア5”での新技一覧

  • ”ゴムゴムの白いドーンウィップ
  • ”ゴムゴムの白いドーンロケット”

”ギア5”の姿で上記の新技を披露したルフィですが、技名に「白いドーン」と付いているのが特徴。
振り仮名のドーンは「dawn(夜明け)」を意味していると思われ、「白む」という言葉に関連づけていると考えられます。
「白い」というワードはルフィの”ギア5”の姿を始め、ローの住んでいた「白い町」フレバンスなどとも関係があるかもしれません。

ルフィの”ギア5”の反動が明らかに?

段階後遺症
ギア2寿命が縮む
ギア3身体が小さくなる
ギア4覇気が10分間使用不可となる
ギア5一定時間、老化・ヨボヨボの姿となる

1046話で”ギア5”の変身が解けた後、急に老化してヨボヨボの姿になってしまったルフィ。
1070話でも同様の姿となっており、”ギア5”には一時的に老化する反動が存在するようです。
心臓の音を「ドンドットット」と変化させていることから、”ギア5”では寿命を対価に一時的に自らを強化しているのかもしれません。

セニョールピンクの現状とは?

ドレスローザ編にて、フランキーに敗北した”スイスイの実”の能力者のセニョールピンク。
ジンベエの姿をしたセラフィム「S-シャーク」が同じ能力を使用していたことから、セニョールピンクの死亡説も流れていました。
しかし、実際には「インペルダウン」の囚人として生存しているようで、「S-シャーク」の能力はベガパンクの発明によるものとなっています。

”人工悪魔の実”は「動物ゾオン系」のみ

モモの助が食べた”人工悪魔の実”のように、人工的に”悪魔の実”を製造可能なベガパンク。
ただし、製造できるのはあくまで「動物ゾオン系」のみであり、”覚醒”自体も未確認とのこと。
シーザーの「SMILEスマイル」とは異なり、ベガパンクに莫大な金・時間があれば、特殊な実も恐らくその全てが再現可能なようです。

”悪魔の実”の種類ごとの状況一覧

種類再現の状況
動物系・特殊な実でさえも恐らく全て再現可能
・”覚醒”は未確認
自然系手を尽くしたものの未再現
超人系・能力者の”血統因子”が必要
・特殊な血液を生成・投与する事で能力を得られる
・血液の名前は「グリーンブラッド」

セラフィムの新情報まとめ

グリーンブラッドが流れている

セラフィムの腕には、ベガパンクが生成した血液「グリーンブラッド」が流れているのが特徴。
この血液は、「超人パラミシア系」の能力者の”血統因子”から作り出したもので、投与することで”悪魔の実”の能力を得られます。
このグリーンブラッドにより、セラフィムは”悪魔の実”を食べることなく、超人パラミシア系」の能力を使用可能となっています。

戦桃丸はカクを相手に敗北した?

ルッチに「手銃シュガン」で貫かれるも、ルフィにベガパンクを任せて立ち上がった戦桃丸
セラフィムの権限を守るためにCP0と戦ったものの、結果的には敗北・意識を失うことに。
倒れる戦桃丸の上に立っているカクが顔に怪我を負っていることから、戦桃丸はカクを相手に敗北したと思われます。

扉絵連載の内容のまとめ・おさらい

ジェルマ66の扉絵連載の掲載号一覧

Vol話数掲載号タイトル
Vol.11035話 2022年3・4号脱出!ホールケーキアイランド
Vol.21037話 2022年7号ためいきのジャッジ
Vol.31038話 2022年9号カカオ島ショコラタウンに捕まるニジ&ヨンジ
Vol.41040話 2022年11号化学の及ばぬ生物
Vol.51041話 2022年13号サンジさんをイジメた奴に”プリンパンチ”!
Vol.61042話 2022年14号ニジとヨンジをホールケーキアイランドへ
Vol.71043話 2022年15号到着!ホールケーキアイランド
Vol.81044話 2022年17号ママは遠征。研究開始!!
Vol.91046話 2022年19号プリンの町”ショコラタウン”に侵入者2名!!
Vol.101048話 2022年23号ショコラタウンにおそらくジェルマがやって来た!!
Vol.111049話 2022年24号なぜ!? 研究所の本が発火で2人が解放!!
Vol.121050話 2022年26号イチジ&レイジュ登場
Vol.131051話 2022年27号ジェルマの脱出
Vol.141052話 2022年28号逃げ損ねた科学者
Vol.151056話 2022年36・37号カタクリ&オーブン現る!!
Vol.161057話 2022年38号シーザーの毒ガス攻撃!!
Vol.171058話 2022年39号おれを連れてけ!! 逃がしてくれ!!
Vol.181059話 2022年41号シーザーの幻覚ガス!!
Vol.191061話 2022年43号脱出!! ニジ・ヨンジ救出成功!!
Vol.201062話 2022年45号一方、カカオ島ショコラタウン
Vol.211063話 2022年46号プリンが攫われた!!
Vol.221064話 2022年47号黒ひげ海賊団クザンとオーガー
Vol.231066話 2022年50号ジェルマへの帰還、オマケつき
Vol.241067話 2022年51号どちら様でしたっけ!? ジャッジVSシーザー!!
Vol.251068話 2023年1号かつて2人が所属したMADSという組織
Vol.261069話 2023年2号闇金王ル・フェルドの慈善事業・平和研究所MADS
Vol.271070話 2023年4・5号世の為人の為、集められた有望な科学者達

これまでの内容のおさらい・まとめ

①WCIから脱出に成功するレイジュたち

ホールケーキアイランドから脱出した「ジェルマ66」の面々ですが、ニジ・ヨンジの二人はビッグマムに敗北しそのまま捕らわれることに。
二人はカカオ島からホールケーキアイランドに運ばれるも、イチジ・レイジュが登場して二人を助け出します。
四人はカタクリ・オーブンの二人と遭遇・戦いますが、そこに逃げ遅れていたシーザーが姿を現し、五人で脱出することに成功しました。

②プリンが攫われてしまう

カカオ島ショコラタウンに2名の侵入者が現れたのを察し、1048話の扉絵連載Vo.10にてホールケーキアイランドからショコラタウンへと移動したブリュレ・クラッカーの二人。
しかし、二人の前に現れたのはイチジ・レイジュといったジェルマの面々ではなく、黒ひげ海賊団のクザン・オーガーであり、クラッカーはカカオ島同様に氷漬けにされてしまうことに。
1064話の本編で登場したプリンが囚われていることからも、クザン・オーガーの二人にプリンは攫われてしまったと言えます。

殴り合いの喧嘩をするジャッジ・シーザー

ニジ・ヨンジの救出に成功したイチジ・レイジュと共に、ジェルマの船団に到着したシーザー。
ジャッジと顔を合わせると一触即発となり、イチジなどが呆れた様子を見せる中、殴り合いの喧嘩を始めることに。
ベガパンク・クイーンと共に、かつてMADSマッズという組織に所属していた二人は、犬猿の仲だったのかもしれません。

MADSに所属していたキャラ一覧

キャラ名年齢
ベガパンク65歳
ヴィンスモーク・ジャッジ56歳
クイーン56歳
シーザー・クラウン40歳

MADSマッズは元々ル・フェルドの事業?

1069話の扉絵では、闇金王ル・フェルドの慈善事業として「平和研究所MADSマッズ」が登場。
ベガパンクが生物の「血統因子」を発見したことで解散・政府に買収されたMADSは、元々はル・フェルドによって管理されていた様子。
86巻860話で通称「福の神」のル・フェルドが結婚式に招かれていたのは、元MADSの一員のジャッジと関わりが有ったからかもしれません。

プリンが攫われてしまった理由は?

シャーロット家の三十五女のプリンは、三つ目族のハーフであり「第三の目」が真の「開眼」をすると古代文字が読めるようになるようです。
一方、79巻793話にて”黒ひげ”に加担していると言及されており、黒ひげ海賊団の一員として紹介されているクザン(青キジ)
彼がプリンを攫った理由は現状不明ですが、”ロード歴史の本文ポーネグリフ”を読み解くためにプリンが必須だからと思われます。

クザンは巨漢船長の一人?

10番船船長の候補のキャラ
クザンゲッコー・モリア
ウルージ

黒ひげ海賊団の10番船の船長に関しては不明となっていますが、上記のキャラが候補として考えられるでしょう。
特にクザン(青キジ)に関しては「黒ひげ海賊団クザンとオーガー」との表記から、クザンが黒ひげ海賊団に加入したことは確定と言えそうです。
298cmという身長からもクザンが巨漢船長に数えられている可能性は高く、他にも925話で登場したゲッコー・モリア、”最悪の世代”の一人であるウルージなども候補として挙げられます。

1070話チョイ見せ時の考察内容

ルッチは戦桃丸に止めを刺す?

戦桃丸の体を「手銃シュガン」で貫いたあと、まだ意識を残している戦桃丸に「早く意識を止めてくれ…」と口にしているルッチ。
セラフィムには「威権順位」が存在し、威権チップを所持している自分たちCP0よりも、戦桃丸の指示を優先することが背景にあります。
地面に倒れる戦桃丸の意識を止めるため、ルッチは止めを刺そうとするのではないでしょうか?

セラフィムは誰の指示に従う?

  • 戦桃丸
  • ルッチたちCP0の面々

セラフィムが指示を従う相手としては、戦桃丸が優先となっており、威権チップを持つCP0の面々は、戦桃丸がいる限りはセラフィムを自分たちに従えることは不可能となっています。
1070話の序盤は戦桃丸がまだ意識を残しているため、セラフィムは引き続き戦桃丸の指示に従うと思われます。
ただし、戦桃丸が意識を残し続けていられるとは考えにくいため、1070話の後半ではCP0にセラフィムがつくことになると思われます。

戦桃丸のセラフィムへの指示内容まとめ

セラフィム指示内容
S-ベア役人たちへの攻撃
S-スネーク・”麦わら”達を真空ロケットへ連れて行く
・フロンティアドーム内への誘導
S-ホーク
S-シャーク
CP0を抑える

戦桃丸の防御の方法について

ルッチに攻撃を仕掛けられたと気付いた戦桃丸は、両手を構えて攻撃を防ぐポーズを取っているのが特徴。
これは”武装色”の覇気を利用した技で、触れずに弾くという性質を持っており、ワノ国では「流桜」と呼ばれています。
この戦桃丸の防御が機能しなかったのは、ルッチの”武装色”の覇気が戦桃丸よりもハイレベルだったからではないでしょうか?

ワンピース1070話の展開予想

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ2023年4・5合併号発売前に掲載した1070話の展開予想となります。
あらかじめご注意ください。

ルッチがルフィに反撃することに?

司令塔を消す事を優先するため、手銃シュガン」で戦桃丸の体を貫き、自分達の指示に従うようセラフィムに言い放ったルッチ。
四体のセラフィムがCP0の指示に従う場合、ルフィは一気にピンチに陥ってしまうでしょう。
”ギア5”の姿でカイドウをも倒したルフィですが、ルッチ・セラフィムを相手に苦戦する展開になるのかもしれません。

各勢力の戦力予想

ベガパンク側VSCP0側
ルフィ
(ジンベエ)
(チョッパー)
(戦桃丸)
VS ロブ・ルッチ
カク
ステューシー
S-ホーク
S-スネーク
S-ベア
S-シャーク

ルフィ・ルッチが戦っている”工場層”にいる主要キャラは、上記の通り。
ジンベエ・チョッパーに関しては、アトラス・ボニーを抱えているため、このまま”研究層”へと向かう可能性が高いです。
戦桃丸が戦闘不能になった場合、四体のセラフィムはCP0側に付くと考えられます。

「S-スネーク」はルフィを守る?

ルフィ達を真空ロケットへ連れて行き、フロンティアドーム内へ誘導するよう、戦桃丸から指示を受けた「S-スネーク」。
幼少期のハンコックの見た目をしている「S-スネーク」は、戦桃丸の指示にセラフィムで唯一「…………」と反応を見せているのが特徴です。
ハンコックのクローンである「S-スネーク」は、本人同様にルフィに好意を抱いており、ルッチたちの指示に従わないのではないでしょうか?

ゾロ・ブルックが戦いに参戦する?

リリスに連れられ”研究層”に到着するも、船番を理由にサニー号に残ったゾロ・ブルックの二人。
研究所内へ向かったナミ達とは異なり、1065話から登場していないこの二人は、ピンチに陥ったルフィを助けるため、”工場層”に姿を現すのではないでしょうか?
その場合には、ルフィ・ルッチだけでなく、ゾロ・カクの再戦にも期待が持てるでしょう。

黄猿が関わっている作戦とは?

詳細は不明なものの、かねてよりの作戦で既にエッグヘッドに向かっていると判明した黄猿。
エッグヘッドには、ハンコックの身柄を確保しようとした際にも投入された、強力なセラフィムが控えているのが特徴。
コビー大佐が黒ひげ海賊団に拉致されたため、黄猿はセラフィムを率いてコビー奪還に向かおうとしていたのではないでしょうか?

ワンピースの関連記事まとめ

『ONE PIECE』考察記事一覧

キャラ関連の考察記事

ストーリー関連の考察記事

劇場版『ONE PIECE FILM RED』関連記事

劇場版『FILM RED』記事一覧
ONE PIECE FILM RED新情報特番劇場版の最新情報 ONEPIECE FILM REアイキャッチD『FILM RED』のあらすじ
FILM REDアイキャッチストーリー解説・ネタバレ考察 四十億巻四十億巻のネタバレ・内容考察

『ONE PIECE』本誌まとめ記事一覧

99巻
995話 996話 997話 998話 999話
1000話 1001話 1002話 1003話 1004話
100巻
1005話 1006話 1007話 1008話 1009話
1010話 1011話 1012話 1013話 1014話
1015話
101巻
1016話 1017話 1018話 1019話 1020話
1021話 1022話 1023話 1024話 1025話
102巻
1026話 1027話 1028話 1029話 1030話
1031話 1032話 1033話 1034話 1035話
103巻
1036話 1037話 1038話 1039話 1040話
1041話 1042話 1043話 1044話 1045話
1046話
104巻
1047話 1048話 1049話 1050話 1051話
1052話 1053話 1054話 1055話
105巻
1056話 1057話 1058話 1059話 1060話
1061話 1062話 1063話 1064話 1065話
106巻
1066話 1067話 1068話 1069話 1070話
1071話 1072話 1073話 1074話 1075話

▼付録冊子の関連記事一覧

「Road To Laugh Tale」一覧
Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

  1. シン より:

    世界一ガードの固い男があの程度で退場するとは考えにくいからまだ戦闘を継続するのではないかと思っています。

  2. 宮崎知子 より:

    新世界は、何処?

タイトルとURLをコピーしました