【ワンピース最新話】1115話のネタバレ感想・考察まとめ|大陸が海に沈んだと判明【ONE PIECE】

ONEPIECE1115話アイキャッチ ONE PIECE
引用元:週刊少年ジャンプ2024年26号

5/27(月)発売の週刊少年ジャンプ2024年26号に掲載されている、『ONE PIECE』1115話「”大陸の断片”」のネタバレをしています。
最新話で描かれた「巨大な戦い」の詳細を始め、ジョイボーイの王国の特徴・世界が一度海に沈んだとの真相、100年間の200メートルの海面上昇幅の理由などを考察しています。
ワンピース1115話の内容のあらすじ、古代兵器の現状・”巨大な戦い”が継続している理由についてもまとめているので、最新話について調べる際に是非ご覧ください。

目次

▼ワンピースのネタバレ関連記事はこちら

109巻
1101話 1102話 1103話 1104話 1105話
1106話 1107話 1108話 1109話 1110話
110巻
1111話 1112話 1113話 1114話 1115話
1116話 1117話 1118話 1119話 1120話

ワンピース1114話の内容のおさらい

前話のネタバレ・あらすじまとめ

①ベガパンクの発言への人々の反応

  • 世界が海に沈むとの発言に驚愕する海兵たち
  • ベガパンクを笑い飛ばすモックタウンの人々
  • この国では信憑性があると言うパウリー
  • 「最高だなおい!!」と笑うドフラミンゴ
  • 5メートルもあれば大概の都市は全滅する
  • ドフラミンゴは高い場所への引っ越しに言及
  • 突拍子もない話と口にする”魚人島”の面々
  • ウソでも世界は混乱すると怒るハウンド中将
  • ”五老星”は全ての生命反応の破壊を目指す
  • 研究所ラボ内で”配信電伝虫”を探すヨーク

②地震の発生・海面上昇を予言するベガパンク

  • ベガパンクが異例の地震が起きる筈と話す
  • 今日起きた地震の話と思い至るスムージー
  • ベガパンクは海面の上昇などにも言及する
  • 大当たり・予言だと反応を示す人々
  • 地震は「自然災害」と言い切れない現象?
  • ”麦わらの一味”の面々を無視するサターン聖
  • サターン聖は「融合炉パワープラント」へと向かう
  • マーズ聖と共に生命反応を潰そうとする
  • 永遠のエネルギーを夢見たと言うベガパンク
  • 「太陽」に近づきすぎてしまったと続ける

③ベガパンクが「空白の100年」に言及

  • 砲撃を物ともせずに歩く”伝説の鉄の巨人”
  • ウォーキュリー聖に追われるルフィたち
  • ベガパンクが「空白の100年」に言及する
  • 「空白の100年」を知らないシャルリア宮
  • 配信を聞いて笑うサウロが描かれることに
  • 歴史の本文ポーネグリフ”の解読が二つ目の罪
  • 後悔などありはしないと続けるベガパンク
  • ベガパンクは歴史とは物語だと口にする
  • 研究層ラボフェーズ”の地面の雲が伸び始めることに
  • サニー号を海に着水させようとするエジソン

④ジョイボーイが初の”海賊”と判明

  • 不完全な100年間の物語を知るベガパンク
  • 判明した真実のみを言い遺すと話し始める
  • 物語の主人公の男の名は”ジョイボーイ”
  • 高度な文明を持つ王国に生まれた男
  • エルバフに伝わる”太陽の神”ニカ
  • ニカのように伸縮する体で戦ったとのこと
  • この海で初めて”海賊”と呼ばれた男と判明
  • ”ギア5”の姿で覇気を纏った拳を放つルフィ
  • ルフィがウォーキュリー聖を再び殴ることに
  • あまりの固さに再び拳を痛がる様子を見せる

▼前話1114話のネタバレまとめはこちら

【ワンピース】1114話のネタバレ感想・考察まとめ|ジョイボーイが最初の海賊と判明【ONE PIECE】
5/13(月)発売の週刊少年ジャンプ2024年24号に掲載されている、『ONEPIECE』1114話「”イカロスの翼”」のネタバレをしています。1114話で描かれた世界が海に沈む理由・地震による海面上昇の関係性を始め、”マザーフレイム”の特...

直近の考察・ネタバレ関連記事一覧

ワンピース1114話終了時のキャラ情報

エッグヘッド”工場層”にいるキャラ一覧

島の中央部
ルフィドリーブロギー
ウォーキュリー聖ピーター聖
北東の海岸
サンジフランキーボニー
くまベガパンクアトラス
オイモカーシーナス寿郎聖
北西の海岸
伝説の鉄の巨人
その他/現状が不明なキャラ
(エジソン)

エッグヘッドの”工場層”におけるキャラの位置関係は、上記の通りとなっています。
ルフィはドリー・ブロギーと共に、北東の海岸へと向かっているものの、ウォーキュリー聖に追いかけられている状況です。
再度”ギア5”の姿に変身した上、拳に覇気を纏ってウォーキュリー聖を殴ったルフィですが、あまりの固さに再び拳を痛める様子が描かれました。

エジソンの現状が判明することに

「ベガフォース1」で飛ぶ
サニー号の”クー・ド・バースト”で更に飛ぶ

エッグヘッドから脱出するため、上記の手順を計画していた”麦わらの一味”ですが、「ベガフォース1」は黄猿によって破壊されてしまうことに。
そのため、現在のままではサニー号は100%地面に落ちる状況ですが、エジソンは「お前達の船は必ず海へ着水させたる!!」と言うと、”研究層”から飛び降りる様子が描かれました。
現在”工場層”にいると思われるエジソンは、”麦わらの一味”の脱出を手伝うため、研究層ラボフェーズ”の地面の雲を伸び広げるという行動に出ることに。

エッグヘッド”研究層”にいるキャラ一覧

島の裏口に到着済みのキャラ
ナミウソップチョッパー
ロビンブルックリリス
島の裏口へと移動中のキャラ
ゾロジンベエ
発信源を捜索中のキャラ
マーズ聖サターン聖ヨーク
「研究所」内にいるキャラ
ステューシーカク
その他/現状が不明なキャラ
ルッチ

エッグヘッドの雲の上の”研究層ラボフェーズ”にいるキャラは、上記の面々となっています。
研究層ラボフェーズ”の裏口では、”工場層”から登ってきた様子のサターン聖が現れ、ゾロ・ジンベエを待っている一味の面々と戦う様子が描かれました。
しかし、ベガパンクの配信を止めることを優先するため、サターン聖はマーズ聖と共に研究所ラボ内の生命反応をくまなく潰し始めることに。

砲撃を物ともしない”伝説の鉄の巨人”

1111話の最後には、エッグヘッドの北西の海岸にて、”巨人族”よりはるかに大きな「伝説の鉄の巨人」が出現することとなりました。
「伝説の鉄の巨人」は、島を包む炎をものともせずに歩いており、ジョイボーイへの謝罪を口にしているのが特徴となっています。
また1114話では、軍艦の砲撃を受けたにも関わらず、ビクともせずに歩き続けている状態です。

ベガパンクが自身の二つの罪を明かす

「太陽」に近づきすぎてしまった
(=”マザーフレイム”の作成のこと?)
”歴史の本文(ポーネグリフ)”の解読

1113話にて、映像内のベガパンクは「私は──二つの罪を犯した」と口にしているのが特徴。
その罪の内容については、ベガパンクの口から上記の通りだと説明されることに。
この世界を大きく未来へ進めたい一心で、永遠のエネルギーを夢見て”マザーフレイム”を作り出したことを、ベガパンクは罪と認識している様子。

『ONE PIECE』の掲載順まとめ

ワンピースの直近10話の掲載順一覧

順位話数タイトル年・号
3位 1106話 ”きみの味方” 2024年10号
3位 1107話 ”あんたを捜してたんだ!!” 2024年12号
1位 1108話 ”応答せよ、世界” 2024年13号
3位 1109話 ”阻止” 2024年14号
3位 1110話 ”降星” 2024年16号
1位 1111話 ”太陽の盾” 2024年17号
2位 1112話 ”ハードアスペクト” 2024年21号
1位 1113話 ”STAILMATE” 2024年22・23号
3位 1114話 ”イカロスの翼” 2024年24号
3位 1115話 ”大陸の断片” 2024年26号

▼次話1116話の展開予想はこちら

【ワンピースネタバレ】1116話の展開予想|ベガパンクの配信が遂に停止する?【ONE PIECE】
6/3(月)発売の週刊少年ジャンプ2024年27号(6月17日号)に掲載予定となっている、『ONEPIECE』1116話の内容・展開を予想しています。ワンピース最新1116話で登場・活躍すると思われるキャラを始め、エッグヘッド事件の時系列・...

ワンピース最新1115話のあらすじ・ネタバレ

ベガパンクの配信を聞くモモの助たち

場面はワノ国「花の都」に変わり、海外の通信が入る理由について、オロチが城に”電伝虫”を持っていたためと明かされます。
ジョイボーイが「海賊」と呼ばれたと知らされ、モモの助がまるでルフィだと口にしたのを受け、「ご存知なので?殿!!」と問う錦えもん。
一方その頃、海軍「G-4支部」の監獄では、元ニセルフィであり、現在はキッドの格好に扮しているデマロ・ブラックの姿がありました。
ベガパンクの配信を聞き、ジョイボーイが既に死んでいると言及したデマロ・ブラックは、「おれより弱ェに…決まってんだろ ジョイボール!!」と言い放つことに。

「巨大な戦い」について語るベガパンク

自分の読んだ”歴史の本文ポーネグリフ”はわずかと言いつつも、そこに記されていたのは、とてつもなく「巨大な戦い」の記録だったと明かすベガパンク。
ジョイボーイの敵は現在の「世界政府」で、正確には「世界政府」樹立前の前身にあたる、20の王国の臨時共同体「連合軍」だったとのこと。
ベガパンクが配信を続ける中、逃走するルフィやドリー・ブロギーを追いつつ怒りを見せるマーキュリー聖を始め、”覇王色の覇気”で電伝虫を気絶させるマーズ聖が描かれることに。
そんな中、ベガパンクは20の王国が「連合軍」を設立しなければならない程、”ジョイボーイ”の一団は堅固であったとも言えると続けます。
ただし、その戦いの”火種・・”がわからない以上、ベガパンクは「巨大な戦い」について、善悪でなく”2つの思想”がぶつかったと言い表すことに。

実在した「兵器」の存在が明かされる

ジョイボーイの生まれた王国は、900年前とは思えぬ程、驚異的に文明が発達した国だったとわかったと再度言及するベガパンク。
この100年の戦争中に実在した「兵器」は、天才のベガパンクをもってしても、現代の科学力をもってしても作り得ない代物であった様です。
ベガパンクの配信は、象主ズニーシャの耳にも入っており、背中に存在する新世界「ゾウ」では、キャロットたちミンク族も耳を傾けていました。
一方その頃、小さな船に乗るフォクシーたちも配信を聞いており、ベガパンクに「威張る事かバカヤロー!!」と野次を入れる様子が描かれます。
場面は戻り、ジョイボーイが生まれた王国の科学力に言及したベガパンクは、「問題は…そこ・・にある!!!」と口にすることに。

ステューシーに逃げるように言うエジソン

その頃の”研究層ラボフェーズ”では、エジソンがステューシーに連絡し、バリアを解除して逃げるように言葉を掛けていました。
出航前に”麦わらの一味”に何かあれば、とステューシーが断ろうとするも、バリアの通じない”五老星”に侵入されているため、既にバリアの意味はないと言うエジソン。
サターン聖が、”覇王色の覇気”で電伝虫を気絶させる様子が描かれる中、エジソンは”麦わらの一味”が脱出できる為の最善の手は尽くしており、「あいつらなら何とかする……!!」と続けます。
一方その頃、ゾロを担ぐジンベエに連絡をして「急いで!!」と急かすナミは、北東の海岸に船が集まり始めており、「せっかく着水できても総攻撃なんてゴメンよ!!」と口にしていました。
場面は戻り、エジソンから現状の共有を受け、「よかった…彼らを逃がせなきゃ ステラに嫌われちゃう」と言うステューシーが描かれます。
再度エジソンから早くそこを離れるように言われるも、ステューシーは「──でも…困っちゃう……私」と呟き、ステラがいない今、誰の為に生きればいいのかわからないと続けることに。

ナス寿郎聖が”研究層ラボフェーズ”の雲を一閃する

場面は「エッグヘッド」の北東の海岸に移り、オイモ・カーシー・ボニーなどが、ナス寿郎聖を取り囲む様子が描かれます。
一方のナス寿郎聖は、「生体反応あり…」と胸中で思うと、カーシーを蹴り飛ばして方向転換し、ボニーに向かって刀を振るいました。
巨大化していたボニーは、フランキーによって命を救われるも、未来の姿はあまり保たないようで、子供の姿へと戻ってしまうことに。
ボニーに対して刀を振るった際に、”巨人族”の船の船首を切り飛ばしたナス寿郎聖は、「いつまで喋る気だ ベガパンク!!」と口にすると、空中を駆けて北東の海岸から去って行くことに。
上空に飛び上がったナス寿郎聖は、「うっとうしい生体反応…!!」と胸中で思うと、研究層ラボフェーズ”の雲を構えた刀で真横に一閃することとなりました。

世界が一度海に沈んだと明かすベガパンク

研究層ラボフェーズ”の雲が上下に分断された結果、地下に閉じ込められていたサイファーポール・セラフィムの面々は、地上へと落下する様子が描かれます。
そんな中、”空白の100年”はジョイボーイの敗北によって幕を下ろしたと語るベガパンクは、その終焉が、取り返しのつかない程の巨大な戦争の爪痕を残したと続けることに。
世界とは島と島を行き来するもので、航海が困難であるため、自国の文化しか知らずに一生を終える者も少なくないと話すベガパンク。
しかし、この自分達が持つ常識は千年前の世界には当てはまらないと口にし、”空白の100年”の中で起きた”天変地異”によって、「世界は一度海に沈んだのだ!!!」と言い放ちます。
続けてベガパンクは、自分達はかつての”大陸の断片”の上に暮らしており、千年前の世界は見る影もなく海底に沈んでいると明かしました。

200メートルの海面上昇が起きたと判明

ココヤシ村の人々が描かれる中、大昔の世界には、自分達の知る由もない、いくつかの「大陸」があったと考えられると話すベガパンク。
もし過去・現在が何も変わらない世界であれば、100年分もの歴史を世界の記憶から消す事など不可能だと語ることに。
続けてベガパンクは、くしくもこれなら腑に落ちると言うと、わずか100年間での海面上昇幅は実に200メートルだと明かしました。
エッグヘッドの沿岸部にて、多くの海兵たちが驚愕の反応を示す中、落下してきたサイファーポール・セラフィムに気付いた海兵は、救出するよう他の面々に声を掛けました。
その頃のチョッパーの故郷「サクラ王国」では、「こんな事起こりうるか?」と口にするドルトンに続き、「まだまだ世界は面白いね」と笑うDr.くれは(ドクトリーヌ)が描かれることに。

”巨大な戦い”はまだ終わっていない様子

なぜその100年間に”海面上昇”は起きたのか、自然災害と考えるのが当然と言いつつも、映像内のベガパンクは「人為的災害」と断言することに。
仮に”天変地異”を巻き起こしたのが自然ならば、その”初期災害”が数百年単位で、永続的な被害を世界にもたらして然るべきであり、たった100年で収まる様な”変動”ではないと話すベガパンク。
「ならば原因は他にある」と言うベガパンクは、先日の世界規模の海面上昇を感知した時に、その”原因”・”実在”を確信したと口にしました。
ベガパンク曰く、800年前に世界を海に沈めた「古代兵器」は、今なお現存して再び起動の時を待っているとのこと。
パンゲア城「花の部屋」のイム様が描かれる中、ベガパンクは”空白の100年”に起きた、”巨大な戦い”はまだ終わってはいないと言い放つことに。

ワンピース1115話の内容・ネタバレまとめ

本誌最新話の内容・ネタバレ一覧

①「巨大な戦い」について語るベガパンク

  • ワノ国にもベガパンクの通信が入ることに
  • ジョイボーイをまるでルフィと言うモモの助
  • 海軍に囚われているデマロ・ブラックたち
  • 歴史の本文ポーネグリフ”に記録された「巨大な戦い」
  • ジョイボーイの敵は現在の「世界政府」
  • 正確には20の王国の臨時共同体「連合軍」
  • ”ジョイボーイ”の一団は堅固だった様子
  • ”二つの思想”がぶつかったと言うベガパンク
  • 逃走するルフィたちを追うマーキュリー聖
  • マーズ聖が”覇王色の覇気”を電伝虫に放つ

②エッグヘッドの現状が描かれる

  • ベガパンクの配信を聴いている様子の象主ズニーシャ
  • 「ゾウ」にいるキャロットたちも配信を聞く
  • 900年前の王国は驚異的に文明が発達した国
  • 当時の「兵器」は現代でも作り得ない代物
  • 問題はそこ・・にあると話すベガパンク
  • ステューシーに逃げるように言うエジソン
  • ”五老星”が侵入しバリアの意味はない状態
  • サターン聖が”覇王色の覇気”を電伝虫に放つ
  • 北東の海岸に船が集まり始めている様子
  • 誰の為に生きるのかと呟くステューシー

③世界が一度海に沈んだと明かすベガパンク

  • 北東の海岸でナス寿郎聖と戦うボニーたち
  • ナス寿郎聖がボニーに対して刀を振るう
  • フランキーによって命を救われるボニー
  • ナス寿郎聖が”研究層ラボフェーズ”の雲を真横に一閃する
  • 地下にいたCP・セラフィムが落下していく
  • 巨大な戦争の爪痕に言及するベガパンク
  • ”空白の100年”では”天変地異”が起きた
  • 世界は一度海に沈んだと明かすベガパンク
  • 人々は今”大陸の断片”の上に暮らしている
  • 千年前の世界は海底に沈んでいるとのこと

④”巨大な戦い”はまだ終わっていない様子

  • 大昔の世界には複数の「大陸」が存在した
  • 世界から100年分の歴史が消えた理由が判明
  • 100年間での海面上昇幅は200メートル
  • 海面上昇を「人為的災害」と言うベガパンク
  • ベガパンクは世界規模の海面上昇を感知した
  • 変動の”原因”・”実在”を確信することに
  • 「古代兵器」は今なお実在するとのこと
  • ”巨大な戦い”はまだ終わっていない様子
  • ベガパンクの配信を聞くイム様が描かれる

▼次話1116話の展開予想はこちら

【ワンピースネタバレ】1116話の展開予想|ベガパンクの配信が遂に停止する?【ONE PIECE】
6/3(月)発売の週刊少年ジャンプ2024年27号(6月17日号)に掲載予定となっている、『ONEPIECE』1116話の内容・展開を予想しています。ワンピース最新1116話で登場・活躍すると思われるキャラを始め、エッグヘッド事件の時系列・...

直近の考察・ネタバレ関連記事一覧

『ONE PIECE』1115話の感想・考察まとめ

人々の反応が描かれた国・場所一覧

新世界「ワノ国」”花の都”
【登場キャラ】モモの助/錦えもん/しのぶ/お玉
海軍「G-4支部」監獄
【登場キャラ】デマロ・ブラックなど
新世界「ゾウ」
【登場キャラ】ズニーシャ/キャロット/ワンダ
場所不明(”偉大なる航路”?)
【登場キャラ】フォクシー/ポルチェ/ハンバーグ
”東の海”「シモツキ村」(ゾロの故郷)
【登場キャラ】霜月コウシロウ
”偉大なる航路”「カマバッカ王国」
【登場キャラ】ドラゴン/イワンコフ/サボなど
”東の海”「ココヤシ村」(ナミの故郷)
【登場キャラ】ゲンゾウ/ノジコ
”偉大なる航路”「サクラ王国」(チョッパーの故郷)
【登場キャラ】ドルトン/Dr.くれは(ドクトリーヌ)
場所不明・NEWスパイダーズカフェ
【登場キャラ】マリアンヌ/ドロフィー/ミキータ
場所不明・世界経済新聞社
【登場キャラ】モルガンズ/ビビ/ワポル

1115話では、ベガパンクの発言に対して、上記のような様々な国・島での反応が描かれました。
この配信は、世界中の海軍支部を中継し、最大出力で強制的に配信されているため、”電伝虫”があれば自由に聞くことが可能な状況です。
配信自体は聖地マリージョアでも流れており、パンゲア城内の「花の部屋」にいる、イム様の意味深な反応も描かれることに。

ベガパンクの配信がワノ国にも流れる

ベガパンクの映像は世界中の海軍支部を中継し、最大出力で強制的に配信されているとのこと。
ワノ国においても、オロチが城に”電伝虫”を持っていたようで、海外からの通信が入ることに。
ジョイボーイについて、この海で初めて”海賊”と呼ばれた男だと聞いたモモの助は、「まるでルフィでござる」と口にしました。

ワノ国の登場人物まとめ

ワノ国の登場キャラ一覧
モモの助錦えもんしのぶお玉

ワノ国の様子が描かれた1115話にて、登場したキャラは上記の面々となっています。
ヤマトが登場していないのは、既にワノ国の”漫遊”を始めているためと言えるでしょう。
もしくは扉絵連載の通りに、日和・おトコにお弁当を作って貰っている最中とも考えられます。

▼ヤマトの扉絵連載の詳細はこちら
(記事下部へと移動します)

デマロ・ブラックが再登場する

該当話出来事・状況
61巻598話”麦わらのルフィ”を名乗る
110巻1115話ユースタス・”キャプテン”キッドを名乗る

1115話では、二年後のシャボンディ諸島にて登場し、仲間と共に”麦わらの一味”を名乗っていたデマロ・ブラックが再登場することに。
当時は”麦わらのルフィ”を名乗っていたデマロ・ブラックは、現在はキッドを名乗っている様子
経緯は不明なものの、デマロ・ブラックたちは海軍のG-4支部の監獄に囚われている状況です。

各キャラの変装状況まとめ

キャラ名変装相手
デマロ・ブラックユースタス・”キャプテン”キッド
(元偽ルフィ)
ドリップキラー
(元偽サンジ)
マンジャロウヒート
(元偽ゾロ)
トルコワイヤー
(元偽フランキー)

デマロ・ブラックの一味は、上記のようにキッド海賊団のメンバーに各自扮している状態です。
キッド海賊団は、1079話にて赤髪海賊団に敗北し、”壊滅”に追い込まれる過程が描かれました。
デマロ・ブラックたちは、キッド海賊団の”壊滅”の情報を受け、キッドたちに扮装することを選んだのかもしれません。

歴史の本文ポーネグリフ”に記されていた記録とは?

”巨大な戦い”の構図
ジョイボーイVS連合軍

自分の読んだ”歴史の本文ポーネグリフ”はわずかなものの、そこに記されていたのは、とてつもなく「巨大な戦い」の記録だったと語り始めたベガパンク。
ジョイボーイの敵は、現在の「世界政府」であり、正確には前身にあたる、20の王国の臨時共同体「連合軍」だと明かしました。
続けてベガパンクは、20の王国が「連合軍」を設立しなければならない程、”ジョイボーイ”の一団は堅固であったとも言えると説明することに。

ジョイボーイのシルエットが描かれる

ベガパンクが語るコマの背景では、ジョイボーイの一団と思われるシルエットが書かれています。
伸縮する体で戦ったことから、”ゴムゴムの実”の能力者と思われるジョイボーイは、ルフィと同じく”ギア5”・ニカの姿に変身しているようです。
1037話にて、過去何百年も”覚醒”する事がなかったと、マーキュリー聖が言及している”ゴムゴムの実”ですが、800年以上前にはジョイボーイが”覚醒”させていたと捉えられるでしょう。

「巨大な戦い」の”火種”について

歴史の本文ポーネグリフ”に記された「巨大な戦い」ですが、ベガパンクも”火種・・”はわからないとのこと。
そのため、ベガパンクは善悪ではなく、”二つの思想”がぶつかったと語ることに。
実際にクローバー博士も、ジョイボーイが生まれた王国の”思想”の詳細は知らなかったようです。

ジョイボーイが生まれた王国の特徴とは?

ジョイボーイの生まれた王国は、900年前にあるまじき高度な文明を持つのが特徴です。
ベガパンク曰く、”空白の100年”の戦争中に実在した「兵器」は、現代の科学力をもってしても作り得ない代物であったとのこと。
その一つの例として、エッグヘッドに受け継がれた”伝説の鉄の巨人”は、900年前にその王国で作られたと言及されました。

ステューシーに逃げるように言うエジソン

ベガパンクの配信が継続する中、”研究層ラボフェーズ”に存在する研究所ラボ内の「司令室」にいたステューシーには、エジソンから連絡が入ることに。
バリアの通じない”五老星”に侵入されたことで、既にバリアの意味はないため、「バリアを解除して逃げろ」と呼び掛けるエジソン。
”麦わらの一味”が脱出できるよう、最善の手は尽くしたと言うエジソンは、「あいつらなら何とかする……!!」と続けました。

”覇王色の覇気”を使用する五老星たち

”覇王色の覇気”を見せた五老星
ウォーキュリー聖マーズ聖
サターン聖

エッグヘッドに上陸した”五老星”の内、”覇王色の覇気”を使用する場面が描かれた上記の面々。
特にマーズ聖・サターン聖の二人の場合は、ベガパンクの配信を止めるため、”覇王色の覇気”で次々と電伝虫を気絶させることに。
残りのナス寿郎聖・ピーター聖の二人に関しても、今後の展開で”覇王色の覇気”を使う可能性があると言えるでしょう。

ゾロ・ジンベエの現状が明らかに

ナミに「ジンベエまだ!?」と聞かれ、ゾロを担ぎつつ「すまん もう着く!!」と返答したジンベエ。
”研究層”の裏口で待つナミは、裏口に向かっている最中のジンベエに対し、北東の海岸にどんどん船が集まり始めていると情報共有をしました。
エジソンの貢献で、”研究層”の雲が広がっている中、せっかく着水できたとしても、「総攻撃なんてゴメンよ!!」と言うナミが描かれることに。

逃げるように言われたステューシーの反応

エジソンから、一味の脱出の為に最善は尽くしたと言われ、「よかった…彼らを逃がせなきゃ ステラに嫌われちゃう」と口にしたステューシー。
「そんなわけあるかい!!」と否定するエジソンに、再度早くそこから離れるように言われると、「──でも…困っちゃう……私」と呟くことに。
ステューシーは、ステラがいない今、「誰の為に生きればいいのか わからない…」と続け、カクが反応する様子も描かれました。

扉絵連載の内容のまとめ・おさらい

鬼の子ヤマトの扉絵連載の掲載号一覧

※スマホ閲覧時に横にスクロールできます。

Vol話数掲載号タイトル
Vol.11109話 2024年14号「沈む鬼ヶ島」
Vol.21110話 2024年16号「ぼく、ワノ国を漫遊しようと思う!! おでんみたいに!!」
Vol.31112話 2024年21号「餞別をやるから一つ頼まれてくれヤマト」
Vol.41114話 2024年24号「死んだ康イエに代わり、白舞の閻魔堂へ刀を納めて来てくれ。つまり”代参”を!!」
Vol.51115話 2024年26号「日和とおトコにお弁当を貰うんだ!」

第26弾の扉絵連載のタイトルについて

「鬼の子ヤマトの金稲荷こいなり代参だいさん

短期集中表紙連載の第26弾は、上記のタイトルとなっているのが特徴です。
代参だいさん」とは、本人に代わって神仏に参拝することを意味するため、ヤマトが何者かに代わって神社を訪れると捉えられるでしょう。
1114話の扉絵の通り、死亡した康イエ(トの康)に代わり、ヤマトが白舞の閻魔堂に”代参”して刀を納めるという流れになるようです。

”鬼ヶ島”が海に沈んでしまった?

1109話では、短期集中表紙連載の第26弾が開始し、海に沈む鬼ヶ島が描かれているのが特徴
ただし1049話にて、鬼ヶ島は「花の都」の直前で地表に着地しており、ワノ国編の時点では海の中に沈んでいなかったと言えるでしょう。
ルフィたちが出航した後、「ワノ国」では何かしらの経緯により、鬼ヶ島が海の中へ沈められる出来事が起きたのかもしれません。

ヤマトがワノ国の”漫遊”を始める?

短期集中表紙連載の第26弾は、「鬼の子ヤマトの金稲荷代参」と題しており、ヤマトにスポットが当たると捉えられるでしょう。
実際に1110話の扉絵では、ヤマトがモモの助に対し、おでんのようにワノ国を漫遊しようと思うと話す場面が描かれました。
錦えもんから餞別を貰う代わりに、一つ頼まれごとをされたヤマトは、ワノ国で”漫遊”を始めて各地を巡っていくと思われます。

ヤマトの過去の発言について

該当話ヤマトの発言
105巻 1056話 「僕は!!! 光月おでんの様に生きる!!!」
105巻 1057話 「おでんはこの国の”漫遊”から始めただろ?」
「僕も世間知らずだ!同じ道を辿っていずれ海へ!!」

ルフィ達がワノ国を出航しようとする中、光月おでんの様に生きると宣言していたヤマト。
その意図とは、ヤマト本人は世間知らずなため、まずはおでんのようにワノ国の”漫遊”から始めるというものでした。
おでんと同じ道を辿った後、ヤマトは海に出るつもりであり、”麦わらの一味”の船に乗る展開が期待できるでしょう。

ヤマトの”代参”の順番について

花の都(出発地点)
希美
九里
兎丼
白舞(目的地)
鈴後
花の都(到着地点)

錦えもんからの依頼を受け、死亡した康イエの代わりに”代参”をする予定のヤマトは、ワノ国を上記の流れで巡っていくと思われます。
ヤマトはおでん同様に、各地で様々な出来事を経験しつつ、白舞の閻魔堂に刀を納めるという目的を達成することになるでしょう。
”代参”が完了次第、ヤマトは一度「花の都」へと帰還し、その後に”麦わらの一味”と合流するために海に出ると考えられそうです。

ワンピース最新1115話の展開・内容予想

※以下の内容は、週刊少年ジャンプ2024年26号の発売前に掲載した1115話の展開予想となります。
閲覧の際は、あらかじめご注意ください。

ベガパンクが”ジョイボーイ”の話を続ける?

「オハラ」の考古学者達によって受け継がれた文献や、いくつか・・・・の”歴史の本文ポーネグリフ”を解読し、「空白の100年」について研究を進めたベガパンク。
不完全な100年の物語について、判明した真実のみを言い遺すと口にすると、”ジョイボーイ”という男について話し始めることに。
1115話以降では、ベガパンクの口から”ジョイボーイ”を主人公とした物語が語られるでしょう。

初めて”海賊”と呼ばれた経緯が判明?

”ジョイボーイ”とは、900年前にあるまじき高度な文明を持つ王国に生まれ、まるで”太陽の神”ニカのように伸縮する体で戦った男とのこと。
またベガパンク曰く、ジョイボーイはこの海で初めて”海賊”と呼ばれたようです。
「世界政府」が存在しなかった当時、どのような経緯で”海賊”と呼ばれるようになったのか、ベガパンクの口から明かされるのかもしれません。

”ジョイボーイ”と関連があるキャラとは?

「空白の100年」の時の”人魚姫”
象主(ズニーシャ)
伝説の鉄の巨人(巨大ロボット)

作中では、”ジョイボーイ”に関連があるキャラとして、上記のような面々が存在しています。
900年前〜800年前にかけて、「空白の100年」に活躍したジョイボーイにスポットが当たる場合、これらのキャラも話に欠かせないでしょう。
ベガパンクの話において、上記のキャラたちにも言及される場合、ジョイボーイとの関係性などが明かされるのかもしれません。

他にも「真実」が明かされることに?

世界が海に沈むこと
”ジョイボーイ”の存在

1108話の最後に、「──これから残すメッセージに皆驚くと思うが それが世界の『真実』である…!!!」と話し始めたベガパンク。
これまでには、上記の二つについて主に言及しており、今後更に話を続けていくと思われます。
1115話以降では、ベガパンクが他にも「真実」を世界に明かす可能性があると言えるでしょう。

その他の「真実」の内容の予想

”空白の100年”の内容・真相
900年前に存在した”ある王国”について
”ある王国”の思想の内容

1066話では、エッグヘッドのような高い文明を持つ「王国」が900年前に実在していたという”仮説”が、シャカの口から語られました。
”空白の100年”とは、”ある王国”と”20の王国”の戦いの歴史であり、”ある王国”の存在・思想は歴史から消し去られてしまったとのこと。
ベガパンクは、これらの「真実」を世界に公表するほか、クローバー博士のように”ある王国”の名前を明かそうとするのかもしれません。

”麦わらの一味”・ベガパンクの現状まとめ

”研究層”島の裏口で合流済み
ナミウソップチョッパーロビン
ブルックリリス
島の裏口へと移動中
ゾロジンベエ
”工場層”北東の海岸付近
サンジフランキーボニーくま
ベガパンクアトラス(エジソン)
島の中央付近
ルフィドリーブロギー

”麦わらの一味”・ベガパンクといった面々は、現状上記のような位置関係となっています。
”研究層”では、ゾロ・ジンベエの合流を待っている状況ですが、島からどのように脱出するのかに注目と言えるでしょう。
一方の”工場層”では、”五老星”・海軍など周囲に敵が多く、”巨兵海賊団”の助けが有っても脱出は難しいのではないでしょうか?

”五老星”のそれぞれの所在地まとめ

”研究層”研究所
サターン聖マーズ聖
”工場層”北東の海岸
ナス寿郎聖
島の中央付近
ピーター聖ウォーキュリー聖

1114話時点における、”五老星”の面々の所在地は上記の通りとなっています。
”研究層”では、サターン聖・マーズ聖がベガパンクの配信を止めるため、研究所ラボ内の全ての生命反応を壊そうと奔走している状況です。
一方で、北東の海岸へと向かうルフィたちを追うウォーキュリー聖は描かれているものの、ピーター聖の現状は不明となっています。

①北東の海岸における戦いについて

マッチアップ予想
サンジ
フランキー
ボニー
オイモ
カーシー
VS ナス寿郎聖

北東の海岸では、フランキー・ボニーがナス寿郎聖と対峙する中、遂にサンジが到着することに。
ナス寿郎聖の顎を蹴り上げるサンジでしたが、ナス寿郎聖は上半身を「馬骨ばこつ」の姿に戻し、逆にサンジに噛み付くという反撃を見せました。
ただし、オイモ・カーシーの参戦を始め、ボニーが巨大化した姿に変身するなど、ナス寿郎聖は不利な状況に立たされていると言えるでしょう。

②”工場層”における戦いについて

マッチアップ予想
ルフィ
ドリー
ブロギー
VSウォーキュリー聖
ピーター聖

ドリー・ブロギーと合流を果たし、島から脱出するために撤退中のルフィですが、ウォーキュリー聖・ピーター聖に足止めをされている状況です。
特にウォーキュリー聖の場合は、攻撃をしたルフィがあまりの固さに拳を痛がるほど、体が固いという特徴を持っている様子。
ルフィたちを睨みつけている様子からも、ウォーキュリー聖はルフィたちの脱出を妨げるつもりだと捉えられるでしょう。

ボニーがパンチの威力を取り戻す?

”トシトシの実”の能力者のボニーは、「ニカ」の存在を信じられなくなり、力が弱くなってしまっていたのが特徴です。
しかし1107話では、”ギア5”の姿のルフィが「”ゴムゴムの白いドーン銃乱打ガトリング”」でサターン聖を殴り飛ばす光景を目の当たりにすることに。
今後の展開では、ボニーが「ニカ」を信じられるようになり、「”歪んだディストーション未来フューチャー”」の発動時にパンチの威力を取り戻している描写が期待できます。

”五老星”の能力の秘密が明らかに?

パターン1動物系の”悪魔の実”の能力者
パターン2”悪魔の実”のモデルそのもの
パターン3イム様によって作られた存在

異様な姿に変身している”五老星”ですが、彼らの能力の秘密に関しては、上記のような三パターンが挙げられます。
単純に動物系ゾオンの”悪魔の実”の能力者という説を始め、「太陽の神ニカ」のように”悪魔の実”のモデルになる存在とも考えられるでしょう。
また数百年生き続けている様子から、イム様によって作られた存在という可能性もありそうです。

”五老星”の持つ能力・特徴のおさらい

”悪魔の実”の能力?で変身することが可能
テレパシーでの会話・意思疎通が可能
一人が残りの四人を召喚することが可能

”五老星”が持つ能力・特徴に関しては、上記の三つが判明している状況です。
1109話では、エッグヘッド・聖地「マリージョア」と離れた場所にいるにも関わらず、テレパシーで会話・意思疎通する様子が描かれることに。
また、一人が残りの四人を呼び出すことも可能なようで、魔法陣からは変身した”五老星”が姿を現すこととなりました。

▼”五老星”の変身後のモデル・能力はこちら

ワンピースの関連記事まとめ

『ONE PIECE』考察記事一覧

キャラ関連の考察記事

ストーリー関連の考察記事

劇場版『ONE PIECE FILM RED』関連記事

劇場版『FILM RED』記事一覧
ONE PIECE FILM RED新情報特番劇場版の最新情報 ONEPIECE FILM REアイキャッチD『FILM RED』のあらすじ
FILM REDアイキャッチストーリー・ネタバレ考察 四十億巻四十億巻のネタバレ・内容

『ONE PIECE』本誌まとめ記事一覧

99巻
995話 996話 997話 998話 999話
1000話 1001話 1002話 1003話 1004話
100巻
1005話 1006話 1007話 1008話 1009話
1010話 1011話 1012話 1013話 1014話
1015話
101巻
1016話 1017話 1018話 1019話 1020話
1021話 1022話 1023話 1024話 1025話
102巻
1026話 1027話 1028話 1029話 1030話
1031話 1032話 1033話 1034話 1035話
103巻
1036話 1037話 1038話 1039話 1040話
1041話 1042話 1043話 1044話 1045話
1046話
104巻
1047話 1048話 1049話 1050話 1051話
1052話 1053話 1054話 1055話
105巻
1056話 1057話 1058話 1059話 1060話
1061話 1062話 1063話 1064話 1065話
106巻
1066話 1067話 1068話 1069話 1070話
1071話 1072話 1073話 1074話 1075話
1076話
107巻
1077話 1078話 1079話 1080話 1081話
1082話 1083話 1084話 1085話 1086話
1087話 1088話
108巻
1089話 1090話 1091話 1092話 1093話
1094話 1095話 1096話 1097話 1098話
1099話 1100話
109巻
1101話 1102話 1103話 1104話 1105話
1106話 1107話 1108話 1109話 1110話
110巻
1111話 1112話 1113話 1114話 1115話
1116話 1117話 1118話 1119話 1120話

▼付録冊子の関連記事一覧

「Road To Laugh Tale」一覧
Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.
※当サイト上で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました