【呪術廻戦】夏油傑が闇堕ちした理由とは?術式「呪霊操術」・領域展開まとめ

呪術廻戦夏油傑記事アイキャッチ 呪術廻戦
引用元:『呪術廻戦』9巻78話

『呪術廻戦』に登場するキャラ「夏油傑(げとうすぐる)」について考察しています。
夏油傑が闇落ちした理由を始め、使用する術式「呪霊操術」の詳細、領域展開・反転術式が使用可能かどうかなどもネタバレしています。
また、特級術師としての強さ、生存・死亡状況などもまとめているので、呪術廻戦の夏油傑(げとうすぐる)について調べる際に是非ご覧ください。

目次

▼呪術廻戦の関連記事はこちら

25巻
218話 219話 220話 221話 222話
223話 224話 225話 226話
26巻
227話 228話 229話 230話 231話
232話 233話 234話 235話

※本誌最新話までの内容のネタバレが含まれております。
単行本派・アニメ派の方はご注意ください。

▼最新231話のネタバレ記事はこちら

夏油傑とは?声優・正体まとめ

夏油げとうすぐるのキャラ紹介

呪術廻戦9巻78話猿共

引用元:『呪術廻戦』9巻78話

享年27歳
誕生日2月3日
等級特級呪詛師
高専入学方法スカウト
術式呪霊操術
使用した主な呪霊・極ノ番「うずまき」
・特級仮想怨霊「化身玉藻前」
・虹龍
・口裂け女(切り裂き女)
趣味・特技格闘技
好きな食べ物蕎麦(ざる)
苦手な食べ物無し
ストレス呪霊を取り込む事

夏油げとうすぐるとは、五条悟・家入硝子の高専時代の同級生の人物を指します。
『呪術廻戦』の作中では、12年前の2006年を舞台にした懐玉編で登場しており、五条と共に星漿体の護衛任務に挑むことに。
また、作中で特級を冠する人間は四人ですが、その中の一人に該当する特級呪詛師として、0巻・劇場版『呪術廻戦0』で登場しました。

夏油傑のQ&Aまとめ

※ファンブックの情報を引用しています。
▼全13問
Q1キャラ誕生の経緯を教えて下さい。
A1思想が偏ってる奴が描きたくて。
Q2名前の由来を教えて下さい。
A2夏油高原スキー場
Q3夏油のキャラデザでこだわっている部分はありますか?
A3前髪
Q4夏油は伊地知の事を知っていますか?
A4知っていますが、伊地知が入学した頃の夏油はもうやつれていた時なので、絡みは無いと思います。
Q5呪霊操術は呪霊を組み替えたり、合体させたりできるのでしょうか?
A5できるんですが、やる意味は無いです。
強い呪霊が術式を使う方が厄介ですから。
それを数で押した方が強いです。
それが極ノ番「うずまき」になります。
「うずまき」には、実は使用する事で可能になる副産物があるんですが…それはそのうちやります。
Q6竹下通りで、美々子・菜々子と一緒にクレープは食べたんですか?
A6美々子・菜々子に勧められた分だけ食べました。
夏油は離脱後、衣食住をできるだけ非術師が関わらない範囲で済ませました。
でもそれを他の家族に促す事はしてません。
Q7五条はモテるようですが、夏油は女性にモテますか?
A7夏油の方がモテます。
Q8取り込んだ呪霊を全て把握しているのでしょうか?
A8してます。
Q9手駒にする強力な仮想怨霊や呪霊は、どうやって探しているのでしょうか?
A9水曜スペシャルみたいな感じです。
Q10非呪術師に対する猿発言は、伏黒甚爾の「呪術も使えない俺たちみたいな猿」からきているのですか?
A10そうですね。
ただあの時夏油は寝てたので、睡眠学習。
Q11伏黒甚爾の死後、武器を格納できる呪霊に何と言われたのですか?
A11たしか「お母さん」。
Q12高専時代と百鬼夜行時では、性格が変わりましたか?
A12かなり。
あれからずっと自分に「非術師は嫌い」と言い聞かせてきましたから。
Q13渋谷事変で偽夏油の腕が動いていましたが、夏油の意志はどれくらい残ってるんでしょうか?
A13特に。
首がもげたトンボが動いたみたいなアレです。

夏油傑の声優・CVを務めるのは?

作品名担当キャラ
『ダイヤのA』御幸一也
『おそ松さん』松野おそ松
『金色のガッシュベル!!』高嶺清麿
『鬼滅の刃』冨岡義勇

夏油傑の声優・CVの担当は、櫻井孝宏さん
『鬼滅の刃』での冨岡義勇役として有名で、『呪術廻戦』の五条悟役の中村悠一さんとは、『おそ松さん』の兄弟役として共演しています。

夏油傑の術式「呪霊操術」の能力考察

夏油傑の術式は「呪霊操術」

呪霊を取り込み僕として使役する

降伏した呪霊を取り込み自在に操る。
媒介は不要で、使役した呪霊自身の呪力で術式を発動可能。

引用元:『呪術廻戦』ファンブック

夏油傑の術式「呪霊操術」は、文字通りに取り込んだ呪霊を操れる能力となっています。
媒介が必要ない上、呪霊の呪力が術師のものと異なり、式神使いよりも術式の格が上とのこと。
また、手数の多さが呪霊操術の強みであり、取り込める呪霊数には制限がないとのこと。

呪霊を取り込む条件について

呪術廻戦9巻73話取り込む条件

引用元:『呪術廻戦』9巻73話

呪霊操術の術師が呪霊を取り込むには、呪霊を降伏させる必要があります。
ただし、階級換算で2級以上の差があれば、降伏を省いてほぼ無条件で取り込むことが可能です。
降伏させた呪霊を取り込む際は、呪霊玉の飲み込む必要がありますが、吐瀉物を処理した雑巾を丸飲みしている様な味がする様子。

取り込むことができない例も

呪術廻戦0巻3話主従関係

引用元:『呪術廻戦』0巻3話

呪霊操術は、条件次第で呪霊を無条件で取り込めるものの、呪霊が主従関係を成立させていた場合、取り込みに失敗することがあるようです。
実際に9巻73話にて、武器庫呪霊を取り込もうとした夏油でしたが、呪霊・甚爾の間に主従関係が成立していたため、弾かれてしまうことに。
ただし主従関係の有無に関わらず、首をすげ替えてしまえばいくらでも取り込めるとのこと。

技として極ノ番「うずまき」が存在する

呪術廻戦134話うずまき

引用元:『呪術廻戦』16巻134話

それぞれの術式には、「領域」を除いた奥義に当たる「極ノ番」が存在し、呪霊操術の極ノ番は「うずまき」となっています。
「うずまき」は、取り込んだ呪霊を一つにまとめ、超高密度の呪力を相手へぶつけるという技。
呪霊操術の強みの手数の多さを捨てる一方、準一級以上の呪霊を使用した際、術式の抽出が起きるというメリットが存在するのが特徴です。

極ノ番についておさらい

キャラ名術式名技名
夏油傑
羂索
呪霊操術極ノ番「うずまき」
漏瑚極ノ番「隕」

呪術師の生得術式は基本的に一種類ですが、各術式の発想を拡張する事で、術師はオリジナルの技を獲得可能です。
特に相伝の術式であれば、歴代の術者によって練り上げられた様々な技も継承されることに。
その中で「領域展開」を除く、それぞれの術式における奥義ともいうべきものを「極ノ番」といい、作中では上記の技が使用されました。

呪霊操術の強みとは?

呪術廻戦15巻133話呪霊操術の強み

引用元:『呪術廻戦』15巻133話

呪霊操術の強みは、羂索曰く「手数の多さ」。
準一級以上の呪霊を複数使役すれば、術式を解明・攻略されようと、また新しい呪霊を放てばいいのが特徴です。
また、羂索のように低級呪霊を呪力で強化し、群れを成して指揮に従えれば、一級術師相当の脹相でも圧倒されることに。

夏油傑の領域展開の詳細まとめ

領域展開は不可能と思われる

領域展開を使用できなかった
極ノ番「うずまき」で勝てると考えていた

作中で1年前の2017年、呪術テロ「百鬼夜行」を起こした際に乙骨に敗北した夏油。
領域展開をしなかったことから、上記の二パターンが候補に挙げられます。
後者のように、極ノ番「うずまき」を使用すれば乙骨に勝てると考えていたため、あえて使用しなかったとも考えられそうです。

0巻は『呪術廻戦』の連載前の作品

内容掲載時期
0巻「ジャンプGIGA 2017」vol.1〜vol.4
本編「週刊少年ジャンプ」2018年14号〜

夏油が主に活躍した0巻・劇場版『呪術廻戦0』は、上記のように本編の連載が開始した一年前の作品となっています。
そのため、0巻時点では「領域展開」の設定自体がまだ存在しなかったとも考えられるでしょう。
今後描かれる可能性は低いものの、夏油は領域を展開できる実力があったのかもしれません。

領域対策は呪霊で対応していた?

呪術廻戦9巻73話口裂け女

引用元:『呪術廻戦』9巻73話

呪霊操術を持つ夏油は、9巻73話の仮想怨霊「口裂け女」のように、簡易領域を持つ呪霊を取り込んでいました。
仮に敵の呪詛師・呪霊が領域展開を使用可能だった場合、夏油は口裂け女のような呪霊で対策していたのではないでしょうか?
また、五条から「落花の情」を学んでいた・簡易領域を身につけていた可能性も考えられます。

反転術式も使用不可能?

呪術廻戦0巻4話右腕消滅

引用元:『呪術廻戦』0巻

懐玉編にて、五条が周りで反転術式を唯一できる人物として家入に言及していたことから、当時の夏油は反転術式を使用不可能だったと言えます。
また、0巻で乙骨の攻撃を受けて右腕を失った際も、夏油は反転術式で治療していないのが特徴。
これらの描写から、夏油は反転術式を使用不可能だった可能性が高いです。

夏油傑の生存・死亡状況の考察

五条の手で死亡したことは確定

呪術廻戦0巻4話バシュ

引用元:『呪術廻戦』0巻

0巻・劇場版『呪術廻戦0』にて、乙骨に敗北して右腕を吹き飛ばされる結果となった夏油。
体を引きずりながら、次こそ「里香」を手に入れようと目論んでいましたが、その夏油の前には五条が姿を現すことに。
五条が夏油に止めを刺した場面は描かれていないものの、作中の描写から夏油が五条の手で死亡したことは確定しています。

▼夏油傑の生死の考察記事はこちら

本編で夏油が生存している理由は?

呪術廻戦夏油の傷

引用元:『呪術廻戦』

2巻10話では、漏瑚・花御・陀艮といった特級呪霊と、死亡したはずの夏油が行動を共にしている様子が描かれました。
ただし、本編で登場した夏油は0巻とは異なり、額に縫い目のような傷跡が存在するのが特徴。
また、0巻で登場した夏油一派は逃げ果せたものの、夏油は彼らと行動を別にしている状態です。

羂索が体を乗っ取っている

呪術廻戦11巻90話キッショ

引用元:『呪術廻戦』11巻90話

11巻90話では、羂索が夏油の肉体を乗っ取っていることが明かされました。
羂索は、脳を入れ替えれば肉体を転々できる術式を持っており、肉体に刻まれている術式も使用可能となっています。
夏油の呪霊操術を手に入れる・五条を封印するため、羂索は夏油の遺体を乗っ取ったとのこと。

夏油の肉体自体はまだ生きている?

渋谷事変時に腕が動く描写アリ

呪術廻戦11巻91話夏油の腕

引用元:『呪術廻戦』11巻91話

遺体を羂索に乗っ取られた夏油ですが、五条の「いつまでいい様にされてんだ 傑」との言葉に反応を見せることに。
突如として右腕が動き出し、体を乗っ取った羂索の首を絞め始めた様子から、夏油の魂・肉体自体はまだ生きていると捉えられそうです。
ただしファンブックでは、夏油の意志は残っておらず、「首がもげたトンボが動いたみたいなアレ」と芥見先生から言及されています。

夏油傑が闇堕ちした理由とは?

懐玉編での夏油のスタンス

呪術廻戦8巻65話呪術

引用元:『呪術廻戦』8巻65話

8巻65話にて、”帳”を降ろさずに夜蛾に怒られた後、別に一般人に見られてもよくないかと零す五条を、「駄目に決まってるだろ」と諌めた夏油。
呪霊の発生を抑制するのは何より人々の心の平穏と言う夏油は、そのためにも目に見えない脅威は極力秘匿しなければならないと続けます。
また、「弱きを助け強気を挫く」という”弱者生存”があるべき社会の姿であり、呪術は非術師を守るためにあると主張することに。

自分達が最強だと認識していた夏油

呪術廻戦9巻72話私達は最強

引用元:『呪術廻戦』9巻72話

”星漿体”天内理子の護衛任務を受けた際、「まぁ大丈夫でしょ 俺達最強だし」と口にした五条。
一方の夏油も、理子にどんな選択をしようと未来を保障すると言葉を掛ける前に、「私達は最強なんだ」と言っているのが特徴です。
懐玉編での五条・夏油の二人は、若さゆえの全能感を覚えていたと捉えられそうです。

夏油が闇堕ちした理由一覧

”星漿体”天内理子の護衛任務の失敗
「呪霊操術」で呪霊を取り込む際のストレス
九十九と出会った際の会話内容
後輩の灰原雄が死亡する
七海からある言葉を投げ掛けられる
美々子・菜々子の監禁を目の当たりにした

夏油が闇堕ちした理由には、上記の一連の出来事が関わっていると言えるでしょう。
また先述の通り、学生の頃の夏油は自分達が最強だと認識していたものの、五条は一人で”最強”に成ってしまうことに。
五条との間に圧倒的な実力差が生まれたこと、それに伴って一人になることが増えたという事も、夏油の闇落ちに関わっていると思われます。

①”星漿体”天内理子の護衛任務の失敗

呪術廻戦9巻72話天内理子死亡

引用元:『呪術廻戦』9巻72話

  • 天内理子が目の前で殺されてしまう
  • 非術師の伏黒甚爾に敗北する
  • 理子の死を喜ぶ盤星教の信者を目にする

天元との同化を拒んだ理子を連れて帰ろうとするも、夏油の目の前で理子は殺されてしまいます
犯人である伏黒甚爾と戦うも、圧倒されて敗北、理子の死体を持って行かれてしまうことに。
その後、盤星教の施設を回った夏油は、五条が取り返した理子の死体を前にして、盤星教の信者達が拍手をするという醜悪な光景を目にしました。

甚爾の発言がのちの夏油の価値観に繋がる

呪術廻戦9巻76話猿め

引用元:『呪術廻戦』9巻76話

夏油を死なない程度に斬った後、夏油に対して「呪術も使えねぇ俺みたいな猿に負けたってこと」を忘れるなと言い残していた甚爾。
この甚爾の発言は夏油の価値観に影響を与え、盤星教の信者が拍手をしている光景を思い出した夏油が、「猿め…」と呟くコマが描かれることに。
また夏油が呪詛師となった後には「猿は嫌い それが私の選んだ本音」との一文が記されました。

②呪霊を取り込む事によるストレス

呪術廻戦9巻76話呪霊玉

引用元:『呪術廻戦』9巻76話

玉折編では、昨年頻発した災害の影響もあったのか、蛆のように呪霊が湧いたとのこと。
祓う・取り込むの繰り返しとなり、夏油は呪霊を取り込むたびに、吐瀉物を処理した雑巾を丸飲みしている様な味を覚えることに。
ファンブックでストレスの項目に記されていたことからも、夏油の闇落ちの理由の一つに「呪霊を取り込む事」が関わっている可能性は高いです。

④後輩の灰原雄が死亡する

呪術廻戦9巻77話灰原の死亡

引用元:『呪術廻戦』9巻77話

九十九と出会った当日、明日の任務で遠出をすると灰原から話を聞いていた夏油。
灰原・七海の二人は、なんてことはない二級呪霊の討伐任務を受けたはずでしたが、相手は土地神であり、実際は一級案件だったようです。
結果として、夏油は数日前に言葉を交わしていた、後輩・灰原雄の死亡という現実を目の当たりにすることに。

術師の果てのビジョンが思い浮かぶ

呪術廻戦9巻77話屍の山

引用元:『呪術廻戦』9巻77話

九十九と会話をした時の夏油は、術師というマラソンゲームの果ての映像ビジョンがあまりに曖昧で、何が本音か分からないと口にしていました。
しかし、灰原の死を目の当たりにしたことで、夏油は術師の果てにあるのが仲間じゅつしの屍の山だと考えてしまうことに。
灰原の死によって、夏油は術師が非術師を守るという構図を更に許容できなくなっていった、と考えられそうです。

⑤夏油が七海から受けた言葉とは?

呪術廻戦9巻77話七海の発言

引用元:『呪術廻戦』9巻77話

灰原と二人で任務に挑んだものの、自分一人が生き延びる結果となった七海。
夏油から「今はとにかく休め」「任務は悟が引き継いだ」との言葉を受けると、思わず「もうあの人一人で良くないですか?」と口にすることに。
五条と同じ特級術師の夏油ですが、七海のこの言葉によって、五条が独りで”最強”に成ったことを再認識させられたのではないでしょうか?

⑥美々子・菜々子の監禁を目の当たりにする

呪術廻戦9巻77話美々子・菜々子の監禁

引用元:『呪術廻戦』9巻77話

2007年9月、ある村落内での神隠し・変死の原因と思われる呪霊の祓除の任務を受けた夏油。
呪霊の祓除を終えた夏油は、呪術を解する美々子・菜々子の二人が、村落の人々から監禁されている様子を目の当たりにすることに。
非術師が女の子を虐げている光景に直面したことで、最終的に「非術師を見下す自分」が夏油の本音となり闇落ちしたと言えるでしょう。

九十九との会話が闇落ちのきっかけに?

九十九つくも・夏油の出会いのおさらい

呪術廻戦9巻77話九十九由基

引用元:『呪術廻戦』9巻77話

九十九・夏油が出会ったのは、作中で11年前の2007年であり、五条・夏油が”星漿体”の護衛任務を受けた懐玉編の翌年のこと。
2007年8月当時の夏油は、蛆のように呪霊が湧いていた影響で、呪霊を祓う・取り込むの繰り返しで忙しかった様子。
九十九自身は五条に会うために高専に訪れたようで、丁度高専にいた夏油と話をすることに。

▼懐玉・玉折編のネタバレ記事はこちら

【呪術廻戦】懐玉・玉折のネタバレ/五条過去編は何巻何話?意味・内容まとめ【アニメ二期】
『呪術廻戦』のアニメ二期の範囲における、五条過去編(懐玉・玉折編)についてネタバレしています。五条悟の過去編が何巻何話の出来事なのか、夏油傑が闇堕ちするまでの過程・過去編の登場キャラをまとめています。また、伏黒甚爾・伏黒恵の関係性、天元・星...

九十九つくも由基ゆきが明かした目的とは?

呪術廻戦9巻77話原因療法

引用元:『呪術廻戦』9巻77話

特級術師にも関わらず、任務を全く受けずに海外をプラプラしているろくでなしと言われ、高専を嫌いと口にした九十九。
この発言を冗談と訂正しつつも、高専と方針が合わないのは本当だと続けます。
九十九の目的は、呪霊を狩るという対症療法ではなく、呪霊の生まれない世界を作るという原因療法とのこと。

▼九十九由基の考察記事はこちら

呪霊の生まれない世界の作り方とは?

全人類から呪力をなくす
全人類に呪力のコントロールを可能にさせる

呪霊とは、人間から漏出した呪力が澱のように積み重なり形を成したモノ。
そのため、呪霊の生まれない世界の作り方は、上記の二パターンに大別されるとのこと。
九十九は①がイイ線いくと思っていたものの、11年前当時の本命は②だったようです。

①全人類から呪力をなくすパターン

呪術廻戦9巻77話禪院甚爾

引用元:『呪術廻戦』9巻77話

①のパターンのモデルケースとして、禪院甚爾(伏黒甚爾)に言及する九十九。
天与呪縛により、呪力が一般人並になるケースはいくつか存在したようですが、呪力が完全に0なのは世界中探しても彼一人だったとのこと。
九十九は甚爾を研究したかったものの、フラれてしまった上、甚爾は既に死亡・天与呪縛のサンプルも少ないため、本命は②になったようです。

▼禪院甚爾に関する考察記事はこちら

②呪力をコントロールするパターン

呪術廻戦9巻77話呪霊は生まれない

引用元:『呪術廻戦』9巻77話

九十九曰く、術師本人が死後呪いに転ずるのを除き、術師からは呪霊は生まれないとのこと。
術師の呪力は本人の中をよく廻るため、術師は呪力の漏出が非術師に比べて極端に少ない性質が関係しているようです。
呪霊が生まれる経緯を話した九十九は、全人類が術師になれば呪いは生まれないとまとめました。

九十九の話を聞いた夏油の反応は?

呪術廻戦9巻77話皆殺し

引用元:『呪術廻戦』9巻77話

「全人類が術師になれば 呪いは生まれない」との九十九の言葉を聞き、拍手をしていた盤星教の信者を想起した夏油。
次の瞬間、「じゃあ 非術師を皆殺しにすればいいじゃないですか」と極端な発言をすることに。
ただし、九十九に話し掛けられた際にハッと反応しているため、思わず口をついて出た言葉で、この時点では本心ではなかったと思われます。

当時の夏油の考えまとめ

  • 自分の中で非術師の価値が揺らいでいる
  • 弱者への分別・受容ができなくなっている

九十九から「非術師は嫌いかい?」と問われた夏油は、「分からないんです」と言い、自らの思いを上記のように話し始めました。
呪術は非術師を守るためにあると考えていたものの、最近自分の中で非術師の価値のようなものが揺らいでいると話す夏油。
術師というマラソンゲームの果ての映像ビジョンがあまりに曖昧で、何が本音か分からないと口にします。

夏油の発言を肯定する九十九

呪術廻戦9巻77話それはアリだ

引用元:『呪術廻戦』9巻77話

非術師を皆殺しにすればいいとの夏油の発言を受け、九十九は「それは”アリ”だ」と言うことに。
夏油が動揺している中、それが一番簡単イージーであり、非術師を間引き続け、生存戦略として術師に適応してもらうと話を続けました。
恐怖・危機感を使い、鳥達が翼を得たように進化を促すとまとめつつも、九十九はただし自分はそこまでイカれてないと言うことに。

九十九は夏油の闇落ちを防げた?

呪術廻戦9巻77話君の選択

引用元:『呪術廻戦』9巻77話

何が本音かわからないと言う夏油に対し、九十九はどちらも本音ではない・まだその段階ではないと言葉を掛けます。
非術師を見下す自分・それを否定する自分の二つは、ただの思考された可能性だと言う九十九。
どちらを本音にするのかは、「君がこれから選択するんだよ」と口にしており、夏油の言葉を否定していないのが特徴です。

九十九の言動の問題点まとめ

呪霊の生まれない世界の作り方を夏油に話した
夏油の発言を否定しなかった
星漿体のことは気にしなくていいとの発言

非術師を殺害する直前、九十九の発言を思い出している夏油。
よって、九十九との出会い・会話が、夏油が闇落ちした一因になっていることは間違いないと言えそうです。
また、別れ際の「星漿体のことは気にしなくていい」・どちらにせよ天元は安定しているとの発言も、九十九の問題点として挙げられるでしょう。

夏油傑の闇落ち後の行動まとめ

夏油傑が闇落ち時に起こした事件とは?

呪術廻戦9巻77話闇落ち

引用元:『呪術廻戦』9巻77話

記録2007年9月 ■■県■■市(旧■■村)
任務概要村落内での神隠し、変死
その原因と思われる呪霊の祓除
結果・担当者(高専3年 夏油傑)派遣から5日後、旧■■村の住民112名の死亡が確認される
・全て呪霊による被害と思われたが、残穢から夏油傑の呪霊操術と断定
・夏油傑は逃走
呪術規定9条に基づき、呪詛師として処刑対象となる

美々子・菜々子が監禁されている様子を目の当たりにした夏油は、集落の住人を皆殺しにするという凶行に及びました。
今までの積み重ねが遂に暴発する結果となりましたが、非術師に対しての嫌悪感が限界を超えたのではないでしょうか?
また、夏油は事件後に逃走・呪術規定9条に基づき、呪詛師として処刑対象となることに。

九十九の言葉を思い出しているのが特徴

呪術廻戦9巻77話どちらを本音

引用元:『呪術廻戦』9巻77話

  • 非術師を見下す自分
  • それを否定する自分

凶行に及ぶ前の夏油は、上記のどちらを本音にするのかは、夏油自身がこれから選択するとの九十九の言葉を思い出していました。
このことから、夏油が闇落ちする最後の一因として、九十九との会話が大きく関わっていると捉えられるでしょう。
「非術師を皆殺しにすればいいじゃないですか」との言葉を始め、九十九が夏油を諌めていれば結果はまた違っていたのかもしれません。

闇落ち・呪詛師となった夏油の目的は?

呪術廻戦9巻78話術師だけの世界

引用元:『呪術廻戦』9巻78話

集落の人間を皆殺しにした後、その場から逃走して呪詛師となった夏油
しかしその後、夏油は家入・五条の元に訪れ、直接二人と言葉を交わす様子が描かれました。
家入に事件を起こした理由を聞かれた夏油は、「術師だけの世界を作るんだ」と自らの目的を明かしました。

夏油の目的にも九十九が影響している?

九十九との会話において、全人類が術師になれば呪いは生まれないとの話を聞いた夏油。
「術師だけの世界を作る」という目的を夏油が掲げたのは、呪霊の生まれない世界を作るためではないでしょうか?
九十九との会話を契機に、非術師を皆殺しにする・呪術師だけの世界を作るという結論に至ったと言えそうです。

闇落ちした夏油の行動一覧

集落の人間を皆殺しにする
自らの両親をも殺害する
五条・家入に接触して自らの目的を明かす
盤星教の後継団体を乗っ取る
呪術テロ「百鬼夜行」を起こす

呪術廻戦の関連記事まとめ

キャラ関連の記事一覧

各キャラの術式・能力まとめ

ストーリー考察・解説記事一覧

死滅回游の各結界の考察・関連記事一覧

死滅回游の登場キャラの詳細
呪術廻戦鹿紫雲一アイコン鹿紫雲一 呪術廻戦烏鷺亨子アイコン烏鷺亨子 呪術廻戦石流龍アイコン石流龍 呪術廻戦万アイコン_平安時代

『呪術廻戦』本誌まとめ記事一覧

16巻
134話 135話 136話 137話 138話
139話 140話 141話 142話
17巻
143話 144話 145話 146話 147話
148話 149話 150話 151話 152話
18巻
153話 154話 155話 156話 157話
158話 159話 160話 161話
19巻
162話 163話 164話 165話 166話
167話 168話 169話 170話 171話
20巻
172話 173話 174話 175話 176話
177話 178話 179話 180話
21巻
181話 182話 183話 184話 185話
186話 187話 188話 189話 190話
22巻
191話 192話 193話 194話 195話
196話 197話 198話 199話
23巻
200話 201話 202話 203話 204話
205話 206話 207話 208話
24巻
209話 210話 211話 212話 213話
214話 215話 216話 217話
25巻
218話 219話 220話 221話 222話
223話 224話 225話 226話
26巻
227話 228話 229話 230話 231話
232話 233話 234話 235話

『呪術廻戦』アニメ・劇場版記事一覧

アニメ・劇場版の考察・関連記事

アニメ一期のあらすじ・考察記事

アニメ1期2クール目
14話 15話 16話 17話 18話 19話
20話 21話 22話 23話 24話

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました