【ヒロアカ】414話のネタバレ感想・考察まとめ|デクが変速・二代目を手放す【僕のヒーローアカデミア】

ヒロアカ414話アイキャッチ 僕のヒーローアカデミア
引用元:週刊少年ジャンプ2024年12号

2/19(月)発売の週刊少年ジャンプ2024年12号(3月4日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の414話「オーバーレイ」の感想・考察をまとめています。
ヒロアカ414話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載しているので、是非ご覧ください。

目次

▼僕のヒーローアカデミアまとめ記事一覧

40巻
399話 400話 401話 402話 403話
404話 405話 406話 407話 408話
409話 410話
41巻
411話 412話 413話 414話 415話
416話 417話 418話 419話 420話

▼2024年内に連載終了?残り話数は?

ヒロアカ413話の内容のおさらい

前話のネタバレ・あらすじまとめ

①遠くからOFAを感じるオールマイト

  • オーラマイトがスターの姿を目にする
  • AFOの中の志村転弧に気付いていたスター
  • オーラマイトに志村転弧の存在を知らせる
  • 黒い塊の一筋の亀裂に気付くオーラマイト
  • オールマイトは建物の屋上で横たわっていた
  • デクの中のOFAを感じるオールマイト
  • 紡がれてきた力が解れると察することに
  • 強烈な一撃でデクを吹き飛ばす死柄木
  • 死柄木の脳裏にもスターが過ぎった様子
  • スターの最期の言葉を思い出すことに

②二代目の発言の意図が明らかに

  • 死柄木に遠くまで吹き飛ばされたデク
  • OFAを手放すとはどういうことなのかと問う
  • 死柄木の中の黒い塊に言及する二代目
  • 黒い塊に精神の傷が存在すると続ける
  • OFAを譲渡の形で傷にぶつけると言う二代目
  • 傷をこじ開けて死柄木の精神を直接叩く
  • 譲渡すれば使われるだけと反対するエン
  • 爆豪がものを渡す時で譲渡を例える二代目

③まずは自分からと断言する二代目

  • 一部だけの譲渡もシステムとして可能な筈
  • 二代目はまず自分で試すと主張する
  • 自分が今一番使い所がないと言うエン
  • エンは”変速”が戦いの要だと続ける
  • 「今 動けなければ死ぬ」と口にする二代目
  • ”変速”を手放せば反動も手放せるとのこと
  • 二代目はデクが正しいのだと信じたいと話す
  • デクにとってOFAは宝物と言う志村奈々

④デクが全身に「黒鞭」を巡らせる

  • 万縄に黒鞭が生命線だと言う二代目
  • 二代目は与一に後のことを頼む
  • 「……やります!!」と宣言するデク
  • 強烈な一撃で死柄木の右腕が吹き飛ぶ
  • とてもヒーローには見えないと言う死柄木
  • 全身に「黒鞭」を巡らせたデクが描かれる
  • デクの左手には”個性”因子の光が存在する

▼前話413話のネタバレまとめはこちら

【ヒロアカ】413話のネタバレ感想・考察まとめ|デクが全身に黒鞭を纏う【僕のヒーローアカデミア】
1/29(月)発売の週刊少年ジャンプ2024年9号(2月12日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の413話「鉛の塊」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ413話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載してい...

▼劇場版第四弾のまとめ記事はこちら

ヒロアカ413話終了時のキャラ情報

413話の登場キャラの活躍まとめ

戦闘中の主要キャラ一覧

キャラ名目的・状況
緑谷出久 ・雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒
・ヒーロー名は「デク」
死柄木に「危機感知」を奪われてしまう
・蓋が壊れるまで殴り続けると宣言する
・OFAを手放すことを決意する
全身に「黒鞭」を巡らせた姿となる
死柄木弔 ・AFOから身体の主導権を取り戻す
・再生+即死持ち+強化された肉体持ち
「崩壊」で静岡の一部を消滅させる
・デクから「危機感知」を奪う
・何も困っていないとデクに言い放つ
デクの姿にヒーローには見えないと言う

その他の主な登場キャラ一覧

キャラ名目的・状況
駆藤 ワン・フォー・オールの二代目継承者
・「変速」の”異能”を持っていた
・デクの内心を理解することに
OFAを手放すようにデクに言う
・まずは自分を手放すように主張する
万縄大悟郎 ワン・フォー・オールの五代目継承者
・「黒鞭」の”個性”を持っていた
・「危機感知」が奪われたことに言及
富士山の噴火の可能性に触れる
・二代目から黒鞭が生命線と言われる
煙(エン) ワン・フォー・オールの六代目継承者
・「煙幕」の”個性”を持っていた
・この場から逃げることを提案する
死柄木を「破滅そのもの」と呼ぶ
・今一番使い所がないのは「煙幕」と言う
志村奈々 ワン・フォー・オールの七代目継承者
・オールマイトの師匠
死柄木弔の祖母にあたる人物
・「浮遊」の”個性”を持っていた
・デクにとってOFAが宝物だと言う
オールマイト ワン・フォー・オールの八代目継承者
・元No.1ヒーロー
・爆豪によってAFOから助けられる
・遠くのデクの中のOFAを感じる
デクの中で黒い塊の傷に気付く
スターアンドストライプ アメリカのNo.1ヒーロー
・本名は「キャスリーン・ベイト」
・「新秩序」の”個性”の持ち主
・死柄木弔との戦いで死亡
・AFOの中の志村転弧の存在に気付く

A組の生徒20名の現在位置まとめ

場所キャラ名
雄英校舎緑谷出久爆豪勝己上鳴電気
八百万百
群訝山荘跡常闇踏陰耳郎響香麗日お茶子
蛙吹梅雨切島鋭児郎峰田実
轟焦凍飯田天哉
蛇腔病院跡芦戸三奈
国立多古場競技場砂藤力道尾白猿夫瀬呂範太
セントラル病院前障子目蔵口田甲司
分断作戦決起点青山優雅葉隠透

僕のヒーローアカデミアの掲載順まとめ

ヒロアカの直近10話の掲載順一覧

順位話数タイトル年・号
10位 405話 ラスボス!! 2023年48号
6位 406話 掴め!!おまえの”個性” 2023年50号
6位 407話 超常遺児 2023年51号
6位 408話 努努!!GANRIKI 2024年1号
6位 409話 ”個性”!!爆破!! 2024年2号
6位 410話 さらば!オール・フォー・ワン 2024年4・5号
5位 411話 史上最悪の敵 2024年6・7号
6位 412話 史上最狂のヒーロー 2024年8号
6位 413話 鉛の塊 2024年9号
9位 414話 オーバーレイ 2024年12号

▼次話415話のネタバレ考察はこちら

【ヒロアカ】415話のネタバレ感想・考察まとめ|デクが六代目の”譲渡”に成功【僕のヒーローアカデミア】
2/26(月)発売の週刊少年ジャンプ2024年13号(3月11日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の415話「拒絶」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ415話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載してい...

前話413話までのあらすじ

死柄木に勝つ事が、この戦いに勝つ事!
しかし、圧倒的な崩壊と再生を前に、力比べを続けても勝ち目はない!
そんな中、2代目が提案したのは死柄木にOFAを譲渡し、精神の傷を攻撃するという一か八かの戦術。
デクは受け継いだ力を手放す決意をする…

引用元:週刊少年ジャンプ2024年12号

▼第9回人気投票に関する記事はこちら

ヒロアカ414話のあらすじ・ネタバレ

デクは「黒鞭5th」で無理やり身体を動かす

場面は413話の続きから始まり、全身に「黒鞭5th」を纏っているデクの姿が描かれます。
全身の肌から「黒鞭」が透けて見えているデクを目にして、傷んでボロボロの身体を黒鞭5th」で無理やり動かしていると察する五代目。
実戦からのアイデアを即応用したデクに対し、六代目が「なんて使い方を…!」と畏怖を覚える中、二代目は「これでいい」と口にすることに。
全面戦争時の「僕がどうなろうとも」「その為の…力だ」とのデクのセリフを回想しつつ、使命ではなく、デク自身が抱く”個性”への憧れこそがOFAを輝かせると言い放つ二代目。

二代目を譲渡する計画を立てるデク

そんな中、「変速2nd」無しで死柄木のスピードを攻略し、二代目を譲渡ぶつける必要があるため、「──…賭けるしかない…」と胸中で考えていたデク。
OFAを譲渡するには、”渡したい”と思った相手にDNAを取り込ませるという条件が存在します。
譲渡の条件について、三代目と仮説を立てて立証したと振り返る二代目は、「死んで尚使命に囚われてきた」と口にすることに。
一方のデクは、血を媒介に傷から”渡す”と目論むも、死柄木は再生で傷が残らないと整理します。
傷ができるのは接触インパクトの一瞬であり、「変速2nd」の反動でもう意識が保たないため、確実に当てなければと決意を固めることに。

デクの企みの存在に気付く死柄木

デクと対峙する死柄木は、先程のデクの攻撃に何か嫌なモノを感じたようで、当たる直前に咄嗟に腕を切り離したと振り返ります。
死柄木はデクがまだ何か企んでいると察しつつ、全身の砕ける痛み・呼吸困難に直面しているデクは、普通なら思考全てが生命維持に持っていかれる筈だと考えることに。
「……普通なら……か…」と胸中で思いつつ首を掻いた死柄木は、「いいさ 何度だって壊してやる」「おまえも この国も 全部」と宣言します。
次の瞬間、対峙していたデク・死柄木は距離を詰めていき、デクは「これで渡す」・死柄木は「これで殺す」とお互いに胸中で覚悟を決めます。

地面を浮かせて崩壊対策をするデク

死柄木が地面に近付いていく中、デクが「煙幕6th」を発動し、「何で──!?」と疑問を抱く六代目。
一方の死柄木は、違和感を覚えつつも「崩壊」を発動させれば、「何を企んでても おまえは守らざるを──」と思いつつ地面に触れることに。
しかし次の瞬間、死柄木が触れた周囲一帯の地面は、デクによって地表ごと空中に持ち上げられる様子が描かれることとなりました。
「崩壊」の伝播防止で地面を抉っていたデクに、「こんなデカいのをいつの間に」と思う死柄木。
対する五代目は、デクが死柄木に吹っ飛ばされながらも、地中に「黒鎖こくさ」を出して地面を抉り分けておりに備えていたと振り返ります。

マントの囮に引っかかる死柄木

雄英の崩壊対策を思い出す中、「危機感知4th」が反応したため、背後へと振り返る死柄木。
「サーチ」の光に気付き、振り向き様に手を伸ばしたものの、手で掴んだ先にあったのはマントだけであり、思わず驚きを見せます。
六代目も「スナイパー戦で使ったデコイ!?」と反応を見せる中、死柄木は「サーチ」の光は確かにマントを示していたと考えることに。
しかし次の瞬間、死柄木はマントを放出した「黒鞭5th」の先に血がついており、「サーチ」はその血に反応したと気付く様子を見せます。
「待て…”この光”…緑谷じゃない!」と思い至った死柄木は、「──なら緑谷はどこに…」と疑問を抱くも、すぐさま「──…そういうことか!!」と目の前に向かって手を伸ばしました。

デクが死柄木への接近に成功する

死柄木が目の前に手を伸ばす中、既に死柄木の懐に近付いており、「遅い!!」と胸中で思うデク。
「サーチ」は見た者・・・の位置を認識する”個性”のため、デクは「サーチ」が継承者たちにも適用される可能性に賭けたとのこと。
”譲渡”の意思を込めることで、DNAには”分割”された二代目が宿ることとなり、デクは「黒鞭」を利用してその血を直線上に放出しました。
結果的に、死柄木からはデクが見えなくなったため、接近の隙を作ったデクは見えてる事を逆利用し、煙幕6th」で作った距離誤認の不意撃ちに成功することに。
一連の作戦を受け、デク自身が抱く”個性”への憧れという二代目の言葉を想起し、「〜〜…!! 9代目」と感極まる様子を見せる六代目。

二代目が死柄木へと”譲渡”される

眼前でデクが拳を構える中、増殖した指で身体が次々と覆われていく様子が描かれる中、「──身体が 拒絶している」「これを くらってはいけないと」と胸中で察する死柄木。
一方のデクは、左手の拳についた血に二代目を宿したまま、死柄木の反撃を躱しつつ、左拳を死柄木の体へと突き立てることに。
死柄木の左腕が掠って頭から血を流すなど、ボロボロの状態のデクに対し、「気に病むな 元々只の幽霊さ」と言い残す二代目。
「意識が取り込まれる…」と思う二代目は、死柄木のモノになる前にと、死柄木の精神の傷へと自らぶつかっていくことに。
次の瞬間、死柄木の身体が「ドクン」という反応を見せる中、空中に浮かんでいるデク・死柄木は一瞬静寂に包まれます。

デク・死柄木の記憶が交錯する

死柄木を殴りつけた格好のままのデクは、巨大な荼毘・トガヒミコの姿を幻視していました。
「は…」と言葉を失うも、続けて左側へと顔を向けると、「俺だって ヒーローに…!!」と口にする、体育祭の時の焦凍の姿を目にするデク。
背後には、「俺はステインに触発されてここにいる!」と言うスピナーの姿があり、デクは「何だ これ」と混乱を見せます。
一連の光景から、「記憶が 交錯しているのか」と初代が思い至る中、デクに対して「9代目 手を緩めるな!!」と言葉を掛ける六代目。
「効いてるよ!! 二代目がやった!!!」「けどまだ不充分だ!」との六代目の言葉を受け、苦しむ様子を見せる死柄木を目にしたデクは、継承者を撃ち込むために右腕を構えることに。

ヒロアカ414話の内容・ネタバレまとめ

本誌414話の内容・ネタバレ一覧

①状況を整理するデク・死柄木

  • 黒鞭5th」で無理やり身体を動かすデク
  • 「これでいい」とデクを肯定する二代目
  • デクの”個性”への憧れについて言及する
  • 死柄木に二代目を譲渡ぶつけるつもりのデク
  • デクは「─…賭けるしかない…」と考える
  • 血を媒介に傷から”渡す”つもりのデク
  • デクが何か企んでいると察する死柄木
  • 何度だって壊すと決意を固めることに
  • デク・死柄木が互いに距離を詰めていく

②デクが死柄木との距離を詰める

  • 煙幕6th」を発動して視界を制限するデク
  • 死柄木は地面に「崩壊」を発動しようとする
  • 周囲一帯の地面を抉り持ち上げるデク
  • デクが崩壊対策をしていたことが明らかに
  • 「危機感知」を受けて背後に手を出す死柄木
  • デクはマントをデコイとしたと判明する
  • 黒鞭5th」についた”血”にサーチが反応した
  • 死柄木は一時的にデクを見失うことに
  • 「煙幕」の中から姿を現し距離を詰めるデク
  • 「サーチ」は継承者たちにも適用されている
  • DNAには”分割”された二代目が宿っていた

③死柄木に二代目をぶつけることに成功

  • 距離誤認による不意撃ちを成功させたデク
  • デクの行動に思わず涙を浮かべる六代目
  • 死柄木の肉体が防御形態に移行し始める
  • デクの拳が死柄木の肉体へと突き刺さる
  • 二代目が死柄木の精神の傷に直撃する
  • 死柄木の肉体が「ドクン」と反応を見せる
  • デクが一年前の荼毘・トガの姿を幻視する
  • 続けて焦凍・スピナーを目にすることに
  • 初代がデク・死柄木の記憶の交錯を察する
  • デクに手を緩めないように言う六代目

▼次話415話のネタバレ考察はこちら

【ヒロアカ】415話のネタバレ感想・考察まとめ|デクが六代目の”譲渡”に成功【僕のヒーローアカデミア】
2/26(月)発売の週刊少年ジャンプ2024年13号(3月11日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』の415話「拒絶」の感想・考察をまとめています。ヒロアカ415話の内容のネタバレやあらすじを始め、登場キャラの活躍なども掲載してい...

▼劇場版第四弾のまとめ記事はこちら

僕のヒーローアカデミア414話の展開予想

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ2024年12号発売前に掲載した414話の展開予想となります。
あらかじめご注意ください。

デクが「変速2nd」を失うことに?

412話の最後にて、デクに対して「OFAを手放すんだ」と言い放った二代目。
続く413話では、OFAを”渡す”意味を説明すると、死柄木の精神を直接叩くため、まずは「変速」を手放すように主張しました。
二代目の提案を受け、「…やります!!」と返事をしたデクは、414話以降で死柄木に譲渡する形で「変速2nd」を手放すことになるでしょう。

「変速」を手放して起きることとは?

デクの「変速」による反動を手放せる
死柄木の精神の傷を拡大させられる?

現在のデクは「変速2nd」の反動で動けない状態ですが、「変速」を手放すと共に反動も手放せることが確定しています。
また、「変速」が砕け散る程に強く譲渡することで、「変速」が渡ることなく、死柄木の精神に直接攻撃ができる想定です。
また、万が一「変速」が死柄木に渡ってしまった場合、死柄木が「変速」を使用すれば、デクの反動の状態がそのまま渡るとのこと。

OFAの”個性”を失う順番について

既に奪われた”個性”
四代目四ノ森避影危機感知
譲渡する予定の”個性”
二代目駆藤変速
デクに残っている”個性”
三代目ブルース発勁
五代目万縄大悟郎黒鞭
六代目煙幕
七代目志村奈々浮遊

OFAに取り込まれている”個性”の現状は、上記の通りとなっています。
414話以降では、まず二代目の「変速」が失われることとなり、その後は残りの四つの”個性”を譲渡する流れになるでしょう。
その場合、エンが自身の”個性”について今一番使い所がないと言っていたように、まずは「煙幕6th」を手放すことになると思われます。

デクは最終的に残り火で戦うことに?

二代目の話の通り、OFAの”個性”を次々と手放していったデクには、最終的にワン・フォー・オールだけが残ることになるでしょう。
その場合、初代の死柄木与一・”無個性”のオーラマイトだけがデクの裡に残ると言えそうです。
一方、最終的にデクがワン・フォー・オール自体を手放し、オールマイトのように残り火で戦い続ける展開も期待できそうです。

他のヒーローがデクを助けに現れる?

現在地不明
相澤消太・プレゼントマイク・黒霧
天空の棺
ベストジーニスト・通形ミリオ・物間寧人など

現在のデクは、「変速2nd」の反動で息ができていない状態であり、死柄木を目の前にしてピンチの状況にあると言えるでしょう。
この状況から、一時的にデクを救うために上記のヒーロー達が参戦する展開が考えられます。
特に相澤先生が戦場に姿を現した場合、物間が再度「抹消」をコピー・使用する流れになることが期待できそうです。

『僕のヒーローアカデミア』関連記事まとめ

キャラ考察・関連記事一覧

アニメ・劇場版の関連記事一覧

本誌各話のまとめ記事一覧

31巻
296話 297話 298話 299話 300話
301話 302話 303話 304話 305話
306話
32巻
307話 308話 309話 310話 311話
312話 313話 314話 315話 316話
317話 318話
33巻
319話 320話 321話 322話 323話
324話 325話 326話 327話 328話
34巻
329話 330話 331話 332話 333話
334話 335話 336話 337話 338話
339話
35巻
340話 341話 342話 343話 344話
345話 346話 347話 348話 349話
350話
36巻
351話 352話 353話 354話 355話
356話 357話 358話 359話 360話
361話 362話
37巻
363話 364話 365話 366話 367話
368話 369話 370話 371話 372話
373話 374話
38巻
375話 376話 377話 378話 379話
380話 381話 382話 383話 384話
385話 386話
39巻
387話 388話 389話 390話 391話
392話 393話 394話 395話 396話
397話 398話
40巻
399話 400話 401話 402話 403話
404話 405話 406話 407話 408話
409話 410話
41巻
411話 412話 413話 414話 415話
416話 417話 418話 419話 420話

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました