【ワンピース】1104話のネタバレ感想・考察まとめ|くまがサターン聖を殴り飛ばす【ONE PIECE】

ONEPIECE1104話アイキャッチ ONE PIECE
引用元:週刊少年ジャンプ2024年8号

1/22(月)発売の週刊少年ジャンプ2024年8号(2月5日号)に掲載されている、『ONE PIECE』1104話「”ありがとう、お父さん”」のネタバレをしています。
1104話で描かれた、くまがサターン聖を殴り飛ばした描写を始め、くまの「自爆スイッチ」の有無・動くことができた理由、バッカニア族の特性などについて考察しています。
ワンピース1104話の内容のあらすじ、サターン聖の再生能力の詳細・バスターコールの発動命令についてもまとめているので、是非ご覧ください。

目次

▼ワンピースのネタバレ関連記事はこちら

108巻
1089話 1090話 1091話 1092話 1093話
1094話 1095話 1096話 1097話 1098話
1099話 1100話
109巻
1101話 1102話 1103話 1104話 1105話
1106話 1107話 1108話 1109話 1110話

ワンピース1103話の内容のおさらい

前話のネタバレ・あらすじまとめ

①10歳の誕生日プレゼントを受け取るボニー

  • くまの記憶を全て見終えたボニー
  • ボニーはベガパンクに抱きつき謝罪をする
  • 10歳の誕生日プレゼントを受け取るボニー
  • プレゼントは太陽のネックレスだと判明
  • ルフィへのくまの発言を思い返すベガパンク
  • ベガパンクはルフィ達に助けられた所
  • ボニーに対して謝罪をするベガパンク
  • 悪いのはサターン聖だと胸中で思うボニー

②ボニーがサターン聖に反撃しようとする

  • サターン聖がボニーを手で掴み掲げる
  • サンジ・ベガパンク達は何故か動けない様子
  • 地面に倒れて腹を空かせているルフィ
  • 戦桃丸・ボニーのことを気に掛ける黄猿
  • 「立てこもり事件」は世間に報じられている
  • くまの行方を話すドラゴン・イワンコフ
  • ”ニカみたいな未来”に姿を変えるボニー
  • ボニーの攻撃はサターン聖には効かず
  • 力が弱くなっていることに気付くボニー
  • ”ニカ”の名に反応を示すサターン聖

③サターン聖の”実験”の真相が判明

  • ルフィは次々と食糧を口に詰め込んでいた
  • いつの間にか身を起こしている黄猿
  • ボニーに能力を与えたのはサターン聖
  • サターン聖が”実験”をしたとのこと
  • ボニーの能力について説明するサターン聖
  • サターン聖はジニーにも”薬物実験”をした
  • ”青玉鱗”は実験の副作用によるものと判明
  • サターン聖の発言に怒りを示すベガパンク
  • 「エッグヘッド」南西の海岸にくまが到着
  • くまに威権チップが通じない様子

④くまがサターン聖からボニーを救う

  • 島の中心に向かって走っていくくま
  • 限界を迎えて声を上げて泣き始めるボニー
  • ボニーの頭を撃ち抜くよう命じるサターン聖
  • 海兵達がくまによって吹き飛ばされる
  • ボニーを地面に投げ捨てるサターン聖
  • サターン聖は足先でボニーを貫こうとする
  • くまが現れてボニーをサターン聖から庇う
  • 自分の体からサターン聖の足を抜くくま
  • くまが”武装色の覇気”を纏った拳を構える

▼前話1103話のネタバレまとめはこちら

【ワンピース】1103話のネタバレ感想・考察まとめ|くまがエッグヘッドに登場【ONE PIECE】
1/6(土)発売の週刊少年ジャンプ2024年6・7合併号(新年1月29・30日号)に掲載されている、『ONEPIECE』1103話「”ごめんね、お父さん”」のネタバレをしています。1103話で描かれたボニーが能力者となった経緯・”トシトシの...

直近の考察・ネタバレ関連記事一覧

ワンピース1103話終了時のキャラ情報

エッグヘッド内にいるキャラのおさらい

”研究層”にいるキャラ一覧

”麦わらの一味”
ゾロナミウソップチョッパー
ロビンブルックジンベエ
ベガパンク
リリスエジソンヨーク
サイファーポール”イージス”ゼロ
ルッチカクステューシー
その他
カリブー

エッグヘッドの雲の上の”研究層ラボフェーズ”にいるキャラは、上記の面々となっています。
ゾロ・ルッチが引き続き戦っている状況の中、ナミ・ウソップ・チョッパーが怪我をしたステューシーを運ぶ様子が描かれました。
また、ジンベエが島の裏手へ向かっている一方、ロビン・ブルックの現状は不明となっています。

”工場層”にいるキャラ一覧

”麦わらの一味”
ルフィサンジフランキー
ベガパンク
ステラアトラス
その他
ボニーサターン聖黄猿くま

1092話で黄猿に蹴り飛ばされ、”工場層”に落ちてしまったボニーを救うため、ベガタンクに乗って”工場層”へと向かったベガパンクたち。
”研究層”で戦っていたルフィ・黄猿の二人も、続いて”工場層”に移動している状況です。
また1094話からは、サターン聖がエッグヘッドに上陸しており、ベガパンクたちは一気にピンチに陥ってしまうことに。

くまがエッグヘッドに上陸を果たす

該当話:1067話1068話
”偉大なる航路(グランドライン)”/カマバッカ王国
該当話:1071話1072話
「赤い土の大陸」の麓/”赤い港(レッドポート)”
該当話:1092話
聖地「マリージョア」
該当話:1103話
新世界/未来島「エッグヘッド」

革命軍が奪還に成功し、総本部が置かれているカマバッカ王国で修理を受けることとなったくま。
しかし、突如として走り出したくまは、”ニキュニキュの実”の能力で姿を消し、その後に聖地「マリージョア」に到着することに。
その後、マリージョアから姿を消したくまでしたが、1103話で遂にエッグヘッドに到着し、サターン聖からボニーを守る活躍を見せました。

”麦わらの一味”の現状のおさらい

”研究層”
ゾロCP0のルッチと戦闘中
ウソップ
ナミ
チョッパー
怪我をしたロビンを運んでいる
ジンベエ島の裏手へと向かっている
ロビンセラフィム?との戦闘で怪我を負った様子
ブルック研究所内にいたもののその後は不明
”工場層”
ルフィ”ギア5”の反動で老化・戦闘不能の状態
サンジサターン聖の攻撃を食らってしまう
フランキールフィをサターン聖の攻撃から助ける

”麦わらの一味”の面々の現状は、上記の通り。
黄猿と激闘を繰り広げていたルフィは、”ギア5”の反動で老化している上、腹を空かせて動けない状態となっています。
また、サンジ・フランキーはサターン聖の”悪魔の実”の能力の影響か、何かに抑えられて動けない様子を見せることに。

ボニーが能力者となった経緯について

1099話にて、作中で約6年前の当時6歳だった頃、”トシトシの実”の能力が発現したボニー。
”悪魔の実”を食べたと思われましたが、実際はサターン聖が与えた能力だと判明することに。
直接”実”を食べられない赤子に対し、”エキス”で能力を与えられるかの”実験”を、サターン聖はボニーに行ったとのこと。

”トシトシの実”の能力のおさらい

自身や他人の年齢を操作し、子供から老人まで自在に姿を変化できる能力を持つ”トシトシの実”。
いかなる未来にも変身できるものの、現実を知る度に選べる未来が狭くなっていくとのこと。
ボニーは”ニカみたいな未来”に変身したものの、「ニカ」はいないと思い始めてしまい、能力が弱くなってしまう結果となりました。

ジニー・ボニーの”青玉鱗せいぎょくりん”に関して

天竜人の”妻”にと政府の艦で連れ去られ、聖地の者の第8夫人となったジニー。
サターン聖に”薬物実験”をされた結果、副作用として青いアザが出て失敗したとのこと。
”薬物実験”を経て、ジニーに発症した”青玉鱗せいぎょくりん”は娘のボニーにも遺伝しましたが、青玉鱗せいぎょくりん”の原因はサターン聖だと判明することに。

『ONE PIECE』の掲載順まとめ

ワンピースの直近10話の掲載順一覧

順位話数タイトル年・号
3位 1095話 ”死んだ方がいい世界” 2023年46号
3位 1096話 ”くまちー” 2023年48号
3位 1097話 ”ジニー” 2023年49号
3位 1098話 ”ボニー誕生” 2023年50号
3位 1099話 ”平和主義者” 2023年52号
3位 1100話 ”ありがとうボニー” 2024年1号
1位 1101話 ”ボニーへ” 2024年2号
3位 1102話 ”くまの人生” 2024年4・5号
1位 1103話 ”ごめんね、お父さん” 2024年6・7号
3位 1104話 ”ありがとう、お父さん” 2024年8号

▼次話1105話のネタバレ考察はこちら

【ワンピース】1105話のネタバレ感想・考察まとめ|エッグヘッドが破壊されていく【ONE PIECE】
1/29(月)発売の週刊少年ジャンプ2024年9号(2月12日号)に掲載されている、『ONEPIECE』1105話「”愚の骨頂”」のネタバレをしています。1105話で描かれた”バスターコール”の様子を始め、”麦わらの一味”・サニー号の現状、...

▼エッグヘッド編の犯人考察はこちら

ワンピース1104話のあらすじ・ネタバレ

くまの一連の過去が描かれる

エッグヘッドに現れてボニーを守った後、サターン聖を前にしたくまは、”武装色の覇気”を纏った拳を振りかぶっていました。
そんな中、次のコマからはくまの身に起きた過去の出来事が差し込まれていくことに。
幼少期の頃に「ゴッドバレー」に連れて来られた際、サターン聖と出会ったくまは、「バッカニア族の子供……」「お前には奴隷になる事と死ぬ事しか許されていない…」と言われていました。
続くコマでは、父親から母親が死亡したことを告げられた場面、ジニーが涙を流しながら「幸せだね」と口にした場面が描かれていきます。
最後に、ジニーの死亡後にソルベ王国の教会に到着したくまは、ジニーが遺した娘・ボニーを自分が育てると決意することに。

サターン聖を殴り飛ばすくま

場面は現在に戻り、くまに助けられたボニーが号泣する中、「どうなってるベガパンク!!」と声を上げるサターン聖が描かれます。
革命軍がくまを連れ去った数日後、くまの「自爆スイッチ」を押したことを明かし、「こいつは死んだハズだ!!!」と言うサターン聖。
その発言にベガパンクが驚きを見せる中、くまの拳はサターン聖の顔面に直撃し、そのままサターン聖を殴り飛ばす結果となりました。
殴り飛ばされたサターン聖は、”工場層”の建物を次々と突き破っていき、最終的に崩れた建物が上から降り注ぐことに。
島の中心部から離れていた海兵達は、町が壊れていく光景を目にして「おい何だ 何が起きてる!?」「くまの仕業か!?」などとどよめきます。

目の前の光景に驚きを覚えるベガパンク

目の前で発生した、くまが世界最高権力者の”五老星”を殴った一連の出来事を受け、開いた口が塞がらない反応を見せる海兵達。
現奴隷が世界の頂点を殴ったという、歴史的大事件だと騒ぎつつも、建物の下敷きになったサターン聖を救出するために動き出します。
一方、動けるようになったサンジたち一同は、あくまで目的は島からの脱出であるため、今の内にボニーを連れて上に逃げようとすることに。
そんな中、目の前の光景に「何が起きた?」と思いつつも、くまに「自爆スイッチ」はつけていないと胸中で明かすベガパンク。
ただし、代わりとして「完全停止スイッチ」をつけていたため、サターン聖にそれを押された今、くまは意志もなく命令すら耳に入らない”植物状態”になっているハズだと整理します。

黄猿・戦桃丸の反応が描かれることに

くまがボニーを抱き締める光景を目にしつつも、動き出す理由はもちろん、ボニーのいるこの島に辿りつける理屈はないと思うベガパンク。
「やはり本当なのか……?」と考えるベガパンクは、バッカニア族の特性は身体の強さではなく、「彼らはかつて…」と思考を続けることに。
場面は代わり、一連の出来事を受けて「こりゃ 終わったねェ……」と頭を抱える黄猿に加え、くまの登場に笑みを浮かべる戦桃丸が描かれます。
また、”麦わら”を捕まえるようサターン聖から指示を受けていた海兵達でしたが、捕らえきれずにルフィは消えてしまったとのこと。

くまのことを抱き締め返すボニー

ボロボロの状態にも関わらず、自分を抱き上げたくまの顔に触れ、「ありがとう…!! お父さん」と礼を口にするボニー。
くまの記憶を全て見たと言うボニーは、「お母さんステキな人だった」「お手紙いっぱいくれてたんだね…嬉しかった!!」と続けます。
ボニーはくまのことを抱き締め返しながら、皆が”暴君”などと呼んでも、「お父さんが誰よりも優しくて 誰よりもかっこいい人だった事……!!」「あたしが忘れないからね!!!」と宣言します。
くま・ボニーの父娘の抱擁が描かれる中、建物が崩壊した瓦礫の下からは、サターン聖が覇気を放ちながら姿を現すことに。

サターン聖が自身の体を再生させる

建物の下敷きとなり、右腕・左角を失ったボロボロの状態で登場したサターン聖は、ベガパンクに対して「これを何と説明する…!? お前の差し金か?」と問い掛けます。
ベガパンクの「──そう取られても仕方がないな ”愛”ゆえと説明してもよいが」との返答を受け、サターン聖は「成程…それは人体の盲断及び不具合エラーである」と言い放ちます。
続けて、サターン聖が「さらば 用済み・・・の男達…!!!」と口にしたかと思いきや、失ったはずの右腕・左角を再生させる様子が描かれることに。
体を再生させたことにサンジが驚きを見せる中、ボニーを抱き締めたまま動かないくまに脚先を向け、そのまま貫こうとするサターン聖。
しかし、サンジがサターン聖の脚に対して蹴りを放ち、くまが貫かれる事態は防がれることに。

黄猿が参戦してフランキーを蹴り飛ばす

サンジに続き、フランキーは「くまはおれ達にとっても恩人なんだよ!!」と言うと、サターン聖の体を「”ラディカルビーム”」で貫くことに。
サターン聖とサンジ・フランキーが戦う光景を目にして、「確かに 見事に育ったもんだ」と口にしつつ立ち上がる黄猿。
次の瞬間、サターン聖に攻撃したフランキーの背後に現れると、「見せてみろ…成長!!」との言葉と共に、フランキーを蹴り飛ばします。
そんな中、フランキーに貫かれた体の傷を目にしつつ、無言で体を再生させていくサターン聖
一方その頃、ボニーからくまが動かないと言われたベガパンクは、くまを”研究層ラボフェーズ”へと運ぶよう、アトラスに対して指示をすることに。

「バスターコール」の発動命令がなされる

サターン聖の横に立ち並び、「”くま”までやって来ちゃ 役者が揃いすぎじゃねェかい?」「さっさと終わらせよう…」と口にする黄猿。
ベガパンクから「心が持たんか 悲しい男じゃのう黄猿…」と言われると、「みっともねェよな……」と呟きつつ、もっと濃いサングラスをかけて来るんだったと言葉を続けます。
一方その頃、島の周囲を取り囲む軍艦に乗る海兵達の間では、エッグヘッドが「世界政府」に害を成すと認定され、「バスターコール」の発動命令がなされたことが共有されていました。
全艦に砲撃準備をするように告げ、「正義の名の下に全てを焼き尽くす!!!」と宣言する海軍。
島の中心部に場面が戻ると、「世界の秘密を探求する者」を始め、この島は不都合に満ちていると言い放つサターン聖の姿が描かれることに。

ワンピース1104話の内容・ネタバレまとめ

本誌1104話の内容・ネタバレ一覧

①くまがサターン聖を殴り飛ばす

  • サターン聖に対して拳を振り上げるくま
  • ボニーがくまに助けられて涙を流す
  • 「自爆スイッチ」を押していたサターン聖
  • サターン聖の発言に驚きを見せるベガパンク
  • くまの拳がサターン聖の顔面に直撃する
  • 殴り飛ばされ建物を突き破っていくことに
  • サターン聖が建物の下敷きとなってしまう
  • くまが”五老星”を殴り慌てふためく海兵達
  • サンジ達は動くことが出来るようになる
  • ボニーを連れて上に逃げようとする一同

②ボニーがくまに礼を言うことに

  • 「自爆スイッチ」をつけなかったベガパンク
  • くまには「完全停止スイッチ」をつけていた
  • ”植物状態”になっているハズのくま
  • バッカニア族の特性を考えるベガパンク
  • 頭を抱える黄猿・笑みを浮かべる戦桃丸
  • ルフィは捕えきれずに消えてしまった様子
  • ボニーがくまの顔に触れながら礼を言う
  • くま・ボニーの父娘の抱擁が描かれることに
  • 瓦礫の下から覇気を放ち現れるサターン聖
  • サターン聖は右腕・左角を失っている状態

③バスターコールの発動命令がなされる

  • ”愛”を人体の盲断及び不具合エラーと言い放つ
  • 失った右腕・左角を再生させるサターン聖
  • サターン聖が動かなくなったくまを狙う
  • サンジがサターン聖の脚に蹴りを放つ
  • 「”ラディカルビーム”」を放つフランキー
  • 黄猿がフランキーのことを蹴り飛ばす
  • ビームで空いた体の穴を再生するサターン聖
  • 動かなくなったくまを運ぶアトラス
  • サターン聖・黄猿の二人が並び立つ
  • バスターコールの発動命令がなされる
  • 政府に害を成すと認定されるエッグヘッド

▼次話1105話のネタバレ考察はこちら

【ワンピース】1105話のネタバレ感想・考察まとめ|エッグヘッドが破壊されていく【ONE PIECE】
1/29(月)発売の週刊少年ジャンプ2024年9号(2月12日号)に掲載されている、『ONEPIECE』1105話「”愚の骨頂”」のネタバレをしています。1105話で描かれた”バスターコール”の様子を始め、”麦わらの一味”・サニー号の現状、...

直近の考察・ネタバレ関連記事一覧

『ONE PIECE』1104話の感想・考察まとめ

くま・サターン聖の邂逅について

時系列主な出来事
38年前くま:9歳
・くまが”ゴッドバレー”に連れて来られる
・「ゴッドバレー事件」が勃発する
・くまが”悪魔の実”の能力者となる
・サターン聖と対峙することに

くま・サターン聖が邂逅したのは、上記の通りに38年前の出来事となっています。
38年前、奴隷として”ゴッドバレー”に連れて来られたくまは、「ゴッドバレー事件」の勃発の最中に、”ニキュニキュの実”の能力者となることに。
その後、サターン聖と対峙することとなったくまは、「お前には奴隷になる事と死ぬ事しか許されていない…」と言われていたのが特徴です。

一連のくまの過去の出来事まとめ

38年前
”ゴッドバレー”でサターン聖と出会う
約43〜38年前
父親から母親の死を知らされる
38年前
ソルベ王国に逃亡してジニーと共に暮らす
12年前
ジニーが死亡・ボニーを育てると決意する

くまがサターン聖を殴る直前には、上記の四つの過去の出来事が描かれているのが特徴。
くまの回想とも考えられますが、のちの描写にて現在のくまは意志がないと言及されることに。
これら四つの場面は、1095話から始まったくまの過去回想の中でも、最も重要な出来事を意味しているのかもしれません。

「自爆スイッチ」を押したと言うサターン聖

目の前でくまが拳を構える中、「どうなってるベガパンク!!」と声を上げるサターン聖。
「こいつは死んだハズだ!!!」と言うサターン聖は、革命軍がくまを連れ去った数日後に、既に「自爆スイッチ」を押していたと明かしました。
1103話においても、くまが来る筈がないと口にしていた理由は、既にくまが死亡していると認識していたためと言えるでしょう。

くまの「自爆スイッチ」についておさらい

作中で二年前に起きた頂上戦争の直前に、サターン聖はベガパンクに対し、くまに「自爆スイッチ」を仕込むように命じていました。
威権順位は”五老星”がトップだと言うベガパンクに、命令圏内にいない時にくまが暴走すれば、誰がどう止めるのかと返答していたサターン聖。
くまが命令圏内にいなかったとしても、「自爆スイッチ」を押せばいつでもくまを殺せるようにするつもりだったと捉えられます。

サターン聖がくまに殴り飛ばされる

「自爆スイッチ」の話を受けてベガパンクが驚きを見せる中、サターン聖の目の前で”武装色の覇気”を纏った拳を構えるくま。
サターン聖の顔面に拳を直撃させると、そのまま勢いよくサターン聖を殴り飛ばすことに。
吹き飛んだサターン聖は、建物を次々と突き破っていき、左角が折れて血を流して倒れている状態の中、崩れる建物の下敷きとなりました。

歴史的大事件だと騒ぐ海兵たち

くまがサターン聖を殴った光景を目にして、”五老星”のサターン聖は世界最高権力者だと、開いた口が塞がらない反応を見せる海兵たち。
現奴隷の”くま”が世界の頂点を殴った事実を受け、歴史的大事件だと声を上げます。
一方、建物の下敷きになったサターン聖を救出するよう、部下に命令する海兵も描かれることに。

サンジ達一同は動けるようになる

サターン聖がくまに殴り飛ばされた後、サンジ・フランキーなどは動けているのが特徴。
ボニーがサターン聖の手の中でピンチに陥っていた際、一同は何かに抑えられているかのように、身動きが取れない様子を見せていました。
サターン聖は、視界にいる者の身動きを封じるような能力を持っているのかもしれません。

”麦わらの一味”の目的のおさらい

サニー号を島の裏側へと運ぶ
「ベガフォース1」が船を抱えて飛ぶ
サニー号の”クー・ド・バースト”で更に飛ぶ
島を脱出して「エルバフ」に向かう

動ける状態になったサンジ達は、今の内にボニーを連れて”研究所ラボフェーズ”に逃げようとすることに。
本来の”麦わらの一味”の目的は、上記の手順でエッグヘッドから脱出することとなっていました。
そのため、一同は”工場層”に落ちたボニーを連れ、”研究層”に戻ることが最優先と言えます。

「自爆スイッチ」をつけなかったベガパンク

くまがボニーを抱える光景を目にしつつ、「何が起きた?」と疑問を抱いているベガパンク。
サターン聖に指示されたものの、ベガパンクはくまに「自爆スイッチ」をつけなかったとのこと。
くま自身が”爆弾”になれば、「世界政府」はくまを特攻兵器として使いかねないと、ベガパンクは懸念していたようです。

ベガパンクがくまにつけたモノとは?

ベガパンクは、くまに「自爆スイッチ」をつけなかったものの、代わりとして「完全停止スイッチ」をつけたとのこと。
サターン聖がそれを押した今、くまには意志もなく、命令すら耳に入らない”植物状態”になっている筈のようです。
そのため、ベガパンクはくまが動き出す理由も、ボニーのいるこの島に辿り着けるような、科学的な理屈もないと思うことに。

バッカニア族に言及するベガパンク

くまがエッグヘッドに現れた現状を受け、「やはり本当なのか……?」と胸中で思うベガパンク。
バッカニア族の特性について、身体の強さではないと否定するベガパンクは、続けて「彼らはかつて…」と考えることに。
バッカニア族の過去には、科学的な理屈を覆すような逸話が存在するのかもしれません。

ベガパンクの発言の意味について

特徴①かつて世界に対して大罪を犯した一族
特徴②”解放の戦士”・「太陽の神ニカ」を知る

バッカニア族について、作中では上記のように言及されているのが特徴です。
サターン聖が、かつて世界に対して大罪を犯したと言及していたのに加え、ベガパンクも「彼らはかつて…」と過去のことを考えていました。
「太陽の神ニカ」の名が代々伝わっていることからも、バッカニア族は世界の歴史に大きく関わっている可能性が高いと言えそうです。

バッカニア族についておさらい

1064話にて、くまが自分は特殊な種族・・・・・だと言っていたと言及したボニー。
その後の1095話では、くまは生まれながらに奴隷階級であり、かつて世界に対して大罪を犯した一族の末裔だと明かされました。
またサターン聖は、くまが絶滅種の”バッカニア族”の生き残りだと話し、バッカニア族について、奴隷になる事・死ぬ事しか許されていないと歴史が決めたと続けました。

”バッカニア族”が持つ特徴のおさらい

かつて世界に対して大罪を犯した一族
”太陽の神ニカ”の名が代々伝わっている
幼少期から優れた力を持っている
巨人族の血を引いている

絶滅種”バッカニア族”の特徴は上記の通り。
体が大きい・力が強いという特徴は、巨人族の血を引いていることが関係しているようです。
一方、ベガパンクはバッカニア族の特性は身体の強さではないと否定し、「彼らはかつて…」と胸中で口にする様子が描かれました。

黄猿・戦桃丸の反応について

キャラ名現状に対する反応
黄猿「こりゃ 終わったねェ……」と頭を抱える
戦桃丸くまの登場を受けて笑みを浮かべる

自我を失っているはずのくまがエッグヘッドに現れ、サターン聖を殴り飛ばした現状を受け、それぞれ上記の反応を見せた二人。
黄猿の発言は、くまがサターン聖を殴ったため、取り返しがつかない状況になったことを指していると考えられます。
また、1104話の最後でも明らかになった通り、「バスターコール」の発動命令が出ることを示唆していたとも捉えられそうです。

ルフィは捕まらずに姿を消した様子

”ギア5”の反動で倒れていたものの、1103話次々と食糧を食べていく様子が描かれたルフィ
それに気付いたサターン聖は、ルフィに海楼石の手錠を掛けるよう、海兵たちに指示をしました。
しかし、海兵たちは捕らえきれられず、ルフィはその場から消えてしまったようです。

食糧を与えた人物に関する予想

カリブー
1065話から未登場のまま
・政府の島「エッグヘッド」からの脱出が目的?
・ワノ国でルフィに食糧を与えていた
黄猿
・倒れていた状態から体勢が変わっている
・「……」との意味深な無言の描写が存在
・食糧の中にラーメンが存在する

食糧を次々と食べる様子が描かれたルフィですが、食糧を与えた人物の正体としては、現状上記の二人が候補として挙げられるでしょう。
カリブーはワノ国編の1021話にて、ルフィに食糧を分け与えていたため、1103話でも同様にルフィに食糧を分けたのかもしれません。
黄猿も候補としては挙げられるものの、フランキーを蹴り飛ばしている様子から、ルフィを助けるような真似はしないと思われます。

くまに対して礼を言うボニー

体がボロボロの状態のくまに抱えられ、「ありがとう…!! お父さん」と礼を言うボニー。
くまの記憶を全て見たと言うボニーは、ジニーが素敵な人であり、手紙をいっぱいくれていたことに嬉しかったと口にします。
また、皆がくまを”暴君”と呼んだとしても、誰よりも優しく・かっこいい人だった事を忘れないと宣言し、ボニーはくまを抱き締め返すことに。

サターン聖が再登場することに

くま・ボニーの父娘が抱擁している中、崩れ去った建物の中からは、覇気を放ちつつサターン聖が再登場することに。
瓦礫の山の上に姿を現したサターン聖は、全身から血を流してボロボロの状態の上、右腕・左角を失っているのが特徴です。
くまに殴り飛ばされた後、既に左角が折れていたサターン聖でしたが、建物の下敷きになった際に右腕をも欠損したと考えられます。

身体を再生させるサターン聖

治癒・再生能力を持っている
時間を巻き戻す能力を持っている

右腕・左角を欠損したはずでしたが、体を再生させる様子が描かれたサターン聖
”悪魔の実”の能力者かどうかは不明なものの、上記のような能力を持つと考えられるでしょう。
ただし、流した血の跡さえも消えている様子から、自身の時間を巻き戻しているという可能性もあると言えそうです。

ベガパンクに詰問するサターン聖

ボロボロの状態で再登場したサターン聖は、ベガパンクに「これを何と説明する…!? お前の差し金か?」と問い掛けます。
一方のベガパンクは、「──そう取られても仕方がないな」と言いつつも、「”愛”ゆえと説明してもよいが…」と返答することに。
それを聞いたサターン聖は、「成程…それは人体の盲断及び不具合エラーである」と言い、一同に「さらば 用済み・・・の男達…!!!」と言い放ちました。

ワンピース1104話の展開・内容予想

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ8号の発売前に掲載した1104話の展開予想となります。
閲覧の際は、あらかじめご注意ください。

くまがサターン聖を殴ることに?

1130話の最後では、くまが自分の体を突き刺したサターン聖の足を掴み、”武装色の覇気”を纏って拳を振り上げる様子が描かれています。
続く1104話では、この流れのままくまがサターン聖を殴り飛ばす展開が期待できるでしょう。
「シャボンディ諸島」編との共通項が多い「エッグヘッド」編では、ルフィがチャルロス聖を殴ったように、くまがサターン聖を殴るという対比が描かれるのかもしれません。

くまに仕込まれた自爆スイッチが作動する?

1102話の過去回想では、サターン聖がベガパンクに対し、くまに自爆スイッチを仕込むように命じる場面が描かれていました。
よって、くまを前にしたサターン聖が、自爆スイッチを作動させる可能性があると言えます。
「威権チップ」が通じずに暴走しているくまですが、自爆スイッチの作動は防げず、大ダメージを負ってしまうのではないでしょうか?

伝説の鉄の巨人も参戦する?

1092話の最後のコマでは、”工場層”のスクラップ場に存在した「伝説の鉄の巨人」の目に光が灯る様子が描かれています。
この巨大ロボは、エネルギー不足で動かなくなったはずですが、今後の展開で動き出すことはまず間違いないと言えるでしょう。
サターン聖の登場でピンチに陥った”麦わらの一味”は、鉄の巨人の参戦によって救われるのかもしれません。

巨大ロボ・宇宙怪獣の描写に関して

1062話時点
巨大ロボVS宇宙怪獣
1103話以降の展開?
伝説の鉄の巨人VSサターン聖

ひと足先にエッグヘッドに上陸を果たしたルフィたちは、”ホログラム”の巨大ロボ・宇宙怪獣が対峙する様子を目の当たりにしていました。
この巨大ロボ・宇宙怪獣の対立構造は、今後の展開で伝説の鉄の巨人・サターン聖が激突することを示唆していたのではないでしょうか?
仮にそうなった場合には、サターン聖が”宇宙怪獣”に例えられた理由に注目と言えそうです。

ルフィが再度”ギアフィフス”の姿となる?

くまの過去回想では、「解放の戦士」である”太陽の神ニカ”が、いつかきっと助けにやってくると言及されているのが特徴。
父・クラップからの教えは、くまを通じてボニーにも受け継がれており、くま・ボニーが「ニカ」を目にする展開が描かれる可能性が高いです。
そのため今後の展開では、黄猿との戦闘で限界を迎えているルフィが、復活を遂げて最後”ギアフィフス”の姿になるのではないでしょうか?

黄猿がルフィに食糧を与えた?

”ギアフィフス”の反動で老化し、地面に倒れながらも腹を空かせている様子が描かれたルフィ。
しかしその後、サンジ・フランキー達が動けない中、ルフィの周りにはいつの間にか食糧が置かれており、次々と食べ物を口にしていくことに。
黄猿が「……」と意味深に描かれている上、食糧の中にラーメンの器が存在することから、黄猿がルフィに食糧を与えたと考えられそうです。

ワンピースの関連記事まとめ

『ONE PIECE』考察記事一覧

キャラ関連の考察記事

ストーリー関連の考察記事

劇場版『ONE PIECE FILM RED』関連記事

劇場版『FILM RED』記事一覧
ONE PIECE FILM RED新情報特番劇場版の最新情報 ONEPIECE FILM REアイキャッチD『FILM RED』のあらすじ
FILM REDアイキャッチストーリー・ネタバレ考察 四十億巻四十億巻のネタバレ・内容

『ONE PIECE』本誌まとめ記事一覧

99巻
995話 996話 997話 998話 999話
1000話 1001話 1002話 1003話 1004話
100巻
1005話 1006話 1007話 1008話 1009話
1010話 1011話 1012話 1013話 1014話
1015話
101巻
1016話 1017話 1018話 1019話 1020話
1021話 1022話 1023話 1024話 1025話
102巻
1026話 1027話 1028話 1029話 1030話
1031話 1032話 1033話 1034話 1035話
103巻
1036話 1037話 1038話 1039話 1040話
1041話 1042話 1043話 1044話 1045話
1046話
104巻
1047話 1048話 1049話 1050話 1051話
1052話 1053話 1054話 1055話
105巻
1056話 1057話 1058話 1059話 1060話
1061話 1062話 1063話 1064話 1065話
106巻
1066話 1067話 1068話 1069話 1070話
1071話 1072話 1073話 1074話 1075話
1076話
107巻
1077話 1078話 1079話 1080話 1081話
1082話 1083話 1084話 1085話 1086話
1087話 1088話
108巻
1089話 1090話 1091話 1092話 1093話
1094話 1095話 1096話 1097話 1098話
1099話 1100話
109巻
1101話 1102話 1103話 1104話 1105話
1106話 1107話 1108話 1109話 1110話

▼付録冊子の関連記事一覧

「Road To Laugh Tale」一覧
Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました